まず日本語を言い換えろ! ― 発信型英会話の2つの言い換えテクニック ―


 

言いたい英語がどうしても口から出てこないときのテクニックの一つとして、

 

英語に変換する前の日本語を言い直すというテクニックを以前の記事で紹介した。

 

この記事の後半の部分

 

⇒ 英文暗記だけでは英語を話せるようにならない3つの理由

 

 

 

 

さらに発信型英語のコツについて以下の記事で

その日本文に含まれる動作を意識することの有用性について紹介した。

 

 

【今年もよろしくお願いします】から紐解く発信型英語のコツ

 

 

 

この2記事を踏まえて、

 

本日は、【日本語⇒日本語】の言い換えを実践していく上で、

実用的なテクニックを2点紹介する。

 

 

 

一つの日本語に拘らない柔軟性を持つことについて考えてみてほしい。

 

 

 

視点の切り替え

 

 

視点の切り替えと言われても、

よくわからないと思うので、例を上げて説明する。

 

 

 

次の日本文を英訳してください。

 

 

 

「(電話の話し相手に対して)友人に代わります。」

 

 

 

 

・・・・

 

 

I’ll put my friend on the phone.

コントローラーが見えない場合はこちら

 
首尾よくこのフレーズにありつけただろうか。

 

 

 

実際のところ、瞬時にこの表現を口に出すことは、意外と難しい。

 

 

 

仮に、この表現がどうしても浮かばなかったら、

あなたは、なんて言うだろうか。

 

 

 

もちろん、change やswitchという動詞を上手に使って、

その場凌ぎをすることもできるかもしれない。

 

 

しかし、ここで一つのテクニックとして、

「視点の切り替え」を使ってみよう。

 

 

 

 

例えば、

 

 

 

「友人が話します!」

 

 

といって、主語を「友人」にすることで、一気に日本語を読み替えることができる。

 

 

すると、

 

 

 

My friend wants to talk to you.

 

 

とすんなり言える。

 

この場合の視点の切り替えとは、つまり主語の切替だ。

 

 

 

 

英会話において、この「視点を切り替える」というテクニックは、

非常に実戦向きだ。

 

 

もし、これが母国語の日本語であれば、

思いついた表現をそのまま使えばいいのだから、特に問題はならない。

 

 

 

しかし、不自由のある英語の場合には、どうしても動詞が出てこないなど、

思い通りに言葉が使えないおそれがある。

 

 

 

その時、「視点の切り替え」ということを意識すると、

一気に問題が解決することがある。

 

 

 

 

例えば、

 

 

「それは汚かった」

 

 

と言いたいとする。

 

 

 

どうしてもdirtyという言葉が思い出せない場合、

早速「視点を切り替え」てみよう。

 

 

 

すると、

 

 

It wasn’t clean.

コントローラーが見えない場合はこちら

 

 

I didn’t want to stay there.

コントローラーが見えない場合はこちら

 

 

などの別の表現が浮かびやすくなる。

 

 

一つの日本語に拘らないことがここでのキーポイントとなる。

 

 

 

社会人としての豊富な日本語のデータベースが既にあるわけだから、

その知識のデータベースを是非積極的に活用してみよう。

 

 

 

 

 

日本語を噛み砕く

 

 

早速、例を出す。

 

 

 

彼はしたたかな人だ。

 

 

 

直訳すると、

 

He is sturdy.


コントローラーが見えない場合はこちら

 

 

He is formidable.

コントローラーが見えない場合はこちら

 
となるが、果たして本当にこれでよいのか?

 

 

 

答えは、Noだ。

 

 

 

ここでの問題は、単語が難しすぎるということ。

 

 

 

まず、こういった単語は、辞典を引くか、暗記していない限り、

普通は出てこない。

 

 

 

「したたか」と言いたいときにこの単語がうまく思い出せなかったら、

そこでゲームオーバーだ。

 

 

 

また、仮にうまく思い出すことができたとして、”He is sturdy.”といえたとする。

 

 

 

 

 

でも、相手もノンネイティブで、sturdyという単語を知らなかったら、

どうなるだろうか。

 

 

 

He  is …. what?

