K/Hシステム>シャドーイングによる英会話力を上達させる実践例

 

今回は、K/Hシステムという英語の勉強法について、取り上げる。

 

 

私自身、留学前からお世話になっている勉強法だが、

その効果の割には、世間にあまり認知されていない印象がある。

 

 

他の雑多な英語学習本やノウハウに埋もれてしまっているのかもしれない。

 

 

 

K/Hシステムを公式ページの言葉を借りて説明すると、

 

 

【 米国のビジネスの現場で勝負する駐在員のために生まれた英語研修プログラム】

 

という名目になっている。

 

 

しかし、駐在員の方の他に、一般の社会人が英会話力を身につける上でも十分その利用の価値はある。

 

 

 

 

 

 

K/Hシステムの狙い

 

 

 

K/Hシステムの狙いは、次の2点に集約される。

 

 

 

同じ文章を繰り返し使うことで、「正しい英語の理解のフォーム」を学ぶこと

 

 

 

そして、すでにもっている英語のアセットを実戦力のある形に活性化し、

これから身に付ける英語については、実戦力のある形で身に付けるための効率的な方法を学ぶ

 

 

 

また、K/Hシステムを実習していく上でキーとなる悩みと原因の5個のパターンを簡単に紹介しておく。

 

 

 

悩み1

文字で見ればわかる単語や表現なのに、

実際のリスニングでそうした語句が聞き取れない。

 

 

原因1

英語の正しい音やリズム(ビート)の体系が習得されておらず、

知っている語句でさえ、予期している音と違うために聞き取れない。

 

_______

 

悩み2

単語自体は聞き取れても、意味がさっと頭に引っかかってこない。

 

 

原因2

単語単位で意味を捉えているために、処理スピードがついていかない。

また、辞書的な硬い訳語で語句を覚えているため、頭に残るイメージとして意味が入ってこない。

 

_________

 

悩み3

聞き取れたわずかな単語を頼りに意味を推察するような聞き方をしているので、

本当に正しい理解をしているのか不安になる。

 

 

原因3

サバイバル英語は身についているものの、それに慣れてしまい、

全ての単語をきちんと聞き取る努力をしなくなってしまった。

「英語の構文」正確につかもうとしなくなっている。

 

_________

 

悩み4

ちょっと文が長くなると、すぐわけが分からなくなる。

 

原因4

レ点を使って漢文を読むような、後ろから戻って理解する英文解釈の方法に慣れてしまっているため、

あと戻りのきかない「音」での聞き取りでは歯が立たない。

 

_________

 

悩み5

だいたいわかるのだが、細かい部分のニュアンスがとれない

 

原因5

英語の話の組立(ロジック構造やそのパターン)を理解していないため、全体の話の流れが見えにくく、

「木を見て森を見ず」の聞き方に陥ってしまっている。

 

________

 

これらの組み合わせを一つ一つ徹底的に克服していくのが、K/Hシステムである。

 

 

パッセージの音声とスクリプト

 

K/Hシステムの入門編に収録されている

おそらく最も有名なパッセージとそのトランスクリプトを参考のために掲載しておく。

 

 

パラグラフ1

(コントローラーが見えない方はこちら

 

 

パラグラフ2

(コントローラーが見えない方はこちら

 

 

パラグラフ3

(コントローラーが見えない方はこちら

 

 

パラグラフ4

(コントローラーが見えない方はこちら

 

 

 

KHシステム入門編のトランスクリプト

 

 

K/Hシステムにおける訓練手順

 

 

1  総合的聞き取り能力の現状把握

 

2  音をつかむ力

 

3  意味をつかむ力

 

4  音と意味の一体化

 

5  高度な英語力を目指した補強訓練

 

 

K/Hシステムのこの基本的なアプローチは、

本当の意味で「使える英語力」を身に付ける唯一の方法といってもよい。

 

 

まず、1 出発点を見極めるための現状把握

 

 

そして、2 英語の音のみにフォーカスした訓練

 

 

この段階で、英単語または英語のかたまり(ゲシュタルト)とそれに対応する音を紐付けるスキルを磨く。

 

 

 

英語特有のリズムやイントネーションに慣れることが目的。

 

 

 

次に、3 英語の意味を自分の中に落としこむ訓練

 

