【30日間英語脳育成プログラム】を使って英語脳を確実に育成する方法

英語脳・・・つまり英語で自在にインプット・アウトプットすることができる能力を持った脳。

 

 

本日は、英会話教材で有名な【30日間英語脳育成プログラム】を使うときに注意すべきポイントについて

私の考えを紹介する。

 

 

 30日間英語脳育成プログラムの本質

 

 

この英語学習用の教材は、使い方次第で強力なツールになる。

 

 

ただ、使い方を間違えると、ただの英文パッセージ集となってしまう。

 

 

 

この教材の本質は、そのパッセージの使い方と使う手順をパッケージ化しているところにある。

 

 

つまり、パッセージそのものに価値があるのではなく、

パッセージの使い方に独自のノウハウが凝縮されており、

そのノウハウをパターン化してわかりやすい形で利用者に還元してくれる。

 

 

一つのパッセージをあの手この手で転がして、

結果的に学習者の英語力が総合的にアップするように

ナビゲートしてくれるところに教材の価値があるのだと思う。

 

 

30日間英語脳育成プログラムが提供するノウハウは、

 

当ブログで掲げている

 

 

   英語感覚

 

 

   インプットとアウトプットのバランス

 

 

   音と意味と文字のつながり

 

 

   英文組み立て

 

 

   納得する英語

 

 

といったコンセプトと重なる部分が多く、

時間の限られた会社員受験英語を卒業し、しばらくたってから英語をやり直そうとする方にとって、

非常に有用な価値を提供していると思う。

 

 

ただ、そのノウハウを100%吸収し、立派な英語脳を育成するためには、

教材の使用にあたり、何点か気をつけるべき点もある。

 

 

 

以下、当ブログのコンセプトを踏まえて、

30日間英語脳育成プログラムを使い倒すために必要な2つの重要事項について説明していく。

 

 

 

 

30日間英語脳育成プログラムの活用のポイント

 

 

 

まず、公式の利用手順は、

一つのパッセージに対して、

 


30日間英語脳育成手順
 

となっている。

 

 

教材の中には、計30個のパッセージが収録されているが、

 

それぞれのパッセージに対して、上の手順を踏んで、

コンテンツを消化していくという仕組みだ。

 

 

この流れの中でポイントとなるのは、2番めのディクテーション7番目の音読である。

 

 

 

その2点にフォーカスしながら、実際の収録パッセージをベースに教材の活用の仕方を説明する。

 

パッセージの音声


 

 

テキスト

 

 


30日英語脳育成Pテキスト
 

 

 

 

ポイント1 ディクテーション

 

 

ディクテーションをする時は、とにかく聞いた音声の意味を考えないこと。

 

 

耳から入ってきたナマの音をそのまま文字に変換して書き取ること。

 

 

これが重要だ。

 

 

なぜなら、意味を考えてしまうと、

無意識のうちに自分の知っている単語や表現に置き換えてしまうからだ。

 

 

その結果、流れる音声を曲解してしまうおそれが出てくる。

 

 

 

例えば、こんな音声。

(コントローラーが現れない場合は、こちら

 

なんとなく知っている単語で置き換えてしまうと、

 

It’s called television.

 

になってしまう。

 

しかし、正解は、It’s called tunnel vision.

 

 

音を正確に文字に落としこむことができれば、この英語にたどり着くことができる。

 

 

 

繰り返すが、ディクテーションの目的は、

 

意味を考えずに音を正確に文字に落としこむこと。

 

そのための音声識別力をつけること。

 

 

これだ。

 

 

このへんのディクテーションのやり方については、この記事に解説した。

 

 

リスニングスキルを確実にアップさせるための正しいディクテーション3条件

 

 

また英語の文字に落とすことができなかったら、

カタカナで聞こえたとおりに書き留めておくと良い。

 

 

 

自分の弱点を見つけ出し、音声の識別力を強化する際の目安になる。

 

 

 

このパッセージでは、

 

 

why don’t we ~

 

 

hectic

 

がやや早く、うねりもあるため、聞き取りづらいかもしれない。

 

 

そんなときは、聞こえたとおりにカタカナで書き取っておこう。

 

 

 

ポイント2 音読

 

 

音読するときは、一文一文頭で英文を組み立てるつもりで読んでいく。

 

 

これがが一番重要だ。

 

 

「英文を組み立てる」と表現したが、さらにこの動作を細分化していくと、

 

 

①英文をじっくり眺める

 

 

②構文(動詞の後ろに何を撮るのか)を理解する

 

 

③テキストを見ながら、音読する

 

 

④顔を上に上げて、テキストから目を離す。(もしくは、テキストを閉じる)

 

 

⑤頭のなかで文を組み立てながら発声する。

 

 

実際に組み立てていく時の思考例

 

 

I’ll finish my work in 30 minutes.

