海外ドラマから掴め!未来をあらわす表現の3つのイメージ

時制を正しく使い分けることができれば、英会話のレベルが一つ上がる。

 

 

逆に時制を取り違えると、伝えたいメッセージがうまく伝わらず、

ぎこちないコミュニケーションになってしまうかもしれない。

 

 

たとえば、日本語の

 

 

ベトナムに行くつもりだ

 

 

 

 

ベトナムに行った。

 

 

では、意味合いがまるで異なる。

 

 

もちろん、話の流れなどで言わんとしていることが

通じることもあるだろう。

 

 

ただ、スムーズで楽しいコミュニケーションを進めていくためには、

多少なりとも過去、未来、現在などの時制を使い分けていく必要性はあるだろう。

 

 

 

まずは、この意識をしっかり持つことが大切だ。

 

 

 

英語における時制の文法ルールは複雑な印象があり、

苦手としている方も多くいるのではないだろうか。

 

 

そして、その複雑なルールをナマの英会話で瞬時に使い分けていくことは

非常にハードルが高いと感じている方もいるだろう。

 

 

そこで今回は、

学生のときに勉強した細かい文法ルールからではなく

海外ドラマのワンシーンを題材にして

個々の時制が持つ意味やイメージから直接理解していくという

訓練法を紹介したい。

 

 

未来を表す表現

 

 

例えば未来を表す表現には次の3通りがある。

 

will

 

be going to

 

be   -ing

 

 

同じ未来を表す表現でも

それぞれの表現がもつイメージや意味は異なる。

 

 

異なるからこそ、表現方法が違うのだ。

 

 

 

以下、順に解説していく。

 

 

will

 

 

willは、学校で「未来の助動詞」と習うが、それは間違いだ。

 

 

willの本来の意味は、【推測】【意志】を表すのであって、

それが未来の事態を表すのに都合よく使われるだけなのだ。

 

 

我々にとって未来とは、「~となるだろう」という【推測】

または「~するぞ」という【意志】の対象となるはずだ。

 

【推測】

 

 

She will be a good mother.

(彼女はよい母親になるだろう)

 

 

【意志】

 

 

Oh, I just realized I have no money.  Don’t worry. I‘ll lend you some.

(げ。お金もってないよ。 大丈夫。いくらか貸してあげるよ)

 

 

 

さて、海外ドラマでwillの具体的な使い方をみておこう。

 


 

 

最後の方で男性が怒りながらwillを使っている。

 

I will not be bullied by this nut!

こんなモグリのたわごと、聞いてられるか!

 

 

このwillには、話し手の強い【意志】がこもっている。

 

 

 

be going to

 

 

go to (~へ向かう)の進行形だから、

つまり出来事はすでにto以下の帰結に向かって進んでいるということだ。

 

 

willが単に【推測】するのに対して、

be going toはすでに状況が動き出している。【原因・予兆】

 

 

It will rain tomorrow.

(明日、雨が降るだろう)

 

 

 

It‘s going to rain.

(雨が振りそうだ)  ⇒ すでに雲が集まり、これから雨になることが予見されるということ。

 

 

また、be going to は【意図】を表すこともできる。

 

 

I’m going to marry her.

(結婚するつもりだ)

 

 

すでに決断がなされ、marry herに向かって進んでいる最中ということだ。

 

 

【意志】を表すwillと紛らわしいが、

willの場合は、その場で決断が行われているため、

be going to は使えない。

 

 

Oh, I just realized I have no money.  Don’t worry. I‘ll lend you some.

 

 

「お金がない」という状況に対して、

「お金を貸す」という決断が行われているからwillがふさわしい。

 

 


 

最後の方で女性が立ちながら、be going to を3回連発している。

 

 

And you are going to sit right there,

 

 

I am going to call my therapist,

 

 

and we’re all going to talk about this.

 

 

 

いずれも話し手の【意図】を表れているのを感じてほしい。

 

 

be  -ing

 

 

進行形も未来を表すことができる。

 

 

I’m playing golf (now).

 

 

I’m playing golf at 3:00.

 

 

 

上の二文は両方共進行形だが、

単に「現在している」のか「3時にはしている」のかという違いだけである。

 

 

 

進行形に未来を表す特殊用法があるというわけではない。

 

 

ある時点を念頭においてそこでの行動を述べる場合、

進行形を使う場合がある。【予定・計画】

 

 

 

この場合、「3時」というように具体的時点が明らかにされるか

文脈により強く示唆される。

 


 

冒頭の方で女性がドアから出てきて

 

I’m leaving.

