英語耳を確実に作り上げるために必要なこと(社会人編)

 

 

虹は、国によって、見え方が違うらしい。

 

 

日本人として生まれた私には、その違いを確認することはできない。

 

 

 

同じ現象なのに、その見え方が人によって違う。

 

 

 

バックグラウンドが違うわけだがら、当然、感じ方も違うはずだ。

 

 

ということを言いたいわけでない。

 

 

その人が生まれ育った環境、その人が帰属する文化が

その人の知覚の仕方に対して与える影響

 

 

 

これが無視できないほど大きいことを言いたいのだ。

 

 

 

 

 

 

文化によるモノの捉え方が違う例として、面白い例がまだある。

 

 

 

例えば、雨という自然現象を表す言い方として、

日本語と英語では、その数が驚くほど違う。

 

 

 

日本語で雨に関係する言い方をざっと上げると、

 

 

五月雨、夕立、にわか雨、梅雨、小雨、喜雨、驟雨、時雨、秋霖、通り雨、涙雨、氷雨、春雨

 

 

など多分まだまだあると思われる。

 

 

 

一方、英語で雨を言おうとすると、

 

 

shower, rain

 

 

など、数えるほどしかない。

 

 

 

これも、日本という風土にって、雨の重要度や影響度が高いために、生じた現象だ。

 

 

 

 

 

同じことが、言葉の体系にもいえる。

 

 

 

lead

 

 

read

日本語でその発音を表現すると、どっちも「リード」である。

 

 

 

しかし、英語ネイティブからすれば、

上の2語は、意味も発音も全く異なる2つの言葉として区別される。

 

 

 

当たり前のことを言っているようだが、

英語のリスニング力を上げるためには、この違いを瞬時に区別するスキルが必要になる。

 

 

要するに、英語圏の風習に馴染まないといけないのだ。

 

 

 

上記のように日本語で読むと、似通っているのに、

英語ネイティブからすれば、厳密に区別して扱う言葉は、驚くほど多い。

 

 

 

 

 

work

 

 

 

walk

 

 

 

thing

 

 

sing

英語耳

 

 

 

これらの違いを区別できる耳を、英語学習業界では俗に「英語耳」と呼んでいるようだが、

この呼び方を借りて、表現すると

 

 

英語耳を身につけるためには、

英語の音と英語の文字を頭の中で

正確に紐付ける(対応させる)ことが何よりも重要となる。

 

 

 

そこに言葉の意味を介在させてはいけない。

 

 

介在させるのは、英語耳がある程度身についてからでも遅くない。

 

 

正しいディクテーションの3条件についての記事(こちら)では、

この点を突っ込んで解説した。

 

 

ディクテーション自体、この英語耳を作り上げるために、

必要不可欠な訓練だとは言える。

 

 

しかし、忙しい社会人にとっては、

時間の確保やモチベーションといった点で、なかなかハードルが高い人もいるだろう。

 

 

 

そこで、ディクテーションと並行して実施することで、

加速度的に英語耳を作り上げる教材を紹介する。

 

 

詳しくは、こちらのページを参照してほしい。

 

 

英語耳を身につける方法

 

 

 

少々高い授業料だが、時間をお金で買うという発想は英語学習でも欠かせない。

 

ツイートツイート

リスニングスキルを確実にアップさせるための正しいディクテーション3条件

 

英会話の双璧を成すスピーキングリスニング

あなたは、どちらを得意とするだろうか。

 

 

 

 

一般的にスピーキングという声が多いと思うが、

私の周りを聞いても、案の定、リスニングを苦手とする人が圧倒的に多い。

 

 

日本語にはない、あの英語独特の「スピード感」についていけなくて、困っている人が多いようだ。

 

 

「スピード感」と一言で表現してしまったが、

英語が速いと感じてしまう背景を突き詰めて考えていくと、

日本人にとって、宿命的とも言える2つの事情が見えてくる。

 

 

すなわち、

 

 

一、英語の言語としての性質

 

 

 

一、英語は、話してナンボの言語

 

 

英語の言語としての特質

 

 

 

英語は、 強勢拍言語といって、

意味のまとまりごとに一つの音節(アクセント)を置く。

 

 

 

以下の2つの文章は、互いに異なる単語数だが、話す時間は同じである。

 

 

The birds will eat the worms.