 

(あと30分で仕事が終わるよ)
________________________________________________________

 

 

 


 “I’ll… 

 

えーと、次に来るのは「終わる」という動詞だな・・・

willという助動詞のあとなので、原型がくるはず・・・

ということは・・・

 

 

”…finish…”

 

 

 

finishの直後にくるのは・・・

「仕事」だから・・・

 

 

 

“…my work…”

 

 

 

その次に来るのは、

「30分で」という副詞句だから・・・

 

 

 

“…in 30 minutes.”

 


 

 

________________________________________________________

 

 

 

コツは「簡単過ぎる」と思わないことだ。

 

 

 

上の例文は、確かに構造のシンプルな英文だが、

この訓練の肝は組み立てるプロセスにある。

 

 

このプロセスに慣れることをまず優先してほしい。

そして、だんだん複雑な英文に取り組んでいけばいいのだ。

 

 

この訓練を通して、

英文を組み立てることのスピードと正確性を高めていけば、

必ず健全な英語脳が育成されていく。

 

 

 

逆にこのステップを飛ばしたり、いい加減にやると、

絶対話せるようにならない。

 

 

 

なぜなら、言いたいときに、言いたい表現を作るための英語脳が育っていないからだ。

 

 

 

そのへんの事情については、この記事を参照してほしい。

 

 暗記だけでは、英語が話せるようになれない3つの理由

 

 

 

 

 

上記の2つのポイントを特に意識しながら、30日間英語脳育成プログラムに取り組むことで、

確実に英語脳を手に入れることができる。

 

 

繰り返すが、当教材の最大の特徴は、

英語脳を育成するための具体的な手順と

その手順を実践していくための具体的な題材をセットで提供しているという点だ。

 

 

 

市販の参考書にありがちな、音読の重要性、ディクテーションの重要性などを語るだけ語って、

肝心の具体的なやり方が欠けているというお粗末なパターンではない。

 

 

 

なお、教材名には、30日という冠がついており、30通りのパッセージが収録されているが、

実際は、30日という期間にこだわる必要はない。

 

 

 

 

一つのパッセージに2,3日かかっても、全く問題ないだろう。

 

 

 

大事なことは、この教材の最大の売りである一つ一つの手順をしっかり踏んでいくこと。

 

 

 

英会話向上という観点からは、

幅広い社会人の方、会社員、主婦、ご年配の方、全ての方におすすめできる教材だ。

 

 

 

<当教材についてのより詳細な情報はこちら>


ツイートツイート

英語で気持ちのよいコミュニケーションをとるときに意識すること6点

 

海外にいくと、日本式のコミュニケーション術が時として失礼になることがある。

 

 

本稿では、海外留学、海外出張をとおして、私自身が体験した

外国人と会話するときに、日本人が犯しやすい行動と意識すべき行動を計6点紹介する。

 

 

 

この6点を頭に入れておくだけでも、

英語でのコミュニケーションが円滑になるはずだ。

 

 

 

 1.  愛想笑い

 

 

愛想笑いは、しないほうがよい。

 

笑う理由が明確にない場合に、笑ってしまうと、相手から怪しまれる。

 

 

会話中の日本人がよくやる行為の一つだが、海外では控えたほうが無難だ。

 

 

私も日本いるときはよくやるが、

海外でこれをやってしまうと、怪訝な目で見られてしまう。

 

 

 

特に、ホテルのカウンターでは要注意だ。

 

 

 

愛想笑いの代わりに、相手の目を見て、

口の両端をくいっと上げる笑みを浮かべるとよい。

 

 

 

2.  小刻みに頷く行為

 

 

この行為も禁物だ。

 

 

なぜかは分からないが、会話中にこれをやると、

相手の話の腰を折っているような効果が出るようだ。

 

 

 

私は留学先のチューターと話している時に、これをやっていたら、注意されたことがあり、

それ以来、控えるようにしている。

 

 

 

小刻みに頷く代わりに、言葉で相槌を打つようにしよう。

 

 

 

“right, right!”

