海外ドラマから掴め!未来をあらわす表現の3つのイメージ

時制を正しく使い分けることができれば、英会話のレベルが一つ上がる。

 

 

逆に時制を取り違えると、伝えたいメッセージがうまく伝わらず、

ぎこちないコミュニケーションになってしまうかもしれない。

 

 

たとえば、日本語の

 

 

ベトナムに行くつもりだ

 

 

 

 

ベトナムに行った。

 

 

では、意味合いがまるで異なる。

 

 

もちろん、話の流れなどで言わんとしていることが

通じることもあるだろう。

 

 

ただ、スムーズで楽しいコミュニケーションを進めていくためには、

多少なりとも過去、未来、現在などの時制を使い分けていく必要性はあるだろう。

 

 

 

まずは、この意識をしっかり持つことが大切だ。

 

 

 

英語における時制の文法ルールは複雑な印象があり、

苦手としている方も多くいるのではないだろうか。

 

 

そして、その複雑なルールをナマの英会話で瞬時に使い分けていくことは

非常にハードルが高いと感じている方もいるだろう。

 

 

そこで今回は、

学生のときに勉強した細かい文法ルールからではなく

海外ドラマのワンシーンを題材にして

個々の時制が持つ意味やイメージから直接理解していくという

訓練法を紹介したい。

 

 

未来を表す表現

 

 

例えば未来を表す表現には次の3通りがある。

 

will

 

be going to

 

be   -ing

 

 

同じ未来を表す表現でも

それぞれの表現がもつイメージや意味は異なる。

 

 

異なるからこそ、表現方法が違うのだ。

 

 

 

以下、順に解説していく。

 

 

will

 

 

willは、学校で「未来の助動詞」と習うが、それは間違いだ。

 

 

willの本来の意味は、【推測】【意志】を表すのであって、

それが未来の事態を表すのに都合よく使われるだけなのだ。

 

 

我々にとって未来とは、「~となるだろう」という【推測】

または「~するぞ」という【意志】の対象となるはずだ。

 

【推測】

 

 

She will be a good mother.

(彼女はよい母親になるだろう)

 

 

【意志】

 

 

Oh, I just realized I have no money.  Don’t worry. I‘ll lend you some.

(げ。お金もってないよ。 大丈夫。いくらか貸してあげるよ)

 

 

 

さて、海外ドラマでwillの具体的な使い方をみておこう。

 


 

 

最後の方で男性が怒りながらwillを使っている。

 

I will not be bullied by this nut!

こんなモグリのたわごと、聞いてられるか!

 

 

このwillには、話し手の強い【意志】がこもっている。

 

 

 

be going to

 

 

go to (~へ向かう)の進行形だから、

つまり出来事はすでにto以下の帰結に向かって進んでいるということだ。

 

 

willが単に【推測】するのに対して、

be going toはすでに状況が動き出している。【原因・予兆】

 

 

It will rain tomorrow.

(明日、雨が降るだろう)

 

 

 

It‘s going to rain.

(雨が振りそうだ)  ⇒ すでに雲が集まり、これから雨になることが予見されるということ。

 

 

また、be going to は【意図】を表すこともできる。

 

 

I’m going to marry her.

(結婚するつもりだ)

 

 

すでに決断がなされ、marry herに向かって進んでいる最中ということだ。

 

 

【意志】を表すwillと紛らわしいが、

willの場合は、その場で決断が行われているため、

be going to は使えない。

 

 

Oh, I just realized I have no money.  Don’t worry. I‘ll lend you some.

 

 

「お金がない」という状況に対して、

「お金を貸す」という決断が行われているからwillがふさわしい。

 

 


 

最後の方で女性が立ちながら、be going to を3回連発している。

 

 

And you are going to sit right there,

 

 

I am going to call my therapist,

 

 

and we’re all going to talk about this.

