NHKラジオ基礎英語を聞く15分間をより有意義な時間にするための5つのポイント

 

 

 

本日は、英会話の上達のためにNHKラジオの英会話番組を聞いている方向けに

その効果を最大限引き上げるための5つのポイントを紹介したい。

 

 

 

もしあなたが、毎日、ラジオで英会話の勉強をしているなら、

本日紹介する5つのポイントを正しく押さえているかどうかをもう一度確認してほしい。

 

 

 

ラジオは、無料で聞けるが故に、漫然と【聞き流して】しまっているかもしれないが、

しかし、ただ聞いているだけでは、英会話の上達の幅もおのずと限られてくる。

 

 

そこで、あなたの貴重な15分をより有意義な時間にするためのヒントをお伝えしたい。

 

 

本稿では、【基礎英語1】の番組を例に取り上げて、説明する。

 

 

 

1.まず音をつかむ

 

基礎英語シリーズでは、毎回、ダイアログに沿って、講義が進んでいく。

 

まずは、そのダイアログの音を完璧にマスターする。

 

音の意味は、その後でよい。

 

下記の音声は、2013年10月に基礎英語1で放送されるダイアログうちの一つである。


コントローラーが見えない場合はこちら

 

 

 

スクリプトはこちら

_____________________

Keiji… He was 100 steps ahead of me.

I can’t even beat Keiji?

Who’s calling me?

Keiji! I don’t want to talk to him…

 

Answer your phone, Iroha!

Hi. Sorry I can’t answer the phone right now.

Huh? Her voicemail?

______________________

 

 

聞いていただくと分かるように、イントネーションが大げさで、スピードも標準スピードよりゆっくりめだ。

 

 

この音声を【単語単位】【文単位】でそっくり真似することができるようになるまで何回も訓練する。

 

 

 

訓練にあたってのコツをいえば、恥ずかしがらないことだ。

 

できれば、鏡に写っている自分を見ながら、訓練することで

客観的に英語を話す自分を分析できる。

 

 

イントネーションから個々の発音までそっくりコピーするつもりで

何回も口に出してみる。

 

 

 

しかし、ただ聞いたとおりに言ってみたつもりでも、

なかなか思い通りに真似することができない場合もあるかと思う。

 

 

そう感じ始めたら、ここは一つ、発音の教科書を用意して、

英語の発音練習をやり直すことをお勧めする。

 

 

英語の母音と子音のそれぞれの発声の基本を一度理解してしまうと、

驚くほど英語のコピーが楽になる。

 

fonix

 

発音の基本を理解する事自体は、

発音の教科書に沿っていけば、2日から3日で消化できるはずだ。

 

 

ただ、音を自分のモノとするためには、反復練習が必要になってくる。

 

 

 

実は、発音と綴り字の間には一定の法則があり、

それはフォニックスと呼ばれるルールで決められている。

 

 

 

フォニックスを理解しておけば、反復練習も効率よく行うことができるのが、

フォニックスについては、別の機会に説明していきたい。

 

 

 

以下、発音を学習していく上でオススメの発音教科書を掲載しておく。

 

英語耳 発音ができるとリスニングができる (単行本・ムック) / 松澤喜好

CD付き英語の発音がみるみるうまくなる [ ハミング発音スク-ル ]

今までにない発音教材 ネイティブスピーク

 

続きを読む…

ツイートツイート

英会話学習のために海外ドラマを使い倒す7つの手順

 

 

海外で放映されているシリーズ物のドラマやシットコムは、

英語や英会話の学習の格好の材料となる。

 

 

私自身、海外ドラマを使って、英語力を磨いてきた一人だが、

本日は、その経験をもとに英会話力を引き上げる海外ドラマの活用例を7つの手順に沿って説明する。

 

 

手順その1 あるシーンを何回か繰り返して聞く

 

 

早速だが、以下の動画を見てほしい。

 

 

ある海外ドラマのワンシーンだ。


 

 

最も有名な海外ドラマの一つといってもよい“Friends”のシーズン1の最初のシーンだ。

 

 

OPを除くと、30秒ほどの間に、13個の英文が話されている。

 

 

ここでまずやるべきことは、シーンを適当に区切って、何回かそのシーンを聞いてみること。

 

 

最初のうちは、20秒~30秒程度の短いシーンにしておいたほうがよい。

 

 

 

何回か聞いていると、意味が取れるところ取れないところに別れるはずだ。

 