 

 

 

3.  お辞儀

 

 

 

日本では感謝の意などを表現する一般的な行為だが、

海外には、このような行動習慣がない。

 

 

 

おそらく、これをやっても相手に失礼になることはまずないと思う。

 

 

 

やったとしてもその気持は相手に通じにくいので、

お辞儀の代わりに別の手段で感謝の意を表現することを考えよう。

 

 

 

言葉で表すのも一つだが、

話の最初と最後に握手を交わすという行為でもよい。

 

 

 

しかし、握手を交わす場合は、注意点がある。

 

 

相手の目をしっかり見て、口元をクイッと上げる笑みを浮かべながら、

適度に硬い握手をする。

 

 

 

こうしないと、逆に失礼になる。

 

 

 

4.   間の取り方

 

 

 

間を取り過ぎないことも重要だ。

 

 

特に英語圏の文化では、とにかく言葉が矢のように飛び交う。
日本語でのやりとりにあるような、「行間を読む」という風習は基本的にない。

 

 

 

意見を求められて、黙っていると、相手にされなくなってしまう。

 

 

 

微妙な間を入れず、とにかく自己主張することが肝要だ。

ジェスチャーでもよい。

 

 

留学中、授業中やクラスメイトとの会話で思ったことをどんどん発言する。

 

 

これができない人も多いと思うが

言うタイミングを見計らっていると、言えないまま終わることなんてざらだ。

 

 

 

無口でつまらない人間という評価が下る前にとにかく行動してみることが大事だ。

 

 

 

分からないなら、分からないという。

そして、その理由も添えることができればなおよい。

 

 

 

 

これは留学中、私が何回も感じたことであり、特に強調しておきたい。

 

 

続きを読む…

ツイートツイート

英語耳を確実に作り上げるために必要なこと(社会人編)

 

 

虹は、国によって、見え方が違うらしい。

 

 

日本人として生まれた私には、その違いを確認することはできない。

 

 

 

同じ現象なのに、その見え方が人によって違う。

 

 

 

バックグラウンドが違うわけだがら、当然、感じ方も違うはずだ。

 

 

ということを言いたいわけでない。

 

 

その人が生まれ育った環境、その人が帰属する文化が

その人の知覚の仕方に対して与える影響

 

 

 

これが無視できないほど大きいことを言いたいのだ。

 

 

 

 

 

 

文化によるモノの捉え方が違う例として、面白い例がまだある。

 

 

 

例えば、雨という自然現象を表す言い方として、

日本語と英語では、その数が驚くほど違う。

 

 

 

日本語で雨に関係する言い方をざっと上げると、

 

 

五月雨、夕立、にわか雨、梅雨、小雨、喜雨、驟雨、時雨、秋霖、通り雨、涙雨、氷雨、春雨

 

 

など多分まだまだあると思われる。

 

 

 

一方、英語で雨を言おうとすると、

 

 

shower, rain

 

 

など、数えるほどしかない。

 

 

 

これも、日本という風土にって、雨の重要度や影響度が高いために、生じた現象だ。

 

 

 

 

 

同じことが、言葉の体系にもいえる。

 

 

 

lead

 

 

read

日本語でその発音を表現すると、どっちも「リード」である。

 

 

 

しかし、英語ネイティブからすれば、

上の2語は、意味も発音も全く異なる2つの言葉として区別される。

 

 

 

当たり前のことを言っているようだが、

英語のリスニング力を上げるためには、この違いを瞬時に区別するスキルが必要になる。

 

 

要するに、英語圏の風習に馴染まないといけないのだ。

 

 

 

上記のように日本語で読むと、似通っているのに、

英語ネイティブからすれば、厳密に区別して扱う言葉は、驚くほど多い。

 

 

 

 

 

work

 

 

 

walk

 

 

 

thing

 

 

sing

英語耳

 

 

 

これらの違いを区別できる耳を、英語学習業界では俗に「英語耳」と呼んでいるようだが、

この呼び方を借りて、表現すると

 

 

英語耳を身につけるためには、

英語の音と英語の文字を頭の中で

正確に紐付ける(対応させる)ことが何よりも重要となる。

 

 

 

