海外ドラマから掴め!未来をあらわす表現の3つのイメージ

時制を正しく使い分けることができれば、英会話のレベルが一つ上がる。

 

 

逆に時制を取り違えると、伝えたいメッセージがうまく伝わらず、

ぎこちないコミュニケーションになってしまうかもしれない。

 

 

たとえば、日本語の

 

 

ベトナムに行くつもりだ

 

 

 

 

ベトナムに行った。

 

 

では、意味合いがまるで異なる。

 

 

もちろん、話の流れなどで言わんとしていることが

通じることもあるだろう。

 

 

ただ、スムーズで楽しいコミュニケーションを進めていくためには、

多少なりとも過去、未来、現在などの時制を使い分けていく必要性はあるだろう。

 

 

 

まずは、この意識をしっかり持つことが大切だ。

 

 

 

英語における時制の文法ルールは複雑な印象があり、

苦手としている方も多くいるのではないだろうか。

 

 

そして、その複雑なルールをナマの英会話で瞬時に使い分けていくことは

非常にハードルが高いと感じている方もいるだろう。

 

 

そこで今回は、

学生のときに勉強した細かい文法ルールからではなく

海外ドラマのワンシーンを題材にして

個々の時制が持つ意味やイメージから直接理解していくという

訓練法を紹介したい。

 

 

未来を表す表現

 

 

例えば未来を表す表現には次の3通りがある。

 

will

 

be going to

 

be   -ing

 

 

同じ未来を表す表現でも

それぞれの表現がもつイメージや意味は異なる。

 

 

異なるからこそ、表現方法が違うのだ。

 

 

 

以下、順に解説していく。

 

 

will

 

 

willは、学校で「未来の助動詞」と習うが、それは間違いだ。

 

 

willの本来の意味は、【推測】【意志】を表すのであって、

それが未来の事態を表すのに都合よく使われるだけなのだ。

 

 

我々にとって未来とは、「~となるだろう」という【推測】

または「~するぞ」という【意志】の対象となるはずだ。

 

【推測】

 

 

She will be a good mother.

(彼女はよい母親になるだろう)

 

 

【意志】

 

 

Oh, I just realized I have no money.  Don’t worry. I‘ll lend you some.

(げ。お金もってないよ。 大丈夫。いくらか貸してあげるよ)

 

 

 

さて、海外ドラマでwillの具体的な使い方をみておこう。

 


 

 

最後の方で男性が怒りながらwillを使っている。

 

I will not be bullied by this nut!

こんなモグリのたわごと、聞いてられるか!

 

 

このwillには、話し手の強い【意志】がこもっている。

 

 

 

be going to

 

 

go to (~へ向かう)の進行形だから、

つまり出来事はすでにto以下の帰結に向かって進んでいるということだ。

 

 

willが単に【推測】するのに対して、

be going toはすでに状況が動き出している。【原因・予兆】

 

 

It will rain tomorrow.

(明日、雨が降るだろう)

 

 

 

It‘s going to rain.

(雨が振りそうだ)  ⇒ すでに雲が集まり、これから雨になることが予見されるということ。

 

 

また、be going to は【意図】を表すこともできる。

 

 

I’m going to marry her.

(結婚するつもりだ)

 

 

すでに決断がなされ、marry herに向かって進んでいる最中ということだ。

 

 

【意志】を表すwillと紛らわしいが、

willの場合は、その場で決断が行われているため、

be going to は使えない。

 

 

Oh, I just realized I have no money.  Don’t worry. I‘ll lend you some.

 

 

「お金がない」という状況に対して、

「お金を貸す」という決断が行われているからwillがふさわしい。

 

 


 

最後の方で女性が立ちながら、be going to を3回連発している。

 

 

And you are going to sit right there,

 

 

I am going to call my therapist,

 

 

and we’re all going to talk about this.

 

 

 

いずれも話し手の【意図】を表れているのを感じてほしい。

 

 

be  -ing

 

 

進行形も未来を表すことができる。

 

 

I’m playing golf (now).

 

 

I’m playing golf at 3:00.

 

 

 

上の二文は両方共進行形だが、

単に「現在している」のか「3時にはしている」のかという違いだけである。

 

 

 

進行形に未来を表す特殊用法があるというわけではない。

 

 

ある時点を念頭においてそこでの行動を述べる場合、

進行形を使う場合がある。【予定・計画】

 

 

 

この場合、「3時」というように具体的時点が明らかにされるか

文脈により強く示唆される。

 


 

冒頭の方で女性がドアから出てきて

 

I’m leaving.

