海外ドラマから掴め!未来をあらわす表現の3つのイメージ

時制を正しく使い分けることができれば、英会話のレベルが一つ上がる。

 

 

逆に時制を取り違えると、伝えたいメッセージがうまく伝わらず、

ぎこちないコミュニケーションになってしまうかもしれない。

 

 

たとえば、日本語の

 

 

ベトナムに行くつもりだ

 

 

 

 

ベトナムに行った。

 

 

では、意味合いがまるで異なる。

 

 

もちろん、話の流れなどで言わんとしていることが

通じることもあるだろう。

 

 

ただ、スムーズで楽しいコミュニケーションを進めていくためには、

多少なりとも過去、未来、現在などの時制を使い分けていく必要性はあるだろう。

 

 

 

まずは、この意識をしっかり持つことが大切だ。

 

 

 

英語における時制の文法ルールは複雑な印象があり、

苦手としている方も多くいるのではないだろうか。

 

 

そして、その複雑なルールをナマの英会話で瞬時に使い分けていくことは

非常にハードルが高いと感じている方もいるだろう。

 

 

そこで今回は、

学生のときに勉強した細かい文法ルールからではなく

海外ドラマのワンシーンを題材にして

個々の時制が持つ意味やイメージから直接理解していくという

訓練法を紹介したい。

 

 

未来を表す表現

 

 

例えば未来を表す表現には次の3通りがある。

 

will

 

be going to

 

be   -ing

 

 

同じ未来を表す表現でも

それぞれの表現がもつイメージや意味は異なる。

 

 

異なるからこそ、表現方法が違うのだ。

 

 

 

以下、順に解説していく。

 

 

will

 

 

willは、学校で「未来の助動詞」と習うが、それは間違いだ。

 

 

willの本来の意味は、【推測】【意志】を表すのであって、

それが未来の事態を表すのに都合よく使われるだけなのだ。

 

 

我々にとって未来とは、「~となるだろう」という【推測】

または「~するぞ」という【意志】の対象となるはずだ。

 

【推測】

 

 

She will be a good mother.

(彼女はよい母親になるだろう)

 

 

【意志】

 

 

Oh, I just realized I have no money.  Don’t worry. I‘ll lend you some.

(げ。お金もってないよ。 大丈夫。いくらか貸してあげるよ)

 

 

 

さて、海外ドラマでwillの具体的な使い方をみておこう。

 


 

 

最後の方で男性が怒りながらwillを使っている。

 

I will not be bullied by this nut!

こんなモグリのたわごと、聞いてられるか!

 

 

このwillには、話し手の強い【意志】がこもっている。

 

 

 

be going to

 

 

go to (~へ向かう)の進行形だから、

つまり出来事はすでにto以下の帰結に向かって進んでいるということだ。

 

 

willが単に【推測】するのに対して、

be going toはすでに状況が動き出している。【原因・予兆】

 

 

It will rain tomorrow.

(明日、雨が降るだろう)

 

 

 

It‘s going to rain.

(雨が振りそうだ)  ⇒ すでに雲が集まり、これから雨になることが予見されるということ。

 

 

また、be going to は【意図】を表すこともできる。

 

 

I’m going to marry her.

(結婚するつもりだ)

 

 

すでに決断がなされ、marry herに向かって進んでいる最中ということだ。

 

 

【意志】を表すwillと紛らわしいが、

willの場合は、その場で決断が行われているため、

be going to は使えない。

 

 

Oh, I just realized I have no money.  Don’t worry. I‘ll lend you some.

 

 

「お金がない」という状況に対して、

「お金を貸す」という決断が行われているからwillがふさわしい。

 

 


 

最後の方で女性が立ちながら、be going to を3回連発している。

 

 

And you are going to sit right there,

 

 

I am going to call my therapist,

 

 

and we’re all going to talk about this.

 

 

 

いずれも話し手の【意図】を表れているのを感じてほしい。

 

 

be  -ing

 

 

進行形も未来を表すことができる。

 

 

I’m playing golf (now).

 

 

I’m playing golf at 3:00.

 

 

 

上の二文は両方共進行形だが、

単に「現在している」のか「3時にはしている」のかという違いだけである。

 

 

 

進行形に未来を表す特殊用法があるというわけではない。

 

 

ある時点を念頭においてそこでの行動を述べる場合、

進行形を使う場合がある。【予定・計画】

 

 

 

この場合、「3時」というように具体的時点が明らかにされるか

文脈により強く示唆される。

 


 

冒頭の方で女性がドアから出てきて

 

I’m leaving.