そこに言葉の意味を介在させてはいけない。

 

 

介在させるのは、英語耳がある程度身についてからでも遅くない。

 

 

正しいディクテーションの3条件についての記事(こちら)では、

この点を突っ込んで解説した。

 

 

ディクテーション自体、この英語耳を作り上げるために、

必要不可欠な訓練だとは言える。

 

 

しかし、忙しい社会人にとっては、

時間の確保やモチベーションといった点で、なかなかハードルが高い人もいるだろう。

 

 

 

そこで、ディクテーションと並行して実施することで、

加速度的に英語耳を作り上げる教材を紹介する。

 

 

詳しくは、こちらのページを参照してほしい。

 

 

英語耳を身につける方法

 

 

 

少々高い授業料だが、時間をお金で買うという発想は英語学習でも欠かせない。

 

ツイートツイート

生き生きとした言語感覚を一瞬で殺してしまう殺”言”犯になってはいないか

 

 

 

2通りの表現方法があったときに、

それがイコールで結ばれていたとしたら、一体どっちを選べばいいのだろうか?

 

 

もし仮に will = be going to だったとしたら、「明日、電話します。」と言いたい時に

 

 

A) I will call you tomorrow.

 

 

 

B) I am going to call you tomorrow.

 

 

のどちらを選べばいいのだろうか?

 

 

 

いくら悩んだって、判断のしようがないことは分かるはずだ。

 

 

 

なにしろ、イコールなのだから。

 

 

 

勘や気分などでどちらかを「えいやっ」と選ぶことしかできない。

 

 

 

私が中高時代に受けてきた英語の授業では、

言葉をイコールで結んで覚えるやり方がまかり通っていた。

 

 

たとえば、

 

 

see = look at

 

 

 

 

 

 

He hit me.  = I was hit by him.

 

 

つまり、能動態 = 受動態

 

 

 

 

このやり方。

 

 

 

確かに効率的で、実際英会話で役立つことも多いだろう。

 

 

 

 

しかし、気をつけていただきたいことは、

言葉同士にイコール(=)はあり得ないということだ。

 

 

 

当記事のタイトルにもあるように、ある言葉にはその言葉だけのもつ感覚があり、

違う言葉同士をイコールでつなげてしまうと、

その生き生きとした言語感覚を殺すことになってしまうのだ。

 

 

英語を日本語に訳すという行為を、

学校で散々やらされてきたと思うが、

実は、この「訳す」という行為。

 

 

場合によっては、違う言葉や文章同士を

同じ日本語で一緒くたに括ってしまうリスクがあり、

大変危険な行為と言える。

 

 

 

この説明だけだと、腑に落ちない人もいると思うので、

イコールではない実例を見ていくことにする。

 

 

 

see = look at

 

 

日本語だと同じ「見る」に関する動詞だが、

言葉が違う以上、その意味も当然違う。

 

 

 

look at というのは「視線をやる」ことを意味するので、

視線をやった先の場所(≒視点)を表現する。

 

 

I looked at the burglar.       (私はその泥棒を見た。)

 

 

 

泥棒に目をやったということ。

 

 

それに対して see の場合には、

基本的に「(視界に入ることにより)見える」ことを意味する。

 

 

 

I saw a burglar.   (泥棒を見かけました。)

 

 

また、両者の構文を考えてみても面白い。

 

 

seeは「見えた」ものを目的語に取る他動詞だが、

lookの場合には自動詞であり、対象を表わす場合には前置詞を必要とする。

 

 

seeの方は目的語に取るわけだから、100%見えている。

 

 

 

それに対して、lookの場合には、

あくまでも視線をやるだけであり、必ずしも見えるとは限らない。

 

 

 

I looked at him, but I couldn’t see his face because of the bright light.  (彼に目をやったが、まぶしい光のために彼の顔は見えなかった。)

 

 

動詞が目的語をとる場合と動詞だけで自己完結する場合の違いについて

この記事で詳しく説明したので、参考にしてほしい。

 

“The police searched him.” という英語を誤解しないために押さえておくべき2つの大原則

 

 

 

能動態 = 受動態

 

 

 

次に能動態=受動態という書き換えについて。

 

 

 

あなたは、以下のような書き換えをさせられたことはないだろうか?

 

 

He hit me. = I was hit by him.

