リスニングスキルを確実にアップさせるための正しいディクテーション3条件

 

英会話の双璧を成すスピーキングリスニング

あなたは、どちらを得意とするだろうか。

 

 

 

 

一般的にスピーキングという声が多いと思うが、

私の周りを聞いても、案の定、リスニングを苦手とする人が圧倒的に多い。

 

 

日本語にはない、あの英語独特の「スピード感」についていけなくて、困っている人が多いようだ。

 

 

「スピード感」と一言で表現してしまったが、

英語が速いと感じてしまう背景を突き詰めて考えていくと、

日本人にとって、宿命的とも言える2つの事情が見えてくる。

 

 

すなわち、

 

 

一、英語の言語としての性質

 

 

 

一、英語は、話してナンボの言語

 

 

英語の言語としての特質

 

 

 

英語は、 強勢拍言語といって、

意味のまとまりごとに一つの音節(アクセント)を置く。

 

 

 

以下の2つの文章は、互いに異なる単語数だが、話す時間は同じである。

 

 

The birds will eat the worms.

 
Birds eat worms.

 
一方、日本語の場合は、各音節一つ一つに同じ時間をかける音節拍言語という性質のため、

文字数が倍になれば、かける時間も倍になる。

 

 

上の例を日本語に訳すと、

 

 

そのとりたちはそのむしたちをたべるだろう (20文字)

 

 

 

とりはむしをたべる (9文字)

 

 

 

日本人ならお分かりいただけると思うが、文字数に倍以上の開きあるので、話す時間も倍以上かかる。

 

 

 

英語と日本語、この2つの言語には以上のような生来的な違いがあるため、

日本語を母国語とする日本人にとっては、英語がどうしても早く聞こえてしまうのだ。

 

 

 

英語は、話してナンボの言語

 

 

 

こちらの事情は、英語そのものに起因するというより

英語圏の文化から生まれた要因だ。

 

 

日本語文化では、行間を読む、空気を読むといった風習や行動習慣が少なからず定着しているが、

英語には、基本的にそのようなモノはない。

 

 

黙っていたら、怪しまれて、相手にされないだけだ。

 

 

とにかく自分が言いたいことを言って、相手が言っていることを聞いて、

言葉をやりとりしていかなくちゃいけない。

 

 

 

話されている英語についていけず、まごまごしていると、

怒涛の言葉攻め」を食らうはめになる。

 

 

 

洋画や欧米のニュースなどを見ていたら、

この「言葉攻め」のニュアンスがなんとなくわかるはずだ。

 

________________

 

 

日本人が英語の聴き取りを苦手とする背景には、

以上の2つの要因が大きいと考えているがいかがだろうか。

 

 

どちらも、日本人にとっては避けては通れない壁である。

 

 

対応策

 

 

そこで、我々日本人が取るべき対策として、

私が勧める手段を紹介する。

 

 

まず、2点目の文化に帰属する原因については、

とにかく積極的に「意思表示」していくしかない。

 

 

英語でのディスカッションについていけるように、

なんでもいいから、とにかく反応することが打開策となる。

 

 

この場合、必ずしも言葉に頼る必要はない。

 

 

 

そして、本稿のメインとなる1点目の言語の性質からくる障害への対応策を紹介したい。

 

 

 

先ほど、強勢拍言語の説明のために2つの英文を提示したが、

実は、強勢拍言語だからという理由で、話すスピードが変化するわけではない。

 

 

 

日本人にとって、速く聞こえてしまう原因の本当の正体は、

英文のもつ「ウネリ」にある。

 

 

 

ウネリ、すなわち「リズム」のことだ。

 

 

リズムを敢えて図にしてみると、

 

 

英文 リズム

 

 

 

英文リズム

 

 

 

このウネリによって、産み出される音の強弱、長短、高低というリズムの影響で、

どうしても聴き取りにくい部分が出てきてしまう。

 

 

 

この聴き取りにくい部分を、いかにして汲み取っていくか

 

 

 

ここがポイントだ。

 

 

汲み取り方の具体的方法として、

 

 

 

量をこなしていく、つまり多聴することで、

英文のウネリとリズムにカラダで慣れていくというアプローチ

 

 

 

 

音声識別力をつけるために聴き取りの質に拘っていくというアプローチ

 

 

の2つがある。

 

 

以下では、後者のアプローチにフォーカスして、

その最たる訓練法であるディクテーションの正しい実施方法を解説する。

 

