句動詞put on の使い方から暴く社会人向け英語学習の例

 

 

 

英語では、服を「着る」ことも、ズボンを「履く」ことも、帽子を「かぶる」ことも、指輪を「はめる」ことも、

全てput on で表現する。
そのことについては、

 

「へー、そうなんだ」と思う方、

 

全部put onで済むのは楽だと思う方、

 

日本語と違うことに違和感を感じる方、

 

色々いるだろう。

 

 

だが、よく考えてみてほしい。

 

 

どうして、こんなことが起こるのか?
英語と日本語の間のこの奇妙な関係にこそ、

英語の考え方と日本語の考え方とを根本から分けると言ってもよい、

極めて重要なポイントが潜んでいる。

 

 

 

 

動作によって動詞が変わる

 

 

その重要なポイントというのが、動詞の使い分けだ。
日本語では、シャツなら「着る」、ズボンなら「履く」などのように対象によって言葉が変わるが、

英語であればシャツであってもズボンであっても何でも put on で表現できてしまう。

 
まず、日本語の場合には、体の部位(=物と物との関係)によって言葉が変わる。

 
体(上半身)に身に付ける場合には「着る」、

足の場合には「履く」、

頭の場合には「かぶる」のように。

 
では例えば、

大人が子供用の小さなTシャツを、頭に身に付けたとしたら・・・

 
「Tシャツを頭にかぶる」になる。

 

 

「頭に着る」というような言い方はせず、動詞が変わる。

 
では英語の場合にはどうなるだろうか。
「Tシャツを着る」ことは   put on a T-shirt
「ズボンを履く」ことは    put on some trousers
「帽子をかぶる」ことは    put on a cap/hat

 
では、先ほどのように「頭にTシャツをかぶる」というのを英語でどういうかと言えば
put a T-shirt on the head

 

になる。

 
the head というのが増えはしたが、

put on を使うことには全く変わりがない。

 

 

 

では、put on 以外の動詞を使わないのかと言えば、

そんなことは決してない。

 
一番普通の表現は put on だが、それ以外の言い方も可能なのだ。
用例をいくつか紹介する。

 
John quickly pulled on his sneakers.     (ジョンは急いでスニーカーを履いた。)

 

 
She slipped on her favorite T-shirt.   (彼女はお気に入りのTシャツを着た。)

 

 
I threw on my jacket over my nightgown.   (私は寝巻きの上にジャケットを羽織った。)

 

 
このように、「着る」ことを意味するためには put だけではなく、

pull や slip、throw など様々な動詞が実は使われる。

 

 

 

動詞が変わることで何が違うかと言うと、その動き自体が違う ということなのだ。

 

 
put の場合には、「どこかに置く・位置させる」という意味合いだから、

「体に接触した状態に位置させる」ということから「着る」ことを表わす一番普通の表現になる。

 

 
John quickly pulled on his sneakers.

 

 
のように pull という動詞を使えば、「引っ張る」ということニュアンスが出るから、

衣服などをグッと引っ張る、その「ちょっと苦労する感じ」や「力の入れ様」が表現される。

 

 
She slipped on her favorite t-shirt.

 
slip というのは「滑る」ことだから、

slip を使えば「スッと身に付ける」ような滑らかな動きが表現される。

 

 

 

I threw on my jacket over my nightgown.

 
throw は「投げる」ことだから、

バッと上着を羽織るような、そんな動きをイメージしてほしい。

 
いかがだろうか。

 
「着る」ということを1つ表わすにも、

 

 

動きが違うと動詞が変わってくる

 

 

それが英語の考え方である。

 

 

b6
最後に、分かりやすい例をもう一つ。

 

 

「彼はブーツを履き、手袋をして出て行った」 と言いたいとする。

 

 
He put on his boots and his gloves, and he was gone.

 

 
というのが put on を使った普通の言い方だ。

 
だがそれを、以下のように言うと、

目に浮かぶ映像が大きく違ってくるはずだ。

 
He pulled on his boots and slipped on his gloves, and he was gone.