 

聞こえてきた音をイメージや身近な言葉に置き換えて、理解すること。

 

 

 

そういう理解の仕方に慣れること。

 

 

 

最後に、4 音と意味をリンクさせる訓練

 

 

前の2ステップを踏まえて、音から直接、意味に繋げること。

 

 

ここでは、スピーカーのスピードについていくことが主眼となる。

 

 

英語の語順で文頭から意味をつかんでいく。

 

 

英語を英語で理解する感覚を身につける。

 

 

これらのスキルを身に付けることで、

「正しい理解のフォーム」にスピードという要素が加わる。

 

 

 

 

その後は、5 個々のウィークポイントを補強するための個別訓練をこなしていく。

 

 

 

ウィークポイントの例としては、

 

 

監視や単数複数の感覚の強化

 

 

時制の感覚の強化

 

 

構文意識の強化

 

 

英文のロジークパターンの感覚の強化

 

 

などが挙げられる。

 

 

以上、この5ステップがK/Hシステムの基本手順となる。

 

 

そして、これらの訓練の基本となる方法が、「シャドーイング」である。

 

 

シャドーイングとは、簡単にいえば、

テープの音を聞きながら、ほぼ同時にその英語を自分で言いながら、「影」のようについていく作業のことだ。

 

 

例えば、練習中の地声で恐縮だが、

入門編に収録されているパッセージの第二パラグラフをシャドーイングすると、こんな感じになる。

 


 

 

 

上記のサイクルを同じ文章で何度も(数百回)繰り返すことで「正しく英語を理解する回路(フォーム)」が完成していく。

 

 

まさしく「体得」といった感じだ。

 

 

前回解説した30日間英語脳育成プログラムで採用されているアプローチも

基本的には、この経路をたどっている。

 

詳細はこちら

⇒ 30日間英語脳育成プログラムを使って、英語脳を確実に育成する方法

 

以上のことから、

英会話力を身につける方法というのは、結局一つしかないということが言えそうだ。

 

つまり、「現状レベルの把握」⇒「音の識別力とその体得」

⇒「自分の言葉で意味を理解」⇒「音と意味のリンク」⇒「個別補強」

 

という経路である。

 

KHシステムの教材

 

KHシステムから出版されている学習テキストは、以下の様な3種類ある。

 

 

 

公式ページはこちら

 

全てのテキストでKHシステムの理念に基づいた

「正しい英語の理解のフォーム」をインストールするための訓練素材が掲載されている。

 

 

そして全てに共通して、KHシステムが標榜している以下の様なテクニックを駆使することで、

学習者の英語脳を大きくする工夫がなされている。

 

 

 

・シャドーイング

 

 

・リテンション

 

 

・スラッシュ・リーディング/スラッシュ・リスニング

 

 

・やまと言葉落とし

 

 

・ノートテイキング

 

 

・ロジックパターン

 

 

紙面の関係でこれらのK/Hシステムのテクニックの特徴やメリットを全て書くことは難しいが、

 

入門編一冊さえあれば、半年から一年は、英語の学習に事欠かないほど、

密度の濃いメニューが詰まっている。

 

 

将来、長期的な視野で「本当に使える英語力」を身につけたい人は、

是非実際に手に取ってみることを強く勧める。

 

 

 

 

ツイートツイート

【30日間英語脳育成プログラム】を使って英語脳を確実に育成する方法

英語脳・・・つまり英語で自在にインプット・アウトプットすることができる能力を持った脳。

 

 

本日は、英会話教材で有名な【30日間英語脳育成プログラム】を使うときに注意すべきポイントについて

私の考えを紹介する。

 

 

 30日間英語脳育成プログラムの本質

 

 

この英語学習用の教材は、使い方次第で強力なツールになる。

 

 

ただ、使い方を間違えると、ただの英文パッセージ集となってしまう。

 

 

 

この教材の本質は、そのパッセージの使い方と使う手順をパッケージ化しているところにある。

 

 

つまり、パッセージそのものに価値があるのではなく、

パッセージの使い方に独自のノウハウが凝縮されており、

そのノウハウをパターン化してわかりやすい形で利用者に還元してくれる。

 

 

