海外ドラマから掴め!未来をあらわす表現の3つのイメージ

時制を正しく使い分けることができれば、英会話のレベルが一つ上がる。

 

 

逆に時制を取り違えると、伝えたいメッセージがうまく伝わらず、

ぎこちないコミュニケーションになってしまうかもしれない。

 

 

たとえば、日本語の

 

 

ベトナムに行くつもりだ

 

 

 

 

ベトナムに行った。

 

 

では、意味合いがまるで異なる。

 

 

もちろん、話の流れなどで言わんとしていることが

通じることもあるだろう。

 

 

ただ、スムーズで楽しいコミュニケーションを進めていくためには、

多少なりとも過去、未来、現在などの時制を使い分けていく必要性はあるだろう。

 

 

 

まずは、この意識をしっかり持つことが大切だ。

 

 

 

英語における時制の文法ルールは複雑な印象があり、

苦手としている方も多くいるのではないだろうか。

 

 

そして、その複雑なルールをナマの英会話で瞬時に使い分けていくことは

非常にハードルが高いと感じている方もいるだろう。

 

 

そこで今回は、

学生のときに勉強した細かい文法ルールからではなく

海外ドラマのワンシーンを題材にして

個々の時制が持つ意味やイメージから直接理解していくという

訓練法を紹介したい。

 

 

未来を表す表現

 

 

例えば未来を表す表現には次の3通りがある。

 

will

 

be going to

 

be   -ing

 

 

同じ未来を表す表現でも

それぞれの表現がもつイメージや意味は異なる。

 

 

異なるからこそ、表現方法が違うのだ。

 

 

 

以下、順に解説していく。

 

 

will

 

 

willは、学校で「未来の助動詞」と習うが、それは間違いだ。

 

 

willの本来の意味は、【推測】【意志】を表すのであって、

それが未来の事態を表すのに都合よく使われるだけなのだ。

 

 

我々にとって未来とは、「~となるだろう」という【推測】

または「~するぞ」という【意志】の対象となるはずだ。

 

【推測】

 

 

She will be a good mother.

(彼女はよい母親になるだろう)

 

 

【意志】

 

 

Oh, I just realized I have no money.  Don’t worry. I‘ll lend you some.

(げ。お金もってないよ。 大丈夫。いくらか貸してあげるよ)

 

 

 

さて、海外ドラマでwillの具体的な使い方をみておこう。

 


 

 

最後の方で男性が怒りながらwillを使っている。

 

I will not be bullied by this nut!

こんなモグリのたわごと、聞いてられるか!

 

 

このwillには、話し手の強い【意志】がこもっている。

 

 

 

be going to

 

 

go to (~へ向かう)の進行形だから、

つまり出来事はすでにto以下の帰結に向かって進んでいるということだ。

 

 

willが単に【推測】するのに対して、

be going toはすでに状況が動き出している。【原因・予兆】

 

 

It will rain tomorrow.

(明日、雨が降るだろう)

 

 

 

It‘s going to rain.

(雨が振りそうだ)  ⇒ すでに雲が集まり、これから雨になることが予見されるということ。

 

 

また、be going to は【意図】を表すこともできる。

 

 

I’m going to marry her.

(結婚するつもりだ)

 

 

すでに決断がなされ、marry herに向かって進んでいる最中ということだ。

 

 

【意志】を表すwillと紛らわしいが、

willの場合は、その場で決断が行われているため、

be going to は使えない。

 

 

Oh, I just realized I have no money.  Don’t worry. I‘ll lend you some.

 

 

「お金がない」という状況に対して、

「お金を貸す」という決断が行われているからwillがふさわしい。

 

 


 

最後の方で女性が立ちながら、be going to を3回連発している。

 

 

And you are going to sit right there,

 

 

I am going to call my therapist,

 

 

and we’re all going to talk about this.

 

 

 

いずれも話し手の【意図】を表れているのを感じてほしい。

 

 

be  -ing

 

 

進行形も未来を表すことができる。

 

 

I’m playing golf (now).

 

 

I’m playing golf at 3:00.

 

 

 

上の二文は両方共進行形だが、

単に「現在している」のか「3時にはしている」のかという違いだけである。

 

 

 

進行形に未来を表す特殊用法があるというわけではない。

 

 

ある時点を念頭においてそこでの行動を述べる場合、

進行形を使う場合がある。【予定・計画】

 

 

 

この場合、「3時」というように具体的時点が明らかにされるか

文脈により強く示唆される。

 


 

冒頭の方で女性がドアから出てきて

 

I’m leaving.