 

 

 

いずれも話し手の【意図】を表れているのを感じてほしい。

 

 

be  -ing

 

 

進行形も未来を表すことができる。

 

 

I’m playing golf (now).

 

 

I’m playing golf at 3:00.

 

 

 

上の二文は両方共進行形だが、

単に「現在している」のか「3時にはしている」のかという違いだけである。

 

 

 

進行形に未来を表す特殊用法があるというわけではない。

 

 

ある時点を念頭においてそこでの行動を述べる場合、

進行形を使う場合がある。【予定・計画】

 

 

 

この場合、「3時」というように具体的時点が明らかにされるか

文脈により強く示唆される。

 


 

冒頭の方で女性がドアから出てきて

 

I’m leaving.

 

と話している。

 

 

少し掴みにくいかもしれないが、

もう帰りますという話し手の【予定】を表している。

 

 

具体的な時点が出てないのは、

状況により明らかだからだ。

 

 

 

 

 

以上、3つの未来を表す英語表現をみてきたが、

いずれの表現も個々の意味やイメージを内包しているため

その意味やイメージを理解しておけば、

細かい文法ルールを覚える必要はないのだ。

 

 

これらの表現に出会ったら、

どうしてここではこの単語が使われているんだろう?

と丁寧に一つ一つ考えていくことで着実にあなたの理解力が向上していくはずだ。

 

 

 

ツイートツイート

オールマイティ単語”going” を活用し、英会話力を更に一段高いレベルへ

 

 

going は、be going to という形で、未来のことを言う時によく使われる。

 

英語の授業では、willとイコールで結ばれしまうこともあったが、

言葉が違う以上、もちろん意味も違う。

 

___________

言葉をイコールで結ぶ覚え方の弊害については、以下の記事で説明済

生き生きとした言語感覚を一瞬で殺してしまう殺”言”犯になってはいないか

__________

 

 

本記事では、going の万能性を説明した上で、

その実際の使用例について、分析してみたい。

 

 

未来形 ”be going to”の使い方

 

 

 

学校で習った英文法では、未来のことをいうとき、次の3通りがあったかと思う。

 

will

 

be going to

 

進行形

 

 

同じ未来形を表す表現であっても、それぞれ固有の意味を持っている。

 

 

この3者間の使い分けについては、細かい説明を割愛するが、

結論だけいうと

 

 

1. まだ決まっていないこと    ⇒    will もしくはbe going to

 

2. 今決めたこと    ⇒    will もしくはbe going to

 

3. すでに決まっていること   ⇒   進行形もしくはbe going to

 

 

となる。

 

 

上の結論から
【すでに決まっている事に対してwillは使えない。】

 

ということが言える。

 

 

例えば、イギリスに留学していて、今年の夏に帰ることが決まっていたとする。

 

☓ I will go back Japan this summer.

○ I am going back Japan this summer.

○ I am going to go back Japan this summer.

この場合、未来のことだが、willを使うことはできない。

進行形またはbe going to を使う必要がある。

 

 

 

 

 

 

さらに進行形は、【近い未来の予定】を表すと学校で習うが、

これは実は間違いである。

 

 

 

近かろうが、遠かろうが、既に決まっていることに対しては、

進行形を使う。

 

 

しかしながら、【まだ決まっていない事に対して、進行形は使えない】

 

 

ややこしいかもしれないが、簡単にまとめると、

 

 

【will と進行形は使えるときと使えないときがある】

 

と覚えておけばよい。

 

 

未来のことを言う時は、オールマイティなbe going to を使っておけば、間違いはない。

 

 

be going toはいつでも使える唯一の未来形だ。
私自身、未来のことを言う時は、

be going to を使うようにしている。

 

 

ただし、注意点がある。

 

 

未来のことをいう場合は、be going toで統一してしまったとしても、

上で示した未来形の3通りの表現の基本的な違いは頭に入れておいたほうがよい。

 

 