 
Birds eat worms.

 
一方、日本語の場合は、各音節一つ一つに同じ時間をかける音節拍言語という性質のため、

文字数が倍になれば、かける時間も倍になる。

 

 

上の例を日本語に訳すと、

 

 

そのとりたちはそのむしたちをたべるだろう (20文字)

 

 

 

とりはむしをたべる (9文字)

 

 

 

日本人ならお分かりいただけると思うが、文字数に倍以上の開きあるので、話す時間も倍以上かかる。

 

 

 

英語と日本語、この2つの言語には以上のような生来的な違いがあるため、

日本語を母国語とする日本人にとっては、英語がどうしても早く聞こえてしまうのだ。

 

 

 

英語は、話してナンボの言語

 

 

 

こちらの事情は、英語そのものに起因するというより

英語圏の文化から生まれた要因だ。

 

 

日本語文化では、行間を読む、空気を読むといった風習や行動習慣が少なからず定着しているが、

英語には、基本的にそのようなモノはない。

 

 

黙っていたら、怪しまれて、相手にされないだけだ。

 

 

とにかく自分が言いたいことを言って、相手が言っていることを聞いて、

言葉をやりとりしていかなくちゃいけない。

 

 

 

話されている英語についていけず、まごまごしていると、

怒涛の言葉攻め」を食らうはめになる。

 

 

 

洋画や欧米のニュースなどを見ていたら、

この「言葉攻め」のニュアンスがなんとなくわかるはずだ。

 

________________

 

 

日本人が英語の聴き取りを苦手とする背景には、

以上の2つの要因が大きいと考えているがいかがだろうか。

 

 

どちらも、日本人にとっては避けては通れない壁である。

 

 

対応策

 

 

そこで、我々日本人が取るべき対策として、

私が勧める手段を紹介する。

 

 

まず、2点目の文化に帰属する原因については、

とにかく積極的に「意思表示」していくしかない。

 

 

英語でのディスカッションについていけるように、

なんでもいいから、とにかく反応することが打開策となる。

 

 

この場合、必ずしも言葉に頼る必要はない。

 

 

 

そして、本稿のメインとなる1点目の言語の性質からくる障害への対応策を紹介したい。

 

 

 

先ほど、強勢拍言語の説明のために2つの英文を提示したが、

実は、強勢拍言語だからという理由で、話すスピードが変化するわけではない。

 

 

 

日本人にとって、速く聞こえてしまう原因の本当の正体は、

英文のもつ「ウネリ」にある。

 

 

 

ウネリ、すなわち「リズム」のことだ。

 

 

リズムを敢えて図にしてみると、

 

 

英文 リズム

 

 

 

英文リズム

 

 

 

このウネリによって、産み出される音の強弱、長短、高低というリズムの影響で、

どうしても聴き取りにくい部分が出てきてしまう。

 

 

 

この聴き取りにくい部分を、いかにして汲み取っていくか

 

 

 

ここがポイントだ。

 

 

汲み取り方の具体的方法として、

 

 

 

量をこなしていく、つまり多聴することで、

英文のウネリとリズムにカラダで慣れていくというアプローチ

 

 

 

 

音声識別力をつけるために聴き取りの質に拘っていくというアプローチ

 

 

の2つがある。

 

 

以下では、後者のアプローチにフォーカスして、

その最たる訓練法であるディクテーションの正しい実施方法を解説する。

 

 

 

もっとも効果を発揮するディクテーションの3条件

 

 

 

ディクテーションは、英和辞典を引いても、「書き取り」とだけしか載っていないが、

ただ漫然と聴いた音声を書き取っていくだけでは、その恩恵は十分に得られない。

 

 

 

外してはいけない条件が3つある。

 

 

 

一、意味は考えない

 

 

聴いた音を正確に文字に落とし込むため、聴いた音の意味を考えないようにしよう。

 

 

なぜなら、意味を考えてしまうと、先入観のために曲解してしまう恐れが出てくるからだ。

 

 

人である以上、どうしても知っている単語と結びつけて考えてしまうものだ。

 

 

しかし、これをやってしまうと、間違った単語と紐づけてしまうリスクが生じる。

 

