オールマイティ単語”going” を活用し、英会話力を更に一段高いレベルへ

 

 

going は、be going to という形で、未来のことを言う時によく使われる。

 

英語の授業では、willとイコールで結ばれしまうこともあったが、

言葉が違う以上、もちろん意味も違う。

 

___________

言葉をイコールで結ぶ覚え方の弊害については、以下の記事で説明済

生き生きとした言語感覚を一瞬で殺してしまう殺”言”犯になってはいないか

__________

 

 

本記事では、going の万能性を説明した上で、

その実際の使用例について、分析してみたい。

 

 

未来形 ”be going to”の使い方

 

 

 

学校で習った英文法では、未来のことをいうとき、次の3通りがあったかと思う。

 

will

 

be going to

 

進行形

 

 

同じ未来形を表す表現であっても、それぞれ固有の意味を持っている。

 

 

この3者間の使い分けについては、細かい説明を割愛するが、

結論だけいうと

 

 

1. まだ決まっていないこと    ⇒    will もしくはbe going to

 

2. 今決めたこと    ⇒    will もしくはbe going to

 

3. すでに決まっていること   ⇒   進行形もしくはbe going to

 

 

となる。

 

 

上の結論から
【すでに決まっている事に対してwillは使えない。】

 

ということが言える。

 

 

例えば、イギリスに留学していて、今年の夏に帰ることが決まっていたとする。

 

☓ I will go back Japan this summer.

○ I am going back Japan this summer.

○ I am going to go back Japan this summer.

この場合、未来のことだが、willを使うことはできない。

進行形またはbe going to を使う必要がある。

 

 

 

 

 

 

さらに進行形は、【近い未来の予定】を表すと学校で習うが、

これは実は間違いである。

 

 

 

近かろうが、遠かろうが、既に決まっていることに対しては、

進行形を使う。

 

 

しかしながら、【まだ決まっていない事に対して、進行形は使えない】

 

 

ややこしいかもしれないが、簡単にまとめると、

 

 

【will と進行形は使えるときと使えないときがある】

 

と覚えておけばよい。

 

 

未来のことを言う時は、オールマイティなbe going to を使っておけば、間違いはない。

 

 

be going toはいつでも使える唯一の未来形だ。
私自身、未来のことを言う時は、

be going to を使うようにしている。

 

 

ただし、注意点がある。

 

 

未来のことをいう場合は、be going toで統一してしまったとしても、

上で示した未来形の3通りの表現の基本的な違いは頭に入れておいたほうがよい。

 

 

基本を押さえたうえで、一番便利なbe going to を使うという姿勢でいないと

willや進行形の持つニュアンスを次第に忘れてしまい、

リーディングやリスニングなどのインプット時に、

それらの持つ英語感覚を味わうことができなくなってしまう。

 

その結果、あなた自身の英語感覚が育たなくなってしまい兼ねない。

 

 

going  ⇒ gonna (がな)

 

実は、

未来を表す表現 be going toは、そのままではあまり使われない。

 

 

実際の会話ではbe gonna (がな)に形を変えたうえで幅広く使われる。

 

 

海外ドラマのフレンズでは、シーズン1の全24エピソードで

229回be gonnaという形が登場している。

 

対して、be going to は、32回しか使われていない。

 

 

 

gonnaは、学校では習わない単語であるが、

だからといって、若者が使うスラング(俗語)ではない。

 

 

gonnaは、元々英国で使われていた言葉で、

老若男女の幅広い人に使われている。

 

 

もちろん、公式の場でも使われる。

 

 

私自身、イギリスに留学していた時も、

クラスのチューターが頻繁に使っていたのを覚えている。

 

 

話し言葉(口語)であるので、

エッセーや論文ではbe going to を使用すべきだと思うが、

実際の会話では、どんどんgonnaを使っていくべきだろう。

 

 

そうしないと、gonnaの含まれる英語を聞いた時に

そのgonnaを感覚的に理解しにくくなってしまう。

 

 

実際、フレンズの例を見ても分かる通り、

going よりgonnaを使うことのほうが一般的なのだから、

是非、積極的にgonnaを使ってみることをお勧めする。

 

 

 

下の動画は、海外ドラマの作中で実際にgonnaが使われている様子をまとめたものである。

 

 


 

 

scriptは以下のとおり。

____________________________

 

Friends Season 1  Episode 1より

 

All rightyou ready?

