インターネットを活用して無料で英会話スキルを鍛える方法

 

 

instagram, twitter, facebook, youtubeなど

 

このようなSNSを始め、

今はインターネットを通じて世界中の人々と自由にコミュニケーションできる時代だ。

 

インターネットを有効に活用すれば、

無料で英会話力を鍛えることも可能となる。

 

インターネットを活用した英会話勉強法には、

様々なやり方があるが、

本日は私が実際に試して確かな効果のあった

活用方法を紹介したいと思う。

 

この方法は、老若男女に関係なく

手軽にそして楽しく実行するのことできるものなので、

パソコンさえあればあなたの好きなときにすぐ実行できる。

 

 

 

 インターネットを利用した無料英会話勉強法

 

この勉強方法を端的に表現すると、

 

オンライン上でネイティブとメッセージ交換をすること

 

である。

 

つまり、文通のメール版だ。

 

 

意外かもしれないが、オンライン上で外国人とメッセージ交換するとには、

驚くほどのメリットがある。

 

 

私はこの方法を「英会話」勉強法といったが、

別にしゃべらなくても、

英会話の上達に必要なスキルは身につけることができる。

 

 

つまり、メッセージのやり取りを通して、

英語で文を組み立てるスキルを磨いていけばいい。

 

 

英語で文を組み立てるという訓練をこなしていけば、

しゃべる、しゃべらないにかかわらず、英会話のスキルは上昇していく。

 

 

「英語で文を組み立てる」という作業には、それほど重要な意義があるのだ。

 

 

詳しくは、以下の記事を参照してほしい。

 

 暗記だけでは英語を話せるようになれない3つの理由

 

 

当たり前だが外国人とメール交換するためは、

英文を作りあげていく必要がある。

 

 

つまり、「英単語で文を組み立てる」という作業が何回も発生する。

 

 

実際に話すときにも、この作業を頭の中で行っており、

この作業の精度を高めるためには、何回も繰り返して慣れていくしかない。

 

 

従って、ネイティブとのメッセージのやり取りを繰り返していくことによって、

英会話に必要な「英文を正確に組み立てる」というスキルが上昇し、

それが英会話力の向上にも貢献するというわけだ。

 

 

インターネットを利用した英会話勉強法のメリット7つ

 

 

インターネットを利用した英会話勉強法には、

他にも多くのメリットがある。

 

以下に私が思いつく7つのメリットを簡単に説明する。

 

 

フィードバックがもらえる

 

正しい英文でメッセージを送ったつもりでも、

意味がうまく伝わらなかったとか、相手に勘違いされた場合には、

「この言い方ではダメなんだ」ということが分かる。

 つまり、フィードバックと同じ効果がある。

 

 

 ネイティブの生きた言葉づかいを学べる

 

 

やりとりする相手にもよるが、相手との親密度が深まってくると、

砕けた口語で返答してくるようになる。

教科書に出てこないような流行りの言葉づかいなどにも、

触れることができ、非常に勉強になる。

 

 

時間をかけて、言いたいことを推敲することができる。

 

 

オンライン英会話などの対面でのやりとりでは、

瞬時に反応する必要があるため、

知っている表現の範囲内でしか伝えることができないだろう。

しかし、メールでは、知らない表現はじっくり調べたうえで

伝えたいことを表現することができる。

 

 

 

記録として残すことができ、ネイティブの言い回しが復習用のテキストになる。

 

 

会話によるやりとりとは違って、

やりとりの履歴(history)が手元に残るため、

自分がよく使う表現やネイティブの英語らしい表現を

テキスト代わりとして参考にすることができる。

 

 

お互い興味のある人を選ぶことができる

 

 

オンライン上には、多様な趣味嗜好をもった人がいるため、

考え方や興味のある分野、雰囲気などが自分と近い人を自由に選ぶことをできる。

気の合う相手とお互い楽しみながらメッセージ交換はすることができるだろう。

 

 

 

スカイプに誘導し、実際の会話を体験できる可能性がある

 

 

 

メッセージ交換で意気投合すれば、

スカイプを使ったナマのやり取りに発展することがしばしばある。

実現すれば、メッセージ交換では訓練できない英会話における瞬発力などのスキルも鍛えることができる。

ただし、あくまで「友人」として会話をするのであり、

「訓練相手」として一方的に教えを乞う態度は控えることが大事だ。

 