 

 

先ほどと同じ例で恐縮だが、

能動態も受動態も、どちらも同じ出来事を表わしている。

 

 

 

しかし、表現が異なる以上、意味合いも当然異なる。

 

 

 

この場合、どこに焦点を当てるかが異なってくるのだ。

 

 

 

まず前提として、英語では能動態を使うことが普通だ。

 

 

 

それに対して受動態であれば、主語(元々目的語であったもの)に焦点を当てる。

 

 

 

He hit me . 

 

 

I was hit by him.

 

 

目的語meが主語Iとなって、焦点が当てられている。

 

 

つまり、I の被害を強調するとか、もしくは動作主(by以下、つまり元々の主語)をぼかす役割もある。

(動作主が分からない場合もある。)

 

 

 

その結果、受動態を使うほとんどのケース(8割以上)では by 以下は省略される。

 

 

 

だから I was hit by him. のように言うことは滅多にない。

 

 

 

その場合には受動態にするまでもなく、He hit me.で済んでしまうからだ。

 

 

 

例えば

 

 

I was hit in the face.   (顔を殴られました。)

 

 

 

などのように言うのであれば、受動態を使う意義が出てくる。

 

 

 

他にもいくつか例を出しておく。

 

 

裁判で弁護士が

 

 

Objection, Your Honor!  (異議あり!)

 

 

と言ったとしたら、裁判長は次のように答える。

 

 

Sustained.   (意義を認めます。)

 

 

 

Overruled.   (却下します。)

 

 

 

さてこの場合、認めたり却下したりしているのは裁判長(個人)なのだろうか、

それとも裁判所なのだろうか?

 

 

 

・・というのがわからないから、英語だと受け身で表現するわけだ。

 

 

 

日本語だと主語が省略できるので、受け身にする必要性がない。

 

 

The airplane was delayed for about 20 minutes because of the bad weather.   (その飛行機は悪天候により約20分遅れた。)

 

 

のような言い方をしたとする。

 

 

遅れた原因は悪天候だろうか?

それとも悪天候に負けたパイロットが悪いのだろうか?

 

 

______________

 

 

英会話などの場面で、will=be going to などの自分ルールを作り、

英語の運用スキルを上げていく自体に何ら問題はない。

 

 

 

しかし、本日みたように、違った言葉には、それぞれ違う理由があり、

言葉にはそれぞれ生き生きとした言語感覚が存在していることは覚えておいてほしい。

 

 

 

英語を読んでいて、どうしてそういう言葉が使われているのか、

その背景となる事情を探求していくことで、

より質の濃いインプットも可能となる。

 

 

 

同じことが日本語にも言える。

 

 

小説などには、多様な表現が盛り込まれているが、

私は、気に入った表現があれば、どんどん自分の言葉として使ってみるようにしている。

 

 

どうしてそのような言葉が使われているのか、

結局その言葉でしか表現できない想いが込められているからだと言える。

 

 

受験英語を卒業した社会人ならば、

そのような言い手の想いをしっかり受け止め、そしてしっかり投げ返すための器が必要になるだろう。

 

 


b9
 

 

 

 

 

ツイートツイート

句動詞put on の使い方から暴く社会人向け英語学習の例

 

 

 

英語では、服を「着る」ことも、ズボンを「履く」ことも、帽子を「かぶる」ことも、指輪を「はめる」ことも、

全てput on で表現する。
そのことについては、

 

「へー、そうなんだ」と思う方、

 

全部put onで済むのは楽だと思う方、

 

日本語と違うことに違和感を感じる方、

 

色々いるだろう。

 

 

だが、よく考えてみてほしい。

 

 

どうして、こんなことが起こるのか?
英語と日本語の間のこの奇妙な関係にこそ、

英語の考え方と日本語の考え方とを根本から分けると言ってもよい、

極めて重要なポイントが潜んでいる。

 

 

 

 

動作によって動詞が変わる

 

 

その重要なポイントというのが、動詞の使い分けだ。
日本語では、シャツなら「着る」、ズボンなら「履く」などのように対象によって言葉が変わるが、

英語であればシャツであってもズボンであっても何でも put on で表現できてしまう。

 
まず、日本語の場合には、体の部位(=物と物との関係)によって言葉が変わる。

 
体(上半身)に身に付ける場合には「着る」、

足の場合には「履く」、

頭の場合には「かぶる」のように。

 
では例えば、

大人が子供用の小さなTシャツを、頭に身に付けたとしたら・・・

 
「Tシャツを頭にかぶる」になる。

 