 

I don’t think so.

 

C’mon, cut. Cut, cut, cut,…

 

Cut, cut, cut, cut, cut, cut, cut…

 

Cut, cut, cut, cut, cut, cut, cut..

 

Welcome to the real world! It sucks. You’re gonna love it!

___________________________

 

Ally McBeal Third Season  第1話より

 

 

Ally, hi. Listen, I’m having a small dinner party next week.

 

I wasn’t planning to invite you, but if your feelings are gonna be hurt, I suppose I could make room

 

Thank you, Ling, for being so concerned about my feelings.

___________________________

 

非常に早いため、聞き逃してしまうかもしれない。

 

 

しかし、頻出単語であるので、

シャドーイングリテンションなどの訓練のときにでも

gonnaを無意識のレベルで使いこなせるようになるまで

何回も何回も繰り返し、頭に刷り込んでほしい。
____________

海外ドラマを使用した英会話勉強の方法については、以下の記事を参照。

英会話学習のために海外ドラマを使い倒す7つの手順

____________

 

刷り込み方のポイントとしては、

【主語とgonnaをセットで覚える】とよい。

 

 

英語のリズムによると、

英語は立ち上がりの部分(主語、動詞)のスピードが速く発音される傾向にある。

 

 

従って、主語とgonnaをワンセットの音声として刷り込むことで

その英語のスピードに適応しやすくなる。

 

 

例えば

I am gonna (あむがな)

Are you gonna (あゆがな)

He is gonna(ひずがな)

She is gonna(しずがな)

it’s gonna be(いつがなびー)

などいろいろあるが、
まずは自分が未来のことを言いたいとき

→ I am gonna

(あむがな)

相手の未来を聞きたいとき

→ Are you gonna

(あゆがな)

この2つを使いこなせるようになろう。

あむがな、あゆがな

後ろは【動詞の原形~】をつけるだけだ。
あむがな get up

 

あむがな  walk to work

 

あむがな send a mail

 

あゆがな be in the office tomorrow?

 

あゆがな meet friends

 

 

 

こんな感じだ。

 

 

 

 

未来を表す万能選手goingの使用例について、見てきた。

 

 

あなたの英会話でも、積極的に取り入れて、楽しいフリートークに役立ててほしい。

 

 

 

ツイートツイート

100%シャドーイング実践例 -英語のビート感覚を身につけるための4つのポイント-

 

 

前稿でKHシステムの基本的アプローチ(以下参照)について説明したが、

今回はそのうち「音をつかむ」ステップについて、さらに詳しく説明しておく。

 

 


KHシステムの基本アプローチ
 

今から説明することは、KHシステム独特のアプローチであり、

多くの英語学習者にとって、新しい気づきになると思う。

 

 

 100%シャドーイング

 

 

音をつかむステップでも、基本となる練習法は、やはりシャドーイングとなる。

 

 

 

シャドーイングについては、前稿(K/Hシステム>シャドーイングによる英会話力を上達させる実践例)を参照。

 

 

KHシステムでは、【音にフォーカスしたシャドーイング】を

 

100%シャドーイングと呼んでいる。

 

 

 

つまり、100%ミスなく、正確にシャドーイングすることが目的となる。

 

 

100%シャドーイングをするにあたって、

4つのポイントがあるので、順に説明していく。

 

 

 

 

 

 

 

英語のビート感覚

 

ビートとは、【拍】のことである。

 

 

英語には、日本語と異なるビート感覚があり、

その忠実な再現がまず最初のポイントとなる。

 

 

 

日本語は、各音節(シラブル)に1つずつビートを入れる

シラブルタイミングの言葉である。

 

 

 

一方、英語は、意味のまとまりごとにストレスを置くため、

ビートも各ストレスに置かれる。

 

 

 

このことから、英語は、ストレスタイミングの言葉といえる。

 

 