 

と話している。

 

 

少し掴みにくいかもしれないが、

もう帰りますという話し手の【予定】を表している。

 

 

具体的な時点が出てないのは、

状況により明らかだからだ。

 

 

 

 

 

以上、3つの未来を表す英語表現をみてきたが、

いずれの表現も個々の意味やイメージを内包しているため

その意味やイメージを理解しておけば、

細かい文法ルールを覚える必要はないのだ。

 

 

これらの表現に出会ったら、

どうしてここではこの単語が使われているんだろう?

と丁寧に一つ一つ考えていくことで着実にあなたの理解力が向上していくはずだ。

 

 

 

ツイートツイート

オンライン英会話を活用する時の3つの注意点

 

英語を「読む」ことはまぁまぁできるとしても、英語を「話す」ことになると、まだまだ自信がない。

 

 

そんな悩みを抱えている日本人は、まだまだいっぱいいると思う。

 

 

先日、以前働いていた会社の上司にばったり出会い、

ちょっとお話を伺ったところ、

やはり上記のようなことで悩んでおられた。

 

 

仕事の事情で英語力を上げる必要が出てきて、

とりあえずTOEFL(iBT)を受けてみたが、結果は散々。。

 

 

特に英語のスピーキング力をどうやって伸ばしていけばいいのか

色々と困惑されていた。

 

 

2014年に入り、私の今の職場の様子からしても、

ますます英語学習熱は高まっているような風潮が見受けられる。

 

 

特に英語で会話するという力については、

英語で会話することができる人に対する社会からのニーズであったり、

英語を思い通りに話せるようになりたいというパーソナルなニーズは、確実に増えてきていると思う。

 

 

TOEIC偏重の弊害か、英語の「読む」「聞く」などのインプットの練習にばかり重きが置かれ、

「書く」「話す」などのアウトプットの訓練が蔑ろにされている嫌いがある。

 

 

言ってみれば、

全体的に英語スキルのバランスがとれていない、いわゆる【英語頭でっかち】の人が増えてきているといえる。

 

傾向として、45歳以上のベテランまたは管理職以上の方に多いようだ。

 

 

必要性に迫られないとなかなか重い腰が上がらないかもしれないが、

本日はオンライン英会話という学習ツールについて、少し紹介したい。

 

 

 

オンライン英会話の活用にあたって

 

 

オンライン英会話

 

と聞いて何を今更という感じは否めないが、私自身ここ数ヶ月間、オンライン英会話というサービスを利用してきて

この練習形態のメリット、デメリットを肌で感じることができた。

 

 

せっかくなのでその感覚を当ブログでシェアさせていただくことにした。

 

 

大抵の場合、英会話教室と聞いて最初に抱くであろう感情は

 

 

英語で会話することに対する不安感

 

 

本当に自分の英語が通じるのだろうか・・

会話として成り立つのだろうか・・

 

 

そんな不安感をもつ人も多いのではないだろうか。

私自身、留学経験はあるものの、

部屋の中で一人、スカイプを立ち上げて遠い異国の地にいる先生といきなり英語で楽しく会話することができるのだろうか

 

 

そんな不安感は少なからず感じていた。

 

 

しかし、一歩踏み出してみないと、何も始まらないと踏ん切りをつけ、

ヘッドセットとウェブカメラを購入し、適当な英会話教室の無料体験レッスンに臨んでみた。

 

 

 

あなたがオンライン英会話と聞いて感じたかもしれないその不安感を少しでも和らげ、

オンライン英会話をあなたの練習メニューの一つに加える事ができたのなら

当記事の目的は達成されたということにしよう。

 

 

オンライン英会話の利用時の注意点

 

オンライン英会話を利用することのメリットやデメリットについての私の考えは、

別記事にて書かせていただくことにして、

当記事ではまず、私が今まで利用していて気づいた

オンライン英会話を十分活用するために注意したい3つのポイントを紹介する。
続きを読む…

ツイートツイート

英会話訓練の定石【瞬間英作力】を高める5つの方法を再確認

 

 

 

瞬間英作力・・・【言いたいことを】【言いたいときに】英語で表現することのできるスキルのことを、そう呼んでいる。

 

 

例えば、

 

 

「私はあなたが合っていると思います。」

 

 

この文を英語で言いたいときに、

 

 

2秒以内、(できれば1秒以内に)英語に訳すことができたらなら

それは、瞬間英作力があるというとだ。

 

 