 

「頭に着る」というような言い方はせず、動詞が変わる。

 
では英語の場合にはどうなるだろうか。
「Tシャツを着る」ことは   put on a T-shirt
「ズボンを履く」ことは    put on some trousers
「帽子をかぶる」ことは    put on a cap/hat

 
では、先ほどのように「頭にTシャツをかぶる」というのを英語でどういうかと言えば
put a T-shirt on the head

 

になる。

 
the head というのが増えはしたが、

put on を使うことには全く変わりがない。

 

 

 

では、put on 以外の動詞を使わないのかと言えば、

そんなことは決してない。

 
一番普通の表現は put on だが、それ以外の言い方も可能なのだ。
用例をいくつか紹介する。

 
John quickly pulled on his sneakers.     (ジョンは急いでスニーカーを履いた。)

 

 
She slipped on her favorite T-shirt.   (彼女はお気に入りのTシャツを着た。)

 

 
I threw on my jacket over my nightgown.   (私は寝巻きの上にジャケットを羽織った。)

 

 
このように、「着る」ことを意味するためには put だけではなく、

pull や slip、throw など様々な動詞が実は使われる。

 

 

 

動詞が変わることで何が違うかと言うと、その動き自体が違う ということなのだ。

 

 
put の場合には、「どこかに置く・位置させる」という意味合いだから、

「体に接触した状態に位置させる」ということから「着る」ことを表わす一番普通の表現になる。

 

 
John quickly pulled on his sneakers.

 

 
のように pull という動詞を使えば、「引っ張る」ということニュアンスが出るから、

衣服などをグッと引っ張る、その「ちょっと苦労する感じ」や「力の入れ様」が表現される。

 

 
She slipped on her favorite t-shirt.

 
slip というのは「滑る」ことだから、

slip を使えば「スッと身に付ける」ような滑らかな動きが表現される。

 

 

 

I threw on my jacket over my nightgown.

 
throw は「投げる」ことだから、

バッと上着を羽織るような、そんな動きをイメージしてほしい。

 
いかがだろうか。

 
「着る」ということを1つ表わすにも、

 

 

動きが違うと動詞が変わってくる

 

 

それが英語の考え方である。

 

 

b6
最後に、分かりやすい例をもう一つ。

 

 

「彼はブーツを履き、手袋をして出て行った」 と言いたいとする。

 

 
He put on his boots and his gloves, and he was gone.

 

 
というのが put on を使った普通の言い方だ。

 
だがそれを、以下のように言うと、

目に浮かぶ映像が大きく違ってくるはずだ。

 
He pulled on his boots and slipped on his gloves, and he was gone.

 

 

本日紹介した

 

 

 「動作によって、動詞は変わる」

 

 

このような理屈を理解したうえで、さまざまな用例に触れていく。

 

 

感覚で理解していく英語学習

インプットの質が違えば、当然アウトプットの質も変わってくる。

 

 

社会人英語学習は、【理屈→応用】の繰り返しだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ツイートツイート
2 / 41234
 

管理人

ナビゲーター

英語迷路ナビゲーター

高橋陽生

"Make your life

more challenging

with English!!"

詳しいプロフィール

__________________

貴ブログも訪問させてください!

いつも応援の一票ありがとうございます。

 
英会話 ブログランキングへ

カテゴリ一覧

最新記事

人気記事一覧
 

オリジナル特典付

イチオシ英会話教材

 

確実な方法で自在に英語でインプット、アウトプットをするスキルを身に付ける独学英会話教材の最高峰

30日間

英語脳育成プログラム

詳細レビューはこちら

 

英語音声の識別力を無理やり引っ張り上げる日本人学習者向けのリスニング教材

リスニングパワー

詳細レビューはこちら

 UDA式 30音英語リズムの詳細

英文独特のリズムに慣れることで、驚くほど英会話スキルが上達する。

UDA式30音英語リズム

詳細レビューはこちら


更新情報を受け取る

  Twitterボタン

更新記事の内容を

メールでお伝えします。

ハンドルネーム 
メールアドレス 

ブログでは言えないこともお話します!

英語学習に役立つサイト

サイト内検索

英語名言集

タグクラウド

ページの先頭へ

1年ごとの課税