 

 

本日紹介した

 

 

 「動作によって、動詞は変わる」

 

 

このような理屈を理解したうえで、さまざまな用例に触れていく。

 

 

感覚で理解していく英語学習

インプットの質が違えば、当然アウトプットの質も変わってくる。

 

 

社会人英語学習は、【理屈→応用】の繰り返しだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ツイートツイート

英語動詞に宿る【ダイナミックさ】をじっくり感じてもらうための2つの例文

 

 

英語の動詞にはダイナミックな動きがある。

日本語の比ではない。

 

 

本稿では、もっとも基本的な英語感覚である「主語の動作」にフォーカスして、

その英語感覚をじっくり感じていただくために2つの用例を解説する。

 

 

 

punch

 

 

まず、下記の例文をみてほしい。

 

I punched him in the nose.    (私は彼の鼻にパンチを見舞った。)

 

 

頭から順番に情景を描写してみよう。
I…
まず主語である「私」が登場する。                                イメージ図:
( ̄ー ̄)
(↑顔)

 

 

ここまでは、なんの変哲もない。
次に
punched…
と「私」の動作が示される。

 

イメージ図:
○ ̄ー ̄)≡≡〇 シュッ
つまり、「私」から「パンチが出る」動きが表現されている。
そして、次に
him…
が出てくるので、パンチが届いた先が「彼」ということだ。

 

イメージ図:
☆ )゜o゜)/ バキッ
(↑星印は衝突を表しています。)
動きがあって、ダイナミックだとは思わないだろうか?

 
英語という言語では、動作が起こった順番に文が進んでいく。
○ ̄ー ̄)≡≡〇☆ )゜o゜)/ バキッ
I punched him.

 

 

 

さらに、パンチが「彼」のどこに当たったのかが気になるはずだ。
そこで
in the nose…
と加えて「鼻」だということを伝えるのだ。
情報を少しずつ掘り下げて、明らかにしていく。

 

 

 

これが、英文の構造だ。

 

 

went

 

 

それでは、もう一つ例を出そう。
I went to Disneyland with my family yesterday.  (昨日、家族と一緒にディズニーランドに行った。)

 

 

 

 

この文にも、やはり、ダイナミックな動きが隠されている。
I went…
まずは「私が行く/進む」という動作が表されている。
次に
to…
で「到達する」ことが暗示される。(toには目的地と向かい合う感覚がある。)
そして
Disneyland…
と到達先が示される。
「私」が「進んで」「着いた」先が「ディズニーランド」だという順番で情報が提示されている。
進む

私 ⇒⇒⇒⇒ ディズニーランド

 

 

 

I went to Disneyland
動きがあって、ダイナミックだとは思わないだろうか。

 
そして、さらに情報を追加していくのだが、

 

 

with…
で「私」と一緒に何かがあったことが示され、
my family…
で、それが「家族」であることが分かる。
そして最後に
yesterday…
と時間が前日であったことを伝える。

 

 

 

情報を出す順番

 

英語を感覚で理解するためには、この情報を出す順番 が、非常に大事になってくる。
英語を英語の語順のままに理解できれば、

まるで劇画を見ているように、ダイナミックな動き感じることができるのだ。

 

 

 

日本語の情報の出し方では
「私は彼の鼻を殴った。」
最初に「私」「彼」「鼻」といったモノを並べる。

 

 

 

それらのモノの関係を、助詞の力を借りながら次第に明らかにしていき、

最後に動詞で結論付けるというのが日本語の流れだ。
日本語と英語を比べてみよう。
<日本語での情報の流れ>

 

 

「私」という主語が、「彼」に所属する「鼻」を対象にして、「殴る」という行為をした。

 

 

私は 彼の 鼻を 殴った。
<英語での情報の流れ>

 

 

 

「私」という主語が「殴る」という行為をし、「彼」という対象に当たり、具体的な場所が「鼻」。

 

 

I punched him in the nose.

 
ディズニーランドの例でも日本語と英語を比べてみましょう。

 
「私は昨日、家族とディズニーランドに行った。」

 

 

I went to Disneyland with my family yesterday.