瞬間英作力を磨いていけば、ちょっとした感動、馬鹿話、愚痴、喜びその他種々の感情を

自分の言葉で表現することができるようになる。

 

 

 

なぜなら、その時生まれた感情をそのまま英語でアウトプットすることができるからだ。

 

 

 

日本語を極力介すことなく、沸き起こった気持ちをダイレクトに英語で表現する。

 

 

これができるようになれば、英会話が段違いに楽しいものになる。

 

 

 

本日はこのような瞬間英作力を高めるための5つの方法を改めて紹介する。

 

 

 

 

瞬間英作のコツ

 

具体的な方法をお伝えする前にまず、瞬間英作を訓練する上で基本となることを一つ。

 

 

訓練の最初のうちは、【伝えたいこと】ができたら

いきなり英語に訳そうしないことだ。

 

 

その前に伝えようとしていることの内容の【動作】を意識し、

その文の動詞を何にするか決める。

 

 

 

【動作を意識しろ】と言われても、分かりにくいと思うので

適宜、この記事を参考にしてほしい。

 

 

【今年もよろしくお願いします】から紐解く発信型英語のコツ

 

 

動詞を決めたら、そのつながりで

【これから言おうとしている英文】の文型をどうするのかという目星もつけておく。

 

 

 

動詞は、英文の骨格を決める最重要品詞である。

 

 

動詞を自由に使いこなせる力が瞬間英作の成否に直結すると言っても過言ではない。

 

 

 

動詞の重要性については、カテゴリー一覧の【動詞を制する】のコーナーを適宜参照してほしい。

 

 

なお、動詞と文型の基本的な関係については、以下の記事に詳しく説明してある。

 

 

英文の基本文型に隠された6つの真実

 

 

瞬間英作力を磨く5つの方法

 

 

それでは、順を追って、具体的な訓練方法を紹介する。

 

 

1. 目の前の出来事を実況中継してみる

 

これは、毎日、訓練タイムを作って、

そのタイム中に目の前で起こっている現象について英語で実況中継するかのように

つぶやいてみるというもの。

 

 

 

例えば、A man is walking in front of me….  He looks busy….

 

 

文章でいうことが難しく感じたら、単語単位でもいいので、とにかく途切れないようにすること。

 

 

A cup of coffee…  yes too hot..  but I like coffee….it makes me feel better…

 

 

時々、自分の感情も混ぜてみるとよい。

 

 

とにかく目の前の現象や気持ちをただ英語にするだけでいいのだ。

 

 

 

できるだけ5語以内の短文を積み重ねていく感じで

リズムよくつなげていこう。

 

 

 

言いたいことをなかなか英語に変換することができなかったら、

その周辺の様子からを知っている単語で埋めていくようなイメージで、

喋ってみるとよい。

 

 

 

慣れてきたら、

日本語を英語に訳そうとするのではなく、観たこと、感じたことをそのまま英語にする感じで、

どんどん喋っていこう。

 

 

続きを読む…

ツイートツイート

“たかがコミュンケーションのツール” されど強力なツール - 英語の役割 -

 

 

以前就職活動をしていたとき、面接官から英語について聞かれたことがあり、その時は
「英語は単なるコミュニケーションのツールだから、うんたらかんたら・・・」
と答えたことを記憶している。

 

 

 

教育の場でも、「英語はたかがコミュニケーションのツールだから・・」という理屈付けが
なされることがあると聞き、改めて掘り下げてみたい。

 

 

 

「たかがツール」としての英語の役割について。

 

 

 

たかがツール

 

 

 

【英語は言葉である以上、コミュニケーションの道具・手段の一つに過ぎない。】

 

 

 

確かに、一理ある。

 

 

英語が思うように話せなくても、他の手段を使って、コミュニケーションをとればよい。
それでは、コミュニケーションをするための他の手段とは何なのか?

 

それは、

 

ジェスチャー
表情
声のトーン
筆談
などの言葉以外に本人の意思が宿りやすい伝達手段のことをいっているのだろう。

 
英会話の勉強をやっていて、なかなか上達しない人によくありがちなことは、
間違えたくないから、自分から発言することに躊躇してしまうこと。

 

 

 

「自分の英語に自信がない」

 

 

「失敗することが恥ずかしい」

 

 

「相手に誤解されたくない」

 

 

「そこまでするのが面倒臭い」

 

 

このような負の想いが頭のなかで交錯し、なかなか踏み切れない。

 

 

 

私自身が、そうだった。

 

 

 