一つのパッセージをあの手この手で転がして、

結果的に学習者の英語力が総合的にアップするように

ナビゲートしてくれるところに教材の価値があるのだと思う。

 

 

30日間英語脳育成プログラムが提供するノウハウは、

 

当ブログで掲げている

 

 

   英語感覚

 

 

   インプットとアウトプットのバランス

 

 

   音と意味と文字のつながり

 

 

   英文組み立て

 

 

   納得する英語

 

 

といったコンセプトと重なる部分が多く、

時間の限られた会社員受験英語を卒業し、しばらくたってから英語をやり直そうとする方にとって、

非常に有用な価値を提供していると思う。

 

 

ただ、そのノウハウを100%吸収し、立派な英語脳を育成するためには、

教材の使用にあたり、何点か気をつけるべき点もある。

 

 

 

以下、当ブログのコンセプトを踏まえて、

30日間英語脳育成プログラムを使い倒すために必要な2つの重要事項について説明していく。

 

 

 

 

30日間英語脳育成プログラムの活用のポイント

 

 

 

まず、公式の利用手順は、

一つのパッセージに対して、

 


30日間英語脳育成手順
 

となっている。

 

 

教材の中には、計30個のパッセージが収録されているが、

 

それぞれのパッセージに対して、上の手順を踏んで、

コンテンツを消化していくという仕組みだ。

 

 

この流れの中でポイントとなるのは、2番めのディクテーション7番目の音読である。

 

 

 

その2点にフォーカスしながら、実際の収録パッセージをベースに教材の活用の仕方を説明する。

 

パッセージの音声


 

 

テキスト

 

 


30日英語脳育成Pテキスト
 

 

 

 

ポイント1 ディクテーション

 

 

ディクテーションをする時は、とにかく聞いた音声の意味を考えないこと。

 

 

耳から入ってきたナマの音をそのまま文字に変換して書き取ること。

 

 

これが重要だ。

 

 

なぜなら、意味を考えてしまうと、

無意識のうちに自分の知っている単語や表現に置き換えてしまうからだ。

 

 

その結果、流れる音声を曲解してしまうおそれが出てくる。

 

 

 

例えば、こんな音声。

(コントローラーが現れない場合は、こちら

 

なんとなく知っている単語で置き換えてしまうと、

 

It’s called television.

 

になってしまう。

 

しかし、正解は、It’s called tunnel vision.

 

 

音を正確に文字に落としこむことができれば、この英語にたどり着くことができる。

 

 

 

繰り返すが、ディクテーションの目的は、

 

意味を考えずに音を正確に文字に落としこむこと。

 

そのための音声識別力をつけること。

 

 

これだ。

 

 

このへんのディクテーションのやり方については、この記事に解説した。

 

 

リスニングスキルを確実にアップさせるための正しいディクテーション3条件

 

 

また英語の文字に落とすことができなかったら、

カタカナで聞こえたとおりに書き留めておくと良い。

 

 

 

自分の弱点を見つけ出し、音声の識別力を強化する際の目安になる。

 

 

 

このパッセージでは、

 

 

why don’t we ~

 

 

hectic

 

がやや早く、うねりもあるため、聞き取りづらいかもしれない。

 

 

そんなときは、聞こえたとおりにカタカナで書き取っておこう。

 

 

 

ポイント2 音読

 

 

音読するときは、一文一文頭で英文を組み立てるつもりで読んでいく。

 

 

これがが一番重要だ。

 

 

「英文を組み立てる」と表現したが、さらにこの動作を細分化していくと、

 

 

①英文をじっくり眺める

 

 

②構文(動詞の後ろに何を撮るのか)を理解する

 

 

③テキストを見ながら、音読する

 

 

④顔を上に上げて、テキストから目を離す。(もしくは、テキストを閉じる)

 

 

⑤頭のなかで文を組み立てながら発声する。

 

 

実際に組み立てていく時の思考例

 

 

I’ll finish my work in 30 minutes.

 

(あと30分で仕事が終わるよ)
________________________________________________________

 

 

 


 “I’ll… 

 

えーと、次に来るのは「終わる」という動詞だな・・・

willという助動詞のあとなので、原型がくるはず・・・

ということは・・・

 

 

”…finish…”

 

 

 

finishの直後にくるのは・・・

「仕事」だから・・・

 

 

 

“…my work…”

 

 

 

その次に来るのは、

「30分で」という副詞句だから・・・

 

 

 

“…in 30 minutes.”

