私が週刊STを定期購読する5つの理由

 

 

本日は、リーディングがスピーキングスキルに与える影響について、私なりに考えてみる。

 

 

リーディングをインプットの手段、スピーキングをアウトプットの手段と捉えると、

 

 

リーディングで仕入れた様々な英語の表現や単語を、いかに効率よく口から出せるか

 

 

が問題となる。

 

 

しかし、日本人の英語学習者に共通してみられる傾向として、

 

 

リーディングスキル > スピーキングスキル

 

 

があると思う。

 

 

これは、読解重視の英語教育やTOEICをやたら偏重する日本の産業界が引き起こした

日本では一般的であるが忌忌しき傾向である。

 

 

 

読んで理解した英文をそのまま自由自在にスラスラ自分の言葉として言えるのなら、何ら問題はない。

 

 

 

しかし、実情はそうも簡単にいかない。

 

 

 

英会話の練習をしている方なら、何度も実感しているはずだ。

 

 

「ここでズバッとこう言いたいんだけどなーー」

 

 

 

英文を組立るという姿勢

 

 

思い通りにいかない一つの原因は、今まで実践してきたリーディングのやり方にある。

 

 

実際は、オーラルより読解や文語英語を重視してきた日本の教育制度の影響で、

リーディングがスピーキングを助けるどころか、スラスラ話せない原因にさえなっているのだ。

 

 

 

つまり、教えられたとおりに正確な文法や単語を使おうとする意識が邪魔し、

円滑なコミュニケーションの障害となっている。

 

 

 

話している最中における脳の大部分がそのような邪魔な意識で占められ、

話している内容そのものについて考えようとする意識が弱くなっている。

 

 

 

その結果、英会話が今一つ盛り上がらない。

 

でも、なんとかしたい。

 

 

 

そう感じている方に対して、一つ提案しよう。

 

 

 

リーディングのやり方を根本から変えて、

リーディングとスピーキングをつないでいる一つのパイプをできるだけ太く、そして丈夫なものに変えて

リーディングに費やしている時間をフルに有効活用してみよう。

 

 

 

 

そのための具体的行動の一つとして、

 

 

組立思考の習慣化を勧める。

 

 

 

 

組立思考

 

 

 

つまり、英文をブロックのつながりまたはフレーズのつながりと捉えて、

英文を頭で組み立てて作っていこうとする姿勢のことだ。

 

 

英文を思い出すのではなく、ゼロから作っていくという姿勢

 

続きを読む…

ツイートツイート

改めて確認!日本人の英語スピーキング力が弱い3つの原因

 

 

先日、ある英会話セミナーに参加してきた。

私の英会話力の基礎を作ってくれた恩師のセミナーだ。

 

 

本日はそのセミナーで改めて学んだ英会話のコツについて、シェアしていきたい。

 

 

その恩師の主張は以前から一貫していて、

英会話を学ぶ日本人全てに聞いてほしいと思える内容だ。

 

 

教育機関で英語を教えている方であっても、何らかの気付きが得られると思う。

 

 

本稿のタイトルにあるように、日本人のスピーキング力が弱い原因を特定してから、

それぞれに有効な練習法を考えていく。

 

 

1. 英単語がパッと出てくる「瞬発力」が弱い

 

 

すでに十分な語彙力があるにもかかわらず、必要なときにパッと英単語が出てこない。

 

 

十分な語彙力とは、日常会話を支障なく話すために十分な語彙力という意味だ。

 

まず、あなたは既に「十分な語彙力」を持っているということを確認してほしい。

 

 

中学3年間で1,000単語から1,300単語を学習すると言われているが、

実は1,000単語知っていれば、日常会話の80%はカバーできる。

 

 

あなたは、下の一覧表にある100個の英単語のうち、知らない単語は何個あるだろうか。

 

 

b33

 

おそらく、95%以上は、既に知っている単語だったはずだ。

 