例えば、「伝えたいこと」ができて、それを頭の中で2,3度英語で言ってみた結果、
うまく表現できないということが分かると
説明すること自体を諦めてしまう。

 

 

 

 

結果的にコミュニケーションという目的がどっかに行ってしまっている。
そこで、「英語は単なるコミュニケーションのツールなんだよ」と忠告することで、
このはき違いに気づかせてあげる。

 

 

 

そのおかげで喉のつっかえが取れ、
英語でのコミュニケーションがスムーズに進むという図式だ。

 

 

 

会話のやりとりでも目的を達成するために、
正確な英語が必ずしも必要になってくるわけではない。

 

 

 

それを間違えることで、本来伝えたいことがまるっきり伝わらなくなってしまうならば、
それで問題だが、

 

3単現のエスなど間違っても意思疎通に特段支障がでない項目ならば、

 

 

どんどん間違えるべきだ。

 

 

 

変な言い方になったが、つまり間違いを恐れずにどんどん自己主張し
会話のやりとりを優先した方がよいということ。

 

 

 

例えば、

 

「昨日は病気で寝ていました。」

 

と言いたいとする。

 

 

 

「病気で寝ていた」という意味の英語表現(sick in bed)がすぐに思い浮かばない場合、

考え込むのでなくて、とにかく

思いついたことを言ってみる。

 

 

 

間違いを恐れずに、言葉にジェスチャーも絡めて、
どんどん自己主張してみる。

 

 

 

そうすれば、
会話が何かしらの方向に発展する可能性が残るはずだ。

 

 

 

かりに、プライドが邪魔して何も喋らないでいると、
【3つの害】が降りかかる。

 

 

 

まず、ミュニケーションが中断されてしまうという害

 

 

これが1番目の害。

 

 

そして

 

「お前は、無口でつまらない人間だ」
という誤解を与えしまいかねない。

 

 

これが、2番目の害。

 

 

 

さらに、コミュニケーションが失敗したことによる自信喪失

 

 

これが、3番目の害。

 

 

 

考えすぎにによるコミュニケーションの諦めは、3つの害となって、拡散していく。

 

 

 

続きを読む…

ツイートツイート

英語学習の効率を最大限高めるために押さえておきたいバランス感覚

 

バランス感覚・・

英語学習に限らず、生きていく上では、随所で適度なバランスを保っていかなければいけない。

 

 

 

本日は、前回紹介した英会話学習における練習と本番のバランスに関連して

【練習段階におけるとるべきバランス感覚】について私が感じているところをまとめる。

 

 

 

このバランス感覚を意識するだけでも、英語学習の効率が確実にアップしていくはずだ。

 

 

 

日本人の英語スキル

 

 

日本の中学高校と英語の授業を受けてきた人であれば、通常

 

 

読む>聞く>書く>話す

 

 

の順で英語スキルが高いのが一般的だと思う。

 

 

これは、日本の英語教育が読解、暗記重視の積込みタイプが主流だったことによる。

 

その教育を受け続けた学生は意図せずに「読む」というスキルに秀でてしまったのだ。

(もちろん例外はあるだろうが・・)

 

 

 

あなたも

 

英語は読めるけど、リスニングになると全然聞き取れない

 

 

とか、
ある程度TOEICの点数や英検の資格を持っているけど、会話には全く自信がない

 

 

などという声をよく聞かないだろうか。

 

 

 

学生の時に読む聞くというインプットの練習ばかりやってきた結果、

書く話すというアウトプットの訓練に費やす時間が相対的に減ってしまった。

 

こう考えると、

 

 

読む>聞く>書く>話す

 

 

という関係は、当然の帰結なのだ。

 

 

英語はあくまで言語であるのだから、4つのスキルの関係は

 

 

読む=聞く=書く=話す

 

 

であるほうが自然だと思うが、これと比較すると、

 

 

読む>聞く>書く>話す

 

 

という関係は、明らかに偏っている。

 

 

 

本稿で日本の英語教育を批判するつもりはないが、

仮にあなたの英語スキルで上の図式が成り立ってしまっていても、

それはあなたに非があるわけではない。

 

 

「偏っている」の真意とは?