 

と話している。

 

 

少し掴みにくいかもしれないが、

もう帰りますという話し手の【予定】を表している。

 

 

具体的な時点が出てないのは、

状況により明らかだからだ。

 

 

 

 

 

以上、3つの未来を表す英語表現をみてきたが、

いずれの表現も個々の意味やイメージを内包しているため

その意味やイメージを理解しておけば、

細かい文法ルールを覚える必要はないのだ。

 

 

これらの表現に出会ったら、

どうしてここではこの単語が使われているんだろう?

と丁寧に一つ一つ考えていくことで着実にあなたの理解力が向上していくはずだ。

 

 

 

ツイートツイート

私が週刊STを定期購読する5つの理由

 

 

本日は、リーディングがスピーキングスキルに与える影響について、私なりに考えてみる。

 

 

リーディングをインプットの手段、スピーキングをアウトプットの手段と捉えると、

 

 

リーディングで仕入れた様々な英語の表現や単語を、いかに効率よく口から出せるか

 

 

が問題となる。

 

 

しかし、日本人の英語学習者に共通してみられる傾向として、

 

 

リーディングスキル > スピーキングスキル

 

 

があると思う。

 

 

これは、読解重視の英語教育やTOEICをやたら偏重する日本の産業界が引き起こした

日本では一般的であるが忌忌しき傾向である。

 

 

 

読んで理解した英文をそのまま自由自在にスラスラ自分の言葉として言えるのなら、何ら問題はない。

 

 

 

しかし、実情はそうも簡単にいかない。

 

 

 

英会話の練習をしている方なら、何度も実感しているはずだ。

 

 

「ここでズバッとこう言いたいんだけどなーー」

 

 

 

英文を組立るという姿勢

 

 

思い通りにいかない一つの原因は、今まで実践してきたリーディングのやり方にある。

 

 

実際は、オーラルより読解や文語英語を重視してきた日本の教育制度の影響で、

リーディングがスピーキングを助けるどころか、スラスラ話せない原因にさえなっているのだ。

 

 

 

つまり、教えられたとおりに正確な文法や単語を使おうとする意識が邪魔し、

円滑なコミュニケーションの障害となっている。

 

 

 

話している最中における脳の大部分がそのような邪魔な意識で占められ、

話している内容そのものについて考えようとする意識が弱くなっている。

 

 

 

その結果、英会話が今一つ盛り上がらない。

 

でも、なんとかしたい。

 

 

 

そう感じている方に対して、一つ提案しよう。

 

 

 

リーディングのやり方を根本から変えて、

リーディングとスピーキングをつないでいる一つのパイプをできるだけ太く、そして丈夫なものに変えて

リーディングに費やしている時間をフルに有効活用してみよう。

 

 

 

 

そのための具体的行動の一つとして、

 

 

組立思考の習慣化を勧める。

 

 

 

 

組立思考

 

 

 

つまり、英文をブロックのつながりまたはフレーズのつながりと捉えて、

英文を頭で組み立てて作っていこうとする姿勢のことだ。

 

 

英文を思い出すのではなく、ゼロから作っていくという姿勢

 

続きを読む…

ツイートツイート

英会話初心者がリスニングスキルを上げる最適な3つのアプローチ

英会話の勉強をしている人に悩みをきくと、

「話すことはなんとかできるが、相手のセリフを聞いて理解することが難しい」と答える人が圧倒的に多い。

 

 

ビジネスの現場では、電話やテレビ会議でのやりとり、

旅行先ではホテルや空港のカウンターでのやりとり。

 

 

大概、相手はこちらが日本人であることお構いなしにガンガン話してくる。

 

 

このようなやりとりでスムーズに言葉のキャッチボールを進めるには

投げることもさることながら、自分のところにきたボールをきちんと受け止める力が大切になっくる。

 

 

そこで、本日はリスニングスキルを無理なく自然と上げていくアプローチについてみていこうと思う。

 

 

リスニング克服への2つの対応

 

リスニングスキルを鍛える教材は今の日本に山ほどあるが、

リスニングスキルを鍛えるためのアプローチは基本的には1つしか無い。

 

 

要するに、ウネリへの対応スピードへの対応だ。

 

 