 

と話している。

 

 

少し掴みにくいかもしれないが、

もう帰りますという話し手の【予定】を表している。

 

 

具体的な時点が出てないのは、

状況により明らかだからだ。

 

 

 

 

 

以上、3つの未来を表す英語表現をみてきたが、

いずれの表現も個々の意味やイメージを内包しているため

その意味やイメージを理解しておけば、

細かい文法ルールを覚える必要はないのだ。

 

 

これらの表現に出会ったら、

どうしてここではこの単語が使われているんだろう?

と丁寧に一つ一つ考えていくことで着実にあなたの理解力が向上していくはずだ。

 

 

 

ツイートツイート

私が週刊STを定期購読する5つの理由

 

 

本日は、リーディングがスピーキングスキルに与える影響について、私なりに考えてみる。

 

 

リーディングをインプットの手段、スピーキングをアウトプットの手段と捉えると、

 

 

リーディングで仕入れた様々な英語の表現や単語を、いかに効率よく口から出せるか

 

 

が問題となる。

 

 

しかし、日本人の英語学習者に共通してみられる傾向として、

 

 

リーディングスキル > スピーキングスキル

 

 

があると思う。

 

 

これは、読解重視の英語教育やTOEICをやたら偏重する日本の産業界が引き起こした

日本では一般的であるが忌忌しき傾向である。

 

 

 

読んで理解した英文をそのまま自由自在にスラスラ自分の言葉として言えるのなら、何ら問題はない。

 

 

 

しかし、実情はそうも簡単にいかない。

 

 

 

英会話の練習をしている方なら、何度も実感しているはずだ。

 

 

「ここでズバッとこう言いたいんだけどなーー」

 

 

 

英文を組立るという姿勢

 

 

思い通りにいかない一つの原因は、今まで実践してきたリーディングのやり方にある。

 

 

実際は、オーラルより読解や文語英語を重視してきた日本の教育制度の影響で、

リーディングがスピーキングを助けるどころか、スラスラ話せない原因にさえなっているのだ。

 

 

 

つまり、教えられたとおりに正確な文法や単語を使おうとする意識が邪魔し、

円滑なコミュニケーションの障害となっている。

 

 

 

話している最中における脳の大部分がそのような邪魔な意識で占められ、

話している内容そのものについて考えようとする意識が弱くなっている。

 

 

 

その結果、英会話が今一つ盛り上がらない。

 

でも、なんとかしたい。

 

 

 

そう感じている方に対して、一つ提案しよう。

 

 

 

リーディングのやり方を根本から変えて、

リーディングとスピーキングをつないでいる一つのパイプをできるだけ太く、そして丈夫なものに変えて

リーディングに費やしている時間をフルに有効活用してみよう。

 

 

 

 

そのための具体的行動の一つとして、

 

 

組立思考の習慣化を勧める。

 

 

 

 

組立思考

 

 

 

つまり、英文をブロックのつながりまたはフレーズのつながりと捉えて、

英文を頭で組み立てて作っていこうとする姿勢のことだ。

 

 

英文を思い出すのではなく、ゼロから作っていくという姿勢

 

続きを読む…

ツイートツイート

暗記だけでは、英語を話せるようになれない3つの理由

英語に関する多くの参考書や学習ノウハウで、

英文や英単語の暗記の重要性を説いている。

 

 

その言い分の骨子はこうだ。

 

 

 

 

無いものはいくらひねっても出ない。だから、まず覚えろ

 

 

英語の表現を沢山頭にストックしておけば必要なときにすぐに取り出せる

 

 

知らない単語を減らして、リスニングスキルをあげよう。

 ■

 

 

 

もちろん、一括りにまとめられるものではない。

「英文を覚える」ことに加えて、

文法力コミュニケーション力などの必要性も説いている参考書はある。

 

 

しかし、結局は、

 

「とにかく、覚えること」

 

これを、いささか強調し過ぎている感がある。

 

 

 

「自分の持ち駒を増やしていけば、自然とスラスラ話すことができるようになる」

 

 

 

確かにそのとおりだと思うが、それだけやっていても、いずれは限界が来る。

 

 

英文を話すということの定義にもよるが、英文や英単語をひたすら暗記していっても、

結局は、英語でフリートークできるレベルにはなれない。

 

 

これが、私の主張だ。

 

