オンライン英会話レッスン – フリートークのススメ - 

 

オンラインの英会話授業が
抜群のコストパフォーマンスを発揮している。

 

 

週二回(25分×2)のレッスンを受け始めて
一年以上経つが、
驚くほど英語脳の維持に役だっている。

 

私自身、普段は日本語に
どっぷり浸かって生活している。

 

そんな生活の中でも
英語でコミュニケーションを図る時間を
ほんの少しでも確保することがとても大切だなぁ
と実感している。

 

英会話フリートークのススメ

 

英会話のレッスンで
特に勧めたいのが
英語でのフリートーク

 

テキストなどを読むのではなく
自分が話したいことを自由に話しまくるスタイルだ。

 

仕事での悩み

 

最近観た映画のこと

 

自分の人生観、恋愛観など

 

 

自分の感情を言葉に乗せて思いっきり話す。

 

フリートークならではの醍醐味だ。

 

 

得られるメリット

 

英会話フリートークを通して

得られるメリットをざっと並べてみよう。

 

 

日本語脳から英語脳への切り替えがスムーズになる。

 

英語でやりとりしないといけない状況に直面した時の
焦りが軽減され、余裕が生まれる。

 

授業とは思えなくなるほど、授業が楽しくなる。

 

プライベートな話題を共有するため、講師と仲良くなれる。

 

 

細かいことを上げるとキリがないが、
とにかく感情をぶちまける絶好のチャンスであると同時に
英語を自分の言葉としてモノにするための
貴重な機会になってくれることは確かだ。

 

 

注意点

 

上記を実践するうえで
英会話教室でもオンライン英会話スクールでも
どちらを利用しても問題はない。

 

ただ私自身の経験を踏まえて注意したい点を2,3上げておく。

 

自分の生活サイクルにとって
無理のないスケジュールにすること

 

忙しい社会人なら、特段の事情がない限り
毎日授業を入れるのではなく
週1時間から2時間程度でよいのではないか。

 

まぁ、これは個々のレベルにも大きく左右される。
そしてこれはフリートークスタイルの授業に
メリハリをつけるという意味でも寄与してくるはず。

 

気の合う先生を見つけること

 

フリートークを通して、個々の感情を交換するわけだから
自分の考え方やレベルに
ある程度マッチした先生を持つことが意外と大事だ。

 

ストレスのない楽しいコミュニケーションにするために
必要な条件だと思う。

 

とにかく気になったこと、
シェアしたいことをすべて喋る

 

緊張とかする必要はない。
あなたが生徒なんだから、
自分の話したいことを話す。
多少恥ずかしいことであっても
どんどん英語で表現してみよう。
思ったより、爽快だ。

 

ちなみに私が使っている英会話スクールはこちら。

↓↓



ツイートツイート

英会話訓練の定石【瞬間英作力】を高める5つの方法を再確認

 

 

 

瞬間英作力・・・【言いたいことを】【言いたいときに】英語で表現することのできるスキルのことを、そう呼んでいる。

 

 

例えば、

 

 

「私はあなたが合っていると思います。」

 

 

この文を英語で言いたいときに、

 

 

2秒以内、(できれば1秒以内に)英語に訳すことができたらなら

それは、瞬間英作力があるというとだ。

 

 

瞬間英作力を磨いていけば、ちょっとした感動、馬鹿話、愚痴、喜びその他種々の感情を

自分の言葉で表現することができるようになる。

 

 

 

なぜなら、その時生まれた感情をそのまま英語でアウトプットすることができるからだ。

 

 

 

日本語を極力介すことなく、沸き起こった気持ちをダイレクトに英語で表現する。

 

 

これができるようになれば、英会話が段違いに楽しいものになる。

 

 

 

本日はこのような瞬間英作力を高めるための5つの方法を改めて紹介する。

 

 

 

 

瞬間英作のコツ

 

具体的な方法をお伝えする前にまず、瞬間英作を訓練する上で基本となることを一つ。

 

 

訓練の最初のうちは、【伝えたいこと】ができたら

いきなり英語に訳そうしないことだ。

 

 

その前に伝えようとしていることの内容の【動作】を意識し、

その文の動詞を何にするか決める。

 

 

 

【動作を意識しろ】と言われても、分かりにくいと思うので

適宜、この記事を参考にしてほしい。

 

 