 

 

 

<日本語での情報の流れ>
「私」という主語が「昨日」というタイミングで「家族」と一緒に「ディズニーランド」という対象に「行く」という行為をした
私は 昨日 家族と ディズニーランドに 行った。
<英語での情報の流れ>
「私」という主語が「行く」という行為をし、

その行き先が「ディズニーランド」で、一緒に「家族」がいて、「昨日」というタイミングだった
I went to Disneyland with my family yesterday.
b5

 

____________

 

以上、動詞に宿るダイナミックな英語感覚を説明するために、

2つの用例をだしたが、いかがだっただろうか。

 

 

英語の場合、動詞には文の骨格を決める重要な役割があるため、

同士に内在する言語感覚を感じることは、非常に重要である。

 

 

社会人向け英語学習では、是非、動詞の存在感を存分に感じながら、

英文を読む習慣をつけてほしい。

 

 

 

 

 

 

ツイートツイート

リスニングスキルを確実にアップさせるための正しいディクテーション3条件

 

英会話の双璧を成すスピーキングリスニング

あなたは、どちらを得意とするだろうか。

 

 

 

 

一般的にスピーキングという声が多いと思うが、

私の周りを聞いても、案の定、リスニングを苦手とする人が圧倒的に多い。

 

 

日本語にはない、あの英語独特の「スピード感」についていけなくて、困っている人が多いようだ。

 

 

「スピード感」と一言で表現してしまったが、

英語が速いと感じてしまう背景を突き詰めて考えていくと、

日本人にとって、宿命的とも言える2つの事情が見えてくる。

 

 

すなわち、

 

 

一、英語の言語としての性質

 

 

 

一、英語は、話してナンボの言語

 

 

英語の言語としての特質

 

 

 

英語は、 強勢拍言語といって、

意味のまとまりごとに一つの音節(アクセント)を置く。

 

 

 

以下の2つの文章は、互いに異なる単語数だが、話す時間は同じである。

 

 

The birds will eat the worms.

 
Birds eat worms.

 
一方、日本語の場合は、各音節一つ一つに同じ時間をかける音節拍言語という性質のため、

文字数が倍になれば、かける時間も倍になる。

 

 

上の例を日本語に訳すと、

 

 

そのとりたちはそのむしたちをたべるだろう (20文字)

 

 

 

とりはむしをたべる (9文字)

 

 

 

日本人ならお分かりいただけると思うが、文字数に倍以上の開きあるので、話す時間も倍以上かかる。

 

 

 

英語と日本語、この2つの言語には以上のような生来的な違いがあるため、

日本語を母国語とする日本人にとっては、英語がどうしても早く聞こえてしまうのだ。

 

 

 

英語は、話してナンボの言語

 

 

 

こちらの事情は、英語そのものに起因するというより

英語圏の文化から生まれた要因だ。

 

 

日本語文化では、行間を読む、空気を読むといった風習や行動習慣が少なからず定着しているが、

英語には、基本的にそのようなモノはない。

 

 

黙っていたら、怪しまれて、相手にされないだけだ。

 

 

とにかく自分が言いたいことを言って、相手が言っていることを聞いて、

言葉をやりとりしていかなくちゃいけない。

 

 

 

話されている英語についていけず、まごまごしていると、

怒涛の言葉攻め」を食らうはめになる。

 

 

 

洋画や欧米のニュースなどを見ていたら、

この「言葉攻め」のニュアンスがなんとなくわかるはずだ。

 

________________

 

 

日本人が英語の聴き取りを苦手とする背景には、

以上の2つの要因が大きいと考えているがいかがだろうか。

 

 

どちらも、日本人にとっては避けては通れない壁である。

 

 

対応策

 

 

そこで、我々日本人が取るべき対策として、

私が勧める手段を紹介する。

 

 

まず、2点目の文化に帰属する原因については、

とにかく積極的に「意思表示」していくしかない。

 

 

英語でのディスカッションについていけるように、

なんでもいいから、とにかく反応することが打開策となる。

 

 

この場合、必ずしも言葉に頼る必要はない。

 

 

 

そして、本稿のメインとなる1点目の言語の性質からくる障害への対応策を紹介したい。

 

 

 

先ほど、強勢拍言語の説明のために2つの英文を提示したが、

実は、強勢拍言語だからという理由で、話すスピードが変化するわけではない。

 

