英会話初心者がリスニングスキルを上げる最適な3つのアプローチ

英会話の勉強をしている人に悩みをきくと、

「話すことはなんとかできるが、相手のセリフを聞いて理解することが難しい」と答える人が圧倒的に多い。

 

 

ビジネスの現場では、電話やテレビ会議でのやりとり、

旅行先ではホテルや空港のカウンターでのやりとり。

 

 

大概、相手はこちらが日本人であることお構いなしにガンガン話してくる。

 

 

このようなやりとりでスムーズに言葉のキャッチボールを進めるには

投げることもさることながら、自分のところにきたボールをきちんと受け止める力が大切になっくる。

 

 

そこで、本日はリスニングスキルを無理なく自然と上げていくアプローチについてみていこうと思う。

 

 

リスニング克服への2つの対応

 

リスニングスキルを鍛える教材は今の日本に山ほどあるが、

リスニングスキルを鍛えるためのアプローチは基本的には1つしか無い。

 

 

要するに、ウネリへの対応スピードへの対応だ。

 

 

日本人にとって、英語の聞き取りが難しいと感じられる一番の原因がこの2つだ。

 

 

日本語にはない英語独特のウネリとそのウネリ故に速く聞こえてしまうスピード。

 

 

この2つに対応する術を身に付けることができれば、リスニングで悩むことはほとんどなくなる。

 

 

むしろもっと英語が聞きたくてウズウズしてくるはずだ。

 

 

この2つの壁を乗り越えたのに、聞き取りがうまくいかないという場合は、

語彙力や文法力など、リスニング以前のどこかに問題があるためだと考えられる。

 

 

それが特定できれば、それを地道に磨いていけばいいだけの話だ。

 

 

ディクテーションの威力

 

さてリスニング力アップに向けて、基本的なアプローチがわかったところで、

具体的な練習方法はどうすればいいのか。

 

 

ウネリへの対応とスピードへの対応。

 

当ブログでは再三述べているが、

これらの対応を同時に実施できる方法がディクテーションだ。

 

 

ディクテーションを正しい方法で粘り強く繰り返しやっていけば、

確実にリスニングスキルが上昇していく。

 

 

そして、本物のリスニング力を手にすることができるはずだ。

 

 

ちなみに、ディクテーションの正しいやり方については、この過去記事を参照してほしい。

 

リスニングスキルを確実にアップさせるための正しいディクテーションの3条件

 

 

以下本稿では、上に述べたリスニングスキルを上げる基本的アプローチ】を効率よく実践していける一つの教材を紹介したい。

 

続きを読む…

ツイートツイート

改めて確認!日本人の英語スピーキング力が弱い3つの原因

 

 

先日、ある英会話セミナーに参加してきた。

私の英会話力の基礎を作ってくれた恩師のセミナーだ。

 

 

本日はそのセミナーで改めて学んだ英会話のコツについて、シェアしていきたい。

 

 

その恩師の主張は以前から一貫していて、

英会話を学ぶ日本人全てに聞いてほしいと思える内容だ。

 

 

教育機関で英語を教えている方であっても、何らかの気付きが得られると思う。

 

 

本稿のタイトルにあるように、日本人のスピーキング力が弱い原因を特定してから、

それぞれに有効な練習法を考えていく。

 

 

1. 英単語がパッと出てくる「瞬発力」が弱い

 

 

すでに十分な語彙力があるにもかかわらず、必要なときにパッと英単語が出てこない。

 

 

十分な語彙力とは、日常会話を支障なく話すために十分な語彙力という意味だ。

 

まず、あなたは既に「十分な語彙力」を持っているということを確認してほしい。

 

 

中学3年間で1,000単語から1,300単語を学習すると言われているが、

実は1,000単語知っていれば、日常会話の80%はカバーできる。

 

 

あなたは、下の一覧表にある100個の英単語のうち、知らない単語は何個あるだろうか。

 

 

b33

 

おそらく、95%以上は、既に知っている単語だったはずだ。

 

 

さて、このボトルネックの本題である「瞬発力」の話に移ろう。

 

 

必要な時に言いたい単語がすぐに出てこないために、

話が続かず、苦労している人も多いと思う。

 

 

「手を上げて」と言いたいのに、上げるってなんて言うんだっけ・・・

 