 

そのリスクを極力押さえるため、

正確な単語と紐づける努力をするのでなく、

聴いた音の意味を考えない努力をするべきだ。

 

 

だから、まず音を文字に落とし込む訓練が有効なのだ。

 

 

正確に落とし込むスキルが十分ついた段階で、

音を直接、意味に結びつける回路を開通しよう。

 

ディクテーション

 

たとえば、下の音声を聞いてみてほしい。

 

 

 

音声

 

意味を考えてしまうと、間違う恐れが高くなるので注意だ。

 

 

正解は、本稿の最後尾を参照してほしい。

 

 

 

一、どうしても文字に落とし込めない部分はカタカナでかいておく。

 

 

自分が納得するまでテキストを見ずに、何回も聴くことをお勧めする。

 

 

こうすることで自分の弱点となる音声が浮き彫りになる。

 

 

テキストを見てしまうと、耳への集中が甘くなり、

自分の弱点が把握できない。

 

 

例えば、夫が新聞を読みながら、同時に妻の話を真剣に聞く、

なんてことはあり得ないだろう。せいぜい「うん、うん」と空返事しながら聞くのが関の山だ。

 

 

 

ディクテーションの時は、とにかく感覚を研ぎ澄まして、

耳に意識を持っていくようにし、場合によっては、目を閉じてしまってもよいだろう。

 

 

トランスクリプトで毎回確認する

 

 

書き留めた英文を放置せずに、

毎回、トランスクリプトで確認するようにしよう。

 

 

自分の理解がどの程度正確だったかを掴むことができる。

 

 

そして、トランスクリプトを確保していない状態で、

ディクテーションをやるのは、控えるようにしよう。

 

 

貴重な時間が無駄になるおそれがある。

 

 

トランスクリプトで確認し、聴き取れない部分が明確になったら、

その部分の仕組みを、発音記号と紐づけながら、理解していくと良い。

 

 

これは、同時に美しい発音を手にする訓練にもつながる。

 

_________

 

本稿では、リスニングスキルをアップさせる方法の一つとして、

ディクテーションの基本を解説した。

 

 

ディクテーションの題材で困ったら、下記のサイトを参考にするとよいだろう。

 

 

 

リスニングプラザ

→ http://www.listening-plaza.com/

 

 

 

かなり骨太なサイトで、ディクテ用の題材が難易度別に入手できる。

 
続きを読む…

ツイートツイート

社会人のための英会話力を引っ張り上げる無料メール講座オープン!

 

 

今日の日本には、インターネット環境が発達したこともあり、

手の届く範囲に数々の英語学習教材や学習ツールがあふれている。

 

 

例えば、ツイッターやYoutubeなどのソーシャルメディアを利用した英語学習ノウハウ

BBCやCNNなどの英語圏の放送局が運営している英語学習サイトなど、

これらはパソコン一つあれば、無料でアクセスできてしまう。

 

 

この状況は、学習者側からすると、選択肢が増えるわけだから、

一見、歓迎すべき状況と言えるかもれしれない。

 

 

 

しかし、 よく考えてみてほしい。

 

 

 

手の届くところに価値あるツールがいくらあったとしても、

その使い方を誤れば、何の意味もないのだ。

 

 

 

実際、英語や英会話の学習という道の上には、

何通りもの分かれ道ががあり、大変迷いやすい作りになっている。

 

 

これは、私の20年以上の英語との奮闘歴から自信を持って言えることだ。

 

 

 

英語学習の雑誌やサイトを見て回っていると、以下の様な悩みや相談が驚くほど多い。

 

 

    • 仕事の都合で英語力を上げてなくてはいけないが、何から始めればいいのか分からない!

 

    • 英会話教室に通ってみたものの、本当に話せるようになっているのだろうか不安だ。

 

    • TOEICのスコアを上げないといけないのに、いくらやっても、全然伸びない!

 

    • 上司が外国人になってしまった。片言の英語しか話せないのに、大丈夫かなぁ・・

 

    • 英文をいくら覚えても、なかなか思い通りに話すことできないのは、どうして?