 

 

大雑把に意味の取れるところと取れないところに分けることがこの手順の目的となる。

 

 

なお、この段階では、意味に対する先入観を入れないために、字幕は切っておいたほうがよい。

 

 

手順その2 聞いた音声をディクテーションする。

 

 

今度は聞き流すのではなく、

耳から入ってきた音声を一文一文、紙に書き取る。

 

 

紙に書き取ることで、耳で聞いて意味を掴んだつもりだった音でも、

実は正確に聞き取れていなかったということが、客観的に理解できる。

 

 

 

ドラマの映像を見ているため、何を言っているのか、

おおよその予想がついてしまうところがミソである。

 

 

 

ディクテーションをすることで、どの辺が正確に聞き取れていなかったのかが、明確になる。

 

 

従って、ディクテーションをするときに一番気をつけないといけないことは、

聞いた音声の意味を考えないこと。

 

 

 

映像等に惑わされて、勝手に意味を類推しないこと。

 

 

意味を考える前に、聞いた音を正確に文字に落としこむこと。

 

 

これが、ディクテーションの肝となる。

 

詳しくは、こちらの記事を参考にしてほしい。

 

リスニングスキルを確実に上達させるディクテーション3条件

 

 

何回も聞いて、どうしても文字にできないところ文字に落とせるところ、

この2つを自分の中で浮き彫りにする。

 

 

 

ここまでやったら、次のステップにいく。

 

 

手順その3 トランスクリプトで英文を確認する。

 

 

書き取った文字列とトランスクリプトとを照らしあわせて、

正確に聞き取れているところ聴き取りが雑なところを調べる。

 

 

正確に聞き取れていないところがあったら、その理由を分析する。

 

 

 

音自体の識別が甘かったのか

 

 

スピードについていけなかったのか

 

 

音の強弱にやられたのか

 

 

前後の文脈から勝手に意味を類推してしまったからか

 

 

 

何かしら理由があるはずだ。

 

 

 

分析結果は、今後のリスニングの学習に活かす。

 

 

手順その4 英文の構造と意味を理解する。

 

英語脳

このステップは、必要に応じて、辞書や英文法の参考書を見る。

 

時間をかけずに、首尾よく乗り越えよう。

 

本日掲載したFriendsのシーンについては、以下のページで簡単な解説をしているので、

必要ならば、参照してほしい。

 

Friendsシーズン1の冒頭解説

 

 

 

手順その5 再度そのシーンを聞く。

 

 

英文の構造と意味を理解したら、

もう一度通して、そのシーンを聞く。

 

 

最初に聞いた時に比べると、格段に聞きやすくなっているはずだ。

 

 

聞きながら、手順2で間違えた部分や自分の弱点と感じる部分を特に意識しながら、

何がいけなかったのかを改めて考えなおしてほしい。

 

 

この手順について、注意する点は、

 

 

トランスクリプトを見ないこと

 

 

このステップは、手順3で、文字に関連付けた音を今度は、意味につなげる訓練なので、

トランスクリプトを見たら、その意義が薄れてしまう。

 

 

音を文字とセットで脳裡に焼き付けながら、

それぞれのセットがもつ意味に紐付けていく。

 

 

そんなイメージだ。

 

 

 

 

手順その6 一文一文音読する。

 

 

次に、トランスクリプトをみながら、

一文一文音読していく。

 

 

音読と言っても、ただ読み上げるだけではない。

 

 

英文を頭の中で組み立てていくイメージで、読み上げていかなくてはならない。

 

 

 

先ほど、トランスクリプトを見ながらといったが、

見るのは最初の一回だけで、一文ごとにトランスクリプトを見ないで、丁寧に組み上げていく。

 

 

このステップは、英会話力を引き上げる上で最重要なパートなので、

じっくり時間をかけて取り組んでほしい。

 

組み立てるときの思考例については、次の記事で詳しく説明した。

 

 

暗記だけでは英語を話せるようにならない3つの理由

 

 

 

手順その7 映像を見て、登場人物を真似る。

 

 

最後に、リスニングとスピーキングを合成した訓練にとりかかる。

 

 

つまり、映像を見て、音声を聞きながら、聞いたとおりにその音声を真似ていく。

 

 

 

真似る際に注意する点としては、

その音声のイントネーションやリズム、スピードまでそっくり徹底的に真似ていくということだ。

 

 