以上の言葉の性質の違いについては、

以下の記事にある【英語の言語としての性質】のセクションに、具体例を交えて説明してあるので、

適宜参考にしてほしい。

 

 

リスニングスキルを確実にアップさせる正しいディクテーション3条件

 

 

日本語と英語のビート感覚の違いを具体的な音声で示すとこうなる。

 

 

ビートの置き方が日本語式の例

コントローラーが見えない場合はこちら

 

ビートがストレスに置かれる英語式の例

コントローラーが見えない場合はこちら
 

高橋の発音

コントローラーが見えない場合はこちら
 

 

英語のビート感覚を掴むことができれば、

音の聞き取りスキルも伸びていくと思われる。

 

 

自分の耳がビート感覚を覚えることで、

耳の適応力が向上するためだ。

 

 

 

英語のストレスアクセント

 

 

ビート(拍)を入れるときは、音の高低ではなく、強弱を意識しながら入れる。

 

 

 

言葉では分かりにくいと思うので、テキストの収録音声と私の練習音声を載せておく。

 

 

 

音の高低にストレスがある例(悪い例)

コントローラーが見えない場合はこちら
音の強弱にストレスがある例(良い例)

コントローラーが見えない場合はこちら
高橋の発音

コントローラーが見えない場合はこちら
 

 

こうして聞いてみると、その違いがはっきり分かると思う。

 

 

子音からストレスを入れる

 

母音にストレスを入れる日本語を話してる立場からすれば、

気づきにくい点かもしれない。

 

 

英語の場合は、母音にストレスをいれてしまうと、

正しい英語の発音にならない。

 

 

 

母音の前の子音からストレスをズバっといれ、

切れ味の鋭いリズムにする。

 

 

具体的には、こんな感じだ。

 

 

 

母音にストレスがある例

コントローラーが見えない場合はこちら
子音にストレスがある例

コントローラーが見えない場合はこちら
高橋の発音

コントローラーが見えない場合はこちら

 

 
ビート(ストレス)の入っていない音節で力を【すぅーと抜く】という感覚で喋ればよい。

 

 

ゴムが伸び縮みするような感覚だ。

 

 

子音からストレスを入れる感覚を身につける目的は、

英語らしい発声というよりは、リスニング時の対応能力を高めることの方に重きが置かれる。

 

 

 

ストレスの入らいない音節の発音の仕方

 

英語は、意味のまとまり毎にストレスを置くという性質上、

日本語に比べ、ストレスの入らない音節の割合が圧倒的に多い。

 

 

その事実を踏まえて、ストレスの入らない音節では、力を抜くのが通常だ。

 

 

つまり、母音の大部分は、あいまい母音(【え】と【あ】の混ざった音)に変化する。

 

 

具体例

 

 

あいまい母音になっていない例(全ての母音をはっきり発音している例)

コントローラーが見えない場合はこちら
あいまい母音化に成功している例

コントローラーが見えない場合はこちら
高橋の発音

コントローラーが見えない場合はこちら

 

 

いかがだろうか。

 

あいまい母音の違いに気づくだろうか。

 

 

 

 

 

 

100%シャドーイングをする時は、この4点を踏まえることがポイントになる。

 

 

この英語独特のリズムを自分のモノとすれば、

話すときもストレートに伝わりやすくなるし、

そして何より、聞き取り時もより正確に聞き取ることができる。

 

 

 

シャドーイングをする時は、ポイントを理屈で理解した後、

反復練習で体に覚えさせる。

 

 

 

スポーツや運動でいうところの【体得】と言ったニュアンスに近い。

 

 

 

このリズム感覚を徹底的に補強したい方は、こちらの教材もお勧めだ。

 

 

UDA式30音英語リズム

 

 

 

ツイートツイート

K/Hシステム>シャドーイングによる英会話力を上達させる実践例

 

今回は、K/Hシステムという英語の勉強法について、取り上げる。

 

 

私自身、留学前からお世話になっている勉強法だが、

その効果の割には、世間にあまり認知されていない印象がある。

 

 

他の雑多な英語学習本やノウハウに埋もれてしまっているのかもしれない。

 

 

 

K/Hシステムを公式ページの言葉を借りて説明すると、

 