考えている間に何も言えず、話が終わってしまうことがある。

 

 

実はこの問題については、発想の転換することで、すぐに解決できる。

 

 

 思い出そうとするのではなく、知っている単語の中で作り出すのだ。

 

 

思い出そうとすると、どうしても時間がかかってしまう。

 

 

なので、昔覚えた記憶はあるけど、なかなか出てこない単語は思い出そうとせず、

即座に話せる単語を組み合わせて、伝えたいことを表現すればいい。

 

 

それでも、表現できなかったら、ジェスチャーの力も借りて、なんとか伝える。

 

 

とにかく会話を途切れさせないことが大切だ。

 

 

ここではあなたが日常よく使う基本単語を頭に入れておいて、すぐに取り出せる状態にしておくことが重要になるが、

そのためには、単語カードが便利だ。

 

wordcards

 

 

日本語を見て3秒以内、できれば1秒以内に言える状態にしておこう。

 

 

例題

 

 

次の日本語を英語にしてみてください。

 

 

彼女は東京の郊外に住んでいます。

 

 

郊外(outskirt)という単語がすぐに出てこなかったら、あなたが知っている単語の中で代わりに使える表現を探せばいい。

 

この場合は、

 

 

She lives near Tokyo.

 

 

のようにnear を使って表現することができる。

 

 

続きを読む…

ツイートツイート

TOEFL スピーキングスコアアップのために知っておくべきこと

昨年の春ぐらいからTOEFLを日本の大学受験や公務員試験に導入しようとする動きが拡がっている。

 

きっかけはこの発表だ。

 

実用的な英語力を問う大学入試の実現を

 

 

TOEFLは、元々海外留学志願者が志願先の大学に対して提出する選考書類の一部として使われること多かった。

 

 

そして、最近では、日本のサラリーマンでも、英語力判定として受験する人が増えている。

 

 

今回はTOEFL受験予定者向けにスピーキングセクションの対策法について

私自身の考えを書いていこうと思う。

 

 

 

日本人とTOEFL

 

TOEFLは、英語の総合力を試す試験としては、TOEICより優れいている。

 

通常のTOEICでは測れないスピーキングスキルとライティングスキルを測ることができるからだ。

 

 

単純な理由だが、この違いは大きい。

 

 

受験者という点で比較すると、TOEICの受験者数は全世界で毎年600万人以上にのぼり、

100万人のTOEFLを大きく引きなしている。

 

 

しかし、その実態はというと、TOEFLの場合は、受験者が全世界に広く散らばっているのに対し、

TOEICの受験者の大半は日本と韓国で占められているのだ。

 

 

従って、TOEFLの結果を見ることで、自身の国際的な英語レベルをより正確に知ることができる。

 

実際の試験結果は、こんな感じで出される。

 

b34_1

 

セクションごとの最終の点数だけしか示されていないシンプルなものだが、

この点数が嘘偽りのない今の自分の総合的な英語力を示しているといえる。

 

 

以下の画像はTOEFLの国別スコア比較表(抜粋)だ。


TOEFLスコア比較
 

日本が属するASIAのセクションのページだけだが、

この比較表によると、日本はトータルスコアでアジアワースト2位タイという結果だ。

 

ちなみに左の数字からReading, Listening, Speaking, Writingの順だ。

 

私自身、予備校に通いつつ少しずつスコアを上げていった経験があるが、

スピーキングセクションの対策には相当苦労した記憶がある。

 

 

次の項からスピーキングセクションの具体的な問題と回答例をみていく。

その過程でスコアアップの方法について簡単に紹介する。

 

 

 

 

TOEFL iBT スピーキングセクションを攻略するために

 

 

TOEFLは、2006年からインターネット上の問題を解いていくスタイル(Internet-Based-Tesitng)に変わっている。

 

 

つまり、パソコンの画面とにらめっこしながら、英語を読んで、書いて、聞いて、話さなくていけない。

 

 

TOEICと違って、ペーパー上で受けるスタイルではないため、

スコアアップのためにはパソコンの操作にどうしても慣れなくてはいけない。

 

 

スピーキングセクションについていえば、テスト中は、

1人でパソコンに向かってマイク越しに話さなくていけない。

 

 