 


 

 

________________________________________________________

 

 

 

コツは「簡単過ぎる」と思わないことだ。

 

 

 

上の例文は、確かに構造のシンプルな英文だが、

この訓練の肝は組み立てるプロセスにある。

 

 

このプロセスに慣れることをまず優先してほしい。

そして、だんだん複雑な英文に取り組んでいけばいいのだ。

 

 

この訓練を通して、

英文を組み立てることのスピードと正確性を高めていけば、

必ず健全な英語脳が育成されていく。

 

 

 

逆にこのステップを飛ばしたり、いい加減にやると、

絶対話せるようにならない。

 

 

 

なぜなら、言いたいときに、言いたい表現を作るための英語脳が育っていないからだ。

 

 

 

そのへんの事情については、この記事を参照してほしい。

 

 暗記だけでは、英語が話せるようになれない3つの理由

 

 

 

 

 

上記の2つのポイントを特に意識しながら、30日間英語脳育成プログラムに取り組むことで、

確実に英語脳を手に入れることができる。

 

 

繰り返すが、当教材の最大の特徴は、

英語脳を育成するための具体的な手順と

その手順を実践していくための具体的な題材をセットで提供しているという点だ。

 

 

 

市販の参考書にありがちな、音読の重要性、ディクテーションの重要性などを語るだけ語って、

肝心の具体的なやり方が欠けているというお粗末なパターンではない。

 

 

 

なお、教材名には、30日という冠がついており、30通りのパッセージが収録されているが、

実際は、30日という期間にこだわる必要はない。

 

 

 

 

一つのパッセージに2,3日かかっても、全く問題ないだろう。

 

 

 

大事なことは、この教材の最大の売りである一つ一つの手順をしっかり踏んでいくこと。

 

 

 

英会話向上という観点からは、

幅広い社会人の方、会社員、主婦、ご年配の方、全ての方におすすめできる教材だ。

 

 

 

<当教材についてのより詳細な情報はこちら>


ツイートツイート

社会人のための英会話力を引っ張り上げる無料メール講座オープン!

 

 

今日の日本には、インターネット環境が発達したこともあり、

手の届く範囲に数々の英語学習教材や学習ツールがあふれている。

 

 

例えば、ツイッターやYoutubeなどのソーシャルメディアを利用した英語学習ノウハウ

BBCやCNNなどの英語圏の放送局が運営している英語学習サイトなど、

これらはパソコン一つあれば、無料でアクセスできてしまう。

 

 

この状況は、学習者側からすると、選択肢が増えるわけだから、

一見、歓迎すべき状況と言えるかもれしれない。

 

 

 

しかし、 よく考えてみてほしい。

 

 

 

手の届くところに価値あるツールがいくらあったとしても、

その使い方を誤れば、何の意味もないのだ。

 

 

 

実際、英語や英会話の学習という道の上には、

何通りもの分かれ道ががあり、大変迷いやすい作りになっている。

 

 

これは、私の20年以上の英語との奮闘歴から自信を持って言えることだ。

 

 

 

英語学習の雑誌やサイトを見て回っていると、以下の様な悩みや相談が驚くほど多い。

 

 

    • 仕事の都合で英語力を上げてなくてはいけないが、何から始めればいいのか分からない!

 

    • 英会話教室に通ってみたものの、本当に話せるようになっているのだろうか不安だ。

 

    • TOEICのスコアを上げないといけないのに、いくらやっても、全然伸びない!

 

    • 上司が外国人になってしまった。片言の英語しか話せないのに、大丈夫かなぁ・・

 

    • 英文をいくら覚えても、なかなか思い通りに話すことできないのは、どうして?