 

 

日本人にとって、速く聞こえてしまう原因の本当の正体は、

英文のもつ「ウネリ」にある。

 

 

 

ウネリ、すなわち「リズム」のことだ。

 

 

リズムを敢えて図にしてみると、

 

 

英文 リズム

 

 

 

英文リズム

 

 

 

このウネリによって、産み出される音の強弱、長短、高低というリズムの影響で、

どうしても聴き取りにくい部分が出てきてしまう。

 

 

 

この聴き取りにくい部分を、いかにして汲み取っていくか

 

 

 

ここがポイントだ。

 

 

汲み取り方の具体的方法として、

 

 

 

量をこなしていく、つまり多聴することで、

英文のウネリとリズムにカラダで慣れていくというアプローチ

 

 

 

 

音声識別力をつけるために聴き取りの質に拘っていくというアプローチ

 

 

の2つがある。

 

 

以下では、後者のアプローチにフォーカスして、

その最たる訓練法であるディクテーションの正しい実施方法を解説する。

 

 

 

もっとも効果を発揮するディクテーションの3条件

 

 

 

ディクテーションは、英和辞典を引いても、「書き取り」とだけしか載っていないが、

ただ漫然と聴いた音声を書き取っていくだけでは、その恩恵は十分に得られない。

 

 

 

外してはいけない条件が3つある。

 

 

 

一、意味は考えない

 

 

聴いた音を正確に文字に落とし込むため、聴いた音の意味を考えないようにしよう。

 

 

なぜなら、意味を考えてしまうと、先入観のために曲解してしまう恐れが出てくるからだ。

 

 

人である以上、どうしても知っている単語と結びつけて考えてしまうものだ。

 

 

しかし、これをやってしまうと、間違った単語と紐づけてしまうリスクが生じる。

 

 

そのリスクを極力押さえるため、

正確な単語と紐づける努力をするのでなく、

聴いた音の意味を考えない努力をするべきだ。

 

 

だから、まず音を文字に落とし込む訓練が有効なのだ。

 

 

正確に落とし込むスキルが十分ついた段階で、

音を直接、意味に結びつける回路を開通しよう。

 

ディクテーション

 

たとえば、下の音声を聞いてみてほしい。

 

 

 

音声

 

意味を考えてしまうと、間違う恐れが高くなるので注意だ。

 

 

正解は、本稿の最後尾を参照してほしい。

 

 

 

一、どうしても文字に落とし込めない部分はカタカナでかいておく。

 

 

自分が納得するまでテキストを見ずに、何回も聴くことをお勧めする。

 

 

こうすることで自分の弱点となる音声が浮き彫りになる。

 

 

テキストを見てしまうと、耳への集中が甘くなり、

自分の弱点が把握できない。

 

 

例えば、夫が新聞を読みながら、同時に妻の話を真剣に聞く、

なんてことはあり得ないだろう。せいぜい「うん、うん」と空返事しながら聞くのが関の山だ。

 

 

 

ディクテーションの時は、とにかく感覚を研ぎ澄まして、

耳に意識を持っていくようにし、場合によっては、目を閉じてしまってもよいだろう。

 

 

トランスクリプトで毎回確認する

 

 

書き留めた英文を放置せずに、

毎回、トランスクリプトで確認するようにしよう。

 

 

自分の理解がどの程度正確だったかを掴むことができる。

 

 

そして、トランスクリプトを確保していない状態で、

ディクテーションをやるのは、控えるようにしよう。

 

 

貴重な時間が無駄になるおそれがある。

 

 

トランスクリプトで確認し、聴き取れない部分が明確になったら、

その部分の仕組みを、発音記号と紐づけながら、理解していくと良い。

 

 

これは、同時に美しい発音を手にする訓練にもつながる。

 

_________

 

本稿では、リスニングスキルをアップさせる方法の一つとして、

ディクテーションの基本を解説した。

 

 

ディクテーションの題材で困ったら、下記のサイトを参考にするとよいだろう。

 

 

 

リスニングプラザ

→ http://www.listening-plaza.com/

 

 

 