周りの受験者の声を気にせず、自分の考えをまとめて英語で話すことに慣れる必要がある。

自宅でやる練習と違って、本番は他の受験生がそばにいることもあり、

会場は独特な雰囲気になるため、この【慣れ】という要素がが意外と重要だ。

 

 

スピーキングセクションの構成

 

 

TOEFL iBTのSpeakingセクションは「Independent tasks」と「Integrated tasks」の2種類の形式、全6問で構成されている。
「Independent tasks」は問題数が2問、準備時間15秒・解答時間45秒だ。
「Integrated tasks」は、同時に複数の技能を測定する問題となり、問題数は4問。
“読んで聞いて話す”問題が2問で準備時間30秒・解答時間60秒、

“聞いて話す”問題も2問で準備時間20秒・解答時間60秒。

 

 

準備時間が短いため、落ち着いて考える冷静さがまず肝要となる。

それに加えて、基本的なスピーキング力が必要だ。

 

サンプル問題(Independent tasks)

 

 

type 1

Describe a person or profession you admire.

 

 

type 2

Would you prefer to go a university in a big city or small college town?

 

 

両方共準備時間は15秒、回答時間は45秒だ。

焦っていると、あっという間に終わってしまうだろう。

続きを読む…

ツイートツイート

英語学習とユーモアマインド

 

こんにちは、今日は、英語学習とユーモアについて。

 

 

イギリスでの留学中、気づいたことがある。

 

イギリスでは初めて会った人とでも、あまり緊張せず、

簡単に打ち解けることができた。

 

 

エレベーターでたまたま一緒になった人

 

ちょっと立ち寄ったサンドイッチ屋さんのスタッフ

 

目的の場所への行き方を教えてくれた通行人

 

 

このようなちょっとした出会いでも、なぜか楽しい会話に発展する。

 

 

仲には発展しないこともあるが、発展する確率が高い。

 

 

なぜだろうか。

 

 

私が思うに、イギリス人の根底にユーモアマインドなるものあるからだろう。

 

 

会話のやりとりを純粋に楽しもうというマインド

 

 

このマインドを強く持っている人がイギリス人には多い。

 

You have a good sense of humor!

 

このフレーズは、イギリス人にとって、相手への最大の賛辞を表す言葉の一つらしい。

 

 

この点について日本人と比較すると

 

日本人は、ユーモアマインドより社交辞令を重んじる人が多い。

 

 

みんなが全部そうではないが、もちろんイギリス人のように初対面でも会話を楽しもうとする人はいる。

 

 

ただ、用件のみを済まして、決まりきった挨拶を口から出して、それで終わり。

 

 

それで関係終了。

 

 

こういうパターンが圧倒的に多いと感じる。

 

 

英語学習においてユーモアマインドを持つことの大切さ

 

英語は本来、イギリス人が日常使う言語であるわけだから、

身も心もイギリス人になったつもりで英語を使うことが、英語上達の一つの鍵になってくる。

 

 

つまり、英語でのコミュニケーション力を上達させるには、

ユーモアマインドを持つことが大事だとうことだ。

 

 

社交辞令のみで終わるのではなく、

相手とのやり取りを楽しむための工夫、心がけ。

 

 

このユーモアマインドを私なりにより具体化して表すと

 

リアクションを普段より大きめにとる

 

 

話し方の抑揚を大げさにする

 

 

話している相手のことをよく知ろうとする 

 

 

ユーモアのある例えを会話に取り入れる

 

 

基本は笑顔で、表情豊かに

 

 

こんなところだろうか。

 

こういうことは普段から意識しておかないと、

急には出てこない。

 

とりわけ4点目の【ユーモアのある例えを会話に取り入れる】については、

ある程度の練習が必要だろう。

 

 

ユーモアのある例え

 

ユーモアのある例えについて、イメージしやすいように具体的な会話例を紹介する。

 

 

「喫煙席だけどいい?」

 

「あ、俺タバコだけはダメなんですよ・・もうナメクジに塩かけたくらい弱体化するんで(笑)」

 

 

演技を加えながらいうとなおよい。

 

________

 

続きを読む…

ツイートツイート

オンライン英会話を活用する時の3つの注意点

 

英語を「読む」ことはまぁまぁできるとしても、英語を「話す」ことになると、まだまだ自信がない。

 

 