基本を押さえたうえで、一番便利なbe going to を使うという姿勢でいないと

willや進行形の持つニュアンスを次第に忘れてしまい、

リーディングやリスニングなどのインプット時に、

それらの持つ英語感覚を味わうことができなくなってしまう。

 

その結果、あなた自身の英語感覚が育たなくなってしまい兼ねない。

 

 

going  ⇒ gonna (がな)

 

実は、

未来を表す表現 be going toは、そのままではあまり使われない。

 

 

実際の会話ではbe gonna (がな)に形を変えたうえで幅広く使われる。

 

 

海外ドラマのフレンズでは、シーズン1の全24エピソードで

229回be gonnaという形が登場している。

 

対して、be going to は、32回しか使われていない。

 

 

 

gonnaは、学校では習わない単語であるが、

だからといって、若者が使うスラング(俗語)ではない。

 

 

gonnaは、元々英国で使われていた言葉で、

老若男女の幅広い人に使われている。

 

 

もちろん、公式の場でも使われる。

 

 

私自身、イギリスに留学していた時も、

クラスのチューターが頻繁に使っていたのを覚えている。

 

 

話し言葉(口語)であるので、

エッセーや論文ではbe going to を使用すべきだと思うが、

実際の会話では、どんどんgonnaを使っていくべきだろう。

 

 

そうしないと、gonnaの含まれる英語を聞いた時に

そのgonnaを感覚的に理解しにくくなってしまう。

 

 

実際、フレンズの例を見ても分かる通り、

going よりgonnaを使うことのほうが一般的なのだから、

是非、積極的にgonnaを使ってみることをお勧めする。

 

 

 

下の動画は、海外ドラマの作中で実際にgonnaが使われている様子をまとめたものである。

 

 


 

 

scriptは以下のとおり。

____________________________

 

Friends Season 1  Episode 1より

 

All rightyou ready?

 

I don’t think so.

 

C’mon, cut. Cut, cut, cut,…

 

Cut, cut, cut, cut, cut, cut, cut…

 

Cut, cut, cut, cut, cut, cut, cut..

 

Welcome to the real world! It sucks. You’re gonna love it!

___________________________

 

Ally McBeal Third Season  第1話より

 

 

Ally, hi. Listen, I’m having a small dinner party next week.

 

I wasn’t planning to invite you, but if your feelings are gonna be hurt, I suppose I could make room

 

Thank you, Ling, for being so concerned about my feelings.

___________________________

 

非常に早いため、聞き逃してしまうかもしれない。

 

 

しかし、頻出単語であるので、

シャドーイングリテンションなどの訓練のときにでも

gonnaを無意識のレベルで使いこなせるようになるまで

何回も何回も繰り返し、頭に刷り込んでほしい。
____________

海外ドラマを使用した英会話勉強の方法については、以下の記事を参照。

英会話学習のために海外ドラマを使い倒す7つの手順

____________

 

刷り込み方のポイントとしては、

【主語とgonnaをセットで覚える】とよい。

 

 

英語のリズムによると、

英語は立ち上がりの部分(主語、動詞)のスピードが速く発音される傾向にある。

 

 

従って、主語とgonnaをワンセットの音声として刷り込むことで

その英語のスピードに適応しやすくなる。

 

 

例えば

I am gonna (あむがな)

Are you gonna (あゆがな)

He is gonna(ひずがな)

She is gonna(しずがな)

it’s gonna be(いつがなびー)

などいろいろあるが、
まずは自分が未来のことを言いたいとき

→ I am gonna

(あむがな)

相手の未来を聞きたいとき

→ Are you gonna

(あゆがな)

この2つを使いこなせるようになろう。

あむがな、あゆがな

後ろは【動詞の原形~】をつけるだけだ。
あむがな get up

 

あむがな  walk to work

 

あむがな send a mail

 

あゆがな be in the office tomorrow?