 

 

 

という受け答えになってしまうのがオチだ。

 

 

結局、その日本語に対応する英語の言葉を機械的に探してしまうと、

単純なことなら言えるけど、難しくなると途端に何も言えなくなる。

 

 

 

また、思考も硬直化しやすくなる。

 

 

思考が硬直化してしまう原因は、

 

 

「日本語の単語」 ⇒ 「英語の単語」

 

 

というように1対1で変換しようとしているからだ。

 

 

実際のところ、日本語の単語と英語の単語は1対1では対応していない。

 

 

 

例えば「背中」は英語でいうとbackだが、

「腰」のあたりも英語ではbackだ。

 

 

 

日本語と英語を1対1で対応させることがダメなわけではなく、

そうすると、思考が硬直化しやすいから注意すべきだということを言っておきたい。

 

 

ここでの解法テクニックが、「言葉を噛み砕く」だ。

 

 

日本語⇒英語と対応指せる前に

一旦言葉を噛み砕いてほしい。

 

 

 

噛み砕く際のポイントが、

小学生でも分かる程度に噛み砕くことだ。

 

 

 

「彼はしたたかな人だ」を小学生でも分かる程度に噛み砕くと、

 

「彼は、手強い」

 

「彼は、とても叶わない」

 

 

などとなる。

 

 

 

噛み砕いた上で、

 

 

 

He is very strong.

コントローラーが見えない場合はこちら
He is unbeatable.

コントローラーが見えない場合はこちら
などと表現できる。

 

 

 

 

もう一題、例を出す。

 

 

 

彼女はオタクだ。

 

 

 

otakuは、既にローマ字で英語になっているようだが、

仮にotakuというワードを知らない人に対しては、

別の言葉で言い換えるしか無い。

 

 

 

geekという用語もあるが、日本児ではなかなか思いつかない人も多いだろう。

 

 

 

オタクを噛み砕くときは、オタクの対象を意識するとよい。

 

 

 

何に対して、オタクなのか

 

 

例えば、

 

 

漫画オタクなら、

 

 

 

She likes reading manga too much.

コントローラーが見えない場合はこちら

 

 

 

She is enthusiastic  about manga.

コントローラーが見えない場合はこちら

 

 

 

などと表現できる。

 

 

 

オタクのニュアンスがうまく表現できていないかもしれない。

 

それでも、フリーズや無言になってしまうよりマシだ。

 

 

 

言葉のニュアンスも含めて100%英語で伝えることは、

英語に相当熟達しない限り厳しいので、最初はきっぱり諦めたほうがよい。

 

 

 

この潔さも英語の発信力を磨く上で欠かせないコツの一つだ。

 

 

 

 

 

 


発信型英語のコツ
 

ツイートツイート
________________________________________________________

LINE@始めました!
ブログの更新情報などをこちらでお知らせしています。

★スマホの方
スマホの方はこちらをタップすれば友達登録ができます。

友だち追加

★PCの方
PCの方はスマホから下のQRコードを読み込むか、LINEの検索で「@kid6721w」で検索してください(@マークは必須です)

 
______________________________________________________
 
この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、

是非ブログランキングへ応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです^^
英会話 ブログランキングへクリックありがとうございました。

本日のランキング応援クリックありがとうございました



______________________________________________________

> Facebookページにもご参加ください。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 
 

管理人

ナビゲーター

英語迷路ナビゲーター

高橋陽生

"Make your life

more challenging

with English!!"

詳しいプロフィール

__________________

貴ブログも訪問させてください!

いつも応援の一票ありがとうございます。

 
英会話 ブログランキングへ

カテゴリ一覧

最新記事

人気記事一覧

オリジナル特典付

イチオシ英会話教材

 

確実な方法で自在に英語でインプット、アウトプットをするスキルを身に付ける独学英会話教材の最高峰

30日間

英語脳育成プログラム

詳細レビューはこちら

 

英語音声の識別力を無理やり引っ張り上げる日本人学習者向けのリスニング教材

リスニングパワー

詳細レビューはこちら

 UDA式 30音英語リズムの詳細

英文独特のリズムに慣れることで、驚くほど英会話スキルが上達する。

UDA式30音英語リズム

詳細レビューはこちら


更新情報を受け取る

  Twitterボタン

更新記事の内容を

メールでお伝えします。

ハンドルネーム 
メールアドレス 

ブログでは言えないこともお話します!

英語学習に役立つサイト

サイト内検索

英語名言集

タグクラウド

ページの先頭へ

1年ごとの課税