NHKラジオ基礎英語を聞く15分間をより有意義な時間にするための5つのポイント

 

 

 

本日は、英会話の上達のためにNHKラジオの英会話番組を聞いている方向けに

その効果を最大限引き上げるための5つのポイントを紹介したい。

 

 

 

もしあなたが、毎日、ラジオで英会話の勉強をしているなら、

本日紹介する5つのポイントを正しく押さえているかどうかをもう一度確認してほしい。

 

 

 

ラジオは、無料で聞けるが故に、漫然と【聞き流して】しまっているかもしれないが、

しかし、ただ聞いているだけでは、英会話の上達の幅もおのずと限られてくる。

 

 

そこで、あなたの貴重な15分をより有意義な時間にするためのヒントをお伝えしたい。

 

 

本稿では、【基礎英語1】の番組を例に取り上げて、説明する。

 

 

 

1.まず音をつかむ

 

基礎英語シリーズでは、毎回、ダイアログに沿って、講義が進んでいく。

 

まずは、そのダイアログの音を完璧にマスターする。

 

音の意味は、その後でよい。

 

下記の音声は、2013年10月に基礎英語1で放送されるダイアログうちの一つである。


コントローラーが見えない場合はこちら

 

 

 

スクリプトはこちら

_____________________

Keiji… He was 100 steps ahead of me.

I can’t even beat Keiji?

Who’s calling me?

Keiji! I don’t want to talk to him…

 

Answer your phone, Iroha!

Hi. Sorry I can’t answer the phone right now.

Huh? Her voicemail?

______________________

 

 

聞いていただくと分かるように、イントネーションが大げさで、スピードも標準スピードよりゆっくりめだ。

 

 

この音声を【単語単位】【文単位】でそっくり真似することができるようになるまで何回も訓練する。

 

 

 

訓練にあたってのコツをいえば、恥ずかしがらないことだ。

 

できれば、鏡に写っている自分を見ながら、訓練することで

客観的に英語を話す自分を分析できる。

 

 

イントネーションから個々の発音までそっくりコピーするつもりで

何回も口に出してみる。

 

 

 

しかし、ただ聞いたとおりに言ってみたつもりでも、

なかなか思い通りに真似することができない場合もあるかと思う。

 

 

そう感じ始めたら、ここは一つ、発音の教科書を用意して、

英語の発音練習をやり直すことをお勧めする。

 

 

英語の母音と子音のそれぞれの発声の基本を一度理解してしまうと、

驚くほど英語のコピーが楽になる。

 

fonix

 

発音の基本を理解する事自体は、

発音の教科書に沿っていけば、2日から3日で消化できるはずだ。

 

 

ただ、音を自分のモノとするためには、反復練習が必要になってくる。

 

 

 

実は、発音と綴り字の間には一定の法則があり、

それはフォニックスと呼ばれるルールで決められている。

 

 

 

フォニックスを理解しておけば、反復練習も効率よく行うことができるのが、

フォニックスについては、別の機会に説明していきたい。

 

 

 

以下、発音を学習していく上でオススメの発音教科書を掲載しておく。

 

英語耳 発音ができるとリスニングができる (単行本・ムック) / 松澤喜好

CD付き英語の発音がみるみるうまくなる [ ハミング発音スク-ル ]

今までにない発音教材 ネイティブスピーク

 

続きを読む…

ツイートツイート

“The police searched him.” という英語を誤解しないために押さえておくべき2つの大原則

 

 

英文の基本文型に隠された6つの真実)において、

VパターンとVOパターンの違いを以下のように説明した。

 

 

「Vパターンでは、その動作が自己完結しているのに対し、

VOパターンでは、対象に影響や力が直接及んでいる。」

 

 

今回はこの違いを徹底的に理解していただくために、

具体的な例を挙げながら、さらに掘り下げていこうと思う。

 

 

hit

 

She hit me really hard.     (彼女はかなり強く私を叩いた。)

 

 

hit(叩く)の力がme(私)に直接及んでいる。

叩かれた私は、よろめいたり、痛がったり、怪我をしたりするわけだ。

 

 

直接的な力が及んでいるから、目的語としてmeを取っている。

 

「えっ、hitが目的語を取らない場合があるの?」

 

 

実はある。

 

 

例えばこういう使い方もできる。

 
My mother started to hit at me with a broom.   (母は私のことをホウキで叩こうとした。)

 

 

この場合のhitは目的語がない。

 

 

hit という動作が自己完結している。

ということはme(私)に対して力が及んでいない、つまり当たっていないのだ。

 

 

要するにホウキを振り回しているということを表している。

 

 

目的語の代わりにat me という表現になっているところが要注意。

 

目的語を取らない場合には、このように何かしらの前置詞を伴って、

動作の向かう方向などを示す。

 

 

at は「点」を表す前置詞なので、「狙っている」ニュアンスを感じてほしい。

 

 

 

shoot

 

hitに似ているが、shoot(撃つ)も目的語があるかないかという違いを感じやすい動詞だ。

 

その違いがわかるだろうか。

 
The policeman shot the burglar.

 

 
The policeman shot at the burglar.