 

 

もっとも効果を発揮するディクテーションの3条件

 

 

 

ディクテーションは、英和辞典を引いても、「書き取り」とだけしか載っていないが、

ただ漫然と聴いた音声を書き取っていくだけでは、その恩恵は十分に得られない。

 

 

 

外してはいけない条件が3つある。

 

 

 

一、意味は考えない

 

 

聴いた音を正確に文字に落とし込むため、聴いた音の意味を考えないようにしよう。

 

 

なぜなら、意味を考えてしまうと、先入観のために曲解してしまう恐れが出てくるからだ。

 

 

人である以上、どうしても知っている単語と結びつけて考えてしまうものだ。

 

 

しかし、これをやってしまうと、間違った単語と紐づけてしまうリスクが生じる。

 

 

そのリスクを極力押さえるため、

正確な単語と紐づける努力をするのでなく、

聴いた音の意味を考えない努力をするべきだ。

 

 

だから、まず音を文字に落とし込む訓練が有効なのだ。

 

 

正確に落とし込むスキルが十分ついた段階で、

音を直接、意味に結びつける回路を開通しよう。

 

ディクテーション

 

たとえば、下の音声を聞いてみてほしい。

 

 

 

音声

 

意味を考えてしまうと、間違う恐れが高くなるので注意だ。

 

 

正解は、本稿の最後尾を参照してほしい。

 

 

 

一、どうしても文字に落とし込めない部分はカタカナでかいておく。

 

 

自分が納得するまでテキストを見ずに、何回も聴くことをお勧めする。

 

 

こうすることで自分の弱点となる音声が浮き彫りになる。

 

 

テキストを見てしまうと、耳への集中が甘くなり、

自分の弱点が把握できない。

 

 

例えば、夫が新聞を読みながら、同時に妻の話を真剣に聞く、

なんてことはあり得ないだろう。せいぜい「うん、うん」と空返事しながら聞くのが関の山だ。

 

 

 

ディクテーションの時は、とにかく感覚を研ぎ澄まして、

耳に意識を持っていくようにし、場合によっては、目を閉じてしまってもよいだろう。

 

 

トランスクリプトで毎回確認する

 

 

書き留めた英文を放置せずに、

毎回、トランスクリプトで確認するようにしよう。

 

 

自分の理解がどの程度正確だったかを掴むことができる。

 

 

そして、トランスクリプトを確保していない状態で、

ディクテーションをやるのは、控えるようにしよう。

 

 

貴重な時間が無駄になるおそれがある。

 

 

トランスクリプトで確認し、聴き取れない部分が明確になったら、

その部分の仕組みを、発音記号と紐づけながら、理解していくと良い。

 

 

これは、同時に美しい発音を手にする訓練にもつながる。

 

_________

 

本稿では、リスニングスキルをアップさせる方法の一つとして、

ディクテーションの基本を解説した。

 

 

ディクテーションの題材で困ったら、下記のサイトを参考にするとよいだろう。

 

 

 

リスニングプラザ

→ http://www.listening-plaza.com/

 

 

 

かなり骨太なサイトで、ディクテ用の題材が難易度別に入手できる。

 
続きを読む…

ツイートツイート
 

管理人

ナビゲーター

英語迷路ナビゲーター

高橋陽生

"Make your life

more challenging

with English!!"

詳しいプロフィール

__________________

貴ブログも訪問させてください!

いつも応援の一票ありがとうございます。

 
英会話 ブログランキングへ

カテゴリ一覧

最新記事

人気記事一覧
 

オリジナル特典付

イチオシ英会話教材

 

確実な方法で自在に英語でインプット、アウトプットをするスキルを身に付ける独学英会話教材の最高峰

30日間

英語脳育成プログラム

詳細レビューはこちら

 

英語音声の識別力を無理やり引っ張り上げる日本人学習者向けのリスニング教材

リスニングパワー

詳細レビューはこちら

 UDA式 30音英語リズムの詳細

英文独特のリズムに慣れることで、驚くほど英会話スキルが上達する。

UDA式30音英語リズム

詳細レビューはこちら


更新情報を受け取る

  Twitterボタン

更新記事の内容を

メールでお伝えします。

ハンドルネーム 
メールアドレス 

ブログでは言えないこともお話します!

英語学習に役立つサイト

サイト内検索

英語名言集

タグクラウド

ページの先頭へ

1年ごとの課税