【今年もよろしくお願いします】から紐解く発信型英語のコツ

 

 

動詞を決めたら、そのつながりで

【これから言おうとしている英文】の文型をどうするのかという目星もつけておく。

 

 

 

動詞は、英文の骨格を決める最重要品詞である。

 

 

動詞を自由に使いこなせる力が瞬間英作の成否に直結すると言っても過言ではない。

 

 

 

動詞の重要性については、カテゴリー一覧の【動詞を制する】のコーナーを適宜参照してほしい。

 

 

なお、動詞と文型の基本的な関係については、以下の記事に詳しく説明してある。

 

 

英文の基本文型に隠された6つの真実

 

 

瞬間英作力を磨く5つの方法

 

 

それでは、順を追って、具体的な訓練方法を紹介する。

 

 

1. 目の前の出来事を実況中継してみる

 

これは、毎日、訓練タイムを作って、

そのタイム中に目の前で起こっている現象について英語で実況中継するかのように

つぶやいてみるというもの。

 

 

 

例えば、A man is walking in front of me….  He looks busy….

 

 

文章でいうことが難しく感じたら、単語単位でもいいので、とにかく途切れないようにすること。

 

 

A cup of coffee…  yes too hot..  but I like coffee….it makes me feel better…

 

 

時々、自分の感情も混ぜてみるとよい。

 

 

とにかく目の前の現象や気持ちをただ英語にするだけでいいのだ。

 

 

 

できるだけ5語以内の短文を積み重ねていく感じで

リズムよくつなげていこう。

 

 

 

言いたいことをなかなか英語に変換することができなかったら、

その周辺の様子からを知っている単語で埋めていくようなイメージで、

喋ってみるとよい。

 

 

 

慣れてきたら、

日本語を英語に訳そうとするのではなく、観たこと、感じたことをそのまま英語にする感じで、

どんどん喋っていこう。

 

 

続きを読む…

ツイートツイート

暗記だけでは、英語を話せるようになれない3つの理由

英語に関する多くの参考書や学習ノウハウで、

英文や英単語の暗記の重要性を説いている。

 

 

その言い分の骨子はこうだ。

 

 

 

 

無いものはいくらひねっても出ない。だから、まず覚えろ

 

 

英語の表現を沢山頭にストックしておけば必要なときにすぐに取り出せる

 

 

知らない単語を減らして、リスニングスキルをあげよう。

 ■

 

 

 

もちろん、一括りにまとめられるものではない。

「英文を覚える」ことに加えて、

文法力コミュニケーション力などの必要性も説いている参考書はある。

 

 

しかし、結局は、

 

「とにかく、覚えること」

 

これを、いささか強調し過ぎている感がある。

 

 

 

「自分の持ち駒を増やしていけば、自然とスラスラ話すことができるようになる」

 

 

 

確かにそのとおりだと思うが、それだけやっていても、いずれは限界が来る。

 

 

英文を話すということの定義にもよるが、英文や英単語をひたすら暗記していっても、

結局は、英語でフリートークできるレベルにはなれない。

 

 

これが、私の主張だ。

 

 

 

以下、3つの理由を述べる。

 

 

モチベーションの維持

 

 

暗記用のメニューが毎日決められていて、

これをスケジュール通り消化していかなければいけない。

 

 

こんな状況が長期間続くと、

暗記することが【作業】になってしまうおそれがある。

 

 

 

作業とは、深く考えず、機械的に繰り返すことであり、

これでは、いつまでやる気がもつか分からない。

 

 

モチベーションの維持には、脳への適度な刺激が必要だ。

 

 

 

忘れてしまったら、終わり

 

ただ暗記したものは、いつかは忘れていく。

 

これは避けられない。

 

 

 

暗記の仕方によって、忘れるまでの期間に差は出てくるがだろうが、

所詮、暗記は暗記だ。

 

 

 

覚えたモノが脳の外に消えてしまったら、

もう一度同じことを繰り返さない限り、取り戻せない。

 

 

 

英文を暗記するという有限的なことをいくらやっても、

その恩恵も有限的なものになってしまう。

 

 

 

一時的に英文をスラスラ話せるようになったとしても、

それは、どんな状況でも安定したスピーキングができるという保証にはならない。

 

 

 

思考の硬直化

 

 

そして、これが暗記学習の最大のデメリットだ。

 

 

つまり、暗記している範囲内でしか、物事が言えない。

 