 

と話している。

 

 

少し掴みにくいかもしれないが、

もう帰りますという話し手の【予定】を表している。

 

 

具体的な時点が出てないのは、

状況により明らかだからだ。

 

 

 

 

 

以上、3つの未来を表す英語表現をみてきたが、

いずれの表現も個々の意味やイメージを内包しているため

その意味やイメージを理解しておけば、

細かい文法ルールを覚える必要はないのだ。

 

 

これらの表現に出会ったら、

どうしてここではこの単語が使われているんだろう?

と丁寧に一つ一つ考えていくことで着実にあなたの理解力が向上していくはずだ。

 

 

 

ツイートツイート

まず日本語を言い換えろ! ― 発信型英会話の2つの言い換えテクニック ―

 

言いたい英語がどうしても口から出てこないときのテクニックの一つとして、

 

英語に変換する前の日本語を言い直すというテクニックを以前の記事で紹介した。

 

この記事の後半の部分

 

⇒ 英文暗記だけでは英語を話せるようにならない3つの理由

 

 

 

 

さらに発信型英語のコツについて以下の記事で

その日本文に含まれる動作を意識することの有用性について紹介した。

 

 

【今年もよろしくお願いします】から紐解く発信型英語のコツ

 

 

 

この2記事を踏まえて、

 

本日は、【日本語⇒日本語】の言い換えを実践していく上で、

実用的なテクニックを2点紹介する。

 

 

 

一つの日本語に拘らない柔軟性を持つことについて考えてみてほしい。

 

 

 

視点の切り替え

 

 

視点の切り替えと言われても、

よくわからないと思うので、例を上げて説明する。

 

 

 

次の日本文を英訳してください。

 

 

 

「(電話の話し相手に対して)友人に代わります。」

 

 

 

 

・・・・

 

 

I’ll put my friend on the phone.

コントローラーが見えない場合はこちら

 
首尾よくこのフレーズにありつけただろうか。

 

 

 

実際のところ、瞬時にこの表現を口に出すことは、意外と難しい。

 

 

 

仮に、この表現がどうしても浮かばなかったら、

あなたは、なんて言うだろうか。

 

 

 

もちろん、change やswitchという動詞を上手に使って、

その場凌ぎをすることもできるかもしれない。

 

 

しかし、ここで一つのテクニックとして、

「視点の切り替え」を使ってみよう。

 

 

 

 

例えば、

 

 

 

「友人が話します!」

 

 

といって、主語を「友人」にすることで、一気に日本語を読み替えることができる。

 

 

すると、

 

 

 

My friend wants to talk to you.

 

 

とすんなり言える。

 

この場合の視点の切り替えとは、つまり主語の切替だ。

 

 

 

 

英会話において、この「視点を切り替える」というテクニックは、

非常に実戦向きだ。

 

 

もし、これが母国語の日本語であれば、

思いついた表現をそのまま使えばいいのだから、特に問題はならない。

 

 

 

しかし、不自由のある英語の場合には、どうしても動詞が出てこないなど、

思い通りに言葉が使えないおそれがある。

 

 

 

その時、「視点の切り替え」ということを意識すると、

一気に問題が解決することがある。

 

 

 

 

例えば、

 

 

「それは汚かった」

 

 

と言いたいとする。

 

 

 

どうしてもdirtyという言葉が思い出せない場合、

早速「視点を切り替え」てみよう。

 

 

 

すると、

 

 

It wasn’t clean.

コントローラーが見えない場合はこちら

 

 

I didn’t want to stay there.

コントローラーが見えない場合はこちら

 

 

などの別の表現が浮かびやすくなる。

 

 

一つの日本語に拘らないことがここでのキーポイントとなる。

 

 

 

社会人としての豊富な日本語のデータベースが既にあるわけだから、

その知識のデータベースを是非積極的に活用してみよう。

 

 

 

 

 

日本語を噛み砕く

 

 

早速、例を出す。

 

 

 

彼はしたたかな人だ。

 

 

 

直訳すると、

 

He is sturdy.


コントローラーが見えない場合はこちら

 

 

He is formidable.

コントローラーが見えない場合はこちら

 
となるが、果たして本当にこれでよいのか?