 

さて、このボトルネックの本題である「瞬発力」の話に移ろう。

 

 

必要な時に言いたい単語がすぐに出てこないために、

話が続かず、苦労している人も多いと思う。

 

 

「手を上げて」と言いたいのに、上げるってなんて言うんだっけ・・・

 

考えている間に何も言えず、話が終わってしまうことがある。

 

 

実はこの問題については、発想の転換することで、すぐに解決できる。

 

 

 思い出そうとするのではなく、知っている単語の中で作り出すのだ。

 

 

思い出そうとすると、どうしても時間がかかってしまう。

 

 

なので、昔覚えた記憶はあるけど、なかなか出てこない単語は思い出そうとせず、

即座に話せる単語を組み合わせて、伝えたいことを表現すればいい。

 

 

それでも、表現できなかったら、ジェスチャーの力も借りて、なんとか伝える。

 

 

とにかく会話を途切れさせないことが大切だ。

 

 

ここではあなたが日常よく使う基本単語を頭に入れておいて、すぐに取り出せる状態にしておくことが重要になるが、

そのためには、単語カードが便利だ。

 

wordcards

 

 

日本語を見て3秒以内、できれば1秒以内に言える状態にしておこう。

 

 

例題

 

 

次の日本語を英語にしてみてください。

 

 

彼女は東京の郊外に住んでいます。

 

 

郊外(outskirt)という単語がすぐに出てこなかったら、あなたが知っている単語の中で代わりに使える表現を探せばいい。

 

この場合は、

 

 

She lives near Tokyo.

 

 

のようにnear を使って表現することができる。

 

 

続きを読む…

ツイートツイート

英語学習とユーモアマインド

 

こんにちは、今日は、英語学習とユーモアについて。

 

 

イギリスでの留学中、気づいたことがある。

 

イギリスでは初めて会った人とでも、あまり緊張せず、

簡単に打ち解けることができた。

 

 

エレベーターでたまたま一緒になった人

 

ちょっと立ち寄ったサンドイッチ屋さんのスタッフ

 

目的の場所への行き方を教えてくれた通行人

 

 

このようなちょっとした出会いでも、なぜか楽しい会話に発展する。

 

 

仲には発展しないこともあるが、発展する確率が高い。

 

 

なぜだろうか。

 

 

私が思うに、イギリス人の根底にユーモアマインドなるものあるからだろう。

 

 

会話のやりとりを純粋に楽しもうというマインド

 

 

このマインドを強く持っている人がイギリス人には多い。

 

You have a good sense of humor!

 

このフレーズは、イギリス人にとって、相手への最大の賛辞を表す言葉の一つらしい。

 

 

この点について日本人と比較すると

 

日本人は、ユーモアマインドより社交辞令を重んじる人が多い。

 

 

みんなが全部そうではないが、もちろんイギリス人のように初対面でも会話を楽しもうとする人はいる。

 

 

ただ、用件のみを済まして、決まりきった挨拶を口から出して、それで終わり。

 

 

それで関係終了。

 

 

こういうパターンが圧倒的に多いと感じる。

 

 

英語学習においてユーモアマインドを持つことの大切さ

 

英語は本来、イギリス人が日常使う言語であるわけだから、

身も心もイギリス人になったつもりで英語を使うことが、英語上達の一つの鍵になってくる。

 

 

つまり、英語でのコミュニケーション力を上達させるには、

ユーモアマインドを持つことが大事だとうことだ。

 

 

社交辞令のみで終わるのではなく、

相手とのやり取りを楽しむための工夫、心がけ。

 

 

このユーモアマインドを私なりにより具体化して表すと

 

リアクションを普段より大きめにとる

 

 

話し方の抑揚を大げさにする

 

 

話している相手のことをよく知ろうとする 

 

 

ユーモアのある例えを会話に取り入れる

 

 

基本は笑顔で、表情豊かに

 

 

