オンライン英会話レッスン – フリートークのススメ - 

 

オンラインの英会話授業が
抜群のコストパフォーマンスを発揮している。

 

 

週二回(25分×2)のレッスンを受け始めて
一年以上経つが、
驚くほど英語脳の維持に役だっている。

 

私自身、普段は日本語に
どっぷり浸かって生活している。

 

そんな生活の中でも
英語でコミュニケーションを図る時間を
ほんの少しでも確保することがとても大切だなぁ
と実感している。

 

英会話フリートークのススメ

 

英会話のレッスンで
特に勧めたいのが
英語でのフリートーク

 

テキストなどを読むのではなく
自分が話したいことを自由に話しまくるスタイルだ。

 

仕事での悩み

 

最近観た映画のこと

 

自分の人生観、恋愛観など

 

 

自分の感情を言葉に乗せて思いっきり話す。

 

フリートークならではの醍醐味だ。

 

 

得られるメリット

 

英会話フリートークを通して

得られるメリットをざっと並べてみよう。

 

 

日本語脳から英語脳への切り替えがスムーズになる。

 

英語でやりとりしないといけない状況に直面した時の
焦りが軽減され、余裕が生まれる。

 

授業とは思えなくなるほど、授業が楽しくなる。

 

プライベートな話題を共有するため、講師と仲良くなれる。

 

 

細かいことを上げるとキリがないが、
とにかく感情をぶちまける絶好のチャンスであると同時に
英語を自分の言葉としてモノにするための
貴重な機会になってくれることは確かだ。

 

 

注意点

 

上記を実践するうえで
英会話教室でもオンライン英会話スクールでも
どちらを利用しても問題はない。

 

ただ私自身の経験を踏まえて注意したい点を2,3上げておく。

 

自分の生活サイクルにとって
無理のないスケジュールにすること

 

忙しい社会人なら、特段の事情がない限り
毎日授業を入れるのではなく
週1時間から2時間程度でよいのではないか。

 

まぁ、これは個々のレベルにも大きく左右される。
そしてこれはフリートークスタイルの授業に
メリハリをつけるという意味でも寄与してくるはず。

 

気の合う先生を見つけること

 

フリートークを通して、個々の感情を交換するわけだから
自分の考え方やレベルに
ある程度マッチした先生を持つことが意外と大事だ。

 

ストレスのない楽しいコミュニケーションにするために
必要な条件だと思う。

 

とにかく気になったこと、
シェアしたいことをすべて喋る

 

緊張とかする必要はない。
あなたが生徒なんだから、
自分の話したいことを話す。
多少恥ずかしいことであっても
どんどん英語で表現してみよう。
思ったより、爽快だ。

 

ちなみに私が使っている英会話スクールはこちら。

↓↓



ツイートツイート

英語学習における目的地・手段・現在地の関係

 

 

大学や高校を卒業して、社会人になり数年たち、

仕事の都合や趣味などで英語をもう一度勉強する必要が出てきたとする。

 

 

あなたは、何から始めるだろうか。

 

本日は、英語学習の思わぬ落とし穴について、説明する。

 

 

今日の英語学習の方法について

 

 

英語学習には、沢山のカードが用意されている。

 

 

 


英語の学習手段 

 

 

どれを選ぶかという問題になるが、

 

一般的には、まず書店やウェブで情報収集する。

 

 

 

その上で、自分の目的を改めて考えてみて、その目的に沿ったカードを切るだろう。

 

 

例えば、

 

海外旅行を楽しいものにしたいなら、

旅先で使いそうな表現が載っている本を読んだり、英会話教室に通う。

 

 

 

海外出張先で英語でプレゼンや商談をしなくてはならないのなら、

英語のスピーチの練習やリスニング力を鍛えたりする。

 

 

 

TOEICのスコアを上げたいのなら、TOEIC関連の参考書を探す。

 

 

 

 

英語のビジネスメールを早く正しく書けるようになりたいのなら、

ライティング力やボキャビルを強化するだろう。

 

 

 

はたまた、外国人と結婚して、海外に移り住みたいという希望があるのなら、

英語で自己アピールしたり、楽しく会話するコツを勉強するかもしれない。

 

 

 

この手段を選ぶ際に、一番気をつけなければならないことがある。

 

 

 

多くの英語学習本やサイトでは、

英語をやる目的をはっきりさせることの重要性を一生懸命説いている。

 

 

 

「あなたは、何のために英語を勉強するんですか? まず、そこを明確にしましょう」

 

 

 

おそらくあなたもこのような趣旨のアドバイスは、何回かきいたことはあるだろう。

 

 

 

確かに、目的を決めることは重要だと思う。

 

 

目的がないと、やる気が先細り、継続する推進力が生まれにくい。

 

 

その通りだ。

 

 

 

 