 

 

 

答えは、Noだ。

 

 

 

ここでの問題は、単語が難しすぎるということ。

 

 

 

まず、こういった単語は、辞典を引くか、暗記していない限り、

普通は出てこない。

 

 

 

「したたか」と言いたいときにこの単語がうまく思い出せなかったら、

そこでゲームオーバーだ。

 

 

 

また、仮にうまく思い出すことができたとして、”He is sturdy.”といえたとする。

 

 

 

 

 

でも、相手もノンネイティブで、sturdyという単語を知らなかったら、

どうなるだろうか。

 

 

 

He  is …. what?

 

 

 

という受け答えになってしまうのがオチだ。

 

 

結局、その日本語に対応する英語の言葉を機械的に探してしまうと、

単純なことなら言えるけど、難しくなると途端に何も言えなくなる。

 

 

 

また、思考も硬直化しやすくなる。

 

 

思考が硬直化してしまう原因は、

 

 

「日本語の単語」 ⇒ 「英語の単語」

 

 

というように1対1で変換しようとしているからだ。

 

 

実際のところ、日本語の単語と英語の単語は1対1では対応していない。

 

 

 

例えば「背中」は英語でいうとbackだが、

「腰」のあたりも英語ではbackだ。

 

 

 

日本語と英語を1対1で対応させることがダメなわけではなく、

そうすると、思考が硬直化しやすいから注意すべきだということを言っておきたい。

 

 

ここでの解法テクニックが、「言葉を噛み砕く」だ。

 

 

日本語⇒英語と対応指せる前に

一旦言葉を噛み砕いてほしい。

 

 

 

噛み砕く際のポイントが、

小学生でも分かる程度に噛み砕くことだ。

 

 

 

「彼はしたたかな人だ」を小学生でも分かる程度に噛み砕くと、

 

「彼は、手強い」

 

「彼は、とても叶わない」

 

 

などとなる。

 

 

 

噛み砕いた上で、

 

 

 

He is very strong.

コントローラーが見えない場合はこちら
He is unbeatable.

コントローラーが見えない場合はこちら
などと表現できる。

 

 

 

 

もう一題、例を出す。

 

 

 

彼女はオタクだ。

 

 

 

otakuは、既にローマ字で英語になっているようだが、

仮にotakuというワードを知らない人に対しては、

別の言葉で言い換えるしか無い。

 

 

 

geekという用語もあるが、日本児ではなかなか思いつかない人も多いだろう。

 

 

 

オタクを噛み砕くときは、オタクの対象を意識するとよい。

 

 

 

何に対して、オタクなのか

 

 

例えば、

 

 

漫画オタクなら、

 

 

 

She likes reading manga too much.

コントローラーが見えない場合はこちら

 

 

 

She is enthusiastic  about manga.

コントローラーが見えない場合はこちら

 

 

 

などと表現できる。

 

 

 

オタクのニュアンスがうまく表現できていないかもしれない。

 

それでも、フリーズや無言になってしまうよりマシだ。

 

 

 

言葉のニュアンスも含めて100%英語で伝えることは、

英語に相当熟達しない限り厳しいので、最初はきっぱり諦めたほうがよい。

 

 

 

この潔さも英語の発信力を磨く上で欠かせないコツの一つだ。

 

 

 

 

 

 


発信型英語のコツ
 

ツイートツイート

“たかがコミュンケーションのツール” されど強力なツール - 英語の役割 -

 

 

以前就職活動をしていたとき、面接官から英語について聞かれたことがあり、その時は
「英語は単なるコミュニケーションのツールだから、うんたらかんたら・・・」
と答えたことを記憶している。

 

 

 

教育の場でも、「英語はたかがコミュニケーションのツールだから・・」という理屈付けが
なされることがあると聞き、改めて掘り下げてみたい。

 

 

 

「たかがツール」としての英語の役割について。

 

 

 

たかがツール

 

 

 

【英語は言葉である以上、コミュニケーションの道具・手段の一つに過ぎない。】

 

 

 

確かに、一理ある。

 

 

英語が思うように話せなくても、他の手段を使って、コミュニケーションをとればよい。
それでは、コミュニケーションをするための他の手段とは何なのか?