 

    • 英語のニュースが何を言っているのか、早すぎて、さっぱり理解できない~

 

    • 家族と海外旅行に行くことになったが、言葉の問題が心配だ。

 

 

 

私は、英語力克服のために、イギリスに2年間留学をした。

 

 

滞在中に英語ネイティブやノンネイティブと話すうちに、

少しずつ日本人が英語を苦手とする本当の原因そしてその克服方法が分かってきた。

 

 

そして、2010年秋に帰国後、留学中の経験をもとに、

日本人専用の英会話学習のやり方について、誰にでもわかるように体系化する作業に打ち込んできた。

 

 

 

そして、2013年の春にようやく形になったので、

この際、その本質的な部分をブログではなく、メールという形でステップ発信していこうという考えに至った。

 

 

 

英語学習という海の上で、難破せずに最短距離で目的地に向かうにはどうすればいいのか?

 

 

 

この無駄のない【Economical】な学習方法を見つけるにあたって、

まず【現在の自分のレベル】を理解することが絶対必要になってくる。

(その背景は、講座の中で説明している。)

 

 

 

 

このメール講座では、随時、実力判定用の簡単なテストを受けていただきつつ、

その結果に応じた、オーダーメイドの学習スタイルを見つけることができるような、綿密な仕組みを用意した。

 

 

 

 

 

とはいえ、マンツーマンの講座ではないことため、

勝手ながら、あなたの【目的】を、【英語でフリートークを楽しめるレベルになるという地点に設定し、

その目的地まであなたをナビゲートするという内容にさせていただいた。

 

 

 

メールにて、2,3日に1回のペースで配信していくので、

忙しい社会人の方でも気軽に受講できるかと思う。

 

 

講座の流れ

 

 

予め講座の流れをザッとお伝えしておく。

 

 

1日目:ごあいさつ&オリエンテーション
2日目~4日目:英会話の学習効率を極限にまで上げるために学習前に押さえておくべきポイント

 

 

 

5日目~6日目:英会話力の上達を阻む2つのボトルネックについて

 

 

 

7日目:英会話力を支える基底能力

 

 

 

8日目~9日目:リスニングスキルとスピーキングスキルの関係

 

 

 

10日目~19日目:スピーキングスキルの徹底分解

 

 

 

20日目~22日目:リスニング訓練の基本

 

 

 

23日目~26日目:英語でフリートーク楽しむための最短距離訓練方法

 

 

 

27日目:フィナーレ

 

 

 

私のナビゲートに従って、講座の内容を消化していくだけで

【あなたが今やらななければいけないこと】が明確になる。

 

 

 

運転教習所に通っているような感覚で読んでいただければと思う。

 

 

 

 

英語ができるようになると、得することだらけだ。

損することは一切ない。

 

 

英語を通して、あなたの日々の生活や人生をより濃いものにしてみるきっかけになれば幸いだ。

 

 

 

    • 旅行先で英語で楽しくコミュニケーションをとれるようになりたい!

 

    • とりあえず、英語で日常会話ができるようになりたい!

 

    • 空いた時間を使って、何か一つでもステップアップしたい!

 

    • 海外出張中に、パワポのスライドの前で聴衆からの質問に華麗に応えたい!

 

    • 仕事中の外国人からの電話をスマートにさばきたい!

 

    • 外国人の恋人を作り、国際結婚したい!

 

    • 定年後は、今までの経験を生かして、国際的なボランティア活動に取り組みたい!

 

 

 

 

 

メール講座への登録はこちらからお願いします。

ニックネーム
メールアドレス
確認用メールアドレス

 

◆ご登録いただいたお名前とメールアドレスは、個人情報として厳格に管理いたします。

◆このメール講座の受講は、配信メール内に記載された解除フォームから簡単に解除することが可能です。

 

 

 

 

ツイートツイート

TOEIC 600点と800点の壁を乗り越えるレベル別訓練法(リスニング編)

 

 

本日は、TOEIC試験対策として、リスニングセクションのレベル別のスコアアップ対策を紹介する。

 

早速だが、例題を数題用意したので、解いていただきたい。

 

 

Part 1 ~ Part 4それぞれから2題ずつの出題だ。

 

 

例題

 

Part 1

(コントローラが見えない場合は、こちらからお聞きください。)

 

p1e

 


(コントローラが見えない場合は、こちらからお聞きください。)

p1d

 

Part 2

 



(コントローラが見えない場合は、こちらからお聞きください。)

 



(コントローラが見えない場合は、こちらからお聞きください。)

 

Part3

 



(コントローラが見えない場合は、こちらからお聞きください。)

 

41. Why is the man calling?

 