こんなところだろうか。

 

こういうことは普段から意識しておかないと、

急には出てこない。

 

とりわけ4点目の【ユーモアのある例えを会話に取り入れる】については、

ある程度の練習が必要だろう。

 

 

ユーモアのある例え

 

ユーモアのある例えについて、イメージしやすいように具体的な会話例を紹介する。

 

 

「喫煙席だけどいい?」

 

「あ、俺タバコだけはダメなんですよ・・もうナメクジに塩かけたくらい弱体化するんで(笑)」

 

 

演技を加えながらいうとなおよい。

 

________

 

続きを読む…

ツイートツイート

時制の使い分けでスマートな英会話に  ―日本人が混同しやすい3つの組み合わせ―

 

英文法において、【時制】は一大トピックだ。

 

日本語ではさして重要視されないが、

英語では、時制を間違えると、話し手の意図が全く通じなくなってしまうおそれが出てくる。

 

 

本日は、その辺の事情を説明する。

 

 

時制の使い分け

 

 

英語の世界では、時制を表す表現が計12種類ある。

 

 

現在形、現在進行形、現在完了形、現在完了進行形

 

過去形、過去進行形、過去完了形、過去完了進行形

 

未来形、未来進行形、未来完了形、未来完了進行形

 

 

それぞれ、固有の英語感覚を内包しているが、

ここで、紹介したい時制は、以下の3つの組み合わせだ。

 

 

 

現在形と現在進行形

 

 

現在形と未来形

 

 

過去形と現在完了形

 

 

 

どちらも社会人英語学習では、留意すべき重要ポイントを含んでいる。

 

 

 

現在形と現在進行形の使い分け

 

 

現在進行形は、【今まさにやっていること】なので、想像しやすいだろう。

一方、現在形は、意味を取り違えやすいので注意が必要だ。

 

 

 

例えばシャワーを浴びていると言いたい場合、

 

 

I take a shower.

(コントローラーが見えない場合はこちら

 

 

 

とならない。

 

 

この英文の意味は、【シャワーを浴びる派だ】という意味だ。

 

 

 

現在形は、【習慣】を表すのであって、現在の動作を表すものではない。

 

 

現在の動作を表すためには、現在進行形を使う必要がある。

 

 

シャワーを浴びていると言いたい場合は、

 

I am taking a shower.

(コントローラーが見えない場合はこちら

 

 

 

となる。

 

 

現在進行形だけが、現在、今という点の動作を表すことができる。

 

 

 

現在形という名称が、話をややこしくさせているとも言える。

現在形ではなく、【習慣形、事実形、普段形】などと覚えておくとよいかもしれない。

 

 

 

現在形は、過去から続いていて、未来にも続くであろう

普遍の事実を表す。

 

 

 

分かりやすく言うと、その人の個性、パーソナリティを表すのが

現在形だ。

 

 

従って、自己紹介や初対面の会話では、現在形が活躍する。

 

 

What do you do?

(コントローラーが見えない場合はこちら

 
What do you live?

(コントローラーが見えない場合はこちら

 
What time do you finish work?

(コントローラーが見えない場合はこちら

 

 
このように相手のことを知るための問いかけで、現在形を使う。

 

 

現在形と現在完了形は、意味が全く違うので、

会話では意識して使い分けるようにしよう。

 

 

現在形と未来形の使い分け

 

 

現在形と未来形も、ややこしく混同しやすいので

その使い分けの例を紹介しておく。

 

 

あなたは、普段コンビニに行きますか?(現在形)

 

 

あなたは明日コンビニに行きますか?(未来形)

 

 

 

日本語では、現在形も未来形も、同じ【行きますか?】だ。

 

 

【普段】か【明日】という単語で時制をコントロールしている。

 

 

しかし、英語では、

 

Do you go to convenience store?

(コントローラーが見えない場合はこちら

 
Are you going to go to convenience store?