この時、前の手順でやった【英文組み立て】の思考も忘れずに実施していく。

 

 

 

音声の難易度にもよるが、

最初は、一文単位で区切って、一つ一つ丁寧に攻略していったほうがいい。

 

 

 

一つの英文を頭の中で転がして、自分の脳内に根付かせる感じでやればいい。

 

 

何十分かかってもいいので、何回も何回も転がして、転がし続ける。

 

 

 

セリフが口に馴染むまで、再生できるようになったら、次のセリフに移る。

 

 

この作業をひたすら繰り返す。

 

 

ちなみに、流れる音声の後を付いていくように発音する【シャドウイング】という手法もあるが、

この訓練の難易度が相当高い。

 

 

 

こと海外ドラマなどのジャンルでは、ほぼ不可能だろう。

 

 

シャドウイングの正しいやり方については、以下の参考書が詳しい。

 

 

究極の英語学習システムKHシステム

 

 

 

最後に海外ドラマを使う最大のメリットについて、補足しておく。

 

シットコムなどの海外ドラマは、日常のシーンを舞台にしているため、

登場人物に自分を投影しやすい。

 

 

普段の自分の生活に当てはめて、その人物の気持ちになることが容易だということだ。

 

 

従って、手順7の「真似る」ステップでも、

比較的容易くその登場人物になりきって、真似ていくことできる。

 

 

 

とりわけ好きなキャストがいる場合は、単純に楽しみながら、その人物になりきることができる。

 

 

 

ジェスチャーなどもすべて真似るつもりで取り組んでいくと、

英語を自在に話している自分をリアルに想像することができる。
英語脳

英語を話している自分を想像することで、

脳が【英語脳】に変わっていくスピードが加速していく。

 

 

 

これが海外ドラマを使用する最大のメリットだと思う。

 

 

 

 

 

 

今回は、Friendsという比較的メジャーな題材を例に取り上げたが、

要は、あなたが見ていて楽しいと感じるものであれば、なんでも効果はあると思う。

 

 

 

ただ、トランスクリプトを入手可能ものであることが必須条件だ。

 

 

Friendsのトランスクリプトは、インターネット上で簡単に入手できるため、その意味でもオススメだ。

 

 

 

 

 

ツイートツイート

社会人向け英語学習に必要な英会話力を引き上げる2つのリーディング鉄板原則

 

 

英会話力を身につけるにあたって、基本となるのは、「真似」る姿勢だ。

 

 

 

英語のプロであるネイティブスピーカーの言葉づかいを正しく理解し、

うまく真似することができれば、自ずと英語という言語をマスターした状態になる。

 

 

 

では、「正しく理解し、うまく真似る」ためには、どうすればいいのか。

 

 

 

その一番の近道が英語という言語のもつ言語感覚を身に付けることだ。

 

 

言語感覚と一口で言っても、掴みどころがないので、

今回は、英語感覚を身につけるための2つの基本となる鉄板原則を紹介する。

 

 

一、日本語に訳してはダメ

 

 

英語をきちんと読めるようになるために、

一番気を付けなければいけないこと、それは日本語訳だ。

いきなりそんなこと言われたって困るかもしれない。

 

 

 

「日本語に訳さないと、しっくりこない。」

 

「日本語に訳して確認しないと、きちんと理解できているのか不安だ」

 

 

 

そんな声が聞こえてくるようだ。

 

 

訳さない方が望ましいんだろうな、とは頭では分かっていても、

結局は日本語に訳してしまう方が日本人の大半ではないだろうか。

 

 

 

だが、ナビゲーターとしてあえて言わせていただくと、
日本語に訳してはいけない。

 

 

 

訳してはダメなのだ。

 

 

 

 

 

「日本語に訳してはダメ」の真意とは?

 

 

 

「英語を日本語に訳す」ことの是非は、実は一言では語ることができない。

 

 

 

うまくバランスを取らないといけない、難しい問題なのだ。

 

しかし、まずは誤解を覚悟してストレートに書かせていただいた。

 
英語を感覚で理解することを一番妨げるのが、

良くない方法での日本語訳だからだ。

 

 

 

「良くない方法での日本語訳」とは、つまりはこういうことだ。

 

 

 

たとえば、日本語を英語に訳すという逆の例だが、次の3つの文を見てほしい。

 
1) 私は10才です。

 
2) 僕は10才だよ。

 

3) 俺は10才だ。

 

 
日本人であるならば、これらの文はそれぞれ含みが違うのは分かるはずだ。

 

 
それでは、これらを1つずつ、英語に訳してみてほしい。

 

 

これを英語に訳してしまうとすべて

 

 
I am 10 years old.