そんな悩みを抱えている日本人は、まだまだいっぱいいると思う。

 

 

先日、以前働いていた会社の上司にばったり出会い、

ちょっとお話を伺ったところ、

やはり上記のようなことで悩んでおられた。

 

 

仕事の事情で英語力を上げる必要が出てきて、

とりあえずTOEFL(iBT)を受けてみたが、結果は散々。。

 

 

特に英語のスピーキング力をどうやって伸ばしていけばいいのか

色々と困惑されていた。

 

 

2014年に入り、私の今の職場の様子からしても、

ますます英語学習熱は高まっているような風潮が見受けられる。

 

 

特に英語で会話するという力については、

英語で会話することができる人に対する社会からのニーズであったり、

英語を思い通りに話せるようになりたいというパーソナルなニーズは、確実に増えてきていると思う。

 

 

TOEIC偏重の弊害か、英語の「読む」「聞く」などのインプットの練習にばかり重きが置かれ、

「書く」「話す」などのアウトプットの訓練が蔑ろにされている嫌いがある。

 

 

言ってみれば、

全体的に英語スキルのバランスがとれていない、いわゆる【英語頭でっかち】の人が増えてきているといえる。

 

傾向として、45歳以上のベテランまたは管理職以上の方に多いようだ。

 

 

必要性に迫られないとなかなか重い腰が上がらないかもしれないが、

本日はオンライン英会話という学習ツールについて、少し紹介したい。

 

 

 

オンライン英会話の活用にあたって

 

 

オンライン英会話

 

と聞いて何を今更という感じは否めないが、私自身ここ数ヶ月間、オンライン英会話というサービスを利用してきて

この練習形態のメリット、デメリットを肌で感じることができた。

 

 

せっかくなのでその感覚を当ブログでシェアさせていただくことにした。

 

 

大抵の場合、英会話教室と聞いて最初に抱くであろう感情は

 

 

英語で会話することに対する不安感

 

 

本当に自分の英語が通じるのだろうか・・

会話として成り立つのだろうか・・

 

 

そんな不安感をもつ人も多いのではないだろうか。

私自身、留学経験はあるものの、

部屋の中で一人、スカイプを立ち上げて遠い異国の地にいる先生といきなり英語で楽しく会話することができるのだろうか

 

 

そんな不安感は少なからず感じていた。

 

 

しかし、一歩踏み出してみないと、何も始まらないと踏ん切りをつけ、

ヘッドセットとウェブカメラを購入し、適当な英会話教室の無料体験レッスンに臨んでみた。

 

 

 

あなたがオンライン英会話と聞いて感じたかもしれないその不安感を少しでも和らげ、

オンライン英会話をあなたの練習メニューの一つに加える事ができたのなら

当記事の目的は達成されたということにしよう。

 

 

オンライン英会話の利用時の注意点

 

オンライン英会話を利用することのメリットやデメリットについての私の考えは、

別記事にて書かせていただくことにして、

当記事ではまず、私が今まで利用していて気づいた

オンライン英会話を十分活用するために注意したい3つのポイントを紹介する。
続きを読む…

ツイートツイート
 

管理人

ナビゲーター

英語迷路ナビゲーター

高橋陽生

"Make your life

more challenging

with English!!"

詳しいプロフィール

__________________

貴ブログも訪問させてください!

いつも応援の一票ありがとうございます。

 
英会話 ブログランキングへ

カテゴリ一覧

最新記事

人気記事一覧
 

オリジナル特典付

イチオシ英会話教材

 

確実な方法で自在に英語でインプット、アウトプットをするスキルを身に付ける独学英会話教材の最高峰

30日間

英語脳育成プログラム

詳細レビューはこちら

 

英語音声の識別力を無理やり引っ張り上げる日本人学習者向けのリスニング教材

リスニングパワー

詳細レビューはこちら

 UDA式 30音英語リズムの詳細

英文独特のリズムに慣れることで、驚くほど英会話スキルが上達する。

UDA式30音英語リズム

詳細レビューはこちら


更新情報を受け取る

  Twitterボタン

更新記事の内容を

メールでお伝えします。

ハンドルネーム 
メールアドレス 

ブログでは言えないこともお話します!

英語学習に役立つサイト

サイト内検索

英語名言集

タグクラウド

ページの先頭へ

1年ごとの課税