“たかがコミュンケーションのツール” されど強力なツール - 英語の役割 -

 

 

以前就職活動をしていたとき、面接官から英語について聞かれたことがあり、その時は
「英語は単なるコミュニケーションのツールだから、うんたらかんたら・・・」
と答えたことを記憶している。

 

 

 

教育の場でも、「英語はたかがコミュニケーションのツールだから・・」という理屈付けが
なされることがあると聞き、改めて掘り下げてみたい。

 

 

 

「たかがツール」としての英語の役割について。

 

 

 

たかがツール

 

 

 

【英語は言葉である以上、コミュニケーションの道具・手段の一つに過ぎない。】

 

 

 

確かに、一理ある。

 

 

英語が思うように話せなくても、他の手段を使って、コミュニケーションをとればよい。
それでは、コミュニケーションをするための他の手段とは何なのか?

 

それは、

 

ジェスチャー
表情
声のトーン
筆談
などの言葉以外に本人の意思が宿りやすい伝達手段のことをいっているのだろう。

 
英会話の勉強をやっていて、なかなか上達しない人によくありがちなことは、
間違えたくないから、自分から発言することに躊躇してしまうこと。

 

 

 

「自分の英語に自信がない」

 

 

「失敗することが恥ずかしい」

 

 

「相手に誤解されたくない」

 

 

「そこまでするのが面倒臭い」

 

 

このような負の想いが頭のなかで交錯し、なかなか踏み切れない。

 

 

 

私自身が、そうだった。

 

 

 

例えば、「伝えたいこと」ができて、それを頭の中で2,3度英語で言ってみた結果、
うまく表現できないということが分かると
説明すること自体を諦めてしまう。

 

 

 

 

結果的にコミュニケーションという目的がどっかに行ってしまっている。
そこで、「英語は単なるコミュニケーションのツールなんだよ」と忠告することで、
このはき違いに気づかせてあげる。

 

 

 

そのおかげで喉のつっかえが取れ、
英語でのコミュニケーションがスムーズに進むという図式だ。

 

 

 

会話のやりとりでも目的を達成するために、
正確な英語が必ずしも必要になってくるわけではない。

 

 

 

それを間違えることで、本来伝えたいことがまるっきり伝わらなくなってしまうならば、
それで問題だが、

 

3単現のエスなど間違っても意思疎通に特段支障がでない項目ならば、

 

 

どんどん間違えるべきだ。

 

 

 

変な言い方になったが、つまり間違いを恐れずにどんどん自己主張し
会話のやりとりを優先した方がよいということ。

 

 

 

例えば、

 

「昨日は病気で寝ていました。」

 

と言いたいとする。

 

 

 

「病気で寝ていた」という意味の英語表現(sick in bed)がすぐに思い浮かばない場合、

考え込むのでなくて、とにかく

思いついたことを言ってみる。

 

 

 

間違いを恐れずに、言葉にジェスチャーも絡めて、
どんどん自己主張してみる。

 

 

 

そうすれば、
会話が何かしらの方向に発展する可能性が残るはずだ。

 

 

 

かりに、プライドが邪魔して何も喋らないでいると、
【3つの害】が降りかかる。

 

 

 

まず、ミュニケーションが中断されてしまうという害

 

 

これが1番目の害。

 

 

そして

 

「お前は、無口でつまらない人間だ」
という誤解を与えしまいかねない。

 

 

これが、2番目の害。

 

 

 

さらに、コミュニケーションが失敗したことによる自信喪失

 

 

これが、3番目の害。

 

 

 

考えすぎにによるコミュニケーションの諦めは、3つの害となって、拡散していく。

 

 

 

続きを読む…

ツイートツイート

英語で気持ちのよいコミュニケーションをとるときに意識すること6点

 

海外にいくと、日本式のコミュニケーション術が時として失礼になることがある。

 

 

本稿では、海外留学、海外出張をとおして、私自身が体験した

外国人と会話するときに、日本人が犯しやすい行動と意識すべき行動を計6点紹介する。

 

 

 

この6点を頭に入れておくだけでも、

英語でのコミュニケーションが円滑になるはずだ。

 