 

    • 英語のニュースが何を言っているのか、早すぎて、さっぱり理解できない~

 

    • 家族と海外旅行に行くことになったが、言葉の問題が心配だ。

 

 

 

私は、英語力克服のために、イギリスに2年間留学をした。

 

 

滞在中に英語ネイティブやノンネイティブと話すうちに、

少しずつ日本人が英語を苦手とする本当の原因そしてその克服方法が分かってきた。

 

 

そして、2010年秋に帰国後、留学中の経験をもとに、

日本人専用の英会話学習のやり方について、誰にでもわかるように体系化する作業に打ち込んできた。

 

 

 

そして、2013年の春にようやく形になったので、

この際、その本質的な部分をブログではなく、メールという形でステップ発信していこうという考えに至った。

 

 

 

英語学習という海の上で、難破せずに最短距離で目的地に向かうにはどうすればいいのか?

 

 

 

この無駄のない【Economical】な学習方法を見つけるにあたって、

まず【現在の自分のレベル】を理解することが絶対必要になってくる。

(その背景は、講座の中で説明している。)

 

 

 

 

このメール講座では、随時、実力判定用の簡単なテストを受けていただきつつ、

その結果に応じた、オーダーメイドの学習スタイルを見つけることができるような、綿密な仕組みを用意した。

 

 

 

 

 

とはいえ、マンツーマンの講座ではないことため、

勝手ながら、あなたの【目的】を、【英語でフリートークを楽しめるレベルになるという地点に設定し、

その目的地まであなたをナビゲートするという内容にさせていただいた。

 

 

 

メールにて、2,3日に1回のペースで配信していくので、

忙しい社会人の方でも気軽に受講できるかと思う。

 

 

講座の流れ

 

 

予め講座の流れをザッとお伝えしておく。

 

 

1日目:ごあいさつ&オリエンテーション
2日目~4日目:英会話の学習効率を極限にまで上げるために学習前に押さえておくべきポイント

 

 

 

5日目~6日目:英会話力の上達を阻む2つのボトルネックについて

 

 

 

7日目:英会話力を支える基底能力

 

 

 

8日目~9日目:リスニングスキルとスピーキングスキルの関係

 

 

 

10日目~19日目:スピーキングスキルの徹底分解

 

 

 

20日目~22日目:リスニング訓練の基本

 

 

 

23日目~26日目:英語でフリートーク楽しむための最短距離訓練方法

 

 

 

27日目:フィナーレ

 

 

 

私のナビゲートに従って、講座の内容を消化していくだけで

【あなたが今やらななければいけないこと】が明確になる。

 

 

 

運転教習所に通っているような感覚で読んでいただければと思う。

 

 

 

 

英語ができるようになると、得することだらけだ。

損することは一切ない。

 

 

英語を通して、あなたの日々の生活や人生をより濃いものにしてみるきっかけになれば幸いだ。

 

 

 

    • 旅行先で英語で楽しくコミュニケーションをとれるようになりたい!

 

    • とりあえず、英語で日常会話ができるようになりたい!

 

    • 空いた時間を使って、何か一つでもステップアップしたい!

 

    • 海外出張中に、パワポのスライドの前で聴衆からの質問に華麗に応えたい!

 

    • 仕事中の外国人からの電話をスマートにさばきたい!

 

    • 外国人の恋人を作り、国際結婚したい!

 

    • 定年後は、今までの経験を生かして、国際的なボランティア活動に取り組みたい!

 

 

 

 

 

メール講座への登録はこちらからお願いします。

ニックネーム
メールアドレス
確認用メールアドレス

 

◆ご登録いただいたお名前とメールアドレスは、個人情報として厳格に管理いたします。

◆このメール講座の受講は、配信メール内に記載された解除フォームから簡単に解除することが可能です。

 

 

 

 

ツイートツイート

TOEIC 600点と800点の壁を乗り越えるレベル別訓練法(リスニング編)

 

 

本日は、TOEIC試験対策として、リスニングセクションのレベル別のスコアアップ対策を紹介する。

 

早速だが、例題を数題用意したので、解いていただきたい。

 

 

Part 1 ~ Part 4それぞれから2題ずつの出題だ。

 

 

例題

 

Part 1

(コントローラが見えない場合は、こちらからお聞きください。)

 

p1e

 