 

それは、

 

ジェスチャー
表情
声のトーン
筆談
などの言葉以外に本人の意思が宿りやすい伝達手段のことをいっているのだろう。

 
英会話の勉強をやっていて、なかなか上達しない人によくありがちなことは、
間違えたくないから、自分から発言することに躊躇してしまうこと。

 

 

 

「自分の英語に自信がない」

 

 

「失敗することが恥ずかしい」

 

 

「相手に誤解されたくない」

 

 

「そこまでするのが面倒臭い」

 

 

このような負の想いが頭のなかで交錯し、なかなか踏み切れない。

 

 

 

私自身が、そうだった。

 

 

 

例えば、「伝えたいこと」ができて、それを頭の中で2,3度英語で言ってみた結果、
うまく表現できないということが分かると
説明すること自体を諦めてしまう。

 

 

 

 

結果的にコミュニケーションという目的がどっかに行ってしまっている。
そこで、「英語は単なるコミュニケーションのツールなんだよ」と忠告することで、
このはき違いに気づかせてあげる。

 

 

 

そのおかげで喉のつっかえが取れ、
英語でのコミュニケーションがスムーズに進むという図式だ。

 

 

 

会話のやりとりでも目的を達成するために、
正確な英語が必ずしも必要になってくるわけではない。

 

 

 

それを間違えることで、本来伝えたいことがまるっきり伝わらなくなってしまうならば、
それで問題だが、

 

3単現のエスなど間違っても意思疎通に特段支障がでない項目ならば、

 

 

どんどん間違えるべきだ。

 

 

 

変な言い方になったが、つまり間違いを恐れずにどんどん自己主張し
会話のやりとりを優先した方がよいということ。

 

 

 

例えば、

 

「昨日は病気で寝ていました。」

 

と言いたいとする。

 

 

 

「病気で寝ていた」という意味の英語表現(sick in bed)がすぐに思い浮かばない場合、

考え込むのでなくて、とにかく

思いついたことを言ってみる。

 

 

 

間違いを恐れずに、言葉にジェスチャーも絡めて、
どんどん自己主張してみる。

 

 

 

そうすれば、
会話が何かしらの方向に発展する可能性が残るはずだ。

 

 

 

かりに、プライドが邪魔して何も喋らないでいると、
【3つの害】が降りかかる。

 

 

 

まず、ミュニケーションが中断されてしまうという害

 

 

これが1番目の害。

 

 

そして

 

「お前は、無口でつまらない人間だ」
という誤解を与えしまいかねない。

 

 

これが、2番目の害。

 

 

 

さらに、コミュニケーションが失敗したことによる自信喪失

 

 

これが、3番目の害。

 

 

 

考えすぎにによるコミュニケーションの諦めは、3つの害となって、拡散していく。

 

 

 

続きを読む…

ツイートツイート

英語耳を確実に作り上げるために必要なこと(社会人編)

 

 

虹は、国によって、見え方が違うらしい。

 

 

日本人として生まれた私には、その違いを確認することはできない。

 

 

 

同じ現象なのに、その見え方が人によって違う。

 

 

 

バックグラウンドが違うわけだがら、当然、感じ方も違うはずだ。

 

 

ということを言いたいわけでない。

 

 

その人が生まれ育った環境、その人が帰属する文化が

その人の知覚の仕方に対して与える影響

 

 

 

これが無視できないほど大きいことを言いたいのだ。

 

 

 

 

 

 

文化によるモノの捉え方が違う例として、面白い例がまだある。

 

 

 

例えば、雨という自然現象を表す言い方として、

日本語と英語では、その数が驚くほど違う。

 

 

 

日本語で雨に関係する言い方をざっと上げると、

 

 

五月雨、夕立、にわか雨、梅雨、小雨、喜雨、驟雨、時雨、秋霖、通り雨、涙雨、氷雨、春雨

 

 

など多分まだまだあると思われる。

 

 

 

一方、英語で雨を言おうとすると、

 

 

shower, rain

 

 

など、数えるほどしかない。

 

 

 

これも、日本という風土にって、雨の重要度や影響度が高いために、生じた現象だ。

 

 

 

 

 

同じことが、言葉の体系にもいえる。

 

 

 

lead

 

 

read

日本語でその発音を表現すると、どっちも「リード」である。

 

 

 

しかし、英語ネイティブからすれば、

上の2語は、意味も発音も全く異なる2つの言葉として区別される。

 

 

 

当たり前のことを言っているようだが、

英語のリスニング力を上げるためには、この違いを瞬時に区別するスキルが必要になる。

 

 

要するに、英語圏の風習に馴染まないといけないのだ。

 

 

 

上記のように日本語で読むと、似通っているのに、

英語ネイティブからすれば、厳密に区別して扱う言葉は、驚くほど多い。

 

 

 

 

 

work

 

 

 

walk

 

 

 

thing

 

 

sing

英語耳

 

 

 