日本人にとって、英語の聞き取りが難しいと感じられる一番の原因がこの2つだ。

 

 

日本語にはない英語独特のウネリとそのウネリ故に速く聞こえてしまうスピード。

 

 

この2つに対応する術を身に付けることができれば、リスニングで悩むことはほとんどなくなる。

 

 

むしろもっと英語が聞きたくてウズウズしてくるはずだ。

 

 

この2つの壁を乗り越えたのに、聞き取りがうまくいかないという場合は、

語彙力や文法力など、リスニング以前のどこかに問題があるためだと考えられる。

 

 

それが特定できれば、それを地道に磨いていけばいいだけの話だ。

 

 

ディクテーションの威力

 

さてリスニング力アップに向けて、基本的なアプローチがわかったところで、

具体的な練習方法はどうすればいいのか。

 

 

ウネリへの対応とスピードへの対応。

 

当ブログでは再三述べているが、

これらの対応を同時に実施できる方法がディクテーションだ。

 

 

ディクテーションを正しい方法で粘り強く繰り返しやっていけば、

確実にリスニングスキルが上昇していく。

 

 

そして、本物のリスニング力を手にすることができるはずだ。

 

 

ちなみに、ディクテーションの正しいやり方については、この過去記事を参照してほしい。

 

リスニングスキルを確実にアップさせるための正しいディクテーションの3条件

 

 

以下本稿では、上に述べたリスニングスキルを上げる基本的アプローチ】を効率よく実践していける一つの教材を紹介したい。

 

続きを読む…

ツイートツイート

英会話勉強のためにソーシャルツールを活用する7つのメリット

 

利用者同士の交流の場を提供するサービス、いわゆるソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)

が普及して数年。

 

 

FacebookやTwitter、mixiなど今や我々の日常生活に広く普及している。

 

 

今回は、このSNSを利用して、

英語力を引き上げる7つのメリットを確認しておく。

 

 

「SNSを利用する」と書いたが、

ここでの意味は、外国人とメッセージ交換をするということだ。

 

 

外国人とメッセージ交換をすることで得られるメリットは、

事の他大きい。

 

 

このメリットを改めて意識することで、

あなたの英語学習効率が大きく向上するだろう。

 

 

 

SNSを英語学習に利用するメリット

 

 

 

1. ネイティブの生きた言葉使いを学べる

 

 

やりとりする相手にもよるが、相手との親密度が深まってくると、

砕けた口語で返答してくるようになる。

 

 

教科書に出てこないような言葉づかいや俗語、流行りの言葉などにも触れることができ、

これが非常に勉強になる。

 

 

 

2. 英語での自己紹介がうまくなる

 

 

知らない相手に対しては、当然自分自身や自分の好きなことなどを伝える機会も多くなるだろう。

 

 

時には、日本語や日本の文化のことについても英語で説明しなくてはいけないだろう。

 

 

そういうことを繰り返すうちに、英語で自分を表現する技術がどんどん高まっていく。

 

 

 

3. 英会話力の向上が図れる

 

 

 

外国人とメール交換するためには、英文法や英単語の知識を使って、英文を作っていく必要がある。

 

 

つまり、英文を組み立てるという作業が何回も発生するはずだ。

 

 

都度、【組み立てて文を作る】という意識を持って取り組んでいくことで、

驚くほど英会話スキルは、上昇していく。

 

 

なぜなら、実際に話すときにも、この作業を頭の中で行っており、

そして、この作業の精度や速度を高めるためには、何回も繰り返して、慣れていくしかないからだ。

 

 

「英文を組み立てる」作業についての意義や詳細については、下記の記事を参照してほしい。

 

 

暗記だけでは英語を話せるようにならない3つの理由

 

 

4. フィードバックがもらえる

 

正しい英文でメッセージを送ったつもりでも、意味がうまく伝わらなかったとか、相手に勘違いされたりということが、必ず起こる。
その場合は、何がいけなかったかを自分で考えみることが大事だ。
場合によっては、相手に質問してみてもいいだろう。
そして、得た教訓を違う相手に対して使ってみることで、また違うフィードバックや反応をもらえる。
この積み重ねが非常に密度の濃い訓練につながる。
続きを読む…

ツイートツイート

NHKラジオ基礎英語を聞く15分間をより有意義な時間にするための5つのポイント

 

 

 

本日は、英会話の上達のためにNHKラジオの英会話番組を聞いている方向けに

その効果を最大限引き上げるための5つのポイントを紹介したい。

 