しかし、その目的を達成するための手段が問題だ。

 

 

 

英語学習には、上記のカードの如く、沢山の選択肢がある。

 

 

とりわけ、インターネットが発達した今日では、なおさらだ。

 

 

多くの英語勉強ノウハウや学習参考書を見ても、

この手段の選び方については、結構、そっちのけのような印象が残る。

 

 

 

 

目的を持つことの重要性多くの学習手段があることは分かった。】

【それじゃ、私は何をするべきなのか。】

 

 

 

 

この疑問にきちんと真正面から答えているサイトや書籍が圧倒的に少ない。

 

 

だから、多くの学習者は、企業の宣伝や他人の体験談、アフィリエイターの押し売りに乗せられて

効果のありそうな英語教材を直感的に選んでしまう。

 

 

現在地を把握する必要性

 

 

目的を達成するための手段を選ぶとき、

最も考えなくてはいけないことは、

企業の宣伝や他人の体験談、アフィリエイターのランキングなどではない。

 

 

 

自分がどのレベルにあるのかということだ。

 

 

 

今、自分の英語力がどの程度あるか、すなわち自分の現在地に関する情報だ。

 

 

これを知っておかないと、必ずといっていいほど、目的は達成できない。

目的に近づくどころか、遠ざかってしまうおそれもある。

 

 

例えば、あなたが今、イギリスのマンチェスターに行かなければならないとする。

マンチェスターユナイテッド 

 

さて、どうやって、行くだろうか。

 

 

 

・・・・

 

 

 

「飛行機にのって行くに決まっている!」

 

 

 

というかもしれないが、それは、あなたが今日本にいる場合の話だ。

 

 

 

仮にあなたが、マンチェスターの隣町のシェフィールドという街にいるならどうか。

わざわざ飛行機に乗る必要はないだろう。

 

 

 

英語学習にも同じことが当てはまる。

 

 

 

自分の現在の実力を頭に入れておかないと、

その現在地から目的地に向かうための手段を取り違えるおそれが出てくる。

 

 

「TOEIC400点持っているけど、英語が話せない」人と

「TOEIC800点持っているけど、英語が話せない」人とでは、

持っている英語力が異なるので、当然やるべきことも異なってくるはずだ。

 

 

 

さらに気をつけなければいけないことがある。

 

 

 

 

現在地と目的地がはっきりしたからといって、

必ずしも正しい手段に行きつけるとは限らない。

 

 

多くの人は、できるだけ少ない費用と時間で目的を達成しようとするあまり、

目的地へ直行する便に乗ろうとしてしまう。

 

 

 

しかし、よく考えてみると、仮にあたなが、国際ハブ空港から遠く離れた離島に住んでいるとしたら

マンチェスターに行くためにはまず、最寄りの空港に行かなければいけない。

 

IMG_0001

 

 

さらにそのためには、最寄りの駅まで何らかの手段でたどり着かないと始まらない。

 

 

 

 

従って、まず自宅から一歩出た時の移動手段から1つずつ決めていく必要があるのだ。

 

 

 

自宅から、一気にマンチェスターに向かうジェット機のようなカードがあれば

それに乗ればいいのだが、そんな都合のよいカードは、ほぼないだろう。

 

 

ジェット機カードが「英会話教室」だとすると、

「旅先で英語で楽しいコミュニケーションをする」という目的のために

いきなり英会話教室に通うという手段が正しいとは限らない。

 

 

 

もちろん、それが最短の道のりである場合もあるだろうが、

そのことを認識するためには、まず自分は何をしなければいけないのか(手段)を

自分の現在の実力と相談しながら、

慎重に決めていかないといけない。

 

 

これが、今後の英語学習計画の成否に直結してくるからだ。

 

英語学習の目的地現在地手段 

 

 

 

 

 

 

英語学習における目的地と手段と現在地の関係について話してきたが、

この関係については当ブログ開設当初からキーコンセプトにしようと考えていた。

 

 

ブログタイトルの一部である、勉強法ナビマップ

 

 

 

 

このネーミングも、英語学習の指針になるようなコンテンツを公開していこうという想いを込めて、

つけたものだ。

 

 

 

 

当ブログで公開している【英会話メール講座】は

社会人を始めとする参加者の現在の実力を知り、

英会話のスキルを効率よく伸ばしていくための訓練法を目玉としている。

 

 

 

是非、この記事をここまで読んでいただいたのであれば、

参加してもらえば嬉しく思う。

 

 


メール講座への登録はこちらからお願いします。

ニックネーム
メールアドレス
確認用メールアドレス





ツイートツイート

新庄剛志のプレーから学ぶ英会話習得の基本中の基本

 

新庄剛志といえば、「記録よりも記憶に残る選手」として有名だ。

 

 

本稿では、彼のある珍プレーから、英語学習の本質に迫ってみる。

 

 

 

英会話スクール&海外留学⇒英会話習得?