これらの違いを区別できる耳を、英語学習業界では俗に「英語耳」と呼んでいるようだが、

この呼び方を借りて、表現すると

 

 

英語耳を身につけるためには、

英語の音と英語の文字を頭の中で

正確に紐付ける(対応させる)ことが何よりも重要となる。

 

 

 

そこに言葉の意味を介在させてはいけない。

 

 

介在させるのは、英語耳がある程度身についてからでも遅くない。

 

 

正しいディクテーションの3条件についての記事(こちら)では、

この点を突っ込んで解説した。

 

 

ディクテーション自体、この英語耳を作り上げるために、

必要不可欠な訓練だとは言える。

 

 

しかし、忙しい社会人にとっては、

時間の確保やモチベーションといった点で、なかなかハードルが高い人もいるだろう。

 

 

 

そこで、ディクテーションと並行して実施することで、

加速度的に英語耳を作り上げる教材を紹介する。

 

 

詳しくは、こちらのページを参照してほしい。

 

 

英語耳を身につける方法

 

 

 

少々高い授業料だが、時間をお金で買うという発想は英語学習でも欠かせない。

 

ツイートツイート

生き生きとした言語感覚を一瞬で殺してしまう殺”言”犯になってはいないか

 

 

 

2通りの表現方法があったときに、

それがイコールで結ばれていたとしたら、一体どっちを選べばいいのだろうか?

 

 

もし仮に will = be going to だったとしたら、「明日、電話します。」と言いたい時に

 

 

A) I will call you tomorrow.

 

 

 

B) I am going to call you tomorrow.

 

 

のどちらを選べばいいのだろうか?

 

 

 

いくら悩んだって、判断のしようがないことは分かるはずだ。

 

 

 

なにしろ、イコールなのだから。

 

 

 

勘や気分などでどちらかを「えいやっ」と選ぶことしかできない。

 

 

 

私が中高時代に受けてきた英語の授業では、

言葉をイコールで結んで覚えるやり方がまかり通っていた。

 

 

たとえば、

 

 

see = look at

 

 

 

 

 

 

He hit me.  = I was hit by him.

 

 

つまり、能動態 = 受動態

 

 

 

 

このやり方。

 

 

 

確かに効率的で、実際英会話で役立つことも多いだろう。

 

 

 

 

しかし、気をつけていただきたいことは、

言葉同士にイコール(=)はあり得ないということだ。

 

 

 

当記事のタイトルにもあるように、ある言葉にはその言葉だけのもつ感覚があり、

違う言葉同士をイコールでつなげてしまうと、

その生き生きとした言語感覚を殺すことになってしまうのだ。

 

 

英語を日本語に訳すという行為を、

学校で散々やらされてきたと思うが、

実は、この「訳す」という行為。

 

 

場合によっては、違う言葉や文章同士を

同じ日本語で一緒くたに括ってしまうリスクがあり、

大変危険な行為と言える。

 

 

 

この説明だけだと、腑に落ちない人もいると思うので、

イコールではない実例を見ていくことにする。

 

 

 

see = look at

 

 

日本語だと同じ「見る」に関する動詞だが、

言葉が違う以上、その意味も当然違う。

 

 

 

look at というのは「視線をやる」ことを意味するので、

視線をやった先の場所(≒視点)を表現する。

 

 

I looked at the burglar.       (私はその泥棒を見た。)

 

 

 

泥棒に目をやったということ。

 

 

それに対して see の場合には、

基本的に「(視界に入ることにより)見える」ことを意味する。

 

 

 

I saw a burglar.   (泥棒を見かけました。)

 

 

また、両者の構文を考えてみても面白い。

 

 

seeは「見えた」ものを目的語に取る他動詞だが、

lookの場合には自動詞であり、対象を表わす場合には前置詞を必要とする。

 

 

seeの方は目的語に取るわけだから、100%見えている。

 

 

 

それに対して、lookの場合には、

あくまでも視線をやるだけであり、必ずしも見えるとは限らない。

 

 

 

I looked at him, but I couldn’t see his face because of the bright light.  (彼に目をやったが、まぶしい光のために彼の顔は見えなかった。)

 

 

動詞が目的語をとる場合と動詞だけで自己完結する場合の違いについて

この記事で詳しく説明したので、参考にしてほしい。

 

“The police searched him.” という英語を誤解しないために押さえておくべき2つの大原則

 

 

 

能動態 = 受動態

 

 

 

次に能動態=受動態という書き換えについて。

 

 

 

あなたは、以下のような書き換えをさせられたことはないだろうか?