(A) To open an account

(B) To report an error

(C) To plce an order

(D) To return an item

 

42. What does the woman ask for?

 

(A) The man’s name

(B) The date of a purchase

(C) A product code

(D) A delivery location

 

43. What will the man do next?

 

(A) Mail a package

(B) Fax a receipt

(C) Provide an address

(D) Check a catalog

 

 


(コントローラが見えない場合は、こちらからお聞きください。)

 

65. What information does the woman say she will loop up?

 

(A) An artist’s name

(B) The dates of an exhibition

(C) A membership policy

(D) The cost of an item

 

66. Why is the man interested in the painting?

 

(A) It shows a famous landmark

(B) He knows the artist personally.

(C) He collects works by the artist.

(D) Its price has been reduced.

 

67. Why does the woman apologize to the man?

 

(A) Her computer is not working.

(B) An artwork is not available immetiately.

(C) A painting has already been sold.

(D) There are no more tickets to an exhibition.

 

 

Part 4

 



(コントローラが見えない場合は、こちらからお聞きください。)

 

 

71. What is the report mainly about?

 

(A) A store opening

(B) A school project

(C) A performing art center

(D) A location election

 

72. Who is Eduardo Flores?

 

(A) An actor

(B) A politician

(C) An architect

(D) A teacher

 

73. According to the speake, what will happen in October?

 

(A) A polic will go into effect.

(B) Tickets will go on sale.

(C) A performance will take place.

(D) A class will begin


(コントローラが見えない場合は、こちらからお聞きください。)

 

98. What is Aloria Pharmaceuticals planning to do?

 

(A) Form a partnership with a hospital

(B) Renovate a production facility

(C) Recall a medication

(D) Buy a competing company

 

99. According to Mr.Prez, what is the benefit to the public?

 

(A) Product costs will be reduced.

(B) More jobs will become available.

(C) Doctors will be more knowledgeable.

(D) Better medications will be developed.

 

100. What will some employees be asked to do?

 

(A) Present their research at  a conference

(B) Attend local job fairs

(C) Relocate to another city

(D) Meet with members of the press

 

 

実力判定

 

それぞれの問いに対する解答は、当記事の最後尾に記載したので、早速、答え合わせをしてほしい。

 

いかがだっただろうか。

 

実は今回の出題は、あなたの実力が判定できるように私なりに問題を厳選している。

 

以下のテーブルが実力判定の目安になるので、今回の解答結果を当てはめてみてほしい。

 

一問正解につき、1ポイント得るものとし、Part3とPart4については、それぞれ3つの設問があるので、2問以上正解の場合のみ、1ポイントを得るものとする。

 

 

4ポイント未満  スコア600点未満 (Cクラス)
4ポイント~8ポイント未満  スコア600点~800点未満 (Bクラス)
8ポイント  スコア800点以上 (Aクラス)

リーディングセクションも加味した総合スコアで判定しているため、

おおよその目安になってしまうが、私の経験からは妥当な基準ではないかと思う。

レベル別スコアアップ対策

Cクラス

まずCクラスの方は語彙力音声識別力を徹底的に強化する必要があるだろう。

上の例題のうちPart1の①、Part2の①、Part3の①、Part4の①に出てきた単語は全て守備範囲内に収めるつもりの心づもりで取り組んでほしい。

音声識別力とは、正確に英単語を聴き取る力のことだが、たとえば、Part2①に出てきたpreferという単語。

この単語を正確に聴き取れただろうか。

文字として見たときには知っている単語でも、音で聞いたときに意味を掴めないと、

スコアアップにはつながらない。

音声識別力を鍛えることによって、すでにあるあなたのボキャブラリーも無駄にせずに済むだろう。

Bクラス

 

おそらくBクラスの方が、もっとも多いと考えられる。

 

Bクラスの場合は、基本的な実力は有しているが、難易度が高まると一気に正解率が下がる傾向にある。

 

 

ここで「難易度が高まる」とは、音声速度が速まるという意味で解釈してほしい。

 

 

音声速度が速まったことにより、音声識別力が鈍化し、知っている単語であっても、聴き損ねてしまうのだ。

 

たとえば、Part3②のown(所有する)やPar4②のallowやmoveは、きちんと掴めただろうか。

 