 

 

無料で利用できる

 

 

上記のメリットを無料で享受できる。

もちろん、利用の仕方によって、その享受できるメリットに差は出るのだが、

コスト無しでこれだけのメリットを享受できるのは、驚くべきことである。

 

 

ネットで英語学習できるサイト紹介

 

 

では最後に私が利用しているサイトを紹介する。

 

INTERPALS

 

 

上記のサイトは完全無料で利用できる。

Language Exchangeというコーナーから語学に熱心な人を見つけることができるので、

是非有効活用してほしい。

 

 

実際、見ず知らずの外国人にメールを送りつけることは、不安が伴うものだ。

 

 

「こんな英語で通じるのか」

 

 

「相手にされないんじゃないか」

 

 

そのような不安は誰しも感じるものだが、

実際に利用しながら、少しずつ、メッセージ交換に慣れていけば、何の問題はない。

 

 

スタート地点となるプロフィールの設定やメッセージ交換相手の選択を

上手にクリアして、幸先のよいスタートを切りたい。

 

 

個別に問い合わせいただければ、私高橋の経験上

やりとりにあたっての適切なアドバスもできるので、

要望があれば右上の「お問い合わせ」からメールしてほしい。

 

 

ツイートツイート

オンライン英会話レッスン – フリートークのススメ - 

 

オンラインの英会話授業が
抜群のコストパフォーマンスを発揮している。

 

 

週二回(25分×2)のレッスンを受け始めて
一年以上経つが、
驚くほど英語脳の維持に役だっている。

 

私自身、普段は日本語に
どっぷり浸かって生活している。

 

そんな生活の中でも
英語でコミュニケーションを図る時間を
ほんの少しでも確保することがとても大切だなぁ
と実感している。

 

英会話フリートークのススメ

 

英会話のレッスンで
特に勧めたいのが
英語でのフリートーク

 

テキストなどを読むのではなく
自分が話したいことを自由に話しまくるスタイルだ。

 

仕事での悩み

 

最近観た映画のこと

 

自分の人生観、恋愛観など

 

 

自分の感情を言葉に乗せて思いっきり話す。

 

フリートークならではの醍醐味だ。

 

 

得られるメリット

 

英会話フリートークを通して

得られるメリットをざっと並べてみよう。

 

 

日本語脳から英語脳への切り替えがスムーズになる。

 

英語でやりとりしないといけない状況に直面した時の
焦りが軽減され、余裕が生まれる。

 

授業とは思えなくなるほど、授業が楽しくなる。

 

プライベートな話題を共有するため、講師と仲良くなれる。

 

 

細かいことを上げるとキリがないが、
とにかく感情をぶちまける絶好のチャンスであると同時に
英語を自分の言葉としてモノにするための
貴重な機会になってくれることは確かだ。

 

 

注意点

 

上記を実践するうえで
英会話教室でもオンライン英会話スクールでも
どちらを利用しても問題はない。

 

ただ私自身の経験を踏まえて注意したい点を2,3上げておく。

 

自分の生活サイクルにとって
無理のないスケジュールにすること

 

忙しい社会人なら、特段の事情がない限り
毎日授業を入れるのではなく
週1時間から2時間程度でよいのではないか。

 

まぁ、これは個々のレベルにも大きく左右される。
そしてこれはフリートークスタイルの授業に
メリハリをつけるという意味でも寄与してくるはず。

 

気の合う先生を見つけること

 

フリートークを通して、個々の感情を交換するわけだから
自分の考え方やレベルに
ある程度マッチした先生を持つことが意外と大事だ。

 

ストレスのない楽しいコミュニケーションにするために
必要な条件だと思う。

 

とにかく気になったこと、
シェアしたいことをすべて喋る

 

緊張とかする必要はない。
あなたが生徒なんだから、
自分の話したいことを話す。
多少恥ずかしいことであっても
どんどん英語で表現してみよう。
思ったより、爽快だ。

 

ちなみに私が使っている英会話スクールはこちら。

↓↓



ツイートツイート

英会話力を磨きたい社会人がオンライン英会話を活用することの6つのメリット

 

英会話学習へのモチベーションは、人それぞれだろう。

 

普段英語を話す機会があまりないが、出張などに備えて英会話力は磨いておきたい。

 
なんとなく聴き取ることができるが、自分が言いたいことを伝える自信がない。
 

海外の取引先とのウェブミーティングで発言しないといけないが、うまく言えるかどうか不安だ。

 