 

 

以下、3つの理由を述べる。

 

 

モチベーションの維持

 

 

暗記用のメニューが毎日決められていて、

これをスケジュール通り消化していかなければいけない。

 

 

こんな状況が長期間続くと、

暗記することが【作業】になってしまうおそれがある。

 

 

 

作業とは、深く考えず、機械的に繰り返すことであり、

これでは、いつまでやる気がもつか分からない。

 

 

モチベーションの維持には、脳への適度な刺激が必要だ。

 

 

 

忘れてしまったら、終わり

 

ただ暗記したものは、いつかは忘れていく。

 

これは避けられない。

 

 

 

暗記の仕方によって、忘れるまでの期間に差は出てくるがだろうが、

所詮、暗記は暗記だ。

 

 

 

覚えたモノが脳の外に消えてしまったら、

もう一度同じことを繰り返さない限り、取り戻せない。

 

 

 

英文を暗記するという有限的なことをいくらやっても、

その恩恵も有限的なものになってしまう。

 

 

 

一時的に英文をスラスラ話せるようになったとしても、

それは、どんな状況でも安定したスピーキングができるという保証にはならない。

 

 

 

思考の硬直化

 

 

そして、これが暗記学習の最大のデメリットだ。

 

 

つまり、暗記している範囲内でしか、物事が言えない。

 

 

 

その時言いたいことが自分の暗記庫に格納されていなかったら、

それで終わり。

 

 

 

何も言えずに、ただ聞いているだけ、コトが終わるのを待つのみ。

 

 

 

 

大げさな言い方になってしまったが、言いたいことは、

 

暗記に頼りすぎると、英語使いとしての思考が固まってしまい、

柔軟な思考ができなくなる。

 

 

 

例えば、あたながある時、

 

 

「彼は、職場が変わってからは、水を得た魚のように働いている。」

 

 

のようなことを言いたかったとする。

 

 

 

あなたの脳内に「彼」「職場」「水」「魚」「働く」のようなワードがすでにあったとしても、

文の状態で覚えていないと、アウトになってしまう。

 

 

 

 

暗記していないものは、瞬時に口から出てこない状態であり、

会話として成り立たない可能性が高い。

 

 

 

以上、3つの理由から暗記だけでは、英語を話せるように絶対なれない。

 

 

 

暗記の呪縛から逃れるために

 

 

 

私が考える打開策をいくつか紹介する。

 

 

英文を組み立てる

 

 

まず、英文を組み立てる考え方、習慣をつけることだ。

 

 

 

 

新しい英文を文頭から一気に覚えようとせず、

新しい英文と出会うたびに、

単語を使って、英文を文として組み立てるという作業を繰り返す。

 

 

 

 

どうして、そういう構造になってるのか、都度納得しながら、進めることがポイントだ。

 

 

 

 

【納得する】ことで、英文暗記という単純作業から脱するこができる。

 

 

 

そして、この習慣を一度身に付けれてしまえば、一生の財産になる。

 

 

 

 

英文を文として組み立てていくと言ったが、具体的にはこういうことだ。

 

 

 

He showed me the picture he took last summer in New York.

 

 

 

 

 

という英文に出会ったら、①まずじっくり眺めて、英文の作りを理解する。

 

 

 

文法的な項目やボキャブラリーなどの点で不明な箇所がある場合、

参考書を見て調べる。

 

 

 

 

文意を消化出来たあとで、今度は、英文を見ないで、

頭のなかだけで英文として組み立てていく作業に移る。

 

 

 

英文を組み立てている時の思考例。

 

 

まず、主語が彼だから、He…

 

次に動詞が来るはず、「見せた」だからshowed…

 

showのあとは目的語が人、モノの順番で続くはずだから、me the picture…

 

 

the pictureは、彼が撮ったものだから、 目的格の関係詞が省略されて、he…

 

 

動詞は撮るだから、その過去形のtook…

 

 

そして、いつその写真を撮ったかとえば、去年の夏だから、last summer…

 

 

写真を撮った場所がニューヨークだから、in New York.

 

 

 

 

英語耳

あくまで一例だが、英文法のルールに照らし合わせて、丁寧に組み立てていく。

そのプロセスが大事だ。

 

 

最初はスピードより密度を優先して、とにかく地道に組み立てていく。

 

 

 

こうすることで、毎回頭を使うことになり、柔軟に英文を作り出すための素地が完成していく。

 

 

続きを読む…

ツイートツイート

生き生きとした言語感覚を一瞬で殺してしまう殺”言”犯になってはいないか

 

 

 

2通りの表現方法があったときに、

それがイコールで結ばれていたとしたら、一体どっちを選べばいいのだろうか?