固有名詞は、正確に聴き取る必要はない(←固有名詞だとうことが分かればOK)が、

スピード耐性を強化していくと一気にスコアがアップしていくだろう。

 

Aクラス

 

このクラスに到達してからのスコアアップは、経験上、相当シビアだ

 

英語の語彙力の強化に加え、英語の情報処理スピードを上げていくしかない。

 

そのためには、ひたすら英語の音声に脳を馴染ませていくことが有効だが、注意していただきたことは、インプットの仕方だ。

 

普段、英語をインプットするときに、「英語感覚」という感覚を大事にしてほしい。

 

そうすることで、「先を予測する力」が身につき、情報処理スピードがどんどん上がっていく。

 

英語感覚については、当ブログの「英語感覚」のカテゴリーに各種記事を投稿したので、参照してほしい。

 

 

おススメ訓練法

 

 

語彙力

 

語彙力の底上げには、基本的にTOEIC向けの単語集を使うのが、もっとも効率が良い。

 

 

私が勧める単語集は、こちらの2冊だ。

 

TOEICテスト公式問題で学ぶボキャブラリー [ Educational Testing ]

 

 

TOEIC test英単語スピードマスター [ 成重寿 ]

音声識別力

音声識別力の強化には、まずは、なんといっても「ディクテーション」だ。

 

ディクテーションの正しいやり方やサンプル音声による練習方法について、

興味ある方は、こちらの記事に解説したので、参考にしてほしい。

 

また、ディクテーションにプラスして、私がお勧めする音声識別に特化した教材もあるので、

こちらのページからその詳細を確認してもらえればと思う。

 

リスニングパワー 教材レビュー記事

 

 スピードへの対応

 

最後に、スピードへの対応だが、先ほど紹介した「英語感覚の育成」という方法のほかに、「英語リズムへの適応」という方法もある。

 

 

英文独特のリズムにカラダや思考を慣らしていくことで、耳から入ってくる音声をリズムよく消化していけるようになるのだ。

 

 

この方法の有効性やリズム感覚を身につける方法に興味のある方は、こちらのページが参考になるだろう。

 

UDA式30音英語リズム レビュー記事

 

 

_______

 

以上、TOEICのレベル別対策法についての解説だったが、いかがだろうか。

 

とりわけ、忙しい社会人の方にとっては、必要なことだけをこなして、卒なくスコアアップを図りたいものだ。

 

そのためには、まずは、自分の実力を知ることから始めてみよう。

 

何か気になる点や腑に落ちない点があれば、気軽に問い合わせていただければと思う。

 

続きを読む…

ツイートツイート

英会話における基底能力を試す厳選5題

 

 

学生時代、文法問題を詳しく勉強したけど、結局英語を話せるようにはならなかったという人は意外に多いのではないだろうか?

 

 

これは、文法問題が悪いわけではなく、英語学習におけるバランスのとり方が悪かったのだ。

 

 

むしろ、文法スキルは、英会話力を支える基底能力にとって、必須のスキルだ。

 

 

そこで、今回は、英会話力を身につけるための文法スキルがどの程度あるのかを試す問題を用意した。

 

 

私の経験上、この5題全て正解する実力があれば、最低限の基底能力は、備わっていると言っていいだろう。

 

 

それでは、早速取り組んでみてほしい。

 

問い

次の英文の空欄に入れるべき語として、ふさわしいものを一つ選んでください。

 

1.  Courses in web design _ _ _ _ become very popular among today’s students.

(A)  have

(B)  is

(C)  has

(D)  to have

 

 

2.  As reported in newspapers and magazines, the construction of th world’s tallest building _ _ _ _ we monitored during the last eighteen month was spectacular.

(A) which

(B) what

(C) where

(D) whom

 

 

3. Because dining out with clients is a lot of fun, _ _ _ _.

(A) about twice a month I do it

(B) I do it about twice a month

(C) twice a month about I do it

(D) I do about twice a month it

 

 

4. After a reorganization within the firm, the chief executive let all the temporary workers _ _ _ _.

(A) to go

(B) gone

(C) going

(D) go

 

 

5.  Many people _ _ _ _ her on her beautiful piano playing.

(A) complimented

(B) completed

(C) complied

(D) competed

 

 

解答

いかがだったろうか。

 

正解を、順に示す。

 

1.