 

あゆがな meet friends

 

 

 

こんな感じだ。

 

 

 

 

未来を表す万能選手goingの使用例について、見てきた。

 

 

あなたの英会話でも、積極的に取り入れて、楽しいフリートークに役立ててほしい。

 

 

 

ツイートツイート

時制の使い分けでスマートな英会話に  ―日本人が混同しやすい3つの組み合わせ―

 

英文法において、【時制】は一大トピックだ。

 

日本語ではさして重要視されないが、

英語では、時制を間違えると、話し手の意図が全く通じなくなってしまうおそれが出てくる。

 

 

本日は、その辺の事情を説明する。

 

 

時制の使い分け

 

 

英語の世界では、時制を表す表現が計12種類ある。

 

 

現在形、現在進行形、現在完了形、現在完了進行形

 

過去形、過去進行形、過去完了形、過去完了進行形

 

未来形、未来進行形、未来完了形、未来完了進行形

 

 

それぞれ、固有の英語感覚を内包しているが、

ここで、紹介したい時制は、以下の3つの組み合わせだ。

 

 

 

現在形と現在進行形

 

 

現在形と未来形

 

 

過去形と現在完了形

 

 

 

どちらも社会人英語学習では、留意すべき重要ポイントを含んでいる。

 

 

 

現在形と現在進行形の使い分け

 

 

現在進行形は、【今まさにやっていること】なので、想像しやすいだろう。

一方、現在形は、意味を取り違えやすいので注意が必要だ。

 

 

 

例えばシャワーを浴びていると言いたい場合、

 

 

I take a shower.

(コントローラーが見えない場合はこちら

 

 

 

とならない。

 

 

この英文の意味は、【シャワーを浴びる派だ】という意味だ。

 

 

 

現在形は、【習慣】を表すのであって、現在の動作を表すものではない。

 

 

現在の動作を表すためには、現在進行形を使う必要がある。

 

 

シャワーを浴びていると言いたい場合は、

 

I am taking a shower.

(コントローラーが見えない場合はこちら

 

 

 

となる。

 

 

現在進行形だけが、現在、今という点の動作を表すことができる。

 

 

 

現在形という名称が、話をややこしくさせているとも言える。

現在形ではなく、【習慣形、事実形、普段形】などと覚えておくとよいかもしれない。

 

 

 

現在形は、過去から続いていて、未来にも続くであろう

普遍の事実を表す。

 

 

 

分かりやすく言うと、その人の個性、パーソナリティを表すのが

現在形だ。

 

 

従って、自己紹介や初対面の会話では、現在形が活躍する。

 

 

What do you do?

(コントローラーが見えない場合はこちら

 
What do you live?

(コントローラーが見えない場合はこちら

 
What time do you finish work?

(コントローラーが見えない場合はこちら

 

 
このように相手のことを知るための問いかけで、現在形を使う。

 

 

現在形と現在完了形は、意味が全く違うので、

会話では意識して使い分けるようにしよう。

 

 

現在形と未来形の使い分け

 

 

現在形と未来形も、ややこしく混同しやすいので

その使い分けの例を紹介しておく。

 

 

あなたは、普段コンビニに行きますか?(現在形)

 

 

あなたは明日コンビニに行きますか?(未来形)

 

 

 

日本語では、現在形も未来形も、同じ【行きますか?】だ。

 

 

【普段】か【明日】という単語で時制をコントロールしている。

 

 

しかし、英語では、

 

Do you go to convenience store?

(コントローラーが見えない場合はこちら

 
Are you going to go to convenience store?