(コントローラが見えない場合は、こちらからお聞きください。)

p1d

 

Part 2

 



(コントローラが見えない場合は、こちらからお聞きください。)

 



(コントローラが見えない場合は、こちらからお聞きください。)

 

Part3

 



(コントローラが見えない場合は、こちらからお聞きください。)

 

41. Why is the man calling?

 

(A) To open an account

(B) To report an error

(C) To plce an order

(D) To return an item

 

42. What does the woman ask for?

 

(A) The man’s name

(B) The date of a purchase

(C) A product code

(D) A delivery location

 

43. What will the man do next?

 

(A) Mail a package

(B) Fax a receipt

(C) Provide an address

(D) Check a catalog

 

 


(コントローラが見えない場合は、こちらからお聞きください。)

 

65. What information does the woman say she will loop up?

 

(A) An artist’s name

(B) The dates of an exhibition

(C) A membership policy

(D) The cost of an item

 

66. Why is the man interested in the painting?

 

(A) It shows a famous landmark

(B) He knows the artist personally.

(C) He collects works by the artist.

(D) Its price has been reduced.

 

67. Why does the woman apologize to the man?

 

(A) Her computer is not working.

(B) An artwork is not available immetiately.

(C) A painting has already been sold.

(D) There are no more tickets to an exhibition.

 

 

Part 4

 



(コントローラが見えない場合は、こちらからお聞きください。)

 

 

71. What is the report mainly about?

 

(A) A store opening

(B) A school project

(C) A performing art center

(D) A location election

 

72. Who is Eduardo Flores?

 

(A) An actor

(B) A politician

(C) An architect

(D) A teacher

 

73. According to the speake, what will happen in October?

 

(A) A polic will go into effect.

(B) Tickets will go on sale.

(C) A performance will take place.

(D) A class will begin


(コントローラが見えない場合は、こちらからお聞きください。)

 

98. What is Aloria Pharmaceuticals planning to do?

 

(A) Form a partnership with a hospital

(B) Renovate a production facility

(C) Recall a medication

(D) Buy a competing company

 

99. According to Mr.Prez, what is the benefit to the public?

 

(A) Product costs will be reduced.

(B) More jobs will become available.

(C) Doctors will be more knowledgeable.

(D) Better medications will be developed.

 

100. What will some employees be asked to do?

 

(A) Present their research at  a conference

(B) Attend local job fairs

(C) Relocate to another city

(D) Meet with members of the press

 

 

実力判定

 

それぞれの問いに対する解答は、当記事の最後尾に記載したので、早速、答え合わせをしてほしい。

 

いかがだっただろうか。

 

実は今回の出題は、あなたの実力が判定できるように私なりに問題を厳選している。

 

以下のテーブルが実力判定の目安になるので、今回の解答結果を当てはめてみてほしい。

 

一問正解につき、1ポイント得るものとし、Part3とPart4については、それぞれ3つの設問があるので、2問以上正解の場合のみ、1ポイントを得るものとする。

 

 

4ポイント未満  スコア600点未満 (Cクラス)
4ポイント~8ポイント未満  スコア600点~800点未満 (Bクラス)
8ポイント  スコア800点以上 (Aクラス)

リーディングセクションも加味した総合スコアで判定しているため、

おおよその目安になってしまうが、私の経験からは妥当な基準ではないかと思う。

レベル別スコアアップ対策

Cクラス

まずCクラスの方は語彙力音声識別力を徹底的に強化する必要があるだろう。

上の例題のうちPart1の①、Part2の①、Part3の①、Part4の①に出てきた単語は全て守備範囲内に収めるつもりの心づもりで取り組んでほしい。

音声識別力とは、正確に英単語を聴き取る力のことだが、たとえば、Part2①に出てきたpreferという単語。

この単語を正確に聴き取れただろうか。

文字として見たときには知っている単語でも、音で聞いたときに意味を掴めないと、

スコアアップにはつながらない。

音声識別力を鍛えることによって、すでにあるあなたのボキャブラリーも無駄にせずに済むだろう。

Bクラス

 

おそらくBクラスの方が、もっとも多いと考えられる。

 

Bクラスの場合は、基本的な実力は有しているが、難易度が高まると一気に正解率が下がる傾向にある。

 