 

 

もし仮に will = be going to だったとしたら、「明日、電話します。」と言いたい時に

 

 

A) I will call you tomorrow.

 

 

 

B) I am going to call you tomorrow.

 

 

のどちらを選べばいいのだろうか?

 

 

 

いくら悩んだって、判断のしようがないことは分かるはずだ。

 

 

 

なにしろ、イコールなのだから。

 

 

 

勘や気分などでどちらかを「えいやっ」と選ぶことしかできない。

 

 

 

私が中高時代に受けてきた英語の授業では、

言葉をイコールで結んで覚えるやり方がまかり通っていた。

 

 

たとえば、

 

 

see = look at

 

 

 

 

 

 

He hit me.  = I was hit by him.

 

 

つまり、能動態 = 受動態

 

 

 

 

このやり方。

 

 

 

確かに効率的で、実際英会話で役立つことも多いだろう。

 

 

 

 

しかし、気をつけていただきたいことは、

言葉同士にイコール(=)はあり得ないということだ。

 

 

 

当記事のタイトルにもあるように、ある言葉にはその言葉だけのもつ感覚があり、

違う言葉同士をイコールでつなげてしまうと、

その生き生きとした言語感覚を殺すことになってしまうのだ。

 

 

英語を日本語に訳すという行為を、

学校で散々やらされてきたと思うが、

実は、この「訳す」という行為。

 

 

場合によっては、違う言葉や文章同士を

同じ日本語で一緒くたに括ってしまうリスクがあり、

大変危険な行為と言える。

 

 

 

この説明だけだと、腑に落ちない人もいると思うので、

イコールではない実例を見ていくことにする。

 

 

 

see = look at

 

 

日本語だと同じ「見る」に関する動詞だが、

言葉が違う以上、その意味も当然違う。

 

 

 

look at というのは「視線をやる」ことを意味するので、

視線をやった先の場所(≒視点)を表現する。

 

 

I looked at the burglar.       (私はその泥棒を見た。)

 

 

 

泥棒に目をやったということ。

 

 

それに対して see の場合には、

基本的に「(視界に入ることにより)見える」ことを意味する。

 

 

 

I saw a burglar.   (泥棒を見かけました。)

 

 

また、両者の構文を考えてみても面白い。

 

 

seeは「見えた」ものを目的語に取る他動詞だが、

lookの場合には自動詞であり、対象を表わす場合には前置詞を必要とする。

 

 

seeの方は目的語に取るわけだから、100%見えている。

 

 

 

それに対して、lookの場合には、

あくまでも視線をやるだけであり、必ずしも見えるとは限らない。

 

 

 

I looked at him, but I couldn’t see his face because of the bright light.  (彼に目をやったが、まぶしい光のために彼の顔は見えなかった。)

 

 

動詞が目的語をとる場合と動詞だけで自己完結する場合の違いについて

この記事で詳しく説明したので、参考にしてほしい。

 

“The police searched him.” という英語を誤解しないために押さえておくべき2つの大原則

 

 

 

能動態 = 受動態

 

 

 

次に能動態=受動態という書き換えについて。

 

 

 

あなたは、以下のような書き換えをさせられたことはないだろうか?

 

 

He hit me. = I was hit by him.

 

 

先ほどと同じ例で恐縮だが、

能動態も受動態も、どちらも同じ出来事を表わしている。

 

 

 

しかし、表現が異なる以上、意味合いも当然異なる。

 

 

 

この場合、どこに焦点を当てるかが異なってくるのだ。

 

 

 

まず前提として、英語では能動態を使うことが普通だ。

 

 

 

それに対して受動態であれば、主語(元々目的語であったもの)に焦点を当てる。

 

 

 

He hit me . 

 

 

I was hit by him.

 

 

目的語meが主語Iとなって、焦点が当てられている。

 

 

つまり、I の被害を強調するとか、もしくは動作主(by以下、つまり元々の主語)をぼかす役割もある。

(動作主が分からない場合もある。)

 

 

 

その結果、受動態を使うほとんどのケース(8割以上)では by 以下は省略される。

 

 

 

だから I was hit by him. のように言うことは滅多にない。

 

 

 

その場合には受動態にするまでもなく、He hit me.で済んでしまうからだ。

 

 

 

例えば

 

 

I was hit in the face.   (顔を殴られました。)

 

 

 

などのように言うのであれば、受動態を使う意義が出てくる。

 

 

 

他にもいくつか例を出しておく。

 

 

裁判で弁護士が

 

 

Objection, Your Honor!  (異議あり!)