かなり骨太なサイトで、ディクテ用の題材が難易度別に入手できる。

 
続きを読む…

ツイートツイート

英文の基本文型に隠された6つの真実

 

 

スピーキングスキルを身につける上で、必須となるのが、「英文を組み立てる」という意識だ。

 

 

本稿は、英文を組み立てるときに、意識すべき英文の基本文型について、説明したい。

 

基本文型は、動詞Vに着目すると、動詞の後に続くパターンで6個に別れる。

 

 

1.  V (動詞)

 

2. VO (動詞+目的語)

 

3.  VC(動詞+補語)

 

4. VOC(動詞+目的語+補語)

 

5. VOO(動詞+目的語+目的語)

 

6. V +文(動詞+文)

 

 

 

これらのパターンが、それぞれどのような意味合いを持っているかをきちんと理解してほしい。

 

 

また、これらは単純に形が違うというのではなく、動詞の働きも違うということに注意してほしい。

 

 

 

1. V(動詞)

 

 

このパターンは、動詞の後に目的語も補語も取らない。

 

例:

 

I’m going to walk.  (歩いていきます。)

 
He slept for 12 hours last night.   (彼は昨日、12時間寝ました。)

 
動詞が後ろに何も取らないということは、その動作が「自己完結」していることを表す。

 

 

「自己完結」というのがどういうことかと言うと、

「主語にあたるものが動作をするだけであり、他のモノとは直接つながらない」ということだ。

 

 

上に挙げた例文のwalk(歩く)もsleep(寝る)も自己完結している。

 

 

2. VO(動詞+目的語)

 

このパターンは、動詞の後に目的語を1つ取る。

 
例:
I like sushi.  (お寿司が好きです。)

 
She hit me really hard.  (彼女はかなり強く私を叩いた。)

 

 
目的語を取る場合には、動作や行為に対象があるということを示す。

 

 

like(好む)の対象がsushi(お寿司)であり、hit(叩く)の対象がme(私)だということだ。

 

 
なお、「対象」と言ったが、日本語とは少し感覚が違うので注意してほしい。

 

 

日本語だと「~を」や「~に」で区別するところを英語では区別しない。

 

 

例えば日本語の「叩く」と「言う」で考えてみると「私を叩く」、「私に言う」というように助詞が違う。

 

 

しかし、英語では「hit me」、「tell me」のように、どちらも同じように、

対象がme(私)という捉え方をするのだ。

 
また、目的語を取る場合には特に「対象と直接的なつながりがあったり、

対象に影響や力が直接及ぶ」ことを表す。

 

 

このことは、英語の感覚を理解する上でとても重要なので、しっかりと押さえておく必要がある。

 

 

 

大事なことなので繰り返すが、Vパターンでは、その動作が自己完結しているのに対し、

VOパターンでは、対象に影響や力が直接及んでいるのだ。

 

この違いについてより詳しい記事を投稿したので、必要に応じて参考にしてほしい。

 

 

“The police searched him”という英語を を誤解しないために押さえておくべき2つの大原則

 

 

 

3. VC(動詞+補語)

 

このパターンは動詞の後にC(補語)と呼ばれるものを取る。

このパターンは実際に見ていただいた方が早い。

 
She is a police officer.  (彼女は警察官です。)

 
He is not healthy.  (彼は健康ではない。)

 
どちらもbe動詞が使われているが、

She = a police officer である、He = healthy ではない、というイコールの関係があることが分かるだろうか。

 

 

もう少し例を見てみよう。
I became a dentist.  (歯医者になった。)

 
You look sleepy. (眠そうに見える。)

 
It sounds good. (良さそうに聞こえる。)

 

 
これらも同じようにイコールの関係がある。

 

 
I became a dentist.は「I = a dentist になった」

 
You look sleepy.は「You = sleepy に見える」

 
It sounds good.は「It = good に聞こえる」
 

 

4. VOC(動詞+目的語+補語)

 

 

このパターンはVOパターンとVCパターンの応用だ。

 

OとCの間には、O=Cという関係が成り立つ。

 

そしてOとCに、動詞の力や影響が直接及ぶ。

 
I named him Ken.  (ケンと名付けた。)

