英会話における基底能力を試す厳選5題


 

 

学生時代、文法問題を詳しく勉強したけど、結局英語を話せるようにはならなかったという人は意外に多いのではないだろうか?

 

 

これは、文法問題が悪いわけではなく、英語学習におけるバランスのとり方が悪かったのだ。

 

 

むしろ、文法スキルは、英会話力を支える基底能力にとって、必須のスキルだ。

 

 

そこで、今回は、英会話力を身につけるための文法スキルがどの程度あるのかを試す問題を用意した。

 

 

私の経験上、この5題全て正解する実力があれば、最低限の基底能力は、備わっていると言っていいだろう。

 

 

それでは、早速取り組んでみてほしい。

 

問い

次の英文の空欄に入れるべき語として、ふさわしいものを一つ選んでください。

 

1.  Courses in web design _ _ _ _ become very popular among today’s students.

(A)  have

(B)  is

(C)  has

(D)  to have

 

 

2.  As reported in newspapers and magazines, the construction of th world’s tallest building _ _ _ _ we monitored during the last eighteen month was spectacular.

(A) which

(B) what

(C) where

(D) whom

 

 

3. Because dining out with clients is a lot of fun, _ _ _ _.

(A) about twice a month I do it

(B) I do it about twice a month

(C) twice a month about I do it

(D) I do about twice a month it

 

 

4. After a reorganization within the firm, the chief executive let all the temporary workers _ _ _ _.

(A) to go

(B) gone

(C) going

(D) go

 

 

5.  Many people _ _ _ _ her on her beautiful piano playing.

(A) complimented

(B) completed

(C) complied

(D) competed

 

 

解答

いかがだったろうか。

 

正解を、順に示す。

 

1.

正答は、(A)  have

 

主語に適した動詞を選択することを意識することが重要だ。

 

練習段階では、とにかく動詞に意識の中心を置いてほしい。

 

ここでは、単数、複数の区別を問うたが、同時に忘れてはならないのは、時制だ。

 

現在形、過去形、未来形、現在完了形、この4時制は最低限、意味的なニュアンスも含めて区別ができるようにしておこう。

 

 

2.

正答は、(A) which    先行詞をbuilding とし、それがmonitored の目的語であることを示す。

 

英会話でキーとなるスキル、英文を組み立てるスキルを訓練するにあたって、英語特有の関係詞が大きな壁となって立ちはだかる。

 

後ろから修飾する仕組みを英語の言語感覚として飲みこめるか、この辺りがキーとなってくるだろう。

 

学生の時に「返り読み」をさんざんやらされた方にとっては、この壁を乗り越えるには、相応の努力を要すると考えられる。

 

 

3.

正答は、(B)I do it about twice a month

 

この問いも、英文を組み立てるスキルを問うた出題だ。

 

英語の語順には、日本語の助詞に相当する働きがある。

 

要するに、日本文では、語順を適当に入れ替えても、助詞のおかげでおおよその文意が掴めるのに対し、英文では語順そのものが変わると正しく意味が取れないといった状況が起こりうる。

 

これが英文を正確に組み立てるスキルが重要となるゆえんだ。

 

この正確さにスピードが加われば、英会話における最重要試練を乗り越えたことになる。

 

 

4.

正答は、(D) go

 

動詞letは、let + O  + 原形動詞で使役の意を表す。 意味は、その目的語(人)に「特定の行為をするがままにしておく」といったニュアンスか。

 

日本語、英語双方に、使役動詞と呼ばれる、文法カテゴリーがある。

 

使役動詞、 つまり人を使って何かをさせること。

 

英語の使役動詞には、have, make, let, getなどがあるが、それぞれ会話でよく耳にする表現だ。

 

この使役動詞を習得することができれば、会話での表現力がより拡がるだろう。

 

 

5.

正答は、(A) complimented     文意から「褒める」のcomplementがふさわしい。

 

この問いは、単純に解答者のボキャブラリーの多寡をを試している。

 

文意に沿った適切な動詞を選ぶことができるか、この点も英会話上達の上でネックとなってくる。

 

 

____

 

英会話力を支えるチカラの中でも、文法スキルを侮ってはいけない。

 

とかく邪魔者扱いされることが多い英文法だが、要は突っ込みすぎず、しかし浅すぎず、適度な濃さで文法スキルを保持していればよいのだ。

 

 

とりわけ、本日出題した、主語と動詞の対応、関係詞、英文の語順、使役動詞、ボキャブラリーの分野は押さえていてほしい。

 

 

正確な英文を作りだすスキルと正確に英文を聴き取るスキルの両スキルの向上に貢献するはずだ。

 

ツイートツイート

________________________________________________________

LINE@始めました!
ブログの更新情報などをこちらでお知らせしています。

★スマホの方
スマホの方はこちらをタップすれば友達登録ができます。

友だち追加

★PCの方
PCの方はスマホから下のQRコードを読み込むか、LINEの検索で「@kid6721w」で検索してください(@マークは必須です)

 
______________________________________________________
 
この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、

是非ブログランキングへ応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです^^
英会話 ブログランキングへクリックありがとうございました。

本日のランキング応援クリックありがとうございました



______________________________________________________

> Facebookページにもご参加ください。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 
 

管理人

ナビゲーター

英語迷路ナビゲーター

高橋陽生

"Make your life

more challenging

with English!!"

詳しいプロフィール

__________________

貴ブログも訪問させてください!

いつも応援の一票ありがとうございます。

 
英会話 ブログランキングへ

カテゴリ一覧

最新記事

人気記事一覧

オリジナル特典付

イチオシ英会話教材

 

確実な方法で自在に英語でインプット、アウトプットをするスキルを身に付ける独学英会話教材の最高峰

30日間

英語脳育成プログラム

詳細レビューはこちら

 

英語音声の識別力を無理やり引っ張り上げる日本人学習者向けのリスニング教材

リスニングパワー

詳細レビューはこちら

 UDA式 30音英語リズムの詳細

英文独特のリズムに慣れることで、驚くほど英会話スキルが上達する。

UDA式30音英語リズム

詳細レビューはこちら


更新情報を受け取る

  Twitterボタン

更新記事の内容を

メールでお伝えします。

ハンドルネーム 
メールアドレス 

ブログでは言えないこともお話します!

英語学習に役立つサイト

サイト内検索

英語名言集

タグクラウド

ページの先頭へ

1年ごとの課税