 

 

と言ったとしたら、裁判長は次のように答える。

 

 

Sustained.   (意義を認めます。)

 

 

 

Overruled.   (却下します。)

 

 

 

さてこの場合、認めたり却下したりしているのは裁判長(個人)なのだろうか、

それとも裁判所なのだろうか?

 

 

 

・・というのがわからないから、英語だと受け身で表現するわけだ。

 

 

 

日本語だと主語が省略できるので、受け身にする必要性がない。

 

 

The airplane was delayed for about 20 minutes because of the bad weather.   (その飛行機は悪天候により約20分遅れた。)

 

 

のような言い方をしたとする。

 

 

遅れた原因は悪天候だろうか?

それとも悪天候に負けたパイロットが悪いのだろうか?

 

 

______________

 

 

英会話などの場面で、will=be going to などの自分ルールを作り、

英語の運用スキルを上げていく自体に何ら問題はない。

 

 

 

しかし、本日みたように、違った言葉には、それぞれ違う理由があり、

言葉にはそれぞれ生き生きとした言語感覚が存在していることは覚えておいてほしい。

 

 

 

英語を読んでいて、どうしてそういう言葉が使われているのか、

その背景となる事情を探求していくことで、

より質の濃いインプットも可能となる。

 

 

 

同じことが日本語にも言える。

 

 

小説などには、多様な表現が盛り込まれているが、

私は、気に入った表現があれば、どんどん自分の言葉として使ってみるようにしている。

 

 

どうしてそのような言葉が使われているのか、

結局その言葉でしか表現できない想いが込められているからだと言える。

 

 

受験英語を卒業した社会人ならば、

そのような言い手の想いをしっかり受け止め、そしてしっかり投げ返すための器が必要になるだろう。

 

 


b9
 

 

 

 

 

ツイートツイート

社会人のための英会話力を引っ張り上げる無料メール講座オープン!

 

 

今日の日本には、インターネット環境が発達したこともあり、

手の届く範囲に数々の英語学習教材や学習ツールがあふれている。

 

 

例えば、ツイッターやYoutubeなどのソーシャルメディアを利用した英語学習ノウハウ

BBCやCNNなどの英語圏の放送局が運営している英語学習サイトなど、

これらはパソコン一つあれば、無料でアクセスできてしまう。

 

 

この状況は、学習者側からすると、選択肢が増えるわけだから、

一見、歓迎すべき状況と言えるかもれしれない。

 

 

 

しかし、 よく考えてみてほしい。

 

 

 

手の届くところに価値あるツールがいくらあったとしても、

その使い方を誤れば、何の意味もないのだ。

 

 

 

実際、英語や英会話の学習という道の上には、

何通りもの分かれ道ががあり、大変迷いやすい作りになっている。

 

 

これは、私の20年以上の英語との奮闘歴から自信を持って言えることだ。

 

 

 

英語学習の雑誌やサイトを見て回っていると、以下の様な悩みや相談が驚くほど多い。

 

 

    • 仕事の都合で英語力を上げてなくてはいけないが、何から始めればいいのか分からない!

 

    • 英会話教室に通ってみたものの、本当に話せるようになっているのだろうか不安だ。

 

    • TOEICのスコアを上げないといけないのに、いくらやっても、全然伸びない!

 

    • 上司が外国人になってしまった。片言の英語しか話せないのに、大丈夫かなぁ・・

 

    • 英文をいくら覚えても、なかなか思い通りに話すことできないのは、どうして?

 

    • 英語のニュースが何を言っているのか、早すぎて、さっぱり理解できない~

 

    • 家族と海外旅行に行くことになったが、言葉の問題が心配だ。

 

 

 

私は、英語力克服のために、イギリスに2年間留学をした。

 

 

滞在中に英語ネイティブやノンネイティブと話すうちに、

少しずつ日本人が英語を苦手とする本当の原因そしてその克服方法が分かってきた。

 

 

そして、2010年秋に帰国後、留学中の経験をもとに、

日本人専用の英会話学習のやり方について、誰にでもわかるように体系化する作業に打ち込んできた。

 

 

 

そして、2013年の春にようやく形になったので、

この際、その本質的な部分をブログではなく、メールという形でステップ発信していこうという考えに至った。

 

 

 

英語学習という海の上で、難破せずに最短距離で目的地に向かうにはどうすればいいのか?