(コントローラーが見えない場合はこちら

 

 

 

というように、動詞で時制を区別している。

 

 

動詞を間違えると、文全体の意味に影響を与えることになるため

英会話では、動詞に意識を集中させて、適切な時制を使っていかなければならない。

 

 

これが、円滑なコミュニケーションにつながる。

 

 

過去形と現在完了形の使い分け

 

過去形と現在完了形の組み合わせも日本語の表現が似ているため、混同しやすい。

 

 

例えば、

 

 

It stopped raining.  (過去形)

(コントローラーが見えない場合はこちら
It’s  just stopped raining. (現在完了形)

(コントローラーが見えない場合はこちら

 

 

 

どちらも日本語に訳すと、【雨がやんだ】となるが、

もちろん言葉が違う以上、その意味も異なってくる。

 

 

 

上の過去形の文章はは、過去の一コマを眺める目線で話されている。

stoppedとう出来事が歴史の一コマのように「遠くに」感じられる。

 

 

一方、現在完了形の文章は、そうした過去の一コマが現在へズームアップされているニュアンスが出る。

 

 

 

従って、rainingという状況がつい今し方眼前で起こっていたという

話し手の感触が表現されている。

 

 

現在完了形は、学校では完了・経験・結果・継続の4つに分類して覚えた人も多いのではないだろうか。

 

 

 

現在完了形は、英語独特の時制概念であり、

日本語に対応する表現が複数ある。

 

 

 

そのため、上の例のように過去形と混同したり、

または、現在形と混同するおそれもでてくる。

 

 

 

過去の一コマが現在へズームアップされているというニュアンスが、

現在完了形に共通したイメージであるので、

そのイメージを基に自分なりに意味を解釈して落としこんでいくしかない。

 

 

 

以下、参考までに現在完了形の4つの分類に沿って、過去形と対比させながら例文を載せておく。

 

 

a. 経験用法

 

(過去形) I saw Lord of the Ring last Saturday.   (先週土曜日にロードオブザリングを観たよ)

(コントローラーが見えない場合はこちら

 

 

 

(現在完了形) I’ve seen Lord of the Rings.   (ロードオブザリングを観たことがある。)

(コントローラーが見えない場合はこちら

 

 

 

 

過去の事態が現在の経験としてズームアップされている。

 

 

b. 継続用法

 

(過去形) I was a member of this club for 20 years.  (20年間このクラブのメンバーだった。)

(コントローラーが見えない場合はこちら

 

 

(現在完了形) I’ve been a member of this club for 20 years.  (20年間このクラブのメンバーだ。)

(コントローラーが見えない場合はこちら

 

 

 

過去から現在までズームアップされ、「現在でもメンバーである」という文意になっている。

 

 

 

c. 結果用法

 

(過去形)  She went to the bank.  (銀行に行った。)

(コントローラーが見えない場合はこちら

 

 

(現在完了形)  She’s gone to the bank.  (銀行に行った【今はいない】)

(コントローラーが見えない場合はこちら
過去の事態が現在にズームアップされ、【彼女はもういない】という話し手の意図が出ている。

 

 

d.  完了用法

 

⇒ 上記のstop rainingの例を参照

 

 

 

 

本日見てきた時制の組み合わせは、確かに混同しやすいが、

逆にきっちりその区別を押さえておくことが

スマートで円滑なコミュニケーションに貢献しやすくなると思う。

 

 

 

特にネイティブとの英会話では、この時制という考え方を特に意識しながら

誤解のない楽しいフリートークに持っていこう。

 

 

 

 

ツイートツイート

まず日本語を言い換えろ! ― 発信型英会話の2つの言い換えテクニック ―

 

言いたい英語がどうしても口から出てこないときのテクニックの一つとして、

 

英語に変換する前の日本語を言い直すというテクニックを以前の記事で紹介した。

 

この記事の後半の部分

 