 

 

上で、英語の本来の4技能の関係を

 

 

読む=聞く=書く=話す

 

 

と表現したが、これは、それぞれが同等のレベルにあるということとは別に

 

 

読む(Reading)、聞く(Listening)、話す(Speaking)、書く(Writing)という4つのスキルは、独立した別々のものではない


 

 

ということもいいたかった。

 

 

例えば、リーディングをしているときに

 

 

discrepancy

という単語が出てきたとする。

 

 
その時に綴(つづ)り(スペル)を見て、「食い違い」や「矛盾」という意味だと理解して、

同時にその発音が[diskrépənsi]だといことを音として分かるのが普通だ。

 

 

 

つまり、綴りと音と意味の3つを繋げて、理解するということだ。
だが、学校英語でありがちなのは、綴りと(だいたいの)意味は分かるが、

発音の仕方が分からないという人が結構いる。

 

 

あなたは心当たりないだろうか。

 

 

目で文字を見て、意味は取れるのはいいものの、

 

では、どう発音すればいいのかが分からない。

 

 

そんな単語に心当たりがあるのなら、それはあくまで試験対策として覚えた単語に違いない。

 

 

 

そういう覚え方は明らかに不自然だと思う。

 
発音が分からなければ discrepancyをどうやって読むのだろうか?

 

日本語読み?

 

 

 

そして、何よりも効率が良くない。

 
普通であれば1回でまとめて覚えるべきことを、わざわざ2回に分けて覚えるということは、

効率が良くないし、無駄なこと(日本語読み)を覚えることにもなってしまっている。

 

 

 

英語の4スキルが偏っていると、勉強の仕方も偏ってしまうおそれが出てくる。

 

 

 

偏りの解消のために

 

 

そこで、練習の仕方や順序も、英語の4スキルを互いに関連づけながら、

バランスよく進めていくという選択が出てくる。

 

 

しかし、この関連付けが、また厄介だ。

 

 

英語学習の効率を高めていくためには、

この関連付けをいかに巧みに行うかにかかっている。

 

 

まず基本となる関連付けは、

 

 

【リーディングやリスニングを通して、インプットしたものをスピーキングやライティングでアウトプットする】

 

 

という関連付けだろう。

 

 

インプットのみやって、アウトプットをサボると、いわゆる頭でっかちになってしまう。

 

 

リーディングとリスニング間の関係も重要だ。

 

 

読んで分からないものは、聞いても分からない。

 

よって、リスニングの訓練の一環でリーディングのスキルも鍛えなければいけない。

 

 

さらに、スピーキングとライティングの間にも、強力な関連性がある。

 

 

両者とも英文を作るという点では共通であり、

書けない英文は、当然正しく話すこともできない。

 

 

 

話せるようになりたいから、話す練習をする。
リスニング力を上げたいから、とにかくリスニングをする。

 

 

 

 

もっともらしい練習法に聞こえるかもしれないが、

実はこういったやり方では、今ひとつ効率が上がらないということをきちんと押さえておいてほしい。
英語耳

 

 

読む、聞く、書く、話すという4技能をあなたなりに関連づけながら、

バランスよく訓練していかなければいけない。

 

 

上に挙げた関連付けは、一例にすぎない。

 

自分なりに関連付けを行い、効率性を高めていくということが重要だと思う。

 

社会人なら、この関連付けを意識しながら、

自分の生活パターンに当てはめて、無駄のない上達法を編み出していくことができるはずだ。

 

 

なお、上記関連付けのヒントとなる記事を以下に貼っておく。

 

 社会人向け英語学習に必要な英会話力を引き上げる2つのリーディング鉄板原則

 

 

 

 

 

 

 

 

ツイートツイート
1 / 212
 

管理人

ナビゲーター

英語迷路ナビゲーター

高橋陽生

"Make your life

more challenging

with English!!"

詳しいプロフィール

__________________

貴ブログも訪問させてください!

いつも応援の一票ありがとうございます。

 
英会話 ブログランキングへ

カテゴリ一覧

最新記事

人気記事一覧
 

オリジナル特典付

イチオシ英会話教材

 

確実な方法で自在に英語でインプット、アウトプットをするスキルを身に付ける独学英会話教材の最高峰

30日間

英語脳育成プログラム

詳細レビューはこちら

 

英語音声の識別力を無理やり引っ張り上げる日本人学習者向けのリスニング教材

リスニングパワー

詳細レビューはこちら

 UDA式 30音英語リズムの詳細

英文独特のリズムに慣れることで、驚くほど英会話スキルが上達する。

UDA式30音英語リズム

詳細レビューはこちら


更新情報を受け取る

  Twitterボタン

更新記事の内容を

メールでお伝えします。

ハンドルネーム 
メールアドレス 

ブログでは言えないこともお話します!

英語学習に役立つサイト

サイト内検索

英語名言集

タグクラウド

ページの先頭へ

1年ごとの課税