(コントローラーが見えない場合はこちら

 

 

 

というように、動詞で時制を区別している。

 

 

動詞を間違えると、文全体の意味に影響を与えることになるため

英会話では、動詞に意識を集中させて、適切な時制を使っていかなければならない。

 

 

これが、円滑なコミュニケーションにつながる。

 

 

過去形と現在完了形の使い分け

 

過去形と現在完了形の組み合わせも日本語の表現が似ているため、混同しやすい。

 

 

例えば、

 

 

It stopped raining.  (過去形)

(コントローラーが見えない場合はこちら
It’s  just stopped raining. (現在完了形)

(コントローラーが見えない場合はこちら

 

 

 

どちらも日本語に訳すと、【雨がやんだ】となるが、

もちろん言葉が違う以上、その意味も異なってくる。

 

 

 

上の過去形の文章はは、過去の一コマを眺める目線で話されている。

stoppedとう出来事が歴史の一コマのように「遠くに」感じられる。

 

 

一方、現在完了形の文章は、そうした過去の一コマが現在へズームアップされているニュアンスが出る。

 

 

 

従って、rainingという状況がつい今し方眼前で起こっていたという

話し手の感触が表現されている。

 

 

現在完了形は、学校では完了・経験・結果・継続の4つに分類して覚えた人も多いのではないだろうか。

 

 

 

現在完了形は、英語独特の時制概念であり、

日本語に対応する表現が複数ある。

 

 

 

そのため、上の例のように過去形と混同したり、

または、現在形と混同するおそれもでてくる。

 

 

 

過去の一コマが現在へズームアップされているというニュアンスが、

現在完了形に共通したイメージであるので、

そのイメージを基に自分なりに意味を解釈して落としこんでいくしかない。

 

 

 

以下、参考までに現在完了形の4つの分類に沿って、過去形と対比させながら例文を載せておく。

 

 

a. 経験用法

 

(過去形) I saw Lord of the Ring last Saturday.   (先週土曜日にロードオブザリングを観たよ)

(コントローラーが見えない場合はこちら

 

 

 

(現在完了形) I’ve seen Lord of the Rings.   (ロードオブザリングを観たことがある。)

(コントローラーが見えない場合はこちら

 

 

 

 

過去の事態が現在の経験としてズームアップされている。

 

 

b. 継続用法

 

(過去形) I was a member of this club for 20 years.  (20年間このクラブのメンバーだった。)

(コントローラーが見えない場合はこちら

 

 

(現在完了形) I’ve been a member of this club for 20 years.  (20年間このクラブのメンバーだ。)

(コントローラーが見えない場合はこちら

 

 

 

過去から現在までズームアップされ、「現在でもメンバーである」という文意になっている。

 

 

 

c. 結果用法

 

(過去形)  She went to the bank.  (銀行に行った。)

(コントローラーが見えない場合はこちら

 

 

(現在完了形)  She’s gone to the bank.  (銀行に行った【今はいない】)

(コントローラーが見えない場合はこちら
過去の事態が現在にズームアップされ、【彼女はもういない】という話し手の意図が出ている。

 

 

d.  完了用法

 

⇒ 上記のstop rainingの例を参照

 

 

 

 

本日見てきた時制の組み合わせは、確かに混同しやすいが、

逆にきっちりその区別を押さえておくことが

スマートで円滑なコミュニケーションに貢献しやすくなると思う。

 

 

 

特にネイティブとの英会話では、この時制という考え方を特に意識しながら

誤解のない楽しいフリートークに持っていこう。

 

 

 

 

ツイートツイート

生き生きとした言語感覚を一瞬で殺してしまう殺”言”犯になってはいないか

 

 

 

2通りの表現方法があったときに、

それがイコールで結ばれていたとしたら、一体どっちを選べばいいのだろうか?

 

 

もし仮に will = be going to だったとしたら、「明日、電話します。」と言いたい時に

 

 

A) I will call you tomorrow.

 

 

 

B) I am going to call you tomorrow.

 

 

のどちらを選べばいいのだろうか?

 

 

 

いくら悩んだって、判断のしようがないことは分かるはずだ。

 

 

 

なにしろ、イコールなのだから。

 

 

 

勘や気分などでどちらかを「えいやっ」と選ぶことしかできない。

 

 

 

私が中高時代に受けてきた英語の授業では、

言葉をイコールで結んで覚えるやり方がまかり通っていた。

 

 

たとえば、

 

 

see = look at

 

 

 

 

 

 

He hit me.  = I was hit by him.