⇒ 英文暗記だけでは英語を話せるようにならない3つの理由

 

 

 

 

さらに発信型英語のコツについて以下の記事で

その日本文に含まれる動作を意識することの有用性について紹介した。

 

 

【今年もよろしくお願いします】から紐解く発信型英語のコツ

 

 

 

この2記事を踏まえて、

 

本日は、【日本語⇒日本語】の言い換えを実践していく上で、

実用的なテクニックを2点紹介する。

 

 

 

一つの日本語に拘らない柔軟性を持つことについて考えてみてほしい。

 

 

 

視点の切り替え

 

 

視点の切り替えと言われても、

よくわからないと思うので、例を上げて説明する。

 

 

 

次の日本文を英訳してください。

 

 

 

「(電話の話し相手に対して)友人に代わります。」

 

 

 

 

・・・・

 

 

I’ll put my friend on the phone.

コントローラーが見えない場合はこちら

 
首尾よくこのフレーズにありつけただろうか。

 

 

 

実際のところ、瞬時にこの表現を口に出すことは、意外と難しい。

 

 

 

仮に、この表現がどうしても浮かばなかったら、

あなたは、なんて言うだろうか。

 

 

 

もちろん、change やswitchという動詞を上手に使って、

その場凌ぎをすることもできるかもしれない。

 

 

しかし、ここで一つのテクニックとして、

「視点の切り替え」を使ってみよう。

 

 

 

 

例えば、

 

 

 

「友人が話します!」

 

 

といって、主語を「友人」にすることで、一気に日本語を読み替えることができる。

 

 

すると、

 

 

 

My friend wants to talk to you.

 

 

とすんなり言える。

 

この場合の視点の切り替えとは、つまり主語の切替だ。

 

 

 

 

英会話において、この「視点を切り替える」というテクニックは、

非常に実戦向きだ。

 

 

もし、これが母国語の日本語であれば、

思いついた表現をそのまま使えばいいのだから、特に問題はならない。

 

 

 

しかし、不自由のある英語の場合には、どうしても動詞が出てこないなど、

思い通りに言葉が使えないおそれがある。

 

 

 

その時、「視点の切り替え」ということを意識すると、

一気に問題が解決することがある。

 

 

 

 

例えば、

 

 

「それは汚かった」

 

 

と言いたいとする。

 

 

 

どうしてもdirtyという言葉が思い出せない場合、

早速「視点を切り替え」てみよう。

 

 

 

すると、

 

 

It wasn’t clean.

コントローラーが見えない場合はこちら

 

 

I didn’t want to stay there.

コントローラーが見えない場合はこちら

 

 

などの別の表現が浮かびやすくなる。

 

 

一つの日本語に拘らないことがここでのキーポイントとなる。

 

 

 

社会人としての豊富な日本語のデータベースが既にあるわけだから、

その知識のデータベースを是非積極的に活用してみよう。

 

 

 

 

 

日本語を噛み砕く

 

 

早速、例を出す。

 

 

 

彼はしたたかな人だ。

 

 

 

直訳すると、

 

He is sturdy.


コントローラーが見えない場合はこちら

 

 

He is formidable.

コントローラーが見えない場合はこちら

 
となるが、果たして本当にこれでよいのか?

 

 

 

答えは、Noだ。

 

 

 

ここでの問題は、単語が難しすぎるということ。

 

 

 

まず、こういった単語は、辞典を引くか、暗記していない限り、

普通は出てこない。

 

 

 

「したたか」と言いたいときにこの単語がうまく思い出せなかったら、

そこでゲームオーバーだ。

 

 

 

また、仮にうまく思い出すことができたとして、”He is sturdy.”といえたとする。

 

 

 

 

 

でも、相手もノンネイティブで、sturdyという単語を知らなかったら、

どうなるだろうか。

 

 

 

He  is …. what?