 

 

He hit me. = I was hit by him.

 

 

先ほどと同じ例で恐縮だが、

能動態も受動態も、どちらも同じ出来事を表わしている。

 

 

 

しかし、表現が異なる以上、意味合いも当然異なる。

 

 

 

この場合、どこに焦点を当てるかが異なってくるのだ。

 

 

 

まず前提として、英語では能動態を使うことが普通だ。

 

 

 

それに対して受動態であれば、主語(元々目的語であったもの)に焦点を当てる。

 

 

 

He hit me . 

 

 

I was hit by him.

 

 

目的語meが主語Iとなって、焦点が当てられている。

 

 

つまり、I の被害を強調するとか、もしくは動作主(by以下、つまり元々の主語)をぼかす役割もある。

(動作主が分からない場合もある。)

 

 

 

その結果、受動態を使うほとんどのケース(8割以上)では by 以下は省略される。

 

 

 

だから I was hit by him. のように言うことは滅多にない。

 

 

 

その場合には受動態にするまでもなく、He hit me.で済んでしまうからだ。

 

 

 

例えば

 

 

I was hit in the face.   (顔を殴られました。)

 

 

 

などのように言うのであれば、受動態を使う意義が出てくる。

 

 

 

他にもいくつか例を出しておく。

 

 

裁判で弁護士が

 

 

Objection, Your Honor!  (異議あり!)

 

 

と言ったとしたら、裁判長は次のように答える。

 

 

Sustained.   (意義を認めます。)

 

 

 

Overruled.   (却下します。)

 

 

 

さてこの場合、認めたり却下したりしているのは裁判長(個人)なのだろうか、

それとも裁判所なのだろうか?

 

 

 

・・というのがわからないから、英語だと受け身で表現するわけだ。

 

 

 

日本語だと主語が省略できるので、受け身にする必要性がない。

 

 

The airplane was delayed for about 20 minutes because of the bad weather.   (その飛行機は悪天候により約20分遅れた。)

 

 

のような言い方をしたとする。

 

 

遅れた原因は悪天候だろうか?

それとも悪天候に負けたパイロットが悪いのだろうか?

 

 

______________

 

 

英会話などの場面で、will=be going to などの自分ルールを作り、

英語の運用スキルを上げていく自体に何ら問題はない。

 

 

 

しかし、本日みたように、違った言葉には、それぞれ違う理由があり、

言葉にはそれぞれ生き生きとした言語感覚が存在していることは覚えておいてほしい。

 

 

 

英語を読んでいて、どうしてそういう言葉が使われているのか、

その背景となる事情を探求していくことで、

より質の濃いインプットも可能となる。

 

 

 

同じことが日本語にも言える。

 

 

小説などには、多様な表現が盛り込まれているが、

私は、気に入った表現があれば、どんどん自分の言葉として使ってみるようにしている。

 

 

どうしてそのような言葉が使われているのか、

結局その言葉でしか表現できない想いが込められているからだと言える。

 

 

受験英語を卒業した社会人ならば、

そのような言い手の想いをしっかり受け止め、そしてしっかり投げ返すための器が必要になるだろう。

 

 


b9
 

 

 

 

 

ツイートツイート
 

管理人

ナビゲーター

英語迷路ナビゲーター

高橋陽生

"Make your life

more challenging

with English!!"

詳しいプロフィール

__________________

貴ブログも訪問させてください!

いつも応援の一票ありがとうございます。

 
英会話 ブログランキングへ

カテゴリ一覧

最新記事

人気記事一覧
 

オリジナル特典付

イチオシ英会話教材

 

確実な方法で自在に英語でインプット、アウトプットをするスキルを身に付ける独学英会話教材の最高峰

30日間

英語脳育成プログラム

詳細レビューはこちら

 

英語音声の識別力を無理やり引っ張り上げる日本人学習者向けのリスニング教材

リスニングパワー

詳細レビューはこちら

 UDA式 30音英語リズムの詳細

英文独特のリズムに慣れることで、驚くほど英会話スキルが上達する。

UDA式30音英語リズム

詳細レビューはこちら


更新情報を受け取る

  Twitterボタン

更新記事の内容を

メールでお伝えします。

ハンドルネーム 
メールアドレス 

ブログでは言えないこともお話します!

英語学習に役立つサイト

サイト内検索

英語名言集

タグクラウド

ページの先頭へ

1年ごとの課税