【今年もよろしくお願いします】から紐解く発信型英語のコツ

 

 

今年もよろしくお願いしますという表現を英訳しようとすると、

なかなか骨が折れるのではないだろうか。

 

 

 

しかし、日本人ならば、年初の挨拶で「今年もよろしく」という気持ちを伝えたいとうのは、

当然の感情だ。

 

 

 

仮に、外国人の友人に送る年賀状で

「今年もよろしくお願いします。」という意味のメッセージを添えたい場合、

あなたなら、どう書くだろうか。

 

 

 

 

辞書やgoogleなどの検索エンジンで調べていくと、

大概、以下のような表現が見つかる。

 

 

 

I look forward to  seeing  you again this year.

 

 

I’ll hope we will have fun together.

 

 

 

適当な訳が見つかって、安心するのはいいが、

よくよく吟味するとこの問題には英語の発信力を磨く上で意外と大きな課題が隠れている。

 

 

 

曖昧な日本語を英語に訳すためには

 

 

「よろしく」という言葉を英語にしにくいのは、

「何を頼んでいるのか?」が曖昧だからだ。

 

 

 

通常の日本人であれば、

「今年もよろしくお願いします」と言われたら

「何をよろしくお願いしたいの?」と疑問に思うことはまずないだろう。

 

 

 

「よろしくお願いします」という曖昧な表現で通ってしまうのが、

日本の文化なのだ。

 

 

 

 

従って、英語で「今年もよろしく」ということを言いたいのであれば、

その日本語に含まれている「曖昧さ」を取り除くために

「何をよろしくお願いしたいのか」を明確にしないといけないのだ。

 

 

 

 

つまり、どのような動作や行為が隠れているのかを明確する必要がある。

 

 

 

例えば、

 

 

今年もたくさん楽しい時間を過ごしましょう

 

 

今年も遊びに来てください。

 

 

今年もいろいろと教えて下さい。

 

 

今年も一緒に仕事ができるのが楽しみです。

 

 

今年も一緒に飲みましょう。

 

 

 

などなど、どんな動作・行為なのかを具体的に考えるみることが大事だ。

 

 

 

英語という言語では、動作を表現することが非常に大切である。

 

 

それは、動詞が英文の骨格を決めるという英語の性質を踏まえれば当たり前のことだが、

この点を意識するだけでも格段に英語が出やすくなるはずだ。

 

 

 

社会人英語は、このように頭を少し捻ることで

どんどん発信型の英語力が高まっていく。

 

 

 曖昧な日本語の例

 

 

「今年もよろしくお願いします。」の他にも、

英語に訳しづらいあいまいな日本語は、たくさんある。

 

 

 

諺などは、その最たる例だが、

 

 

 

例えば

 

 

「彼は冷静だ。」

 

 

 

という日本語はどうだろうか。

 

 

 

He is calm.

 

 

He is a calm person.

 

 

などと言えるが、仮にここで“calm”という形容詞をどうしても思い付かなかったら、どう言うべきか。

 

 

この場合は、「彼は冷静だ」という日本語を別の日本語で言い換えてから、

英訳することが一つのポイントになるが、

(このポイントについての記事は、暗記だけでは英語を話せるようになれない3つの理由 の最後の部分)

言い換える際に、彼の動作や行為を考えみることが大事になる。

 

 

 

 

「彼は冷静だ。」という発言の裏には、彼の何らかの行動があるということだ。

 

 

 

「彼が冷静だ。」と人から言われるような、そういう何らかの行為があるはすだ。

 

 

 

 

例えば、

 

 

人前で感情を顕にするようなことがない

 

 

いつも行動する前にしっかりと考えている

 

 

大きな地震があったのに1人だけ動じなかった

 

 

といったことがあり、それが元で「彼は冷静だ。」という発言に繋がっている。

 

 

従って、「彼は冷静だ」という日本語は、例えば、

 

 

He doesn’t show emotions very often.

(感情を出すことがあまりない。)

 

 

 

He thinks before he acts.

(行動する前に考える。)

 

 

 

He acted as if nothing had happened.

(何事もなかったかのような振る舞った。)

 

 

など、多様な英語で表現できる。

 

 

 

 

 

「冷静」などといった言葉は、非常に便利ではあるが、

そういった言葉に頼ってばかりいると、本当の表現力はなかなか身につかない。

 

 

 

「冷静」という言葉は、便利であるがゆえに、非常に曖昧な方言でもある。

 

 

 

英語で表現力を身につけ、そして発信型の英語力を強化していくためには、

「具体的な動作」を表現する力をつけることが大事だと思う。

 

 

 

もちろん、そのためには、英語の動詞がもつ語義やコアとなるイメージを

一つ一つ押さえなければいけない。

 

 

日本語と英語を一対一の対応で覚えるのではなく、

多対多の視点で、柔軟な発想力をつけることが社会人向け英語学習の柱となるだろう。

 

 

 

他、英語動詞に関する重要なポイントは以下の記事にまとめたので、参考にしてほしい。

 

句動詞put on の使い方から暴く社会人向け英語学習の例

 

 

動詞に宿るダイナミックさをじっくり感じてもらうための2つの例文

 

 

 

 

 

ツイートツイート

句動詞put on の使い方から暴く社会人向け英語学習の例

 

 

 

英語では、服を「着る」ことも、ズボンを「履く」ことも、帽子を「かぶる」ことも、指輪を「はめる」ことも、

全てput on で表現する。
そのことについては、

 