将来の転職のために英語力や英会話力をメンテナンスしておきたい

 

そして英会話学習の優先順位も人それぞれだろう。

 

仕事の時間を削って、英会話の練習に時間を割かなければいけない人もいるだろうし、

 

仕事をきちんと終えて、余った時間を英語や英会話の勉強にあてる人もいるだろう。

 
 

いずれにせよ、忙しい社会人にとって、最小限の努力で最大限の効果を得たいと思うのは自然なことだと思う。

 
 

本日は、オンライン英会話を活用することのメリットについて、自分の感想を6つ述べたい。

 
 
  続きを読む…

ツイートツイート

オンライン英会話を活用する時の3つの注意点

 

英語を「読む」ことはまぁまぁできるとしても、英語を「話す」ことになると、まだまだ自信がない。

 

 

そんな悩みを抱えている日本人は、まだまだいっぱいいると思う。

 

 

先日、以前働いていた会社の上司にばったり出会い、

ちょっとお話を伺ったところ、

やはり上記のようなことで悩んでおられた。

 

 

仕事の事情で英語力を上げる必要が出てきて、

とりあえずTOEFL(iBT)を受けてみたが、結果は散々。。

 

 

特に英語のスピーキング力をどうやって伸ばしていけばいいのか

色々と困惑されていた。

 

 

2014年に入り、私の今の職場の様子からしても、

ますます英語学習熱は高まっているような風潮が見受けられる。

 

 

特に英語で会話するという力については、

英語で会話することができる人に対する社会からのニーズであったり、

英語を思い通りに話せるようになりたいというパーソナルなニーズは、確実に増えてきていると思う。

 

 

TOEIC偏重の弊害か、英語の「読む」「聞く」などのインプットの練習にばかり重きが置かれ、

「書く」「話す」などのアウトプットの訓練が蔑ろにされている嫌いがある。

 

 

言ってみれば、

全体的に英語スキルのバランスがとれていない、いわゆる【英語頭でっかち】の人が増えてきているといえる。

 

傾向として、45歳以上のベテランまたは管理職以上の方に多いようだ。

 

 

必要性に迫られないとなかなか重い腰が上がらないかもしれないが、

本日はオンライン英会話という学習ツールについて、少し紹介したい。

 

 

 

オンライン英会話の活用にあたって

 

 

オンライン英会話

 

と聞いて何を今更という感じは否めないが、私自身ここ数ヶ月間、オンライン英会話というサービスを利用してきて

この練習形態のメリット、デメリットを肌で感じることができた。

 

 

せっかくなのでその感覚を当ブログでシェアさせていただくことにした。

 

 

大抵の場合、英会話教室と聞いて最初に抱くであろう感情は

 

 

英語で会話することに対する不安感

 

 

本当に自分の英語が通じるのだろうか・・

会話として成り立つのだろうか・・

 

 

そんな不安感をもつ人も多いのではないだろうか。

私自身、留学経験はあるものの、

部屋の中で一人、スカイプを立ち上げて遠い異国の地にいる先生といきなり英語で楽しく会話することができるのだろうか

 

 

そんな不安感は少なからず感じていた。

 

 

しかし、一歩踏み出してみないと、何も始まらないと踏ん切りをつけ、

ヘッドセットとウェブカメラを購入し、適当な英会話教室の無料体験レッスンに臨んでみた。

 

 

 

あなたがオンライン英会話と聞いて感じたかもしれないその不安感を少しでも和らげ、

オンライン英会話をあなたの練習メニューの一つに加える事ができたのなら

当記事の目的は達成されたということにしよう。

 

 

オンライン英会話の利用時の注意点

 

オンライン英会話を利用することのメリットやデメリットについての私の考えは、

別記事にて書かせていただくことにして、

当記事ではまず、私が今まで利用していて気づいた

オンライン英会話を十分活用するために注意したい3つのポイントを紹介する。
続きを読む…

ツイートツイート

英会話訓練の定石【瞬間英作力】を高める5つの方法を再確認

 

 

 

瞬間英作力・・・【言いたいことを】【言いたいときに】英語で表現することのできるスキルのことを、そう呼んでいる。

 

 

例えば、

 

 

「私はあなたが合っていると思います。」

 

 

この文を英語で言いたいときに、

 