 

 

 1.  愛想笑い

 

 

愛想笑いは、しないほうがよい。

 

笑う理由が明確にない場合に、笑ってしまうと、相手から怪しまれる。

 

 

会話中の日本人がよくやる行為の一つだが、海外では控えたほうが無難だ。

 

 

私も日本いるときはよくやるが、

海外でこれをやってしまうと、怪訝な目で見られてしまう。

 

 

 

特に、ホテルのカウンターでは要注意だ。

 

 

 

愛想笑いの代わりに、相手の目を見て、

口の両端をくいっと上げる笑みを浮かべるとよい。

 

 

 

2.  小刻みに頷く行為

 

 

この行為も禁物だ。

 

 

なぜかは分からないが、会話中にこれをやると、

相手の話の腰を折っているような効果が出るようだ。

 

 

 

私は留学先のチューターと話している時に、これをやっていたら、注意されたことがあり、

それ以来、控えるようにしている。

 

 

 

小刻みに頷く代わりに、言葉で相槌を打つようにしよう。

 

 

 

“right, right!”

 

 

 

3.  お辞儀

 

 

 

日本では感謝の意などを表現する一般的な行為だが、

海外には、このような行動習慣がない。

 

 

 

おそらく、これをやっても相手に失礼になることはまずないと思う。

 

 

 

やったとしてもその気持は相手に通じにくいので、

お辞儀の代わりに別の手段で感謝の意を表現することを考えよう。

 

 

 

言葉で表すのも一つだが、

話の最初と最後に握手を交わすという行為でもよい。

 

 

 

しかし、握手を交わす場合は、注意点がある。

 

 

相手の目をしっかり見て、口元をクイッと上げる笑みを浮かべながら、

適度に硬い握手をする。

 

 

 

こうしないと、逆に失礼になる。

 

 

 

4.   間の取り方

 

 

 

間を取り過ぎないことも重要だ。

 

 

特に英語圏の文化では、とにかく言葉が矢のように飛び交う。
日本語でのやりとりにあるような、「行間を読む」という風習は基本的にない。

 

 

 

意見を求められて、黙っていると、相手にされなくなってしまう。

 

 

 

微妙な間を入れず、とにかく自己主張することが肝要だ。

ジェスチャーでもよい。

 

 

留学中、授業中やクラスメイトとの会話で思ったことをどんどん発言する。

 

 

これができない人も多いと思うが

言うタイミングを見計らっていると、言えないまま終わることなんてざらだ。

 

 

 

無口でつまらない人間という評価が下る前にとにかく行動してみることが大事だ。

 

 

 

分からないなら、分からないという。

そして、その理由も添えることができればなおよい。

 

 

 

 

これは留学中、私が何回も感じたことであり、特に強調しておきたい。

 

 

続きを読む…

ツイートツイート
3 / 3123
 

管理人

ナビゲーター

英語迷路ナビゲーター

高橋陽生

"Make your life

more challenging

with English!!"

詳しいプロフィール

__________________

貴ブログも訪問させてください!

いつも応援の一票ありがとうございます。

 
英会話 ブログランキングへ

カテゴリ一覧

最新記事

人気記事一覧
 

オリジナル特典付

イチオシ英会話教材

 

確実な方法で自在に英語でインプット、アウトプットをするスキルを身に付ける独学英会話教材の最高峰

30日間

英語脳育成プログラム

詳細レビューはこちら

 

英語音声の識別力を無理やり引っ張り上げる日本人学習者向けのリスニング教材

リスニングパワー

詳細レビューはこちら

 UDA式 30音英語リズムの詳細

英文独特のリズムに慣れることで、驚くほど英会話スキルが上達する。

UDA式30音英語リズム

詳細レビューはこちら


更新情報を受け取る

  Twitterボタン

更新記事の内容を

メールでお伝えします。

ハンドルネーム 
メールアドレス 

ブログでは言えないこともお話します!

英語学習に役立つサイト

サイト内検索

英語名言集

タグクラウド

ページの先頭へ

1年ごとの課税