 

 

もしあなたが、毎日、ラジオで英会話の勉強をしているなら、

本日紹介する5つのポイントを正しく押さえているかどうかをもう一度確認してほしい。

 

 

 

ラジオは、無料で聞けるが故に、漫然と【聞き流して】しまっているかもしれないが、

しかし、ただ聞いているだけでは、英会話の上達の幅もおのずと限られてくる。

 

 

そこで、あなたの貴重な15分をより有意義な時間にするためのヒントをお伝えしたい。

 

 

本稿では、【基礎英語1】の番組を例に取り上げて、説明する。

 

 

 

1.まず音をつかむ

 

基礎英語シリーズでは、毎回、ダイアログに沿って、講義が進んでいく。

 

まずは、そのダイアログの音を完璧にマスターする。

 

音の意味は、その後でよい。

 

下記の音声は、2013年10月に基礎英語1で放送されるダイアログうちの一つである。


コントローラーが見えない場合はこちら

 

 

 

スクリプトはこちら

_____________________

Keiji… He was 100 steps ahead of me.

I can’t even beat Keiji?

Who’s calling me?

Keiji! I don’t want to talk to him…

 

Answer your phone, Iroha!

Hi. Sorry I can’t answer the phone right now.

Huh? Her voicemail?

______________________

 

 

聞いていただくと分かるように、イントネーションが大げさで、スピードも標準スピードよりゆっくりめだ。

 

 

この音声を【単語単位】【文単位】でそっくり真似することができるようになるまで何回も訓練する。

 

 

 

訓練にあたってのコツをいえば、恥ずかしがらないことだ。

 

できれば、鏡に写っている自分を見ながら、訓練することで

客観的に英語を話す自分を分析できる。

 

 

イントネーションから個々の発音までそっくりコピーするつもりで

何回も口に出してみる。

 

 

 

しかし、ただ聞いたとおりに言ってみたつもりでも、

なかなか思い通りに真似することができない場合もあるかと思う。

 

 

そう感じ始めたら、ここは一つ、発音の教科書を用意して、

英語の発音練習をやり直すことをお勧めする。

 

 

英語の母音と子音のそれぞれの発声の基本を一度理解してしまうと、

驚くほど英語のコピーが楽になる。

 

fonix

 

発音の基本を理解する事自体は、

発音の教科書に沿っていけば、2日から3日で消化できるはずだ。

 

 

ただ、音を自分のモノとするためには、反復練習が必要になってくる。

 

 

 

実は、発音と綴り字の間には一定の法則があり、

それはフォニックスと呼ばれるルールで決められている。

 

 

 

フォニックスを理解しておけば、反復練習も効率よく行うことができるのが、

フォニックスについては、別の機会に説明していきたい。

 

 

 

以下、発音を学習していく上でオススメの発音教科書を掲載しておく。

 

英語耳 発音ができるとリスニングができる (単行本・ムック) / 松澤喜好

CD付き英語の発音がみるみるうまくなる [ ハミング発音スク-ル ]

今までにない発音教材 ネイティブスピーク

 

続きを読む…

ツイートツイート
1 / 3123
 

管理人

ナビゲーター

英語迷路ナビゲーター

高橋陽生

"Make your life

more challenging

with English!!"

詳しいプロフィール

__________________

貴ブログも訪問させてください!

いつも応援の一票ありがとうございます。

 
英会話 ブログランキングへ

カテゴリ一覧

最新記事

人気記事一覧
 

オリジナル特典付

イチオシ英会話教材

 

確実な方法で自在に英語でインプット、アウトプットをするスキルを身に付ける独学英会話教材の最高峰

30日間

英語脳育成プログラム

詳細レビューはこちら

 

英語音声の識別力を無理やり引っ張り上げる日本人学習者向けのリスニング教材

リスニングパワー

詳細レビューはこちら

 UDA式 30音英語リズムの詳細

英文独特のリズムに慣れることで、驚くほど英会話スキルが上達する。

UDA式30音英語リズム

詳細レビューはこちら


更新情報を受け取る

  Twitterボタン

更新記事の内容を

メールでお伝えします。

ハンドルネーム 
メールアドレス 

ブログでは言えないこともお話します!

英語学習に役立つサイト

サイト内検索

英語名言集

タグクラウド

ページの先頭へ

1年ごとの課税