 

ここで「難易度が高まる」とは、音声速度が速まるという意味で解釈してほしい。

 

 

音声速度が速まったことにより、音声識別力が鈍化し、知っている単語であっても、聴き損ねてしまうのだ。

 

たとえば、Part3②のown(所有する)やPar4②のallowやmoveは、きちんと掴めただろうか。

 

固有名詞は、正確に聴き取る必要はない(←固有名詞だとうことが分かればOK)が、

スピード耐性を強化していくと一気にスコアがアップしていくだろう。

 

Aクラス

 

このクラスに到達してからのスコアアップは、経験上、相当シビアだ

 

英語の語彙力の強化に加え、英語の情報処理スピードを上げていくしかない。

 

そのためには、ひたすら英語の音声に脳を馴染ませていくことが有効だが、注意していただきたことは、インプットの仕方だ。

 

普段、英語をインプットするときに、「英語感覚」という感覚を大事にしてほしい。

 

そうすることで、「先を予測する力」が身につき、情報処理スピードがどんどん上がっていく。

 

英語感覚については、当ブログの「英語感覚」のカテゴリーに各種記事を投稿したので、参照してほしい。

 

 

おススメ訓練法

 

 

語彙力

 

語彙力の底上げには、基本的にTOEIC向けの単語集を使うのが、もっとも効率が良い。

 

 

私が勧める単語集は、こちらの2冊だ。

 

TOEICテスト公式問題で学ぶボキャブラリー [ Educational Testing ]

 

 

TOEIC test英単語スピードマスター [ 成重寿 ]

音声識別力

音声識別力の強化には、まずは、なんといっても「ディクテーション」だ。

 

ディクテーションの正しいやり方やサンプル音声による練習方法について、

興味ある方は、こちらの記事に解説したので、参考にしてほしい。

 

また、ディクテーションにプラスして、私がお勧めする音声識別に特化した教材もあるので、

こちらのページからその詳細を確認してもらえればと思う。

 

リスニングパワー 教材レビュー記事

 

 スピードへの対応

 

最後に、スピードへの対応だが、先ほど紹介した「英語感覚の育成」という方法のほかに、「英語リズムへの適応」という方法もある。

 

 

英文独特のリズムにカラダや思考を慣らしていくことで、耳から入ってくる音声をリズムよく消化していけるようになるのだ。

 

 

この方法の有効性やリズム感覚を身につける方法に興味のある方は、こちらのページが参考になるだろう。

 

UDA式30音英語リズム レビュー記事

 

 

_______

 

以上、TOEICのレベル別対策法についての解説だったが、いかがだろうか。

 

とりわけ、忙しい社会人の方にとっては、必要なことだけをこなして、卒なくスコアアップを図りたいものだ。

 

そのためには、まずは、自分の実力を知ることから始めてみよう。

 

何か気になる点や腑に落ちない点があれば、気軽に問い合わせていただければと思う。

 

続きを読む…

ツイートツイート
2 / 212
 

管理人

ナビゲーター

英語迷路ナビゲーター

高橋陽生

"Make your life

more challenging

with English!!"

詳しいプロフィール

__________________

貴ブログも訪問させてください!

いつも応援の一票ありがとうございます。

 
英会話 ブログランキングへ

カテゴリ一覧

最新記事

人気記事一覧
 

オリジナル特典付

イチオシ英会話教材

 

確実な方法で自在に英語でインプット、アウトプットをするスキルを身に付ける独学英会話教材の最高峰

30日間

英語脳育成プログラム

詳細レビューはこちら

 

英語音声の識別力を無理やり引っ張り上げる日本人学習者向けのリスニング教材

リスニングパワー

詳細レビューはこちら

 UDA式 30音英語リズムの詳細

英文独特のリズムに慣れることで、驚くほど英会話スキルが上達する。

UDA式30音英語リズム

詳細レビューはこちら


更新情報を受け取る

  Twitterボタン

更新記事の内容を

メールでお伝えします。

ハンドルネーム 
メールアドレス 

ブログでは言えないこともお話します!

英語学習に役立つサイト

サイト内検索

英語名言集

タグクラウド

ページの先頭へ

1年ごとの課税