 

2秒以内、(できれば1秒以内に)英語に訳すことができたらなら

それは、瞬間英作力があるというとだ。

 

 

瞬間英作力を磨いていけば、ちょっとした感動、馬鹿話、愚痴、喜びその他種々の感情を

自分の言葉で表現することができるようになる。

 

 

 

なぜなら、その時生まれた感情をそのまま英語でアウトプットすることができるからだ。

 

 

 

日本語を極力介すことなく、沸き起こった気持ちをダイレクトに英語で表現する。

 

 

これができるようになれば、英会話が段違いに楽しいものになる。

 

 

 

本日はこのような瞬間英作力を高めるための5つの方法を改めて紹介する。

 

 

 

 

瞬間英作のコツ

 

具体的な方法をお伝えする前にまず、瞬間英作を訓練する上で基本となることを一つ。

 

 

訓練の最初のうちは、【伝えたいこと】ができたら

いきなり英語に訳そうしないことだ。

 

 

その前に伝えようとしていることの内容の【動作】を意識し、

その文の動詞を何にするか決める。

 

 

 

【動作を意識しろ】と言われても、分かりにくいと思うので

適宜、この記事を参考にしてほしい。

 

 

【今年もよろしくお願いします】から紐解く発信型英語のコツ

 

 

動詞を決めたら、そのつながりで

【これから言おうとしている英文】の文型をどうするのかという目星もつけておく。

 

 

 

動詞は、英文の骨格を決める最重要品詞である。

 

 

動詞を自由に使いこなせる力が瞬間英作の成否に直結すると言っても過言ではない。

 

 

 

動詞の重要性については、カテゴリー一覧の【動詞を制する】のコーナーを適宜参照してほしい。

 

 

なお、動詞と文型の基本的な関係については、以下の記事に詳しく説明してある。

 

 

英文の基本文型に隠された6つの真実

 

 

瞬間英作力を磨く5つの方法

 

 

それでは、順を追って、具体的な訓練方法を紹介する。

 

 

1. 目の前の出来事を実況中継してみる

 

これは、毎日、訓練タイムを作って、

そのタイム中に目の前で起こっている現象について英語で実況中継するかのように

つぶやいてみるというもの。

 

 

 

例えば、A man is walking in front of me….  He looks busy….

 

 

文章でいうことが難しく感じたら、単語単位でもいいので、とにかく途切れないようにすること。

 

 

A cup of coffee…  yes too hot..  but I like coffee….it makes me feel better…

 

 

時々、自分の感情も混ぜてみるとよい。

 

 

とにかく目の前の現象や気持ちをただ英語にするだけでいいのだ。

 

 

 

できるだけ5語以内の短文を積み重ねていく感じで

リズムよくつなげていこう。

 

 

 

言いたいことをなかなか英語に変換することができなかったら、

その周辺の様子からを知っている単語で埋めていくようなイメージで、

喋ってみるとよい。

 

 

 

慣れてきたら、

日本語を英語に訳そうとするのではなく、観たこと、感じたことをそのまま英語にする感じで、

どんどん喋っていこう。

 

 

続きを読む…

ツイートツイート
1 / 212
 

管理人

ナビゲーター

英語迷路ナビゲーター

高橋陽生

"Make your life

more challenging

with English!!"

詳しいプロフィール

__________________

貴ブログも訪問させてください!

いつも応援の一票ありがとうございます。

 
英会話 ブログランキングへ

カテゴリ一覧

最新記事

人気記事一覧
 

オリジナル特典付

イチオシ英会話教材

 

確実な方法で自在に英語でインプット、アウトプットをするスキルを身に付ける独学英会話教材の最高峰

30日間

英語脳育成プログラム

詳細レビューはこちら

 

英語音声の識別力を無理やり引っ張り上げる日本人学習者向けのリスニング教材

リスニングパワー

詳細レビューはこちら

 UDA式 30音英語リズムの詳細

英文独特のリズムに慣れることで、驚くほど英会話スキルが上達する。

UDA式30音英語リズム

詳細レビューはこちら


更新情報を受け取る

  Twitterボタン

更新記事の内容を

メールでお伝えします。

ハンドルネーム 
メールアドレス 

ブログでは言えないこともお話します!

英語学習に役立つサイト

サイト内検索

英語名言集

タグクラウド

ページの先頭へ

1年ごとの課税