 

 

つまり、能動態 = 受動態

 

 

 

 

このやり方。

 

 

 

確かに効率的で、実際英会話で役立つことも多いだろう。

 

 

 

 

しかし、気をつけていただきたいことは、

言葉同士にイコール(=)はあり得ないということだ。

 

 

 

当記事のタイトルにもあるように、ある言葉にはその言葉だけのもつ感覚があり、

違う言葉同士をイコールでつなげてしまうと、

その生き生きとした言語感覚を殺すことになってしまうのだ。

 

 

英語を日本語に訳すという行為を、

学校で散々やらされてきたと思うが、

実は、この「訳す」という行為。

 

 

場合によっては、違う言葉や文章同士を

同じ日本語で一緒くたに括ってしまうリスクがあり、

大変危険な行為と言える。

 

 

 

この説明だけだと、腑に落ちない人もいると思うので、

イコールではない実例を見ていくことにする。

 

 

 

see = look at

 

 

日本語だと同じ「見る」に関する動詞だが、

言葉が違う以上、その意味も当然違う。

 

 

 

look at というのは「視線をやる」ことを意味するので、

視線をやった先の場所(≒視点)を表現する。

 

 

I looked at the burglar.       (私はその泥棒を見た。)

 

 

 

泥棒に目をやったということ。

 

 

それに対して see の場合には、

基本的に「(視界に入ることにより)見える」ことを意味する。

 

 

 

I saw a burglar.   (泥棒を見かけました。)

 

 

また、両者の構文を考えてみても面白い。

 

 

seeは「見えた」ものを目的語に取る他動詞だが、

lookの場合には自動詞であり、対象を表わす場合には前置詞を必要とする。

 

 

seeの方は目的語に取るわけだから、100%見えている。

 

 

 

それに対して、lookの場合には、

あくまでも視線をやるだけであり、必ずしも見えるとは限らない。

 

 

 

I looked at him, but I couldn’t see his face because of the bright light.  (彼に目をやったが、まぶしい光のために彼の顔は見えなかった。)

 

 

動詞が目的語をとる場合と動詞だけで自己完結する場合の違いについて

この記事で詳しく説明したので、参考にしてほしい。

 

“The police searched him.” という英語を誤解しないために押さえておくべき2つの大原則

 

 

 

能動態 = 受動態

 

 

 

次に能動態=受動態という書き換えについて。

 

 

 

あなたは、以下のような書き換えをさせられたことはないだろうか?

 

 

He hit me. = I was hit by him.

 

 

先ほどと同じ例で恐縮だが、

能動態も受動態も、どちらも同じ出来事を表わしている。

 

 

 

しかし、表現が異なる以上、意味合いも当然異なる。

 

 

 

この場合、どこに焦点を当てるかが異なってくるのだ。

 

 

 

まず前提として、英語では能動態を使うことが普通だ。

 

 

 

それに対して受動態であれば、主語(元々目的語であったもの)に焦点を当てる。

 

 

 

He hit me . 

 

 

I was hit by him.

 

 

目的語meが主語Iとなって、焦点が当てられている。

 

 

つまり、I の被害を強調するとか、もしくは動作主(by以下、つまり元々の主語)をぼかす役割もある。

(動作主が分からない場合もある。)

 

 

 

その結果、受動態を使うほとんどのケース(8割以上)では by 以下は省略される。

 

 

 

だから I was hit by him. のように言うことは滅多にない。

 

 

 

その場合には受動態にするまでもなく、He hit me.で済んでしまうからだ。

 

 

 

例えば

 

 

I was hit in the face.   (顔を殴られました。)

 

 

 

などのように言うのであれば、受動態を使う意義が出てくる。

 

 

 

他にもいくつか例を出しておく。

 

 

裁判で弁護士が

 

 

Objection, Your Honor!  (異議あり!)