 

【 米国のビジネスの現場で勝負する駐在員のために生まれた英語研修プログラム】

 

という名目になっている。

 

 

しかし、駐在員の方の他に、一般の社会人が英会話力を身につける上でも十分その利用の価値はある。

 

 

 

 

 

 

K/Hシステムの狙い

 

 

 

K/Hシステムの狙いは、次の2点に集約される。

 

 

 

同じ文章を繰り返し使うことで、「正しい英語の理解のフォーム」を学ぶこと

 

 

 

そして、すでにもっている英語のアセットを実戦力のある形に活性化し、

これから身に付ける英語については、実戦力のある形で身に付けるための効率的な方法を学ぶ

 

 

 

また、K/Hシステムを実習していく上でキーとなる悩みと原因の5個のパターンを簡単に紹介しておく。

 

 

 

悩み1

文字で見ればわかる単語や表現なのに、

実際のリスニングでそうした語句が聞き取れない。

 

 

原因1

英語の正しい音やリズム(ビート)の体系が習得されておらず、

知っている語句でさえ、予期している音と違うために聞き取れない。

 

_______

 

悩み2

単語自体は聞き取れても、意味がさっと頭に引っかかってこない。

 

 

原因2

単語単位で意味を捉えているために、処理スピードがついていかない。

また、辞書的な硬い訳語で語句を覚えているため、頭に残るイメージとして意味が入ってこない。

 

_________

 

悩み3

聞き取れたわずかな単語を頼りに意味を推察するような聞き方をしているので、

本当に正しい理解をしているのか不安になる。

 

 

原因3

サバイバル英語は身についているものの、それに慣れてしまい、

全ての単語をきちんと聞き取る努力をしなくなってしまった。

「英語の構文」正確につかもうとしなくなっている。

 

_________

 

悩み4

ちょっと文が長くなると、すぐわけが分からなくなる。

 

原因4

レ点を使って漢文を読むような、後ろから戻って理解する英文解釈の方法に慣れてしまっているため、

あと戻りのきかない「音」での聞き取りでは歯が立たない。

 

_________

 

悩み5

だいたいわかるのだが、細かい部分のニュアンスがとれない

 

原因5

英語の話の組立(ロジック構造やそのパターン)を理解していないため、全体の話の流れが見えにくく、

「木を見て森を見ず」の聞き方に陥ってしまっている。

 

________

 

これらの組み合わせを一つ一つ徹底的に克服していくのが、K/Hシステムである。

 

 

パッセージの音声とスクリプト

 

K/Hシステムの入門編に収録されている

おそらく最も有名なパッセージとそのトランスクリプトを参考のために掲載しておく。

 

 

パラグラフ1

(コントローラーが見えない方はこちら

 

 

パラグラフ2

(コントローラーが見えない方はこちら

 

 

パラグラフ3

(コントローラーが見えない方はこちら

 

 

パラグラフ4

(コントローラーが見えない方はこちら

 

 

 

KHシステム入門編のトランスクリプト

 

 

K/Hシステムにおける訓練手順

 

 

1  総合的聞き取り能力の現状把握

 

2  音をつかむ力

 

3  意味をつかむ力

 

4  音と意味の一体化

 

5  高度な英語力を目指した補強訓練

 

 

K/Hシステムのこの基本的なアプローチは、

本当の意味で「使える英語力」を身に付ける唯一の方法といってもよい。

 

 

まず、1 出発点を見極めるための現状把握

 

 

そして、2 英語の音のみにフォーカスした訓練

 

 

この段階で、英単語または英語のかたまり(ゲシュタルト)とそれに対応する音を紐付けるスキルを磨く。

 

 

 

英語特有のリズムやイントネーションに慣れることが目的。

 

 

 

次に、3 英語の意味を自分の中に落としこむ訓練

 

 

聞こえてきた音をイメージや身近な言葉に置き換えて、理解すること。

 

 

 

そういう理解の仕方に慣れること。

 

 

 

最後に、4 音と意味をリンクさせる訓練

 

 

前の2ステップを踏まえて、音から直接、意味に繋げること。

 

 

ここでは、スピーカーのスピードについていくことが主眼となる。

 