 
I’ll have my steak rare, please.  (ステーキはレアでお願いします。)

 
He can’t make you happy.  (彼にはあなたを幸せにはできない。)

 
これも難しいことはない。

 
I named him Ken.は、名前を付けることで「him = Ken」になったのだ。

 

 

I’ll have my steak rare, please.は「my steak = rare」を手に入れるのだ。

 

 

He can’t make you happy.は「you = happy」を作ることができないということだ。

 

 

 

5. VOO(動詞+目的語+目的語)

 

このパターンは目的語を2つ取る。

 

まず大切なことは目的語の1つ目に来るのが人で、2つ目に来るのがモノだということだ。

 

 

そしてもう1つ知っていて頂きたいのはモノを人に受け渡すようなニュアンスがあること。

 
例えば

 
I’ll give you this book. (この本をあなたにあげる。)

 

 
だと、私からあなたへ、本が移動するという意味合いが出てくる。

 

 

He showed me his room. (彼は部屋を見せてくれた。)

 

 

 

だと、彼から私に「ハイ」と部屋を出すようなニュアンスが感じられる。

 

 
I taught him English, and he taught me Vietnamese. (私が彼に英語を教え、彼は私にベトナム語を教えてくれた。)

 

 

私から彼に英語が、彼から私にベトナム語が受け渡されていますね。

 

 
My grandma knitted me a sweater.  (祖母がセーターを編んでくれた。)

 

 
knit は「編む」という動詞だが、そこに受け渡しがプラスされた感じがわかるだろうか。

 

 

6. V+文(動詞+文)

 

このパターンは、動詞の内容を詳しく説明する場合に使われる。

これも特に難しいことはないので2つも例を出しておけば充分だろう。

 

 
I think you’re right.  (君が正しいと思う。)

 
考えている内容がyou’re right ということだ。

 
Promise me that you’ll never lie to me again. (もう二度とウソをつかないって約束して!)

 

 
約束する内容がyou’ll never lie to me again(二度とウソをつかない)ということだ。

 

サマリー

 

以上、6つの構文をまとめるとこのようになる。

 

 ①V(動詞)  行為や動作が自己完結
 ②VO(動詞+目的語)  対象があり、力や影響が及ぶ
 ③VC(動詞+補語)  S=Cが成り立つ
 ④VOC(動詞+目的語+補語)  O=Cが成り立ち、力や影響が及ぶ
 ⑤VOO(動詞+目的語+目的語)  1つ目のO(人)と、2つ目のO(モノ)の受け渡しをする
 ⑥V+文(動詞+文)  文がVを詳しく説明する

 

 

このような意味合いを理解しながら、 英文を組み立てる訓練を行うことで、豊かな英語感覚が磨かれていく。

 

さらに繰り返すが、英文を組み立てるときは、とにかく動詞に意識を集中するようにすることが肝要だ。

 

 
続きを読む…

ツイートツイート
3 / 3123
 

管理人

ナビゲーター

英語迷路ナビゲーター

高橋陽生

"Make your life

more challenging

with English!!"

詳しいプロフィール

__________________

貴ブログも訪問させてください!

いつも応援の一票ありがとうございます。

 
英会話 ブログランキングへ

カテゴリ一覧

最新記事

人気記事一覧
 

オリジナル特典付

イチオシ英会話教材

 

確実な方法で自在に英語でインプット、アウトプットをするスキルを身に付ける独学英会話教材の最高峰

30日間

英語脳育成プログラム

詳細レビューはこちら

 

英語音声の識別力を無理やり引っ張り上げる日本人学習者向けのリスニング教材

リスニングパワー

詳細レビューはこちら

 UDA式 30音英語リズムの詳細

英文独特のリズムに慣れることで、驚くほど英会話スキルが上達する。

UDA式30音英語リズム

詳細レビューはこちら


更新情報を受け取る

  Twitterボタン

更新記事の内容を

メールでお伝えします。

ハンドルネーム 
メールアドレス 

ブログでは言えないこともお話します!

英語学習に役立つサイト

サイト内検索

英語名言集

タグクラウド

ページの先頭へ

1年ごとの課税