 

 

と言ったとしたら、裁判長は次のように答える。

 

 

Sustained.   (意義を認めます。)

 

 

 

Overruled.   (却下します。)

 

 

 

さてこの場合、認めたり却下したりしているのは裁判長(個人)なのだろうか、

それとも裁判所なのだろうか?

 

 

 

・・というのがわからないから、英語だと受け身で表現するわけだ。

 

 

 

日本語だと主語が省略できるので、受け身にする必要性がない。

 

 

The airplane was delayed for about 20 minutes because of the bad weather.   (その飛行機は悪天候により約20分遅れた。)

 

 

のような言い方をしたとする。

 

 

遅れた原因は悪天候だろうか?

それとも悪天候に負けたパイロットが悪いのだろうか?

 

 

______________

 

 

英会話などの場面で、will=be going to などの自分ルールを作り、

英語の運用スキルを上げていく自体に何ら問題はない。

 

 

 

しかし、本日みたように、違った言葉には、それぞれ違う理由があり、

言葉にはそれぞれ生き生きとした言語感覚が存在していることは覚えておいてほしい。

 

 

 

英語を読んでいて、どうしてそういう言葉が使われているのか、

その背景となる事情を探求していくことで、

より質の濃いインプットも可能となる。

 

 

 

同じことが日本語にも言える。

 

 

小説などには、多様な表現が盛り込まれているが、

私は、気に入った表現があれば、どんどん自分の言葉として使ってみるようにしている。

 

 

どうしてそのような言葉が使われているのか、

結局その言葉でしか表現できない想いが込められているからだと言える。

 

 

受験英語を卒業した社会人ならば、

そのような言い手の想いをしっかり受け止め、そしてしっかり投げ返すための器が必要になるだろう。

 

 


b9
 

 

 

 

 

ツイートツイート

英語動詞に宿る【ダイナミックさ】をじっくり感じてもらうための2つの例文

 

 

英語の動詞にはダイナミックな動きがある。

日本語の比ではない。

 

 

本稿では、もっとも基本的な英語感覚である「主語の動作」にフォーカスして、

その英語感覚をじっくり感じていただくために2つの用例を解説する。

 

 

 

punch

 

 

まず、下記の例文をみてほしい。

 

I punched him in the nose.    (私は彼の鼻にパンチを見舞った。)

 

 

頭から順番に情景を描写してみよう。
I…
まず主語である「私」が登場する。                                イメージ図:
( ̄ー ̄)
(↑顔)

 

 

ここまでは、なんの変哲もない。
次に
punched…
と「私」の動作が示される。

 

イメージ図:
○ ̄ー ̄)≡≡〇 シュッ
つまり、「私」から「パンチが出る」動きが表現されている。
そして、次に
him…
が出てくるので、パンチが届いた先が「彼」ということだ。

 

イメージ図:
☆ )゜o゜)/ バキッ
(↑星印は衝突を表しています。)
動きがあって、ダイナミックだとは思わないだろうか?

 
英語という言語では、動作が起こった順番に文が進んでいく。
○ ̄ー ̄)≡≡〇☆ )゜o゜)/ バキッ
I punched him.

 

 

 

さらに、パンチが「彼」のどこに当たったのかが気になるはずだ。
そこで
in the nose…
と加えて「鼻」だということを伝えるのだ。
情報を少しずつ掘り下げて、明らかにしていく。

 

 

 

これが、英文の構造だ。

 

 

went

 

 

それでは、もう一つ例を出そう。
I went to Disneyland with my family yesterday.  (昨日、家族と一緒にディズニーランドに行った。)

 

 

 

 

この文にも、やはり、ダイナミックな動きが隠されている。
I went…
まずは「私が行く/進む」という動作が表されている。
次に
to…
で「到達する」ことが暗示される。(toには目的地と向かい合う感覚がある。)
そして
Disneyland…
と到達先が示される。
「私」が「進んで」「着いた」先が「ディズニーランド」だという順番で情報が提示されている。
進む