 

英語の語順で文頭から意味をつかんでいく。

 

 

英語を英語で理解する感覚を身につける。

 

 

これらのスキルを身に付けることで、

「正しい理解のフォーム」にスピードという要素が加わる。

 

 

 

 

その後は、5 個々のウィークポイントを補強するための個別訓練をこなしていく。

 

 

 

ウィークポイントの例としては、

 

 

監視や単数複数の感覚の強化

 

 

時制の感覚の強化

 

 

構文意識の強化

 

 

英文のロジークパターンの感覚の強化

 

 

などが挙げられる。

 

 

以上、この5ステップがK/Hシステムの基本手順となる。

 

 

そして、これらの訓練の基本となる方法が、「シャドーイング」である。

 

 

シャドーイングとは、簡単にいえば、

テープの音を聞きながら、ほぼ同時にその英語を自分で言いながら、「影」のようについていく作業のことだ。

 

 

例えば、練習中の地声で恐縮だが、

入門編に収録されているパッセージの第二パラグラフをシャドーイングすると、こんな感じになる。

 


 

 

 

上記のサイクルを同じ文章で何度も(数百回)繰り返すことで「正しく英語を理解する回路(フォーム)」が完成していく。

 

 

まさしく「体得」といった感じだ。

 

 

前回解説した30日間英語脳育成プログラムで採用されているアプローチも

基本的には、この経路をたどっている。

 

詳細はこちら

⇒ 30日間英語脳育成プログラムを使って、英語脳を確実に育成する方法

 

以上のことから、

英会話力を身につける方法というのは、結局一つしかないということが言えそうだ。

 

つまり、「現状レベルの把握」⇒「音の識別力とその体得」

⇒「自分の言葉で意味を理解」⇒「音と意味のリンク」⇒「個別補強」

 

という経路である。

 

KHシステムの教材

 

KHシステムから出版されている学習テキストは、以下の様な3種類ある。

 

 

 

公式ページはこちら

 

全てのテキストでKHシステムの理念に基づいた

「正しい英語の理解のフォーム」をインストールするための訓練素材が掲載されている。

 

 

そして全てに共通して、KHシステムが標榜している以下の様なテクニックを駆使することで、

学習者の英語脳を大きくする工夫がなされている。

 

 

 

・シャドーイング

 

 

・リテンション

 

 

・スラッシュ・リーディング/スラッシュ・リスニング

 

 

・やまと言葉落とし

 

 

・ノートテイキング

 

 

・ロジックパターン

 

 

紙面の関係でこれらのK/Hシステムのテクニックの特徴やメリットを全て書くことは難しいが、

 

入門編一冊さえあれば、半年から一年は、英語の学習に事欠かないほど、

密度の濃いメニューが詰まっている。

 

 

将来、長期的な視野で「本当に使える英語力」を身につけたい人は、

是非実際に手に取ってみることを強く勧める。

 

 

 

 

ツイートツイート
 

管理人

ナビゲーター

英語迷路ナビゲーター

高橋陽生

"Make your life

more challenging

with English!!"

詳しいプロフィール

__________________

貴ブログも訪問させてください!

いつも応援の一票ありがとうございます。

 
英会話 ブログランキングへ

カテゴリ一覧

最新記事

人気記事一覧
 

オリジナル特典付

イチオシ英会話教材

 

確実な方法で自在に英語でインプット、アウトプットをするスキルを身に付ける独学英会話教材の最高峰

30日間

英語脳育成プログラム

詳細レビューはこちら

 

英語音声の識別力を無理やり引っ張り上げる日本人学習者向けのリスニング教材

リスニングパワー

詳細レビューはこちら

 UDA式 30音英語リズムの詳細

英文独特のリズムに慣れることで、驚くほど英会話スキルが上達する。

UDA式30音英語リズム

詳細レビューはこちら


更新情報を受け取る

  Twitterボタン

更新記事の内容を

メールでお伝えします。

ハンドルネーム 
メールアドレス 

ブログでは言えないこともお話します!

英語学習に役立つサイト

サイト内検索

英語名言集

タグクラウド

ページの先頭へ

1年ごとの課税