 

 

会社の同僚や上司、ブログの読者の方に英会話の勉強法について聞くと、

10人に半分程度の割合で、

 

英会話スクール通う!

 

 

海外に留学する!

 

 

などの答えが帰ってくる。

 

 

確かに、これらは、英語力を上げる強力な味方になりうる。

 

 

 

その理由してポピュラーなところをとりまとめると、

 

 

【強制的に英語を話さざるを得ない状況に自分を置くことで

外圧的に日本語脳を英語脳に作り変える効果がある。】

 

 

 

といったところか。

 

 

最もらしく聞こえるが、これが本当に効果を発揮するには、

大きな前提が実はあり、その前提条件を満たしていなければ、

ただの浪費自己満足という残念な結果になってしまう。

 

 

 

英会話スクールや海外留学が英会話習得にとって、強力な味方になるのは、

その前提をクリアして初めて成しうるだとおもう。

 

 

 

英会話スクールを活用するための前提とは?

 

 

察しのいい方なら、既にお分かりかと思うが、

英会話スクールや海外留学を最大限実りあるものにするための前提とは、

 

「前準備」である。

 

 

__________

 

    話せるようになりたいから、英会話スクールに通ってスピーキング。

 

 

    英語をマスターしたいので、何も準備せずにいきなり思い切って留学。

 

___________

 

このようなケースでは、前準備と実践のバランスが良くない。

 

 

ある本によると、プロスポーツ選手は、練習と試合の割合が80対20位だそうだ。

 

 

 

練習時間が試合時間の4倍。

 

 

そのくらい準備に時間をかけているらしい。

 

 

自分は、プロスポーツ選手ではないと思われるかもしれないが、

仮に以下のように考えてみてほしい。

 

 

【英会話を「試合の本番」だと考えてみたときに、

 

あなたは準備や練習にどの程度時間をかけているか?】

 

 

 

準備や練習をせずに、いきなり本番に臨んでも、大した成果は出ない。

 

 

素振りをしたことのない人が、野球の試合でいきなりヒットを打てるだろうか?

 

 

ここで新庄剛志のプレーを引き合いに、説明させていただく。

 

 

新庄剛志の「あの」プレー

 

1999年彼が阪神に在籍していたとき、巨人戦の延長12回裏。

 

4対4の同点でワンナウト1,3塁の一打サヨナラの場面!

 

ここで彼に打席が回ってきた。

 

 

 

続きは以下の動画をご視聴いただきたい。

 

 

 

このプレーについてはご存知の方もいると思う。

 

彼は、敬遠球を打ちにいくという、普通では考えられないことを実行してしまった。

 

 

 

そして、その結果、打球は三遊間を抜け、阪神のサヨナラ勝ちとなる。

 

 

 

このプレーを見てあなたは、どう感じるだろうか。

 

 

「新庄ならとっさにそういうこともやりかねない」

 

 

と思う方もいるだろう。

 

 

 

 

 

このプレーには後日談がある。

 

 

新庄選手は、あるテレビ番組でこの舞台裏を語ったのだが、その番組によると、

 

 

なんと、彼は本番の三日前に敬遠球を打つ練習をしていたのだ。

 

 

 

「咄嗟に思いついたことではなかったんだ?」と聞かれて彼はこう答えている。

 

 

 

「何でも練習がないと、

 

やっぱ無理ですよね。」

 

 

 

この言葉は、プロ野球選手が放った、非常に含蓄のある言葉だ。

 

 

何でも練習しないと本番ではできない。

 

続きを読む…

ツイートツイート
 

管理人

ナビゲーター

英語迷路ナビゲーター

高橋陽生

"Make your life

more challenging

with English!!"

詳しいプロフィール

__________________

貴ブログも訪問させてください!

いつも応援の一票ありがとうございます。

 
英会話 ブログランキングへ

カテゴリ一覧

最新記事

人気記事一覧
 

オリジナル特典付

イチオシ英会話教材

 

確実な方法で自在に英語でインプット、アウトプットをするスキルを身に付ける独学英会話教材の最高峰

30日間

英語脳育成プログラム

詳細レビューはこちら

 

英語音声の識別力を無理やり引っ張り上げる日本人学習者向けのリスニング教材

リスニングパワー

詳細レビューはこちら

 UDA式 30音英語リズムの詳細

英文独特のリズムに慣れることで、驚くほど英会話スキルが上達する。

UDA式30音英語リズム

詳細レビューはこちら


更新情報を受け取る

  Twitterボタン

更新記事の内容を

メールでお伝えします。

ハンドルネーム 
メールアドレス 

ブログでは言えないこともお話します!

英語学習に役立つサイト

サイト内検索

英語名言集

タグクラウド

ページの先頭へ

1年ごとの課税