 

 

になってしまう。

 
例えば、日本語を勉強しているアメリカ人がいて、上の3つの文を全部

 

 
I am 10 years old.

 

 
という英語に置き換えて「理解」しようとしていたとする。

 

 
あなたはそれを正しい方法だと思うだろうか?

 

 
3つとも「自分が10才である」という基本的な情報は同じだが、

それ以外にも伝わる事柄(ニュアンスの違いなど)があるはずだ。

 

 
それを無視するのが「訳す」という行為である。

 

 

生き生きとした感覚や、微妙なニュアンスの違いを無情にも切り捨てる行為、それが訳すことなのだ。

 

 

 

逆に英語での例も出しておこう。

 
例えば、「翌週にハワイに飛行機で行く」という状況で、

英語では以下のような3通りの言い方をする。

 
1) I will fly to Hawaii next week.

 

 

2) I am going to fly to Hawaii next week.

 

 

3) I am flying to Hawaii next week.

 

 

 

3通りの表現があるということは、

意味・ニュアンスもそれぞれ違うということだ。

 

 

(1)助動詞の will を使うのが、未来を表現する普通のやり方である。

 
未来のことだから確実ではないが、

高い可能性で「するつもり」だ(もしくは、起こるだろう)ということだ。

 

 
(2)be going to を使うと、「物事が既に動き出している」ようなニュアンスがある。

 
be going to は文字通りには「行く途中」だから、

言われてみればそういう感じがしてくるはずだ。

 

 
動き出しているというのは、

例えば、飛行機のチケットを予約して、ホテルを予約して、フラダンスのディナーショーに申し込んで・・・

 

 

そのような感じで、行くのは来週だが、

もうその準備などが進んでいるのを想像してみていただきたい。

 

 

(3)現在進行形で未来を表すこともできる。

 

 

 
「まだ進行していないのに、なんで現在進行形なの?」

 

 
と思われるかもしれないが、別に難しいことは何もない。

 

 

 

もう既に、やっている気になっているだけだ。

 

 

「来週の今頃はハワイに飛んでいるんだなぁ・・・」 と、

その世界に入り込んでいるような感じだ。

 

 
今の説明で、未来を表わす3つの表現のニュアンスの違いがある程度分かっていただけたのではないかと思う。
しかし、これらの意味を理解しようとして、日本語に訳して全て

 

 

「私は来週ハワイに飛びます。」

 
に置き換えてしまうと、それで「きちんと理解した」と言えるだろうか?

 

 

ネイティブからすれば、生き生きとした感覚や、

微妙なニュアンスの違いを切り捨てたことになるだろう。

 

 
このように、うまく訳すことができない例は山ほどある。

 
例えば、日本に出稼ぎなどで来ている外国人に対して、どうして日本に来たのかを聞きたいとする。

 

 
Why did you come to Japan?

 

 

と聞いても構わないが、これだとイントネーションによっては詰問調になってしまったり、

下手をすると「来なくて良かったのに」というニュアンスを生んでしまうこともある。

 

 
そんなときに

 
What brought you to Japan?

 

 

という聞き方もできる。

 
だが、これは日本語には変換することはおそらくできない。

 
文字通り訳すと「何があなたを日本に連れてきたのか」になってしまうからだ。

 
別にどこの飛行機に乗ったかとか、誰が金を出したとか、

連行されてきたとか、そんなことを聞きたいわけではないはずだ。

 

 
まあ、意味的には「どういうキッカケで日本に来たのか」と訳しておくくらいが丁度良いだろう。

 

 

以上から、「日本語に訳す」ことの限界が見えてきたと思う。

 
では、2つ目の鉄板原則にうつる。

 

 

一、日本語訳を参考しながら、毎回、英文を解釈する

 

 

毎回英文を解釈するとは、毎回英文と向き合うこと。

 

 

例えば get it という表現がある。

 
これは「it を get する」わけですから、状況によって様々な意味で使わる。

 
例えば、ドアを誰かがノックした時に

 

 
I’ll get it

 
といえば、「私が出ます。」ということだろう。

 
人と会話をしていて

 
Did you get it?