 

 

その時言いたいことが自分の暗記庫に格納されていなかったら、

それで終わり。

 

 

 

何も言えずに、ただ聞いているだけ、コトが終わるのを待つのみ。

 

 

 

 

大げさな言い方になってしまったが、言いたいことは、

 

暗記に頼りすぎると、英語使いとしての思考が固まってしまい、

柔軟な思考ができなくなる。

 

 

 

例えば、あたながある時、

 

 

「彼は、職場が変わってからは、水を得た魚のように働いている。」

 

 

のようなことを言いたかったとする。

 

 

 

あなたの脳内に「彼」「職場」「水」「魚」「働く」のようなワードがすでにあったとしても、

文の状態で覚えていないと、アウトになってしまう。

 

 

 

 

暗記していないものは、瞬時に口から出てこない状態であり、

会話として成り立たない可能性が高い。

 

 

 

以上、3つの理由から暗記だけでは、英語を話せるように絶対なれない。

 

 

 

暗記の呪縛から逃れるために

 

 

 

私が考える打開策をいくつか紹介する。

 

 

英文を組み立てる

 

 

まず、英文を組み立てる考え方、習慣をつけることだ。

 

 

 

 

新しい英文を文頭から一気に覚えようとせず、

新しい英文と出会うたびに、

単語を使って、英文を文として組み立てるという作業を繰り返す。

 

 

 

 

どうして、そういう構造になってるのか、都度納得しながら、進めることがポイントだ。

 

 

 

 

【納得する】ことで、英文暗記という単純作業から脱するこができる。

 

 

 

そして、この習慣を一度身に付けれてしまえば、一生の財産になる。

 

 

 

 

英文を文として組み立てていくと言ったが、具体的にはこういうことだ。

 

 

 

He showed me the picture he took last summer in New York.

 

 

 

 

 

という英文に出会ったら、①まずじっくり眺めて、英文の作りを理解する。

 

 

 

文法的な項目やボキャブラリーなどの点で不明な箇所がある場合、

参考書を見て調べる。

 

 

 

 

文意を消化出来たあとで、今度は、英文を見ないで、

頭のなかだけで英文として組み立てていく作業に移る。

 

 

 

英文を組み立てている時の思考例。

 

 

まず、主語が彼だから、He…

 

次に動詞が来るはず、「見せた」だからshowed…

 

showのあとは目的語が人、モノの順番で続くはずだから、me the picture…

 

 

the pictureは、彼が撮ったものだから、 目的格の関係詞が省略されて、he…

 

 

動詞は撮るだから、その過去形のtook…

 

 

そして、いつその写真を撮ったかとえば、去年の夏だから、last summer…

 

 

写真を撮った場所がニューヨークだから、in New York.

 

 

 

 

英語耳

あくまで一例だが、英文法のルールに照らし合わせて、丁寧に組み立てていく。

そのプロセスが大事だ。

 

 

最初はスピードより密度を優先して、とにかく地道に組み立てていく。

 

 

 

こうすることで、毎回頭を使うことになり、柔軟に英文を作り出すための素地が完成していく。

 

 

続きを読む…

ツイートツイート
 

管理人

ナビゲーター

英語迷路ナビゲーター

高橋陽生

"Make your life

more challenging

with English!!"

詳しいプロフィール

__________________

貴ブログも訪問させてください!

いつも応援の一票ありがとうございます。

 
英会話 ブログランキングへ

カテゴリ一覧

最新記事

人気記事一覧
 

オリジナル特典付

イチオシ英会話教材

 

確実な方法で自在に英語でインプット、アウトプットをするスキルを身に付ける独学英会話教材の最高峰

30日間

英語脳育成プログラム

詳細レビューはこちら

 

英語音声の識別力を無理やり引っ張り上げる日本人学習者向けのリスニング教材

リスニングパワー

詳細レビューはこちら

 UDA式 30音英語リズムの詳細

英文独特のリズムに慣れることで、驚くほど英会話スキルが上達する。

UDA式30音英語リズム

詳細レビューはこちら


更新情報を受け取る

  Twitterボタン

更新記事の内容を

メールでお伝えします。

ハンドルネーム 
メールアドレス 

ブログでは言えないこともお話します!

英語学習に役立つサイト

サイト内検索

英語名言集

タグクラウド

ページの先頭へ

1年ごとの課税