「へー、そうなんだ」と思う方、

 

全部put onで済むのは楽だと思う方、

 

日本語と違うことに違和感を感じる方、

 

色々いるだろう。

 

 

だが、よく考えてみてほしい。

 

 

どうして、こんなことが起こるのか?
英語と日本語の間のこの奇妙な関係にこそ、

英語の考え方と日本語の考え方とを根本から分けると言ってもよい、

極めて重要なポイントが潜んでいる。

 

 

 

 

動作によって動詞が変わる

 

 

その重要なポイントというのが、動詞の使い分けだ。
日本語では、シャツなら「着る」、ズボンなら「履く」などのように対象によって言葉が変わるが、

英語であればシャツであってもズボンであっても何でも put on で表現できてしまう。

 
まず、日本語の場合には、体の部位(=物と物との関係)によって言葉が変わる。

 
体(上半身)に身に付ける場合には「着る」、

足の場合には「履く」、

頭の場合には「かぶる」のように。

 
では例えば、

大人が子供用の小さなTシャツを、頭に身に付けたとしたら・・・

 
「Tシャツを頭にかぶる」になる。

 

 

「頭に着る」というような言い方はせず、動詞が変わる。

 
では英語の場合にはどうなるだろうか。
「Tシャツを着る」ことは   put on a T-shirt
「ズボンを履く」ことは    put on some trousers
「帽子をかぶる」ことは    put on a cap/hat

 
では、先ほどのように「頭にTシャツをかぶる」というのを英語でどういうかと言えば
put a T-shirt on the head

 

になる。

 
the head というのが増えはしたが、

put on を使うことには全く変わりがない。

 

 

 

では、put on 以外の動詞を使わないのかと言えば、

そんなことは決してない。

 
一番普通の表現は put on だが、それ以外の言い方も可能なのだ。
用例をいくつか紹介する。

 
John quickly pulled on his sneakers.     (ジョンは急いでスニーカーを履いた。)

 

 
She slipped on her favorite T-shirt.   (彼女はお気に入りのTシャツを着た。)

 

 
I threw on my jacket over my nightgown.   (私は寝巻きの上にジャケットを羽織った。)

 

 
このように、「着る」ことを意味するためには put だけではなく、

pull や slip、throw など様々な動詞が実は使われる。

 

 

 

動詞が変わることで何が違うかと言うと、その動き自体が違う ということなのだ。

 

 
put の場合には、「どこかに置く・位置させる」という意味合いだから、

「体に接触した状態に位置させる」ということから「着る」ことを表わす一番普通の表現になる。

 

 
John quickly pulled on his sneakers.

 

 
のように pull という動詞を使えば、「引っ張る」ということニュアンスが出るから、

衣服などをグッと引っ張る、その「ちょっと苦労する感じ」や「力の入れ様」が表現される。

 

 
She slipped on her favorite t-shirt.

 
slip というのは「滑る」ことだから、

slip を使えば「スッと身に付ける」ような滑らかな動きが表現される。

 

 

 

I threw on my jacket over my nightgown.

 
throw は「投げる」ことだから、

バッと上着を羽織るような、そんな動きをイメージしてほしい。

 
いかがだろうか。

 
「着る」ということを1つ表わすにも、

 

 

動きが違うと動詞が変わってくる

 

 

それが英語の考え方である。

 

 

b6
最後に、分かりやすい例をもう一つ。

 

 

「彼はブーツを履き、手袋をして出て行った」 と言いたいとする。

 

 
He put on his boots and his gloves, and he was gone.

 

 
というのが put on を使った普通の言い方だ。

 
だがそれを、以下のように言うと、

目に浮かぶ映像が大きく違ってくるはずだ。

 
He pulled on his boots and slipped on his gloves, and he was gone.

 

 

本日紹介した

 

 

 「動作によって、動詞は変わる」

 

 

このような理屈を理解したうえで、さまざまな用例に触れていく。

 

 

感覚で理解していく英語学習

インプットの質が違えば、当然アウトプットの質も変わってくる。

 

 

社会人英語学習は、【理屈→応用】の繰り返しだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ツイートツイート
 

管理人

ナビゲーター

英語迷路ナビゲーター

高橋陽生

"Make your life

more challenging

with English!!"

詳しいプロフィール

__________________

貴ブログも訪問させてください!

いつも応援の一票ありがとうございます。

 
英会話 ブログランキングへ

カテゴリ一覧

最新記事

人気記事一覧
 

オリジナル特典付

イチオシ英会話教材

 

確実な方法で自在に英語でインプット、アウトプットをするスキルを身に付ける独学英会話教材の最高峰

30日間

英語脳育成プログラム

詳細レビューはこちら

 

英語音声の識別力を無理やり引っ張り上げる日本人学習者向けのリスニング教材

リスニングパワー

詳細レビューはこちら

 UDA式 30音英語リズムの詳細

英文独特のリズムに慣れることで、驚くほど英会話スキルが上達する。

UDA式30音英語リズム

詳細レビューはこちら


更新情報を受け取る

  Twitterボタン

更新記事の内容を

メールでお伝えします。

ハンドルネーム 
メールアドレス 

ブログでは言えないこともお話します!

英語学習に役立つサイト

サイト内検索

英語名言集

タグクラウド

ページの先頭へ

1年ごとの課税