私 ⇒⇒⇒⇒ ディズニーランド

 

 

 

I went to Disneyland
動きがあって、ダイナミックだとは思わないだろうか。

 
そして、さらに情報を追加していくのだが、

 

 

with…
で「私」と一緒に何かがあったことが示され、
my family…
で、それが「家族」であることが分かる。
そして最後に
yesterday…
と時間が前日であったことを伝える。

 

 

 

情報を出す順番

 

英語を感覚で理解するためには、この情報を出す順番 が、非常に大事になってくる。
英語を英語の語順のままに理解できれば、

まるで劇画を見ているように、ダイナミックな動き感じることができるのだ。

 

 

 

日本語の情報の出し方では
「私は彼の鼻を殴った。」
最初に「私」「彼」「鼻」といったモノを並べる。

 

 

 

それらのモノの関係を、助詞の力を借りながら次第に明らかにしていき、

最後に動詞で結論付けるというのが日本語の流れだ。
日本語と英語を比べてみよう。
<日本語での情報の流れ>

 

 

「私」という主語が、「彼」に所属する「鼻」を対象にして、「殴る」という行為をした。

 

 

私は 彼の 鼻を 殴った。
<英語での情報の流れ>

 

 

 

「私」という主語が「殴る」という行為をし、「彼」という対象に当たり、具体的な場所が「鼻」。

 

 

I punched him in the nose.

 
ディズニーランドの例でも日本語と英語を比べてみましょう。

 
「私は昨日、家族とディズニーランドに行った。」

 

 

I went to Disneyland with my family yesterday.

 

 

 

<日本語での情報の流れ>
「私」という主語が「昨日」というタイミングで「家族」と一緒に「ディズニーランド」という対象に「行く」という行為をした
私は 昨日 家族と ディズニーランドに 行った。
<英語での情報の流れ>
「私」という主語が「行く」という行為をし、

その行き先が「ディズニーランド」で、一緒に「家族」がいて、「昨日」というタイミングだった
I went to Disneyland with my family yesterday.
b5

 

____________

 

以上、動詞に宿るダイナミックな英語感覚を説明するために、

2つの用例をだしたが、いかがだっただろうか。

 

 

英語の場合、動詞には文の骨格を決める重要な役割があるため、

同士に内在する言語感覚を感じることは、非常に重要である。

 

 

社会人向け英語学習では、是非、動詞の存在感を存分に感じながら、

英文を読む習慣をつけてほしい。

 

 

 

 

 

 

ツイートツイート
1 / 212
 

管理人

ナビゲーター

英語迷路ナビゲーター

高橋陽生

"Make your life

more challenging

with English!!"

詳しいプロフィール

__________________

貴ブログも訪問させてください!

いつも応援の一票ありがとうございます。

 
英会話 ブログランキングへ

カテゴリ一覧

最新記事

人気記事一覧
 

オリジナル特典付

イチオシ英会話教材

 

確実な方法で自在に英語でインプット、アウトプットをするスキルを身に付ける独学英会話教材の最高峰

30日間

英語脳育成プログラム

詳細レビューはこちら

 

英語音声の識別力を無理やり引っ張り上げる日本人学習者向けのリスニング教材

リスニングパワー

詳細レビューはこちら

 UDA式 30音英語リズムの詳細

英文独特のリズムに慣れることで、驚くほど英会話スキルが上達する。

UDA式30音英語リズム

詳細レビューはこちら


更新情報を受け取る

  Twitterボタン

更新記事の内容を

メールでお伝えします。

ハンドルネーム 
メールアドレス 

ブログでは言えないこともお話します!

英語学習に役立つサイト

サイト内検索

英語名言集

タグクラウド

ページの先頭へ

1年ごとの課税