 

 

 

この無駄のない【Economical】な学習方法を見つけるにあたって、

まず【現在の自分のレベル】を理解することが絶対必要になってくる。

(その背景は、講座の中で説明している。)

 

 

 

 

このメール講座では、随時、実力判定用の簡単なテストを受けていただきつつ、

その結果に応じた、オーダーメイドの学習スタイルを見つけることができるような、綿密な仕組みを用意した。

 

 

 

 

 

とはいえ、マンツーマンの講座ではないことため、

勝手ながら、あなたの【目的】を、【英語でフリートークを楽しめるレベルになるという地点に設定し、

その目的地まであなたをナビゲートするという内容にさせていただいた。

 

 

 

メールにて、2,3日に1回のペースで配信していくので、

忙しい社会人の方でも気軽に受講できるかと思う。

 

 

講座の流れ

 

 

予め講座の流れをザッとお伝えしておく。

 

 

1日目:ごあいさつ&オリエンテーション
2日目~4日目:英会話の学習効率を極限にまで上げるために学習前に押さえておくべきポイント

 

 

 

5日目~6日目:英会話力の上達を阻む2つのボトルネックについて

 

 

 

7日目:英会話力を支える基底能力

 

 

 

8日目~9日目:リスニングスキルとスピーキングスキルの関係

 

 

 

10日目~19日目:スピーキングスキルの徹底分解

 

 

 

20日目~22日目:リスニング訓練の基本

 

 

 

23日目~26日目:英語でフリートーク楽しむための最短距離訓練方法

 

 

 

27日目:フィナーレ

 

 

 

私のナビゲートに従って、講座の内容を消化していくだけで

【あなたが今やらななければいけないこと】が明確になる。

 

 

 

運転教習所に通っているような感覚で読んでいただければと思う。

 

 

 

 

英語ができるようになると、得することだらけだ。

損することは一切ない。

 

 

英語を通して、あなたの日々の生活や人生をより濃いものにしてみるきっかけになれば幸いだ。

 

 

 

    • 旅行先で英語で楽しくコミュニケーションをとれるようになりたい!

 

    • とりあえず、英語で日常会話ができるようになりたい!

 

    • 空いた時間を使って、何か一つでもステップアップしたい!

 

    • 海外出張中に、パワポのスライドの前で聴衆からの質問に華麗に応えたい!

 

    • 仕事中の外国人からの電話をスマートにさばきたい!

 

    • 外国人の恋人を作り、国際結婚したい!

 

    • 定年後は、今までの経験を生かして、国際的なボランティア活動に取り組みたい!

 

 

 

 

 

メール講座への登録はこちらからお願いします。

ニックネーム
メールアドレス
確認用メールアドレス

 

◆ご登録いただいたお名前とメールアドレスは、個人情報として厳格に管理いたします。

◆このメール講座の受講は、配信メール内に記載された解除フォームから簡単に解除することが可能です。

 

 

 

 

ツイートツイート
1 / 212
 

管理人

ナビゲーター

英語迷路ナビゲーター

高橋陽生

"Make your life

more challenging

with English!!"

詳しいプロフィール

__________________

貴ブログも訪問させてください!

いつも応援の一票ありがとうございます。

 
英会話 ブログランキングへ

カテゴリ一覧

最新記事

人気記事一覧
 

オリジナル特典付

イチオシ英会話教材

 

確実な方法で自在に英語でインプット、アウトプットをするスキルを身に付ける独学英会話教材の最高峰

30日間

英語脳育成プログラム

詳細レビューはこちら

 

英語音声の識別力を無理やり引っ張り上げる日本人学習者向けのリスニング教材

リスニングパワー

詳細レビューはこちら

 UDA式 30音英語リズムの詳細

英文独特のリズムに慣れることで、驚くほど英会話スキルが上達する。

UDA式30音英語リズム

詳細レビューはこちら


更新情報を受け取る

  Twitterボタン

更新記事の内容を

メールでお伝えします。

ハンドルネーム 
メールアドレス 

ブログでは言えないこともお話します!

英語学習に役立つサイト

サイト内検索

英語名言集

タグクラウド

ページの先頭へ

1年ごとの課税