 

 

 

という受け答えになってしまうのがオチだ。

 

 

結局、その日本語に対応する英語の言葉を機械的に探してしまうと、

単純なことなら言えるけど、難しくなると途端に何も言えなくなる。

 

 

 

また、思考も硬直化しやすくなる。

 

 

思考が硬直化してしまう原因は、

 

 

「日本語の単語」 ⇒ 「英語の単語」

 

 

というように1対1で変換しようとしているからだ。

 

 

実際のところ、日本語の単語と英語の単語は1対1では対応していない。

 

 

 

例えば「背中」は英語でいうとbackだが、

「腰」のあたりも英語ではbackだ。

 

 

 

日本語と英語を1対1で対応させることがダメなわけではなく、

そうすると、思考が硬直化しやすいから注意すべきだということを言っておきたい。

 

 

ここでの解法テクニックが、「言葉を噛み砕く」だ。

 

 

日本語⇒英語と対応指せる前に

一旦言葉を噛み砕いてほしい。

 

 

 

噛み砕く際のポイントが、

小学生でも分かる程度に噛み砕くことだ。

 

 

 

「彼はしたたかな人だ」を小学生でも分かる程度に噛み砕くと、

 

「彼は、手強い」

 

「彼は、とても叶わない」

 

 

などとなる。

 

 

 

噛み砕いた上で、

 

 

 

He is very strong.

コントローラーが見えない場合はこちら
He is unbeatable.

コントローラーが見えない場合はこちら
などと表現できる。

 

 

 

 

もう一題、例を出す。

 

 

 

彼女はオタクだ。

 

 

 

otakuは、既にローマ字で英語になっているようだが、

仮にotakuというワードを知らない人に対しては、

別の言葉で言い換えるしか無い。

 

 

 

geekという用語もあるが、日本児ではなかなか思いつかない人も多いだろう。

 

 

 

オタクを噛み砕くときは、オタクの対象を意識するとよい。

 

 

 

何に対して、オタクなのか

 

 

例えば、

 

 

漫画オタクなら、

 

 

 

She likes reading manga too much.

コントローラーが見えない場合はこちら

 

 

 

She is enthusiastic  about manga.

コントローラーが見えない場合はこちら

 

 

 

などと表現できる。

 

 

 

オタクのニュアンスがうまく表現できていないかもしれない。

 

それでも、フリーズや無言になってしまうよりマシだ。

 

 

 

言葉のニュアンスも含めて100%英語で伝えることは、

英語に相当熟達しない限り厳しいので、最初はきっぱり諦めたほうがよい。

 

 

 

この潔さも英語の発信力を磨く上で欠かせないコツの一つだ。

 

 

 

 

 

 


発信型英語のコツ
 

ツイートツイート
1 / 3123
 

管理人

ナビゲーター

英語迷路ナビゲーター

高橋陽生

"Make your life

more challenging

with English!!"

詳しいプロフィール

__________________

貴ブログも訪問させてください!

いつも応援の一票ありがとうございます。

 
英会話 ブログランキングへ

カテゴリ一覧

最新記事

人気記事一覧
 

オリジナル特典付

イチオシ英会話教材

 

確実な方法で自在に英語でインプット、アウトプットをするスキルを身に付ける独学英会話教材の最高峰

30日間

英語脳育成プログラム

詳細レビューはこちら

 

英語音声の識別力を無理やり引っ張り上げる日本人学習者向けのリスニング教材

リスニングパワー

詳細レビューはこちら

 UDA式 30音英語リズムの詳細

英文独特のリズムに慣れることで、驚くほど英会話スキルが上達する。

UDA式30音英語リズム

詳細レビューはこちら


更新情報を受け取る

  Twitterボタン

更新記事の内容を

メールでお伝えします。

ハンドルネーム 
メールアドレス 

ブログでは言えないこともお話します!

英語学習に役立つサイト

サイト内検索

英語名言集

タグクラウド

ページの先頭へ

1年ごとの課税