正答は、(A)  have

 

主語に適した動詞を選択することを意識することが重要だ。

 

練習段階では、とにかく動詞に意識の中心を置いてほしい。

 

ここでは、単数、複数の区別を問うたが、同時に忘れてはならないのは、時制だ。

 

現在形、過去形、未来形、現在完了形、この4時制は最低限、意味的なニュアンスも含めて区別ができるようにしておこう。

 

 

2.

正答は、(A) which    先行詞をbuilding とし、それがmonitored の目的語であることを示す。

 

英会話でキーとなるスキル、英文を組み立てるスキルを訓練するにあたって、英語特有の関係詞が大きな壁となって立ちはだかる。

 

後ろから修飾する仕組みを英語の言語感覚として飲みこめるか、この辺りがキーとなってくるだろう。

 

学生の時に「返り読み」をさんざんやらされた方にとっては、この壁を乗り越えるには、相応の努力を要すると考えられる。

 

 

3.

正答は、(B)I do it about twice a month

 

この問いも、英文を組み立てるスキルを問うた出題だ。

 

英語の語順には、日本語の助詞に相当する働きがある。

 

要するに、日本文では、語順を適当に入れ替えても、助詞のおかげでおおよその文意が掴めるのに対し、英文では語順そのものが変わると正しく意味が取れないといった状況が起こりうる。

 

これが英文を正確に組み立てるスキルが重要となるゆえんだ。

 

この正確さにスピードが加われば、英会話における最重要試練を乗り越えたことになる。

 

 

4.

正答は、(D) go

 

動詞letは、let + O  + 原形動詞で使役の意を表す。 意味は、その目的語(人)に「特定の行為をするがままにしておく」といったニュアンスか。

 

日本語、英語双方に、使役動詞と呼ばれる、文法カテゴリーがある。

 

使役動詞、 つまり人を使って何かをさせること。

 

英語の使役動詞には、have, make, let, getなどがあるが、それぞれ会話でよく耳にする表現だ。

 

この使役動詞を習得することができれば、会話での表現力がより拡がるだろう。

 

 

5.

正答は、(A) complimented     文意から「褒める」のcomplementがふさわしい。

 

この問いは、単純に解答者のボキャブラリーの多寡をを試している。

 

文意に沿った適切な動詞を選ぶことができるか、この点も英会話上達の上でネックとなってくる。

 

 

____

 

英会話力を支えるチカラの中でも、文法スキルを侮ってはいけない。

 

とかく邪魔者扱いされることが多い英文法だが、要は突っ込みすぎず、しかし浅すぎず、適度な濃さで文法スキルを保持していればよいのだ。

 

 

とりわけ、本日出題した、主語と動詞の対応、関係詞、英文の語順、使役動詞、ボキャブラリーの分野は押さえていてほしい。

 

 

正確な英文を作りだすスキルと正確に英文を聴き取るスキルの両スキルの向上に貢献するはずだ。

 

ツイートツイート

 

管理人

ナビゲーター

英語迷路ナビゲーター

高橋陽生

"Make your life

more challenging

with English!!"

詳しいプロフィール

__________________

貴ブログも訪問させてください!

いつも応援の一票ありがとうございます。

 
英会話 ブログランキングへ

カテゴリ一覧

最新記事

人気記事一覧
 

オリジナル特典付

イチオシ英会話教材

 

確実な方法で自在に英語でインプット、アウトプットをするスキルを身に付ける独学英会話教材の最高峰

30日間

英語脳育成プログラム

詳細レビューはこちら

 

英語音声の識別力を無理やり引っ張り上げる日本人学習者向けのリスニング教材

リスニングパワー

詳細レビューはこちら

 UDA式 30音英語リズムの詳細

英文独特のリズムに慣れることで、驚くほど英会話スキルが上達する。

UDA式30音英語リズム

詳細レビューはこちら


更新情報を受け取る

  Twitterボタン

更新記事の内容を

メールでお伝えします。

ハンドルネーム 
メールアドレス 

ブログでは言えないこともお話します!

英語学習に役立つサイト

サイト内検索

英語名言集

タグクラウド

ページの先頭へ

1年ごとの課税