100%シャドーイング実践例 -英語のビート感覚を身につけるための4つのポイント-


 

 

前稿でKHシステムの基本的アプローチ(以下参照)について説明したが、

今回はそのうち「音をつかむ」ステップについて、さらに詳しく説明しておく。

 

 


KHシステムの基本アプローチ
 

今から説明することは、KHシステム独特のアプローチであり、

多くの英語学習者にとって、新しい気づきになると思う。

 

 

 100%シャドーイング

 

 

音をつかむステップでも、基本となる練習法は、やはりシャドーイングとなる。

 

 

 

シャドーイングについては、前稿(K/Hシステム>シャドーイングによる英会話力を上達させる実践例)を参照。

 

 

KHシステムでは、【音にフォーカスしたシャドーイング】を

 

100%シャドーイングと呼んでいる。

 

 

 

つまり、100%ミスなく、正確にシャドーイングすることが目的となる。

 

 

100%シャドーイングをするにあたって、

4つのポイントがあるので、順に説明していく。

 

 

 

 

 

 

 

英語のビート感覚

 

ビートとは、【拍】のことである。

 

 

英語には、日本語と異なるビート感覚があり、

その忠実な再現がまず最初のポイントとなる。

 

 

 

日本語は、各音節(シラブル)に1つずつビートを入れる

シラブルタイミングの言葉である。

 

 

 

一方、英語は、意味のまとまりごとにストレスを置くため、

ビートも各ストレスに置かれる。

 

 

 

このことから、英語は、ストレスタイミングの言葉といえる。

 

 

以上の言葉の性質の違いについては、

以下の記事にある【英語の言語としての性質】のセクションに、具体例を交えて説明してあるので、

適宜参考にしてほしい。

 

 

リスニングスキルを確実にアップさせる正しいディクテーション3条件

 

 

日本語と英語のビート感覚の違いを具体的な音声で示すとこうなる。

 

 

ビートの置き方が日本語式の例

コントローラーが見えない場合はこちら

 

ビートがストレスに置かれる英語式の例

コントローラーが見えない場合はこちら
 

高橋の発音

コントローラーが見えない場合はこちら
 

 

英語のビート感覚を掴むことができれば、

音の聞き取りスキルも伸びていくと思われる。

 

 

自分の耳がビート感覚を覚えることで、

耳の適応力が向上するためだ。

 

 

 

英語のストレスアクセント

 

 

ビート(拍)を入れるときは、音の高低ではなく、強弱を意識しながら入れる。

 

 

 

言葉では分かりにくいと思うので、テキストの収録音声と私の練習音声を載せておく。

 

 

 

音の高低にストレスがある例(悪い例)

コントローラーが見えない場合はこちら
音の強弱にストレスがある例(良い例)

コントローラーが見えない場合はこちら
高橋の発音

コントローラーが見えない場合はこちら
 

 

こうして聞いてみると、その違いがはっきり分かると思う。

 

 

子音からストレスを入れる

 

母音にストレスを入れる日本語を話してる立場からすれば、

気づきにくい点かもしれない。

 

 

英語の場合は、母音にストレスをいれてしまうと、

正しい英語の発音にならない。

 

 

 

母音の前の子音からストレスをズバっといれ、

切れ味の鋭いリズムにする。

 

 

具体的には、こんな感じだ。

 

 

 

母音にストレスがある例

コントローラーが見えない場合はこちら
子音にストレスがある例

コントローラーが見えない場合はこちら
高橋の発音

コントローラーが見えない場合はこちら

 

 
ビート(ストレス)の入っていない音節で力を【すぅーと抜く】という感覚で喋ればよい。

 

 

ゴムが伸び縮みするような感覚だ。

 

 

子音からストレスを入れる感覚を身につける目的は、

英語らしい発声というよりは、リスニング時の対応能力を高めることの方に重きが置かれる。

 

 

 

ストレスの入らいない音節の発音の仕方

 

英語は、意味のまとまり毎にストレスを置くという性質上、

日本語に比べ、ストレスの入らない音節の割合が圧倒的に多い。

 

 

その事実を踏まえて、ストレスの入らない音節では、力を抜くのが通常だ。

 

 

つまり、母音の大部分は、あいまい母音(【え】と【あ】の混ざった音)に変化する。

 

 

具体例

 

 

あいまい母音になっていない例(全ての母音をはっきり発音している例)

コントローラーが見えない場合はこちら
あいまい母音化に成功している例

コントローラーが見えない場合はこちら
高橋の発音

コントローラーが見えない場合はこちら

 

 

いかがだろうか。

 

あいまい母音の違いに気づくだろうか。

 

 

 

 

 

 

100%シャドーイングをする時は、この4点を踏まえることがポイントになる。

 

 

この英語独特のリズムを自分のモノとすれば、

話すときもストレートに伝わりやすくなるし、

そして何より、聞き取り時もより正確に聞き取ることができる。

 

 

 

シャドーイングをする時は、ポイントを理屈で理解した後、

反復練習で体に覚えさせる。

 

 

 

スポーツや運動でいうところの【体得】と言ったニュアンスに近い。

 

 

 

このリズム感覚を徹底的に補強したい方は、こちらの教材もお勧めだ。

 

 

UDA式30音英語リズム

 

 

 

ツイートツイート
________________________________________________________

LINE@始めました!
ブログの更新情報などをこちらでお知らせしています。

★スマホの方
スマホの方はこちらをタップすれば友達登録ができます。

友だち追加

★PCの方
PCの方はスマホから下のQRコードを読み込むか、LINEの検索で「@kid6721w」で検索してください(@マークは必須です)

 
______________________________________________________
 
この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、

是非ブログランキングへ応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです^^
英会話 ブログランキングへクリックありがとうございました。

本日のランキング応援クリックありがとうございました



______________________________________________________

> Facebookページにもご参加ください。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 
 

管理人

ナビゲーター

英語迷路ナビゲーター

高橋陽生

"Make your life

more challenging

with English!!"

詳しいプロフィール

__________________

貴ブログも訪問させてください!

いつも応援の一票ありがとうございます。

 
英会話 ブログランキングへ

カテゴリ一覧

最新記事

人気記事一覧

オリジナル特典付

イチオシ英会話教材

 

確実な方法で自在に英語でインプット、アウトプットをするスキルを身に付ける独学英会話教材の最高峰

30日間

英語脳育成プログラム

詳細レビューはこちら

 

英語音声の識別力を無理やり引っ張り上げる日本人学習者向けのリスニング教材

リスニングパワー

詳細レビューはこちら

 UDA式 30音英語リズムの詳細

英文独特のリズムに慣れることで、驚くほど英会話スキルが上達する。

UDA式30音英語リズム

詳細レビューはこちら


更新情報を受け取る

  Twitterボタン

更新記事の内容を

メールでお伝えします。

ハンドルネーム 
メールアドレス 

ブログでは言えないこともお話します!

英語学習に役立つサイト

サイト内検索

英語名言集

タグクラウド

ページの先頭へ

1年ごとの課税