英語学習の効率を最大限高めるために押さえておきたいバランス感覚


 

バランス感覚・・

英語学習に限らず、生きていく上では、随所で適度なバランスを保っていかなければいけない。

 

 

 

本日は、前回紹介した英会話学習における練習と本番のバランスに関連して

【練習段階におけるとるべきバランス感覚】について私が感じているところをまとめる。

 

 

 

このバランス感覚を意識するだけでも、英語学習の効率が確実にアップしていくはずだ。

 

 

 

日本人の英語スキル

 

 

日本の中学高校と英語の授業を受けてきた人であれば、通常

 

 

読む>聞く>書く>話す

 

 

の順で英語スキルが高いのが一般的だと思う。

 

 

これは、日本の英語教育が読解、暗記重視の積込みタイプが主流だったことによる。

 

その教育を受け続けた学生は意図せずに「読む」というスキルに秀でてしまったのだ。

(もちろん例外はあるだろうが・・)

 

 

 

あなたも

 

英語は読めるけど、リスニングになると全然聞き取れない

 

 

とか、
ある程度TOEICの点数や英検の資格を持っているけど、会話には全く自信がない

 

 

などという声をよく聞かないだろうか。

 

 

 

学生の時に読む聞くというインプットの練習ばかりやってきた結果、

書く話すというアウトプットの訓練に費やす時間が相対的に減ってしまった。

 

こう考えると、

 

 

読む>聞く>書く>話す

 

 

という関係は、当然の帰結なのだ。

 

 

英語はあくまで言語であるのだから、4つのスキルの関係は

 

 

読む=聞く=書く=話す

 

 

であるほうが自然だと思うが、これと比較すると、

 

 

読む>聞く>書く>話す

 

 

という関係は、明らかに偏っている。

 

 

 

本稿で日本の英語教育を批判するつもりはないが、

仮にあなたの英語スキルで上の図式が成り立ってしまっていても、

それはあなたに非があるわけではない。

 

 

「偏っている」の真意とは?

 

 

上で、英語の本来の4技能の関係を

 

 

読む=聞く=書く=話す

 

 

と表現したが、これは、それぞれが同等のレベルにあるということとは別に

 

 

読む(Reading)、聞く(Listening)、話す(Speaking)、書く(Writing)という4つのスキルは、独立した別々のものではない


 

 

ということもいいたかった。

 

 

例えば、リーディングをしているときに

 

 

discrepancy

という単語が出てきたとする。

 

 
その時に綴(つづ)り(スペル)を見て、「食い違い」や「矛盾」という意味だと理解して、

同時にその発音が[diskrépənsi]だといことを音として分かるのが普通だ。

 

 

 

つまり、綴りと音と意味の3つを繋げて、理解するということだ。
だが、学校英語でありがちなのは、綴りと(だいたいの)意味は分かるが、

発音の仕方が分からないという人が結構いる。

 

 

あなたは心当たりないだろうか。

 

 

目で文字を見て、意味は取れるのはいいものの、

 

では、どう発音すればいいのかが分からない。

 

 

そんな単語に心当たりがあるのなら、それはあくまで試験対策として覚えた単語に違いない。

 

 

 

そういう覚え方は明らかに不自然だと思う。

 
発音が分からなければ discrepancyをどうやって読むのだろうか?

 

日本語読み?

 

 

 

そして、何よりも効率が良くない。

 
普通であれば1回でまとめて覚えるべきことを、わざわざ2回に分けて覚えるということは、

効率が良くないし、無駄なこと(日本語読み)を覚えることにもなってしまっている。

 

 

 

英語の4スキルが偏っていると、勉強の仕方も偏ってしまうおそれが出てくる。

 

 

 

偏りの解消のために

 

 

そこで、練習の仕方や順序も、英語の4スキルを互いに関連づけながら、

バランスよく進めていくという選択が出てくる。

 

 

しかし、この関連付けが、また厄介だ。

 

 

英語学習の効率を高めていくためには、

この関連付けをいかに巧みに行うかにかかっている。

 

 

まず基本となる関連付けは、

 

 

【リーディングやリスニングを通して、インプットしたものをスピーキングやライティングでアウトプットする】

 

 

という関連付けだろう。

 

 

インプットのみやって、アウトプットをサボると、いわゆる頭でっかちになってしまう。

 

 

リーディングとリスニング間の関係も重要だ。

 

 

読んで分からないものは、聞いても分からない。

 

よって、リスニングの訓練の一環でリーディングのスキルも鍛えなければいけない。

 

 

さらに、スピーキングとライティングの間にも、強力な関連性がある。

 

 

両者とも英文を作るという点では共通であり、

書けない英文は、当然正しく話すこともできない。

 

 

 

話せるようになりたいから、話す練習をする。
リスニング力を上げたいから、とにかくリスニングをする。

 

 

 

 

もっともらしい練習法に聞こえるかもしれないが、

実はこういったやり方では、今ひとつ効率が上がらないということをきちんと押さえておいてほしい。
英語耳

 

 

読む、聞く、書く、話すという4技能をあなたなりに関連づけながら、

バランスよく訓練していかなければいけない。

 

 

上に挙げた関連付けは、一例にすぎない。

 

自分なりに関連付けを行い、効率性を高めていくということが重要だと思う。

 

社会人なら、この関連付けを意識しながら、

自分の生活パターンに当てはめて、無駄のない上達法を編み出していくことができるはずだ。

 

 

なお、上記関連付けのヒントとなる記事を以下に貼っておく。

 

 社会人向け英語学習に必要な英会話力を引き上げる2つのリーディング鉄板原則

 

 

 

 

 

 

 

 

ツイートツイート
________________________________________________________

LINE@始めました!
ブログの更新情報などをこちらでお知らせしています。

★スマホの方
スマホの方はこちらをタップすれば友達登録ができます。

友だち追加

★PCの方
PCの方はスマホから下のQRコードを読み込むか、LINEの検索で「@kid6721w」で検索してください(@マークは必須です)

 
______________________________________________________
 
この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、

是非ブログランキングへ応援ボタンの投票を頂けると嬉しいです^^
英会話 ブログランキングへクリックありがとうございました。

本日のランキング応援クリックありがとうございました



______________________________________________________

> Facebookページにもご参加ください。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 
 

管理人

ナビゲーター

英語迷路ナビゲーター

高橋陽生

"Make your life

more challenging

with English!!"

詳しいプロフィール

__________________

貴ブログも訪問させてください!

いつも応援の一票ありがとうございます。

 
英会話 ブログランキングへ

カテゴリ一覧

最新記事

人気記事一覧

オリジナル特典付

イチオシ英会話教材

 

確実な方法で自在に英語でインプット、アウトプットをするスキルを身に付ける独学英会話教材の最高峰

30日間

英語脳育成プログラム

詳細レビューはこちら

 

英語音声の識別力を無理やり引っ張り上げる日本人学習者向けのリスニング教材

リスニングパワー

詳細レビューはこちら

 UDA式 30音英語リズムの詳細

英文独特のリズムに慣れることで、驚くほど英会話スキルが上達する。

UDA式30音英語リズム

詳細レビューはこちら


更新情報を受け取る

  Twitterボタン

更新記事の内容を

メールでお伝えします。

ハンドルネーム 
メールアドレス 

ブログでは言えないこともお話します!

英語学習に役立つサイト

サイト内検索

英語名言集

タグクラウド

ページの先頭へ

1年ごとの課税