 
と言われたとすれば、それは「それを手に入れたか?」ということかもしれないし、

「理解したか?」ということかもしれない。

 

 

文脈に応じて、毎回英文を解釈するとはこういうことだ。

 

 
とはいえ、いくら色々な意味合いに取れるからといって「get it は状況によって様々な意味があるから、

うまく解釈してくれ」とだけ言われても、雲を掴むような話になってしまうだろう。

 

 

従って、うまく解釈できるための手がかりとして、

“get it “の代表的な意味を掴むために、

「理解する」「電話に出る」「手に入れる」などの日本語を介在しておく方が効率的だと考えられる。

 

 

 

このように毎回英文と向き合って、その都度英文を解釈するために、日本語訳を参考にすべきだということがここでの主張となる。

 


英文とビジネスマン
 

あくまで「参考にするために使う」ということが肝だ。

 

 

英文と向き合わずに日本語訳をを読んで分かったような気になること。

 

これをやってしまうと、いつまでたっても英語感覚は身につかないだろう。

 

 

日本語を「うまく使う」ことこそが、大人になってから英語を身に付ける場合には非常に大切なことなのだ。

 

 

ところで、日本語訳を参考にするには、辞書を使うと思うが、ここで以下の点に注意していただきたい。

 

 

英和辞書に書かれているのは、意味ではなく、「訳語」に過ぎない。

 

 
例えば、「water」を英和の辞書で見てみると普通は

 

「水」と載っている。

 

 

しかし、実際には英語の「water」の意味と日本語の「水」の意味は異なる。

water の基本的な意味は「水素と酸素が2対1の割合で化合した液体」(=H2Oの液体)のことだ。

 

 

それだと日本語も同じではないかと思われるかもしれませんが、

日本語だとそこに「温度が高くないこと」という条件が加わる。

温度が高いものは、日本語では「水」ではなく、「お湯」のはずだ。

 

 

英語であれば、温度が高くても hot water(熱いお湯)、

boiling water(沸騰しているお湯)などのように water という言葉を使う。

 

 

でも、英和辞書で water を調べると「水」という言葉が最初に出てくるため、

どうしてもその日本語に引きずられやすいので、注意が必要だ。

 

 
英語を読むときには、英文を毎回解釈する。

 
最初は理解するまでに時間がかかるだろうから、結構大変かもしれない。

 

面倒だからといって、つい日本語に頼りたくもなるかもしれない。

 

 

だが、英語と毎回向き合わないと、それは結局、頭を使っていないことになり、

英語感覚を身につけるところまでなかなか行きつかない。

 

 

英語と毎回向き合うことが非常に大切になってくる。

 

 まとめ

 

以上、リーディング時の鉄板原則

 

 

一、 日本語に訳してはダメ

 

 

一、 日本語訳を参考しながら、毎回、英文を解釈する

 

 

 

この2つを徹底すると、インプットの質が大きくアップし、

その結果、ネイティブの英語を上手に「真似」ることが可能なる。

 

 

そして、それがスピーキングに良いフィードバックを与えるという好循環が生まれる。

社会人向けの英語学習では、この循環作用を上手に活用し、効率のよい英語学習を心がけてほしい。

続きを読む…

ツイートツイート
 

管理人

ナビゲーター

英語迷路ナビゲーター

高橋陽生

"Make your life

more challenging

with English!!"

詳しいプロフィール

__________________

貴ブログも訪問させてください!

いつも応援の一票ありがとうございます。

 
英会話 ブログランキングへ

カテゴリ一覧

最新記事

人気記事一覧
 

オリジナル特典付

イチオシ英会話教材

 

確実な方法で自在に英語でインプット、アウトプットをするスキルを身に付ける独学英会話教材の最高峰

30日間

英語脳育成プログラム

詳細レビューはこちら

 

英語音声の識別力を無理やり引っ張り上げる日本人学習者向けのリスニング教材

リスニングパワー

詳細レビューはこちら

 UDA式 30音英語リズムの詳細

英文独特のリズムに慣れることで、驚くほど英会話スキルが上達する。

UDA式30音英語リズム

詳細レビューはこちら


更新情報を受け取る

  Twitterボタン

更新記事の内容を

メールでお伝えします。

ハンドルネーム 
メールアドレス 

ブログでは言えないこともお話します!

英語学習に役立つサイト

サイト内検索

英語名言集

タグクラウド

ページの先頭へ

1年ごとの課税