 

 
日本語だと違いを言葉にしづらいが、

英語だと事実関係が変わってくる。 

どちらも警官が強盗に対して発砲している。

 

 

shot the burglar だと、撃ったことが強盗に直接力を及ぼしているわけだから、

弾丸が命中している。

 

 

それに対し、shot at the burglarでは、

あくまでも強盗を「狙って」撃っただけであり、弾丸はおそらく命中していない。

 

 

ここも重要なところなのだが「命中しなかった」ことを表しているわけではない。

 

 

The policeman shot at the burglar.という文章が

「命中したことを示すわけではない」という意味なのだ。

 

 

命中する場合もあるが、この文では狙って撃つことだけを表現しているのであり、

「命中したかどうかは判断ができない」ということなのだ。

 

 

search

 

 

VパターンとVOパターンの違いが大分わかってきて頂けたかと思うので、

練習問題を出してみることにする。

 

 
以下の英文を訳していただきたい。

 

 
The police searched him.

 

 

VパターンとVOパターンの違いについて知らない人は十中八九、

「警察が彼を捜した」と答えそうだが、そうではないことが感覚としてわかるだろうか?

 

 

 

「警察が彼を捜した」場合には、捜すという力・影響が彼には届いていないはずだ。

 

 

 

従って、VOパターンにはなり得ないのだ。

 

 

「捜した」の場合には

 
The police searched for him.

 
のように、漠然とした方向を表す前置詞forを使って表現する。

 
もしかすると、ひねりを加えて、捜す力が彼に届いたということは「見つけた」のではないか、

と思われた方がいるかもしれないが、その場合にはsearchという単語は使えない。

 

 
The police found him.

 
になるはずだ。引っぱるのはこれくらいにして回答に行くことにするが、

searchが直接人を目的語を取る場合には

「(変なものを持っていないか)身体検査をした」という意味になる。

 

 

arresting suspect at gun point

 

 

もう少し例を出すと、

 
Let’s search for the blue house.   (青い家がどこにあるか探そう。)

 

 

 
Let’s search the blue house.    (青い家の中を捜索しよう。)

 

 
VOパターンの場合に、直接力が及ぶ感覚がおわかり頂けると思う。

 

 

ではどんどん他の動詞も見ていくことにする。

 

 

seeとlook

 

 

「見る」ことを表す代表的な動詞がsee とlookだ。

学校英語ではsee = look atという習い方をするが、

それは頭から消し去ってほしい。

 

 

イコールで結ぶこのやり方の弊害は、こちらに記事詳しく説明した。

 

 

 

まずlookはVパターンの動詞だ。その意味は「視線をやる」ことだと言えば理解しやすいだろう。

 

 
Don’t look back.  (振り返るな。)

 

 
視線を後ろにやるな、ということだ。

 

 
I looked at the picture.   (その写真に目をやった。)

 

 
視線をやった先の点(視点)がpicture(写真)だということだ。

 

 

 

これに対し、seeはVOパターンでよく使う動詞だ。基本的な意味は「(視界に入ることによって)見える」こと。

 
I saw a burglar.   (強盗を見たんだ。)

 
It was dark, so I couldn’t see it.    (暗かったのでそれは見えなかった。)

 
look は「視線をやる」という自己完結した動作なので、見えるとは限らない。

 

 

多くの場合には見えるのですが、状況によっては見えないこともある。

 

 
Jane looked back, but she couldn’t see anything in the fog.  (ジェーンは振り返ったが、霧で何も見えなかった。)

 

 

それに対して、seeの場合には対象が実際に見える(視覚情報が目から脳に伝わる)のだ。

 

 

hearとlisten

 

see とlookの違いがわかってしまえば、

「聞く」ことを表すhear とlistenも簡単だ。

 

 

listenはVパターンで「耳を傾ける」ことを意味する。

 

 
I listen to the radio every morning.  (毎朝ラジオを聞く。)

耳を傾けた方向(to)がラジオなのだ。

 

それに対し、hearはVOパターンで「(音が耳に入ることによって)聞こえる」ことを表す。

 

 
I didn’t hear you.     (君の言っていることが聞こえなかった。)

 

 
I just heard the noise in the basement.  (地下室から音が聞こえた。)

聞く場合も見るのと同様なのだが、

listen は「耳を傾ける」という自己完結した動作なので、聞こえるとは限らない。

 

 

 

それに対して、hearの場合には対象の音などが実際に聞こえる(音声が耳から脳に伝わる)という違いがある。

 

 
これだけ例を挙げておけば、VパターンとVOパターンの違いはバッチリだろう。
最後にもう一組だけ例を出してみる。感覚的にわかっていただけるはずだ。

 

 
She opened the door.   (彼女は扉を開けた。)

 

 
This door doesn’t open.   (これは開かずの扉だ。)

 

 

VとVOパターン

 

 

 

 

ツイートツイート
 

管理人

ナビゲーター

英語迷路ナビゲーター

高橋陽生

"Make your life

more challenging

with English!!"

詳しいプロフィール

__________________

貴ブログも訪問させてください!

いつも応援の一票ありがとうございます。

 
英会話 ブログランキングへ

カテゴリ一覧

最新記事

人気記事一覧
 

オリジナル特典付

イチオシ英会話教材

 

確実な方法で自在に英語でインプット、アウトプットをするスキルを身に付ける独学英会話教材の最高峰

30日間

英語脳育成プログラム

詳細レビューはこちら

 

英語音声の識別力を無理やり引っ張り上げる日本人学習者向けのリスニング教材

リスニングパワー

詳細レビューはこちら

 UDA式 30音英語リズムの詳細

英文独特のリズムに慣れることで、驚くほど英会話スキルが上達する。

UDA式30音英語リズム

詳細レビューはこちら


更新情報を受け取る

  Twitterボタン

更新記事の内容を

メールでお伝えします。

ハンドルネーム 
メールアドレス 

ブログでは言えないこともお話します!

英語学習に役立つサイト

サイト内検索

英語名言集

タグクラウド

ページの先頭へ

1年ごとの課税